人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

●バルザック「谷間のゆり」を読んだ方限定でお願いします●
Lily of the valleyがスズランのことだと最近たまたま知ったんですが、バルザック作品のタイトルはまさか、誤訳ではないですよね? 内容と「谷間のゆり」はどう絡むのか、あるいは比喩だとしたらなんの比喩なのか、また内容から鑑みるに「ゆり」ということで結局正しいのか怪しいのか、そのあたりの簡単な説明と併せてご教示お願いします。僕は未読かつ読む時間もありませんので、すみませんが。

●質問者: neyorawa
●カテゴリ:芸術・文化・歴史 書籍・音楽・映画
✍キーワード:Lily すみません たまたま スズラン タイトル
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 1/1件

▽最新の回答へ

1 ● felix33
●60ポイント ベストアンサー

バルザックはフランス人です。原題は、Le Lys dans la Vall?eです。

上記の言葉には、このバルザックの作品以外の意味はないようです。

作品の中では、百合は主人公が片思いする貴族の人妻だったと思います。

◎質問者からの返答

なるほどー。腑に落ちました。ありがとうございました。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ