人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

現在のカブトムシと蛍に関して、昔より減っているという具体的な証拠を探しています。現在と比べる対象は、10年前でも、20年前でも何年前でもかまいません。
例えば、「10年前の2/3の数になっている」などの数字的な証拠だと分かりやすいのですが、「昔は全国にいたのに今では○○と●●など一部の地域でしか見られない」などの場所的な証拠でもよいです。

●質問者: ata11
●カテゴリ:学習・教育 科学・統計資料
✍キーワード:カブトムシ 地域 数字 現在
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 2/3件

▽最新の回答へ

1 ● kappagold
●35ポイント

生物生息地に関する資料です。

多くの地域でホタルの減少に対して保全活動を行なっていることが載っています。

これでお役に立ちますか?

http://www.maff.go.jp/toukei/sokuhou/data/13-53-2.pdf


2 ● yeonjasuyeong
●35ポイント

1.環境の変化 雑木林はカブトムシの生息地だった

http://www.geocities.co.jp/AnimalPark/2810/zouki.html

カブトムシは雑木林に多く住み、かつては日本中のあらゆるところで採集できました。 しかし、最近は国土の都市化、雑木林の減少、 ... 農村の過疎化で自然と人との共存関係が崩れ、その結果の一端としてカブトムシを含んだ様々な生物が減少ています。


2.乱獲による激減

豊川市赤塚山公園のカブトムシが激減

http://www.higashiaichi.co.jp/today_news/070424t/07042406.htm

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ