人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

【Windows共有について】
Windowsの共有について、ドライブまるごと共有しようとすると、
「危険を認識した上でドライブのルートを共有する場合はここをクリックしてください。」
と出てきます。

単純にフォルダを公開する場合には、出てきません。
フォルダとドライブの共有における危険性の違いとは何なのでしょうか?
(上記の質問文の「危険」とは、何を指すのでしょうか?)

詳しい方、どうぞよろしくお願いします。

1179812040
●拡大する

●質問者: hina1981
●カテゴリ:コンピュータ
✍キーワード:Windows クリック ドライブ フォルダ ルート
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 3/3件

▽最新の回答へ

1 ● きゃづみぃ
●30ポイント

Windowsフォルダなどにあるファイルを削除したり、別のファイルに置換したり(プログラムは別で ファイル名だけあわせて)すると システムが まともに動かなくなる恐れがあるからです。

◎質問者からの返答

ありがとうございます。

すみません。説明が不足していました。

確かにOSがインストールされているドライブであれば、上記の問題が発生すると思います。

今回は、単純にデータのみが入っているドライブということで、考えてください。


データのみのドライブでも(さらにいうと、CDドライブやFDDでも)、共有をかける際に同様の画面が表示されます。

これはなぜなのでしょうか?


2 ● takosan
●30ポイント

例えば、Cドライブのルートを共有してフルアクセスを与えた場合、操作ミスや悪意等で boot.iniとかntldrといったWindows起動ファイルを削除してしまう恐れがあります。

こういった意味で「大変危険!」だと思いますがいかがでしょうか?

Windows起動ファイルは通常不可視に設定されていますが見る気になればいくらでも見えますし、消せもします。

◎質問者からの返答

ありがとうございます。

上の方と同様に、私の説明が不足しておりました。

申し訳ございません。

誰に見られてもいいファイルしかないドライブ(今は、mp3やwmv等しか入っていないドライブ)ということでお考えください。

どうぞ、よろしくお願いいたします。


3 ● ivory-star
●40ポイント

ドライブを丸ごと共有した場合、システムファイル等も外部からアクセス可能になってしまうからでは?

(RECYCLERやSystem Volume Informationなど)


システムファイルはドライブ毎のルートに作成されるので、この辺が「フォルダ」と「ドライブ」による警告の違いなのではないでしょうか。

◎質問者からの返答

あぁ、なるほど。

非常に納得しました。

そういえば、ドライブのルートにシステムファイルが作られますね。

System Volume Informationの中にどんな情報が書き込まれているのか、あまり知らないのですが(見ようとしたらアクセスが拒否されました)、RECYCLERの方は意図しないものが丸見えになる可能性がありますね。


胸のつかえが取れました。ありがとうございます。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ