人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

中国人の友達が簡単に日本でビザを取れるほうほうってないですか?

●質問者: mawbvou4
●カテゴリ:政治・社会 経済・金融・保険
✍キーワード:ビザ 中国人
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 3/3件

▽最新の回答へ

1 ● ex-0808
●27ポイント

http://csx.jp/~sawasdee/visa-j.html

日本大使館領事部に出向き「査証申請手続き案内」をもらってくる。

それを熟読した上で、そこに記載されている書類ならびに(自分で判断して)必要と思われる書類を揃える。

揃えた書類一式を持参して、日本大使館領事部にてビザ申請をする。(申請は土日と日タイ両国の祝日を除く毎日午前8時30分から12時まで)

その場で約1時間待ったあと、書類に不備がなければパスポート預り証を受け取る。

その際に「では後日、こちらから電話連絡します。」という主旨の言葉を言われ、ただひたすら電話を待つ。

日本大使館領事部から電話があり、「明日の午後に大使館に来てください。持参する物は先日のパスポート預かり証と現金1,080バーツです。」と言われる。

電話で言われた通りにその翌日に現金1,080バーツを持参して日本大使館領事部に出向き、ビザを受領する。

こちらはタイ人での例ですが、中国人でも一緒です。

この手順が最も速いと思われます。


2 ● axismoon
●27ポイント

質問に質問で返すのは好ましくないですがビザの種類にもよるのではないでしょうか?


「簡単にビザを取る」というのは「具体的ビザ申請方法」ではなく「ビザがおりやすい方法」という理解をしました。


具体的ビザ申請方法ならば大使館や外務省のサイトで確認可能です。


ビザには観光などの短期滞在と長期滞在と分けられそれぞれに条件が設定されています。


中国人のビザ発給は非常に難しい状況です。


友人ということですので「短期ビザ」の発給は現状難しい状況と言えます。


必要な書類を全て提出しても受けれないケ?スが多いようです。


ちなみに私の妻は中国人なのですが結婚3年目だった昨年中国から妻の母を日本に招こうとしましたが過去に北朝鮮に観光に行っていたという理由で親族ビザ(正式名称分かりません)がおりませんでした。


従って在留資格取得の困難度合いは除外するとしてビザ発給という意味では短期よりも在留資格(下記参照)をとって長期ビザを申請する方が簡単です。


■一般的な在留資格

1)就労資格

教授、芸術、宗教、報道、投資・経営、法律・会計業務、医療、研究、

教育、技術、人文知識・国際業務、企業内転勤、興行、技能

(2)非就労資格

文化活動、留学、就学、研修、家族滞在

(3)その他

特定活動(外交官等の家事使用人、ワーキング・ホリデー対象者、

アマチュア・スポーツの選手等)、日本人の配偶者等、永住者の配偶者等、定住者

情報としては役に立たないと思いますが中国人のビザ取得の現状認識のための情報として記載させていただきました。


3 ● felix33
●26ポイント

日本ではとれないのではないでしょうか?中国であらかじめ申請する必要があると思います。語学学校の入学許可とかをとって。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ