人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

ケセラセラ になるようにアドバイスをもらいました。どうしたらなれますか。


●質問者: expack-500
●カテゴリ:人生相談
✍キーワード:アドバイス ケセラセラ
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 10/10件

▽最新の回答へ

1 ● TNIOP
●16ポイント

http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A5%B1%A5%BB%A5%E9%A5%BB%A5%E9

なんでも難しく考えすぎず、ポジティブに軽い気持ちで行動を起こしてみるのが良いと思います。

◎質問者からの返答

それがなかなかできなくて。


2 ● castiron
●23ポイント ベストアンサー

・計画は悲観的に、実行は楽観的に

・運を天に任せられる状態までがんばる。

(たいした努力や行動を起こしていないにもかかわらず「ケセラセラ」とか言っていたらただのあほです)

・現時点で最善と「自分」が思える決断をする。

・力を抜く(手は抜かない)


などなど要は「ケセラセラ」といえるような状況を作り出すことが大事なんだと思います。

最後にネタ的な回答みたいにかんじてしまうかもしれませんが

・「ケセラ?セラァ?」と歌ってみる。

(歌うと言うことはかなり効果があると思う)

◎質問者からの返答

なんだかとてもいい感じです。


3 ● babybluexxx
●16ポイント

スペイン語でQue sera sera、なるようになるさ!ですね。

明日は明日の風が吹く。過去を悔いるだけでは前に進めない。人生開き直って「どうにかなるさ?」って、お気楽に暮らせたらどんなにいいだろうかと、自分も時々考える。

仕事や家庭や将来、勉強・・。不安だらけで考えすぎて、とてもじゃないけど開き直るのって難しいですよね。

仕事や勉強でミスったからって取って食われるわけじゃない。人間関係でつまづいても、一生付き合う相手でなければまた探せばいい。でもご病気や災難など、開きなおれない事情の方も沢山居るわけで、難しいですね。

回答しておいて何ですが、どうすればなれるのかを私も知りたいです。。。

◎質問者からの返答

二番目のひとの回答、よかったですよ。


4 ● V99
●14ポイント

http://ja.wikipedia.org/wiki/ケセラセラ

ケセラセラ(Que sera sera/ケ・セラ・セラ)は、スペイン語のフレーズ。「なるようになる」の意。

* 映画「知りすぎていた男」(1956年)でアメリカ女優ドリス・デイ(英語詞)が歌った曲。ペギー葉山による日本語詞や、テレサ・テンによる中国語詞(タイトル『世事多變化』)もある。

備考

楽天的なラテン気質を表している。また、これとは関係ないが、仏教における無常思想との共通点もある。

関連項目を見てみると良い(?)手本がありました。

http://ja.wikipedia.org/wiki/ケンチャナヨ

ケンチャナヨ(????)(kwaenchanayo)は、朝鮮語のフレーズ。意味は「問題ない」 (no problem) に近いとされる。


概要


韓国人の「おおらかな」国民性を示すのによく使用された単語の一つであって、韓国人は(震災など)どのような状況下でもこの単語を使うと誇張されて呼ばれることもあった。


直訳すれば「気にするな」と言う意味になるが、この言葉は迷惑をかけられた側ではなく、かけた側が主に使う言葉である。つまり「そんな細かい事は気にするな、俺を許せ」と言う居直りのニュアンスになる。


1988年のソウルオリンピックの際には、「ケンチャナヨはもうやめよう」というスローガンも掲げられたと言われる。


また、韓国人が大邱地下鉄放火事件や聖水大橋の落橋事故の重大事故を立て続けに起こしているのに、そのような過去から学ばない体質のことを、ケンチャナヨ主義として批判して呼ぶことがある。

これを見習って、居直るとか細かい事は気にしないとかということをたくさん実践するとなれるようです。

人なら誰でも「気にしないこと」というのは必ずあると思います。今まで気にしていたことも、「自分とは関係無いね!」と切り離して考えるか、あえて無視したりすると、元々真面目に気にする人を実践してきたなら丁度良いくらいに落ち着くと思います。

ただし、やり過ぎにはご注意を。

◎質問者からの返答

ありがとうございます。


5 ● toku4sr4agent
●14ポイント

実際の出来事、というのは理論とは異なることってありませんか?


私自身、ある資格を取るために勉強したことがありますが、いざ、実物を作ってみて、或いは実物の手直しをしてみてわかることが沢山ありました。


とにかく失敗を恐れずに、何事もチャレンジしてみるとよいと思います。

結果、失敗であれば次回はどうすればよいか、どこがいけなかったのか反省の材料になりますし、

結果オーライだった場合には、どこがよかったのか次回への糧となります。


「百聞は一見にしかず」

「あたってくだけろ」

だと思います。


とにかくチャレンジしてみて、考えるのはそれからでよいと思いますよ。

◎質問者からの返答

そうですよね。


1-5件表示/10件
4.前の5件|次5件6.


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ