人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

先日、有給休暇の届け出用紙が代わり、休む理由を書かなければ認めないと変更され、理由についても「単に私用」では認めないとなりました。

なにか法律的に問題がありそうだと思いますが、いかがでしょうか?
問題無しでしょうか?


●質問者: おおごん
●カテゴリ:ビジネス・経営 就職・転職
✍キーワード:有給休暇 法律
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 8/8件

▽最新の回答へ

1 ● ShinRai
●17ポイント

ポイントは不要です。

昨年有給休暇を38日取得した人間として、他人事と思えず、ついついレスします。

理由が必要というのは、「ちょっと隣町まであそびに行く」とか、「買い物に行く」とか、「疲れたから家で寝る」というのでは、許可しないということでしょうか。

土日でもいいことは、有給休暇を使うなということでしょうか。

「子供の問題で学校の先生に呼び出しを受けた」とか、「介護を必要とする親の件で病院にいかなくてはいけない」とか、そういうのっぴきならない場合でしか有給休暇を使ってはいけないということなのだったら、法律上も問題だと思います。

理由ではなく、日数として、休暇をいただく契約ですから。

ただ、あまり波風を立てるのがお嫌でしたら、もっともらしい理由をたくさん考えてみるといいと思います。

「自宅で資格取得のための通信教育を受けるつもりなのだが、専門学校の教育内容とどれくらい同じかどうかを比較するための体験入学」とか、前向きであり、なおかつ、相手が否定しにくい理由をたくさん考えることは、いい頭の体操になると思います。

◎質問者からの返答

ありがとうございます。

虚偽の理由を書くのは簡単なのですが、休暇中に事故とか発生した場合に、逆に虚偽の理由で休んだ事をいわれる事はないかな?と思っています。

>のっぴきならない場合でしか有給休暇を使ってはいけないということなのだったら、法律上も問題だと思います。

この場合に、どういう法律のどの当たりに抵触するのかわかるとありがたいです。


2 ● kappagold
●17ポイント

法的にはちょっと問題ありです。

http://www.hou-nattoku.com/shokuba/kyuka6.php

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1411483...

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1411483...

◎質問者からの返答

ありがとうございます。

そのものズバリですね。


3 ● studioes
●16ポイント ベストアンサー

問題あります。

労働基準法39条の規定により、労働者は事業の正常な運営の妨げ(例えば、交通機関においてGWなどの繁忙期等)にならない限り、自由に有給休暇を取得する事が出来ます。 理由による制限はありません。

経営者は、正常な運営の妨げになりうる時期において、理由を勘案し休暇を出す等の緩和策としてであれば有りでしょうが、通常期の有給休暇は取得目的により拒否する事は出来ません。

http://www.houko.com/00/01/S22/049.HTM

◎質問者からの返答

>労働基準法39条

ありがとうございます。


4 ● takarin473
●16ポイント

http://www.work2.pref.hiroshima.jp/docs/1431/C1431.html

労働基準法では、有給の取得理由について会社側に理由を明確にする必要はないと規定されています。だから「私用の為というのは認められない」というのは違反です。最高裁で争われたことも過去にあります。

◎質問者からの返答

>最高裁で争われた

ほう。判決が出てるんですね


5 ● KRR
●16ポイント

http://www.kk-support.com/s-kisoku/law_ki_yasumi01.htm

労働者が仕事を休んでも給料を出さなければならない休暇のことを年次有給休暇といいます。(事前申請が必要です)通常「年休」と呼んでいるものです。年休は労働者が「この日に取りたい」と申告するだけでとることができます。その理由や許可・承認は、本来必要ありません。 ただし、年休を使って労使争議の参加はできないことになっています。

有給休暇はこういう感じで、事前申請を行い、理由不問で許可・承認不要で取得できる、というのが本来の姿です。

一方で、こんな話がありますよ。

http://roudousha.net/holiday/030_riyuu.html

会社は労働者が有給休暇を取りたいと申出た場合、原則として受け入れなければなりません。

誰かが休むことによって業務上の不都合があったとしても、そういう臨時の場合も考えて予備の人員配置をしておくことが経営者の義務だと考えられているので「忙しいから」「人手が足りないから」「代わりの人員が居ないから」という理由も通用しません。

ただし、どんな場合でも無条件に有給休暇取得を許可していたのでは会社の運営が出来なくなる可能性もあります。

そのため会社は、正常な業務を妨げる恐れがある有給休暇の申請があった場合は時期変更権という権利を行使して休暇を別の日にずらすよう命令できる場合があります。

理由を聞かれたら?

基本的に有給休暇を取るための理由を会社に聞かれたり、書類で提出するように求められたとしても、労働者に答える義務はありません。

ただし、会社が申請の理由によって時期変更権を使わないよう配慮してくれた場合、ウソの理由で申請して後でバレてしまうと処分の対象になる可能性もあるので、どうしても言いたくない場合は細かい理由に関しては伝えないでおくようにしましょう。

ちなみに会社は「理由を言わないから」と有給休暇の申請を却下することは出来ません。

でも、病欠時に事後申請でも取れたりしますよね?会社が融通をつけてくれるってこともあるんなら、上手に理由考えて方便的な内容を書くくらいの「サービス」をしてあげてもいいかも知れませんね。それで総務や管理職の心が落ち着くなら・・・


こんなのも参考になりますよ。

http://www.soumunomori.com/forum/thread/trd-12983/

◎質問者からの返答

>ウソの理由で申請して後でバレてしまうと処分の対象になる可能性もある

やっぱりですね。

>上手に理由考えて方便的な内容を書くくらいの

そうです。別にこちらからいうのはかまわないのですが、「理由を書かないと認めない」みたいな書かれ方をすると、信頼関係を築く気持ちがないのかなと思ってしまいます。


1-5件表示/8件
4.前の5件|次5件6.
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ