人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

ある会社にシステム開発を依頼し、完成したシステムを1年間の保証期間つきで購入したが、それから半年ほどで開発元の会社が廃業してしまった場合、残りの保証期間の取り扱いはどうなるのでしょうか?

●質問者: blanc_dans_noir
●カテゴリ:ビジネス・経営 コンピュータ
✍キーワード:それから システム 会社 保証 半年
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 7/7件

▽最新の回答へ

1 ● iseeker
●18ポイント

開発元が瑕疵保証する契約になっていた場合、保証をするべき相手が消滅するわけですから、それまでと同じ保証を得ることは難しいでしょう。きちんとした会社であれば、別の会社にサポートを委託するといったことをしてくれるかもしれませんが、引き受け手がなければ保証されないということになりかねません。

その場合は保証がなくなることで生じる損害を金銭に換算して相手方に請求することになると思います。ただし、倒産とかいうことですと取り戻すのはかなり困難な気がします。

そういったことがないように、開発委託契約書に廃業の場合の保証方法などをきちんと書いておくことが必要になりますが、契約書にそのような項目がないのでしょうか?書いていない場合は、事後の話し合い、話し合いが決裂すれば裁判と言うことになるかと思います。

参考:システム運用のアウトソーシング

http://www.ciojp.com/contents/?id=00001183;t=30

◎質問者からの返答

ありがとうございます。倒産ではなく通常の会社解散・廃業ならばしっかり引き継いでほしいところですよね。


2 ● junti
●17ポイント

売った商品の保証はその会社にとって債務になります。

その会社が 倒産 すれば債務はほとんどの場合受け取れません。

ご質問の、廃業 の場合ですが、経営者が良心的で、同業他社に

保証を引き継いでくれるようにお願いしてくれている場合を除き

保証はされないでしょう。

http://q.hatena.ne.jp

◎質問者からの返答

ありがとうございます。

逆に、通常の解散・廃業の場合は会社に他社への保証引継ぎを要求する権利はあるのでしょうか?


3 ● pismo
●17ポイント

倒産でないのであれば、一般論になりますが他社へ引き継ぎの手続きをして解散するはずです。

それがなされていないというのは、あまりにも不誠実と言うほかありません。

本来対応すべき期間が残っているのであれば、他社への引き継ぎを要求すべきです。

ただ、相手が要求を拒否してしまえば終わりなのですが、要求だけはしておきましょう。


開発費の他に保守料を支払っているのであれば、返金を求めるというのも手ですが、基本的に初年度の保守料は開発費の中に含まれていると思いますので難しいでしょうね。


http://q.hatena.ne.jp/answer

◎質問者からの返答

ありがとうございます。

相手が要求を拒否したからといって、債務不履行になるわけではないのですよね。。。


4 ● ikjun
●17ポイント

>相手が要求を拒否したからといって、債務不履行になるわけではないのですよね

相手というより債務者同士の話し合いになると思います。残った資産をどう処分するかという話ですから、あなたの要求が通る可能性は限りなく低いだろうと思われます。資産超過状態なら別ですが、そんなことはめったにありません。

法的な権利があるかどうかというのなら、確かにあなたに権利はあるのでしょうが、それが現実に通るかどうかとは別問題です。権利を主張しようにも主張する相手が無くなるのですから、まともに話が進むはずがありません。

それに半年保障期間が延びたところで、根本的解決になるのでしょうか?むしろ半年後に解散する会社がまともな開発能力があったのかどうかが心配です。権利を考えるより今後の運営を考えたほうがよろしいのではないでしょうか?

http://www.chusho.meti.go.jp/pamflet/hakusyo/h16/16chusho/hakush...

ダミー

◎質問者からの返答

おっしゃるとおりです。出来れば、次の会社への引継ぎだけでも、会社が廃業する前にやってもらいたいところではありますが・・・


5 ● Yoshiya
●17ポイント

回答#1?#4の方が答えている通り、開発会社が消滅した時点で、保守契約はなくなると考えるのが妥当です。

当然解散した会社に対しては債権があるので、資産が残っていれば配当を得る事ができますが、ほとんどの場合は支払った保守料は戻らないと思います。

それよりも、開発に携わった社員を探して個別に保守契約を結ぶか、開発段階で作られたドキュメント(仕様書・設計書など)を回収して、他のソフトウェア会社に有料で保守契約を求める方が賢明です。

http://q.hatena.ne.jp/

◎質問者からの返答

ありがとうございます。

会社廃業までまだ時間がある場合、次の会社への引継ぎを求めることは出来ないですかね・・・


1-5件表示/7件
4.前の5件|次5件6.
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ