人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

農業生産法人における農地賃貸借契約についてお教えください。

現在、役所からご紹介頂いた農家の方より農地を借りているのですが
今回は、役所の紹介によらずに、
農家の方から直接農地を賃借する運びとなりました。

この場合においても、農地法3条による委員会の許可等を得なければ、
当該農地賃貸借契約は無効となるのでしょうか。

宜しくご教授の程お願い申し上げます。


●質問者: kamo-kamo
●カテゴリ:ビジネス・経営
✍キーワード:委員会 教授 現在 賃貸借契約 農地
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 1/1件

▽最新の回答へ

1 ● Spaceshuttle
●60ポイント

>農家の方から直接農地を賃借する運びとなりました。

>この場合においても、農地法3条による委員会の許可等を得なければ、

>当該農地賃貸借契約は無効となるのでしょうか。

はい。そのとおりです。

まず前回の契約ですが、「役所で紹介された」のであれば、おそらく農業経営基盤強化促進法により締結したものであると考えられます。これは農地法に代わり「市町村が計画をたて、その中で契約を結び、公告することによって権利を確保する」ものです。

根拠法令

http://law.e-gov.go.jp/htmldata/S55/S55HO065.html

今回は当事者間で契約するのであれば、農地法3条による許可をうけなければ、権利の補完が出来ない状態(いわゆる闇小作)になりますので、農業委員会に申請し許可をうけてください。

同じく根拠法令

http://www.pref.mie.jp/NOCHI/gyousei/nochig/nochihou/nochihou.ht...

前回契約でき、今回もその時と農業経営状況に変化がなければ、おそらく許可になると思われるので、大丈夫だと思います。

詳しくは地元の農業委員会事務局に相談して確認してみて下さい。

場合によっては「農地法」では駄目になるケースもあり(不在地主等)前回と同じ方法を取らざる得ない時もあります。その辺も確認してみて下さい。

◎質問者からの返答

大変参考になりました。

誠にありがとうございました。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ