人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

文章を書いているときに「?でした」「?でした」と同じ語尾が続いてしまい単調な文になってしまいます。
説明文を要約しているときによくこうなってしまうのですが、もしも何かアドバイスがあったら教えてください。

●質問者: nolimit808
●カテゴリ:学習・教育
✍キーワード:アドバイス
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 9/9件

▽最新の回答へ

1 ● なぽりん
●25ポイント

一番目玉の文章はどこかを意識して探し、その文章の末尾は強調的にする。

また、伝聞とか不確定な事項はそのことを明らかにする。


例:

アルカンアミドはヒドロキシアルキルではないというのが主な主張なのです。(倒置による強調)

これは著者が考えるアルカンアミドがいわゆるアルキルアミドであるということのようです。(あいまい)


ただ説明文というのは情報の羅列であり、要約すること自体がむずかしい場合もあります。短くするときその短くする作業をしたあるあなたの主観フィルターはどうしても入りこみます。その個性を消すのではなく、生かすように(要約者注)のようにコメントを入れながらまとめないと、嘘をにならないよう正確にまとめるのは難しいのでは?

◎質問者からの返答

そうですね。目玉の文章を探すというのが近道の気もしますね。

参考になりました、ありがとうございます。


2 ● きゃづみぃ
●10ポイント

「?でした」っていうのは 過去形ですね。

過去じゃない場合は、「?です」や「?ます」にしたらいいでしょう。

これで 少しは 単調じゃなくなります。

あと 体言止というのもいいかも。

◎質問者からの返答

いろいろ工夫の余地がありそうですね。ありがとうございます。


3 ● sokyo
●35ポイント

こんにちは。

私は「〜ます。」ばかりで困ってしまうコトがときどきありますが…。

書く文章のタイプが違うのかもしれないですね。

私の経験から、「〜です。/でした。」と「〜ます。/ました。」との

変換の方法をいくつか取り上げてみました。

彼のプレゼンによると、実用化には大きく2つの案があるということです。

彼は、実用化には大きく2つの案があるとプレゼンしました。

と、「プレゼン」の語を移動させてみたり、

新しい案は、コストの安さが大きな特徴です。

新しい案で、コストを大きく下げることができます。

と、主語の立て方を変えてみたり、

しかし、従来の案のほうが手続きがずっと簡単なのでした。

従来の案にも、手続きの簡単さというメリットがあるのでしたが。

と、接続のための語を付け加えてみたり、

ちなみにスピードはどちらもほぼ同じでした。

ちなみにスピードはどちらもあまり変わりありません。

と、否定文にしてみたり、

私がいいと思ったほうの提案者は、実は裏では嫌われ者でした。

私がいいと思ったほうの提案者は、実は裏で嫌われていました。

と、文末を動詞で処理してみたり、

どちらがいいのか、本当に悩ましいところです。

一体どちらがいいのでしょうか?

と、疑問文にしてみたり

するのが思いつきました。いかがですか?

◎質問者からの返答

実例つきでとても参考になりました!

様々なパターンで応用できそうですね。参考にさせていただきます!!


4 ● たけじん
●21ポイント

?でした。となるには、その前の語が、

名詞:その物質は液体でした。やっかいな存在でした。

形容詞や動詞+「の」:その表面は赤いのでした。物体の重心は動かなかったのでした。

が一般的のようです。

「名詞+でした。」については、多分もとの文章のまま書けばよいのではないでしょうか。または、「?です」「?ます」「?と要約できる」「?となる」「?と思われる」・・・

問題は、二番目です。もし、この表現を使っているのであれば、即刻やめるべきです。小学生の文章な印象はこの表現ではないでしょうか?「のでした」を切って捨ててしまいましょう。

その表面は赤い。赤かった。赤色に見受けられた・・・

物体の重心は動かなかった。

そんなところではないでしょうか?

◎質問者からの返答

そうですね…気をつけてみます。

ありがとうございました。


5 ● LsAmd
●7ポイント

文章力が面白いほど身につく本―人の心を動かす手紙・メールを書くコツ35 知りたいことがすぐわかる

文章力が面白いほど身につく本―人の心を動かす手紙・メールを書くコツ35 知りたいことがすぐわかる

  • 作者: 樋口 裕一
  • 出版社/メーカー: 中経出版
  • メディア: 単行本

◎質問者からの返答

参考にしてみます。


1-5件表示/9件
4.前の5件|次5件6.


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ