人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

「電子公証制度」において、電子文書を「20年間保存」することができる、とあります。
関連サイトの情報を読む限り、PDFなどの電子的データを保存しておく形のようですが、20年後に再生対応できるソフトウェア環境がどう担保されているのでしょうか?
そこまで考慮されていない印象を受けてしまうのですが。
ご存知の方、アドバイスをよろしくお願いします。

●質問者: roomrag
●カテゴリ:インターネット 政治・社会
✍キーワード:PDF アドバイス サイト ソフトウェア データ
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 2/2件

▽最新の回答へ

1 ● kappagold
●35ポイント

電子公証制度を実施するのに先立って、保管に関してはいろいろと検討していたようです。

20年というのは、一応目処の立っている数値だと思います。

今後も税金を使って、この手のプロジェクトを続ける可能性もありますが・・・。

http://www2.nict.go.jp/q/q265/s802/kakoseika/h15/47/1547.pdf

http://www.ecom.jp/ecit/tenji/bs2001/yonekura.pdf


2 ● shimazuyosi30
●35ポイント

http://law.e-gov.go.jp/htmldata/H13/H13F12001000024.html

指定公証人の行う電磁的記録に関する事務に関する省令

指定公証人の行う電磁的記録に関する事務に関する省令を次のように定める。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ