人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

建物の登記を、1人ではなくて、2・3人の共有にすると、税金が安くなると、聞いたことがあるのですが、本当でしょうか?

例えば、建物を建てた時に、父親1人の名義で立てるよりも、父親・母親・子供の3人の共有名義にした方が、税金が割安になるという話です。

真偽を知りたいので、ご存知の方、ぜひ教えていただけないでしょうか?

●質問者: minomino13
●カテゴリ:ビジネス・経営 学習・教育
✍キーワード:子供 建物 母親 登記 税金
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 1/1件

▽最新の回答へ

1 ● andalusia
●60ポイント

ケースバイケースではありますが、本当です。

もし登記名義人が全員課税所得があるのであれば、共有名義にすることにより、住宅ローン控除が各自それぞれで使えるので有利になります。あと相続税も有利になるケースが多いでしょう。


2世帯住宅で区分登記可能であれば、共有登記ではなく区分登記することによって、不動産取得税、固定資産税も安くすることができる場合があります。


なお、どのケースでも、贈与税には気をつけてください。

◎質問者からの返答

おぉ。本当なのですか。

より具体的な事例も含めた参考サイトや参考書籍はありますでしょうか?

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ