人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

塩分の体内での摂取の過程について、口から入った塩分は口中ではどのくらいの量が摂取されるのでしょうか。また主たる摂取器官はどこでしょうか教えてください。

●質問者: axwgt
●カテゴリ:医療・健康 科学・統計資料
✍キーワード:塩分
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 2/2件

▽最新の回答へ

1 ● きゃづみぃ
●40ポイント

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B6%88%E5%8C%96

口では、咀嚼(噛むこと)によって食べ物は機械的に細かくなる。また唾液腺から唾液が分泌され、唾液中に含まれるアミラーゼによって炭水化物はより小さな糖に分解される。

口では 分解されるだけで 吸収されることはないみたいです。

ほとんどの栄養は小腸で吸収される。さらに大腸で水分が吸収される。

◎質問者からの返答

ありがとうございます。最近は、よく塩入のハミガキとか、また塩そのもので歯を磨くというような人のことを聞きますが、少しは塩分として喉を通過していくのではという疑問からお尋ねしました。少しは通過するとしても吸収ということはないようですね。


2 ● siigimaru
●40ポイント

http://72.14.235.104/search?q=cache:gnl5y6dC-akJ:www.chitsu.co.j...

http://www.chitsu.co.jp/kennko09.pdf

基本は腎臓ですね。pdfファイルの方に食品の吸収が載っています。

◎質問者からの返答

口中での吸収という事はなさそうですね。ありがとうございました。



●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ