人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

介護保険料って、なんで40歳以上の人が負担しなきゃならないの?40歳以上の人間は生きてる限り永遠に払わなきゃならないの?なんで40未満の若い世代は免除なの?

●質問者: pro0
●カテゴリ:政治・社会 経済・金融・保険
✍キーワード:人間 介護保険 永遠に 40歳
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 5/5件

▽最新の回答へ

1 ● TNIOP
●20ポイント ベストアンサー

別に免除になっているわけではありません。

介護保険のサービスを受けられるのは40歳以上からなので保険料を支払うのも40歳以上ってだけの話です。

40歳未満の人が寝たきりになったとしても介護保険は受けられません。


2 ● ex-0808
●20ポイント

http://www.town.nasu.tochigi.jp/kurashi/kg001.htm

○サービスを受けられる方

介護保険の介護保険サービスを受けられる人は次の方です。

・65歳以上の方

・40歳以上で介護保険が定める16種類の特定疾病に該当する方

そもそも介護保険は40歳未満の人を対象としていないサービスですね。

40歳未満で介護の必要がある人は非常に少ないので対象外にしているのでしょう。


3 ● ARAYOTTO
●20ポイント

介護される老人の子供世代が40歳以上くらいってことじゃないのかな?


4 ● daiyokozuna
●20ポイント

介護保険の世話になるのは40?50代の親でしょ。

20?30代の親はまだぴんぴんしてるだろうし。


5 ● daikanmama
●20ポイント

自分や自分の親が介護を要する状態になる可能性が高くなるのが概ね40歳以上であるから、というのが、根拠のようです。


各市町の説明をいくつか引用してみました。

http://www.town.otofuke.hokkaido.jp/soshiki/minsei/fukushi/kaigo...FAQ

概ね40歳ぐらいから初老期認知症や脳卒中による介護ニーズの発生の可能性が高くなってきます。

また、自分の親も介護を要する状態になる可能性が高くなり、世代間の連帯によって、介護費用を支え合うことに適していることが挙げられます。

http://www.city.kuwana.lg.jp/health_and_welfare_article_402.html

おおむね40歳ぐらいから老化にともなう初老期における認知症や脳血管障害などにより、介護が必要な状態となる可能性が高くなることや、自らの親も介護を要する状態になる可能性が高くなり、各世代がお互いに介護費用を負担することに適しているためです。

http://www.fujifilm-kenpo.or.jp/shiori/kaigo/seido.html

40歳を超えると、老化にともなう病気(脳卒中など)によって自分も介護が必要となる可能性が出てきます。また、親を介護する場合も多くなります。そこで、40歳以上の国民全員で保険料を出し合い、介護が必要になった方やその家族ができるだけ無理のない生活をおくれるよう、さまざまなサービスを提供することになったのです。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ