人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

お茶の価格が低迷しています。どうしてなのでしょうか? お茶のペットボトルは、大盛況で有名タレントを使ってのCMのお陰で、コンビニ、キオスク、自動販売機など、いつでもどこでも手に入る環境であり、手軽でさっぱりした飲み物として定着しています。

が、、、 ここ、茶産地静岡では、茶市場でのお茶の価格が下がっています。ここ数年どんどん下がっています。下げが止まりません。今年は特に低迷しています。しかも、価格を下げても買い手がいない状況が発生し始めています。 そのお陰で、お茶農家は茶の刈り取りシーズン真っ只中であるにもかかわらず、刈り取りを中止するという家も出てきています。

恐らく大手飲料会社は原料のお茶を仕入れているはずであり、茶葉の需要はあるだろうと予想ができるのですが、どうして茶の価格は年々下がっているのでしょうか? どなたかご存知、若しくはご想像ができる方いらっしゃったら教えて頂けますでしょうか?

1178289991
●拡大する

●質問者: NOBUAKIO
●カテゴリ:経済・金融・保険 グルメ・料理
✍キーワード:Cm お茶 キオスク コンビニ タレント
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 7/7件

▽最新の回答へ

1 ● strawhat
●18ポイント

http://www.cha1.co.jp/hyakka/cha-faq/yunyu.htm

緑茶だから国産だと考えるのは間違いで、最近は輸入茶葉も多くなっています。平成15年の国内生産量9万1900トンに対して、同年の緑茶輸入は1万0242トンにのぼります。この輸入茶葉に押されているのが国内産の現状です。

◎質問者からの返答

ご回答ありがとうございます。 1/10くらいは輸入なんですねえ、恐らく今はもっと多いですね。


2 ● c_winds
●17ポイント

お茶の業界人ではありません。

一般消費者として「想像ができる人」に過ぎませんが・・・

http://news18.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1116566552/l50

緑茶葉(リーフ)が過去最高のペースで輸入されている。ペットボトルや缶入り緑茶飲料のヒットで、

飲料メーカーが原料になる安い中国産の輸入を増やしたほか、低価格帯の緑茶葉の不足に困った業者が手当てしたのが要因。

緑茶飲料の需要は依然好調なだけに、国内茶産地では、このまま輸入が増えれば、国産の下位等級茶葉の衰退につながると警戒を強めている。

中国だけではありません、フィリピンからもかなり多いと聞いてます。

◎質問者からの返答

ありがとうございます。 直近の輸入量について気になりますねえ。調べてみます。


3 ● ex-0808
●17ポイント

http://www.o-cha.net/japan/report/keikaku_pdf/03_02_06.pdf#searc...

こちらのデータによると、緑茶ドリンクなどで緑茶の利用量が増えているにもかかわらず、国内供給量はほんの少ししか増加していません。

つまり、そのほとんどを海外からの輸入でまかなっていると考えられます。

◎質問者からの返答

ありがとうございます。輸入割合はどんどん増えているんですかねえ。。。


4 ● HONMA9691
●17ポイント

原料原産地表示が義務付けられると、中国産茶葉から国産に切り替えるメーカーが出てくることが予想される。

http://www.mhlw.go.jp/shingi/2006/12/dl/s1206-8b.pdf

◎質問者からの返答

確かに、これが始まれば、消費者の心理に影響は出ますよね。


5 ● ARAYOTTO
●17ポイント

国際価格に落ち着くのは他の製品でも同じでしょうが、高級品として台湾、中国などに輸出してみてはいかがでしょうか?

http://q.hatena.ne.jp/

◎質問者からの返答

なるほど! ありがとうございます。


1-5件表示/7件
4.前の5件|次5件6.
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ