人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

マイクロソフト帝國の将来は安泰でしょうか。グーグルの台頭でサーバー主義の時代がそこにきています。某スポーツ紙によると、グーグルオフィスというものを、グーグルが画策し、OSの改変化による世界のマイクロソフトの独占支配からグーグルのWEBXによるPCのハードディスクのワークからWEB上でのワークの時代になろうかとしています。MSは一見OS系、開発系言語で優位にみえますが、JAVAの開発ツールはもっておらず、NETを用意し、独占しようとしていますが、UNIXをはじめとしたOSは費用もあまりかからず、ほとんど改変がないのでMSによるPCの買い替えなどはありません。このままMSが優位にあるとは思えなくなってきました。近い将来はどうなるでしょうか。


●質問者: rthuk
●カテゴリ:コンピュータ インターネット
✍キーワード:Java MS NET OS pc
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 26/26件

▽最新の回答へ

[1] 最後はグーグル? ? OS is MS ? adlib

かつて独占禁止法違反の容疑で、公聴会に喚問されたビル・ゲイツが

「みなさんの中で、ウィンドウズを使っていない方は?」とたずねると、

だれも手を挙げなかったので「これが独占です」と云って着席した。

東大の坂村教授は「日本にもグーグルのような起業家が出現すべきだ」

という趣旨の発言をくりかえしているが、よく読むと、自分の開発した

漢字ソフトの宣伝らしく、シロートには何のことやら分らない。

クロートは、OSソフトが、有料のMSよりも、無料のリナックスが

すぐれているともいうが、シロートには一向に普及する気配がない。

そもそも徴兵軍団の牙城を、義勇兵集団が攻め落とせるのだろうか?

グーグル・ロボットの検索技術が、いかに優れているとしても、PC

に初期設定されたヤフー・ロボットの使用頻度には及ばない。

ヤフー・ジャパンの Yahoo! BB(通信回路)の普及率をみよ!

http://d.hatena.ne.jp/adlib/20040619

最初はグーグル? ? Google vs Yahoo! ?

http://d.hatena.ne.jp/adlib/20040822

アクセス&あくせく ? Keyword Counter ?


[2]しばらくは安泰なのではないでしょうか。 heilig_zwei

確かにウィンドウズは低機能ですが、

それがデファクトスタンダードである限り改変は困難であると思われます。

キーボードのQWERTY配列とDvorak配列みたいな感じです。

ただし、オープンソースソフトウェアの開発が徐々に進んでおり、

既にオフィス機能に関してはマイクロソフトの技術を追い越しつつあります。

このような末端アプリケーションから徐々に

マイクロソフトの牙城は切り崩されていくことになるでしょう。

おそらく、ウィンドウズと完全互換のオープンソースOSが

完成することがターニングポイントになると思われます。


[3]企業規模からして Yota

http://blog.livedoor.jp/rankcom/archives/cat_50010620.html

このサイトを見て時価総額だけ比較してみると、MSの2811億ドルに対してGoogle807億ドルとなっていて3.5倍の開きがあります。売上げの差はもっとあると思います。

数年のうちにMSが揺らぐような事態は考えにくいのではないでしょうか。確かにWeb2.0、Ajaxなど最近の社会情勢はネット中心のGoogleに有利に働いています。(そういう意味では、yahooの方は心配かな。)

しかし例えば、ExcelがGoogleスプレッドシートに置き換わるかどうかと考えた場合、少なくとも企業ではほとんどない思います。5/15日のフレッツ光トラブルみたいに何時間もネットが止まったら業務停止になってしまいますね。

最終的にはデスクトッププログラムだけどインターネットの無限大のデータも活用できます、ネット上の情報共有が簡単です、みたいなものに落ち着くのではないでしょうか。

そう考えるとMSだってまだまだ繁栄する可能性はあると思います。2008年7月にビルゲイツが引退しますが、時代の変化を感じ取って次の世代に委ねたとしたらこれもプラス材料です。

ただし、今までの書いたのは自分の周りやせいぜい日本国内のことです。世界的にみると、成長が見込める中国とインドの市場にどう取り組むかということがこういった巨大企業の命運を握るのではないでしょうか。


[4]MS は PC用OS と Office だけの会社ではない。 b-wind

日本ではそれほど話題にならないけど、PC用ゲームや XBOX などは海外では人気です。

また、「グーグルオフィス」なるものがすばらしかったとしてもそれを動かすのは結局 Windows が必要(厳密にはブラウザがあれば Linux とかでもいいけど)。

また、MS はサーバーOS分野でもそれなりのシェアを持っています。


UNIXをはじめとしたOSは費用もあまりかからず

よくある誤解ですね。

初期費用は確かに下がる事もありますが、サポートなどを考えると似たり寄ったりです。

まともな管理者を雇うとどちらも変わらない程度の費用がかかります。


とはいえ、MS の収入源のうち Office が占める割合はかなり高いので絶対安泰とはいえなくなってしまいますね。

近い将来だけならどれだけ「グーグルオフィス」なるものがすばらしかったとしてもすでに MS Office を使用している業務を置き換えるには多大なコストがかかるので暫くは安泰でしょう。

5年後10年後は危なくなる可能性も出てくるかもしれません。


[5]>4 そうですね daichan330

PC関連機器の販売とかもされてますけど、そっちは結構好評な物が多いと聞いてますし。

マウスとか(光学式だったかな?)で噂をたまに聞きます。


[6]>4 貴重な意見ありがとうございます。 rthuk

誤解があればなんですが、私のいっているのはMsがウィンドウズを変更すると、それにつられて世界中のユーザーがメモリの増設だ、ペンティアムの次のものに変換だと次から次へ多大な出費を余儀なくされます。それにつられて使えるソフトも変わってくるので、迷惑このうえないでしょう。世界中のユーザーがいつまで耐えられるでしょうか。過去のデータなど変換できなければ使い物になりません。金額にすれば世界中で数兆円の被害でしょう。これを経済特需というか被害とよぶか意見がわかれますが。

それにひきかえUNIXは改変がこの数十年あまり変わっておらず、オープン系でバグがでれば世界中のプログラマが直してくれるし、データも長く使えるので、この点は費用があまりかからないでしょう。管理者をおけばもちろん費用は嵩みますが。

MS Office からグーグルオフィスへの移行はもしそのときは、誰かがツールを開発するでしょうから、心配することはないでしょう。私のいっているのはMSばかりで仕事をしていると、この先は泣きをみるのではないですか?といっているのです。


[7]私はMSにGoogleが狙われただけだとしか思っていません Baku7770

例えばNTServerに潰されたNovel、ExcelとExchangeに潰されたLotus、SQLServerによって潰されようとされているOracle、dBaseはAccessに潰されて、IBMのOS/2というのもありましたね。


[8]>3 貴重な意見ありがとうございます。 rthuk

少し言い足します。グーグルは株式市場も制覇しようとしています。これはMSの守備範囲外です。政治、国際関係、防衛にも手を出してくるかもしれません。NET経由ならそれが可能だということです。

光トラブルなどの対応は初めての体験なので驚くだけで、対策は練られるだろうし、サーバ移行が経済的なら、予備サーバを立ち上げるなどの装置が開発されるでしょう。コスト的にはサーバワークが完全に得です。

ウィルスからPCやデータを破壊されるということから(完全ではないですが)開放されますし、社内で自由に見ることもできるしいいことこのうえないです。MSがサーバ移行ができないとなると少し危ない気もします。


[9]>6 オープンソースはいいところばかりではない b-wind

私のいっているのはMsがウィンドウズを変更すると、それにつられて世界中のユーザーがメモリの増設だ、ペンティアムの次のものに変換だと次から次へ多大な出費を余儀なくされます。

MS も Intel も営利企業ですからね。何とかして買い換えてもらわないと売り上げが立たないんです。

つまり順番が逆で、出費をしてもらう為にいろいろ変更しているわけで。


それにひきかえUNIXは改変がこの数十年あまり変わっておらず

「UNIX」というOSは現在存在しないんですが Linux のことを言っておられますか?

Linux でも Windows ほどではないですが、かなり変化していますよ?

しかもマシになってきたとは言え、一般の人が使うにはまだまだ使いにくいところが多いです。

メリットを受ける前に挫折する人の方が多いでしょう。


MS Office からグーグルオフィスへの移行はもしそのときは、誰かがツールを開発するでしょうから

MS Office が幅を利かせている理由は企業ユースが多いからです。

個人はどうとでもなりますが、企業で移行するには完全な互換性と莫大なコスト(人とお金と時間)が必要です。

ツールがあればどうにかなる問題ではありません。

その程度で済む部分なら、グーグルオフィスを待たずとも、OpenOffice.org がすでに進出してきています。


MSばかりで仕事をしていると、この先は泣きをみるのではないですか

同意です。一企業に依存しすぎはろくな事がありません。が、その期間はたぶんあなたが思っているよりは先では無いかと言うのが自分の意見です。


[10]>5 実はハードウェア会社 b-wind

であると言うネタが。

まぁもちろん売り上げに対する比率は微々たる物でしょうけど、

キーボード・マウス・ゲームデバイス(パッドとか)等の評価は総じて高いです。

多くの会社にOEMもしてますし。


MS嫌いを公言しててもマウスだけはMS製使ってるとかよくあります。


[11]>8 MSの戦略 Yota

サーバをどう利用するかについては古い記事ですが、ビルゲイツがサーバビジネスはMSの得意分野だくらいの勢いで語っています。(http://japan.cnet.com/interview/story/0,2000055954,20087278,00.h...)まあ構想を述べたりソフトを作るのはできるとして、これをどう普及させるかが問題だと思います。

たとえば、日本国内ではMSの営業力は強力でVistaの発売に合わせて中小企業を宣伝バスで回るキャンペーンまでやっているようです。

http://www.itmedia.co.jp/enterprise/articles/0611/06/news045.htm...

対するGoogleの場合は、こんなあてどない(?)宣伝活動はするはずもなく、若い世代には人気ですが組織の実権を握るおじさん族には遠いアメリカの会社(ちょっとうさんくさい?)と思われているのが実情だと思います。

つまりGoogleのシステム、ソフトがMSより優れていたとしても、企業セクタにまで浸透するには相当な時間がかかるのではないかということです。

ただし、かく言うわたしはどちらかというと反MS派でノートパソコンはLinuxとWinXPのデュアルブートにしてLinuxでできないことは仕方なくWindowsでやっています。


[12]永遠に栄える会社は無いと思います to-ching

かつて、IBMが潰れた時はびっくりしましたが・・・・近年はもっとそのサイクル、頻度が高くなるのでは?日本ではSONY、日産などの超有名会社が左前です、こんなことは昔予想されてなかったことです。


[13]サーバ主義の時代が来ると仮定して daichan330

ではそこに接続するクライアントPCのOSは誰が作るのでしょう?

UNIX?Linux?本当ですか?


ちなみに、現在確かにアプリケーション関連は、サーバ・クライアント間通信が主流に成ってるかもしれません。ですが、サーバ幹線が落ちてしまうと一気に使い物にならなくなることをお忘れなく。

# 最近だとNTTの大規模通信障害がありましたよね?


もちろんそうならないようにミッションクリティカルなどの技術もあったりしますし、別の概念のような感じでP2Pなどの技術もあったりする訳ですが。


[14]五年前くらいに qjpem028

Linux信者が言っていたセリフの焼き直しのようだ。


[15]>13 他の通信会社が台頭してくるのでは? rthuk

なにか悪いやつらが多い通信会社ですが、いい会社もでてきてます。サブサーバ幹線が標準で構築されるようになるでしょう。SFでようあるやつです。インターネットですからサーバが落ちるなんておかしいのですが。


[16]>12 そうですね rthuk

世界のGMが左前で生産台数がトヨタに抜かれましたから。


[17]>7 Novel、Lotusは確かに左前になりましたけれど rthuk

Oracleに関しては販売シェアは首位をキープしております。Accessは私もよくやりましたが、現実はオラクルが一番多いのです。


[18]>11 グーグルからダウンロードできるようになれば rthuk

よけいな営業力は必要ないでしょう。おもったより早く浸透するかもしれません。


[19]>2 グーグルエクスプローラがOSの役割をするようになると rthuk

OSそのものの存在があやしくなり、Microsoftの力は急速に力を失ってゆくでしょう。

WE2の考え方はそうであるはずなので、Googleの時代がすぐそこに来ているとおもいます。


[20]>15 サーバは落ちてはいけないもの daichan330

インターネットですからサーバが落ちるなんておかしいのですが。

その裏で日夜頑張ってる人が少なからずいることを忘れないであげてください。


[21]>20 もちろん忘れてははいませんよ rthuk

インターネットとは網のこと。つまり米軍が味方へデータを送信するために、ある一方の回線が攻撃されて断線したときに、他の網からデータを送信できることから、それがインターネットの特性として認識されてきたわけですが。

NTTの独占がこういう現象をおこしているのかもしれません。


[22]MSでもただはある? prime7

NET Framework SDKは、未来永劫無償提供だと聞いたが!


[23]>22 これですか daichan330

http://msdn2.microsoft.com/ja-jp/library/ms166014.aspx


確かに無償でダウンロードは可能ですけど、ライセンスはフリーにしてないはずですよ?


[24]>19 同感です babybluexxx

OSやビジネスソフトウェアの移行は、時間がかかると思います。コンピュータ=ウィンドウズ、と認識しているユーザーやMS至上主義の企業・・・。新しいシステムに移行するに当たって、導入や研修に時間もお金も掛けている場合じゃない企業も多数あります。


[25]MAC OSXが、 BaBo

APPLEが、Mac OSX をPC対応かつ、フリーにしてしまえば、クライアントPCのセグメントから激変すると思います。


[26]>1 マイクロソフト aquamarines

そのヤフーを買収出来たら、ちょっと面白いですよね。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ