人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

GLAYのセカンドシングル「彼女の“Modern …”」って今ではライブに欠かせない超人気曲ですね。
しかし実は意外にもGLAY史上最も売れなかった「大ハズレ」シングルだったんですね。
メンバーも自信満々で発売したのにサッパリ売れず、落ち込んだとのことです。
なぜ、あのような「超名曲」がサッパリ売れなかったんでしょうか?
それとも単純に「名曲じゃなかった」ってこと?


●質問者: pro0
●カテゴリ:芸能・タレント 書籍・音楽・映画
✍キーワード:GLAY サッパリ シングル メンバー ライブ
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 3/3件

▽最新の回答へ

1 ● ex-0808
●27ポイント ベストアンサー

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BD%BC%E5%A5%B3%E3%81%AE%E2%80%9...

当時はまだGLAY自体がそこまでメジャーではなく、それ以前の「真夏の扉」「RAIN」ついてはタイアップがあったのでそこそこ売れたのです。

「彼女の“Modern…”」はノータイアップだったので売れ行きが悪かったのです。

人気がかなり出てきた頃にはアルバム収録されてましたしね。


2 ● naokit
●27ポイント

当時はまだ人気がなかったからだと思いますよ。

またタイアップが無かったというのも関係あると思います。


3 ● TNIOP
●26ポイント

http://ja.wikipedia.org/wiki/GLAY

彼女の“Modern…”は累計販売数2.1万枚ですが、

真夏の扉が4.3万枚

Freeze My Loveが7.2万枚


Freeze My Loveはドラマの主題歌になってこの枚数ですからね。

真夏の扉はアニメ主題歌で4.3万枚。

ということはその頃のGLAYならいくら名曲でもそんなもんでしょう。


知名度が無いために埋もれていく名曲はたくさんあると思いますよ。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ