人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

【イエはてな】イエ・ルポ#024
街を見渡せば、100通りの家族に100通りの家。家をのぞいてみれば、それぞれの暮らし振りが面白い!“イエ・ルポ”とは、実際に見たり聞いたりしたイエの話、またはご自分の家の暮らしの中で生まれたユニークな工夫やアイデア、習慣や出来事をミニルポ感覚で書き込んでもらう“イエ・ルポタージュ”コーナーです。
*〈今週のお題〉に沿った、みなさんが知っている面白いイエの話を教えて下さい。
*〈今週のお題〉以外の話題のイエ・ルポも常時自由に投稿して下さいね!

イエ・ルポ #024 THEME「イザという時のお役立ち!我が家の防災対策」を教えて下さい

→ルポ例はコチラ
http://d.hatena.ne.jp/ie-ha-te-na/20070525

※今回の「いわし」ご投稿は5月30日(水)正午で終了とさせて頂きます。
※参考にさせていただいた「いわしへのコメント」には、【いわしポイント×20pt】を差し上げます。
※お願い
モラルのない一行投稿などはご参加者の皆様に大変ご迷惑となりますので、ご遠慮下さい。
またそのようなご投稿にはポイントの送信を控えさせて頂きますのでご了承下さい。

●質問者: ie-ha-te-na
●カテゴリ:コンピュータ 生活
✍キーワード:5月30日 theme いね いわし アイデア
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 283/283件

▽最新の回答へ

[1]非難袋 yoshikichin

水、食料、毛布、防災グッズが入った袋が3個有ります。3ヶ月に一度中身をチェックして取り替えてます。玄関の脇に置いてありますよ。


[2]懐中電灯 yoshikichin

各部屋の扉脇に必ず1台置いてあります。普段から結構使いますねタンスの奥や机の下を覗いたりするときに。最近は電池の要らない振るだけで充電できるLEDタイプの懐中電灯を購入しました。


[3]ベッドの下においてあります lovely-flower

水とカロリーメイト、懐中電灯、ラジオ

なんといっても、お金

小銭は、公衆電話でも必要ですからね^^


[4]つっぱり棒 otayori

本棚と天井の間に固定しています。

でも、これだけじゃダメだなぁ、と思案中です。


[5]非常時持ちしだし袋が3つ taknt

非常時には、どれを持っていこうか 迷うぐらいです(笑)

一時期、こういうものの懸賞が いろいろあって

それで当たったやつです。

それぞれによって入っている内容が違ってて

興味深いものでした。


[6]停電時用に自動灯火ライトを設置 miumiur

普段は一つのプラグに常時差し込まれて差込口を占有されてますが、いざ災害が起きた場合には煌々と部屋を照らしてくれる頼れる奴です。


[7]防災対策じゃないかもしれないけど、、 doriaso

家族全員がひとつの部屋で川の字で寝ています。

地震などは夜中が多いですし、とっさの時に安心かなと。

(いつまで一緒に寝てくれるかというのはありますが・・・)


[8]>1 見習います。 otayori

買って安心してちゃダメですね。。。

シュミレーション、点検してみます。


[9]ペットボトル(2?)×6本 miumiur

普段用の飲料水として使用してますが、いさという時のために常時これくらいは買い溜めしてます。


[10]家具の配置 dankichik

とりあえず家具が倒れてきそうなところでは寝ないようにしています。本当は家具が倒れない工夫をすべきなんでしょうが、そこまでできていません。


[11]強靱な体力と精神力 castiron

まぁ防災グッズはそろえていませんが体は鍛えているからいけるかなぁと思っているんですが・・・


[12]>5 いかん、アップデートしてないや Kumappus

防災袋というかは買ってあるんですが、中身をチェックしてないなあ。

そろそろ期限切れな予感が…。

災害は忘れた頃にやってくる、てなぐらいで気を付けないと。


[13]手回しラジオ Kumappus

手回し充電ラジオ オレンジ

手回し充電ラジオ オレンジ

  • 出版社/メーカー: ソニー
  • 発売日: 2006/06/10
  • メディア: エレクトロニクス

情報途絶が一番恐いと思うので、手回しラジオを枕元に置いています(これじゃないけど)。

買ったやつは乾電池+手回しで、LEDの懐中電灯付きというものです。


[14]>9 うちもです Kumappus

持ち運びを考えて500mlのやつをたくさん、ですが。

ほんとは外で災害にあった場合、帰宅するまでに水分がたりなくなることもありえるので、カバンに入れて持ち歩け、とも言われますがそこまではなかなか…。


[15]スリッパと綿入 vivisan

恩師と話をしていたとき、防災について話がでました。

恩師曰く、

「枕元に簡単なものでいいからスリッパを常備しておきなさい」

よく意味がわからなかったので、詳しく聞くと、

「災害が起きてしまったとき、避難するときに玄関まで障害物がなにもないとはいいきれない。むしろガラスが割れていたりして足に怪我する恐れがある。それに、靴が見つからなかった場合はそのまま外に出られるから」

なるほど。

それから非常用袋とスリッパは枕元に常備してあります。スリッパは袋の中にはわざといれてません。


それと同様に掛け布団の上にいつも綿入れをかけて寝ています。

もしものときの防災頭巾に、そして私は寒がりなので寒さ対策用です。我が家の綿入れは年中稼動です。


[16]焼酎のペットボトルで水を常備 Beirii

水の持ちがいいのだと義理の父が置いていきました!


[17]オール電化なんですけど、 Beirii

いざと言う時のために、

・カセットコンロ

・石油ストーブ(電気不要の反射式)

を取って置いてます。


[18]>16 そうなんですか!知りませんでした。 sayonarasankaku

焼酎が消毒になるのかしら??

でも焼酎のペットボトルは、水がたくさん入るからいいですよね。


[19]『さんまの蒲焼』 miumiur

小さな頃から大好きで、相当数を常備してます。これだけでご飯が3杯は食べられます。更に最後にタレでもう一杯イケます。レシピも色々あるみたいですね。


[20]みなさん、いろいろなさってるんですね sayonarasankaku

うちはあまりしていないかも・・・


今回はこのいわしを、かなり参考にさせていただこうと思います♪


[21]>12 チェックするのは 食料品がメイン taknt

あと、手まわし式充電のラジオも 1分ほど充電させたほうがいいらしい。

箱に入ったまま 置いておいても 意味がないですからねぇ。

ちょっと ラジオがなるのか 聞いてみてくださいね。


[22]>13 最近の防災ラジオは すごいよ taknt

太陽電池、手回し式、電池、コンセントなどで使用可能。

携帯の充電もできるやつがあります。


[23]>14 うちもです hanatomi

お水はいるだろうなと思って常備しています。


[24]軍用品、軍装品を非常対策用品に TomCat

私は戦争絶対反対派ですが、軍用品、軍装品の機能については、一定の評価をしています。戦場という極限状態で使うことを想定された品々には、民生品にない様々な機能が盛り込まれています。

まず非常持ち出し袋は、私の場合、NATO制式の、ズタ袋形式としても使えるリュックを使用しています。素材は麻のような難燃性の布で出来ていて軽量です。そして、リュックとしてだけでなく、背負い紐を外してズタ袋のように使えるのが、このリュックのいいところ。背負うリュックは、時として人にしがみつかれて、身動きが出来なくなる危険性があるんです。そんな時にはサッと背負い紐を外して、ズタ袋のように手に持って行動します。

この中に、中身の整理容器を兼ねたアルミの飯盒を2つ入れています。これも堅牢な軍用品。飯盒は煮炊きの他、バケツ代わりにも使えますし、生水を煮沸して飲用に供する場合などにも重宝します。

水筒も、米軍の旧型のアルミ製を用意しています。金属製水筒は直接火にかけて煮沸させられるので、まともな飲料水が得られない場合に助かります。また軍用水筒は腰のベルトに装着できるので、移動時にとても便利です。私の場合は救急員として活動することが予想されるので、装備品はできるだけ手に持たず、肩にも掛けないで済むように考えています。

ヘルメットも、米海兵隊で使われていた、もろ鉄兜。ファイバー製のヘルメットの外側に、堅牢な鉄製の外装がついた二重構造になっています。しっかり頭部を保護してくれるほか、外側の鉄部分は鍋にも使えます。いやマジで。

靴も踏み抜き防止板の入った米軍制式の軍靴を用意しています。ショートブーツタイプでかっこいいですから、普段から履いて馴らしています。

救急資材入れは、これも米軍で使われていた、腰のベルトに装着できるタイプのバッグを用意しています。いわゆる国防色の綿製で、堅牢です。これに巻軸帯(包帯)、三角巾、滅菌ガーゼ、プラスチックグローブ(手術用の手袋みたいなもの)、創傷面洗浄用シリンジなどの基本応急手当資材や、ゼリー状携帯食、経口補水塩、ラジオ、小型懐中電灯、軍手、各種資格証明書の写しなどを詰め込んであります。

IDカード代わりの認識票もあります。これはアルミに氏名や性別、生年月日、血液型、所属組織(赤十字)などが打刻してある物で、米軍基地の前のお店で作ってもらいました。米軍の認識票と同一仕様だそうです。同じ物が2つ付いていて、万一遺体を搬出できない状況の場合、とりあえずそのうちの1枚を発見者が持ち帰り、後日それを元に捜索してもらうというように使うそうです。とりあえず、災害時には、身元がしっかり分かるものを携帯しておくことが大切です。

そのほか、私の場合はこんな準備をしています。

http://q.hatena.ne.jp/1094733565#a159441

http://q.hatena.ne.jp/1100677670#a207648

ご参考にしていただければ幸いです。


[25]>22 手回し式 携帯充電器 hanatomi

携帯の手回し充電器は備えてあります。

結構時間かかりますが、車でもどこでも置いて置けるので普段から使ってます。

防災ラジオはすごそうですね。携帯充電もらじおについてるなんて!


[26]>19 非常食ですね! hanatomi

さんまの蒲焼、あれおいしいですよねww

私も一時期はまってました。

便利でおいしいです。

私はコーンの缶詰や、トマトの缶詰、は常備してあります。

(非常用というよりは、普通、そうですかね。)


[27]>25 あっ、これはあります。 sayonarasankaku

何年か前に子供が中学校で、技術の時間に作ってきました。


手回しの懐中電灯にラジオがついたものです。

今どきはすごいな!と感心すると共に、実際に役立つグッズで嬉しかったです。

(木の箱とかは困ったりしました・・・)


[28]>7 我が家も一緒に寝てます。 yoshikichin

子供も大きくなってきたし、もうそろそろ一緒には寝てくれないんだろうな?


[29]>24 ミリメシ Kumappus

世界のミリメシを実食する―兵士の給食・レーション

世界のミリメシを実食する―兵士の給食・レーション

続・ミリメシおかわり!?兵士の給食・レーション 世界のミリメシを実食する

続・ミリメシおかわり!?兵士の給食・レーション 世界のミリメシを実食する

食糧(糧食というべきか)にだけついて考えても、軍用品は非常用としてすぐれていると思います。

ただ、一般には手に入るんでしたっけ?期限切れぎりぎりの放出品なら売ってそうですが。


[30]>27 便利ですね yoshikichin

懐中電灯付の手回しラジオ備えてますよ。手回しの携帯充電器も。


[31]わんこも準備 Kumappus

わんこの首輪とリードが何箇所かに置いてあって、あとペットフードの買い置きがしてあります。

でかい犬だし、リードなしでは連れ歩けませんからね。


[32]>20 同感 eiyan

特に防災対策ってしてないから、どんな対策が出るかお楽しみ。

すでに知らずして防災対策になっている事があるかも知れないから、参考回答に期待したいですね!

一つでも有りそうだから!


[33]>30 最近入手 eiyan

今流行の手回しは最近ゲット。

これって便利ですね!

毎日使うものではないけれど、時々使わないと駄目かな?

でも、何処に片付けたか忘れたら大変だね!


[34]>28 いまのところは、 doriaso

子供の方から布団にもぐり込んで来ますから、、

「ダメだよ?」

って言いながら、ニヤニヤしてます。笑


[35]>2 ラジオ付き・・・ Spaceshuttle

うちにはガソリンスタンドの景品でもらったこれがあります。デザインや機能からして災害対策用で、普段は使いづらいです。


[36]災害時の避難場所 yoshikichin

これが遠いんですよね、以前家族で歩いた事がありますが1時間半ぐらいかかりました。子供は途中で「もうやだっ」って言い出すし、へとへとになりました。


[37]>23 知らなかった! eiyan

最近は良い水が叫ばれているので、常に良い水を求めています。

その水を保管するのにペットボトルが手軽なので、利用していますが、これが防災対策になるとは思っていませんでした。

何が対策になるかわかりませんね!?


[38]>29 軍用携行食は・・・・ TomCat

一般に出回っているのは、ほとんど期限切れの放出品ですね。でも実際に買ってみると、中身の様子がよく分かって参考になります。米軍のなんか、必ずガムとコーヒーが入ってたりします。極限状況だからこそ、そういう安らぎが必要なんだなっていうことがよく分かります。昔はタバコも入ってたらしいですね。今も入ってるのかな。

私の場合、食料は、カロリーメイトを中心に、救護用にも使い回せる食料を用意しています。

それに加えて、欠かせないのが乳児用の粉ミルクとフォローアップミルク、そして乳幼児用ビスケットでしょう。これはもちろん自分用として食べることも出来ますが、とにかくいざというときに真っ先に困るのは乳幼児だろうと言うことで。ほ乳瓶と、ほ乳瓶消毒剤も非常袋に入れてあります。

そしてウィダーインゼリー。震災時に怖いのはまずヤケドで、ひどいヤケドをしたら確実に飲食物が嚥下が困難になりますから、それを想定して、嚥下しやすい食料ということで用意しています。嚥下困難をきたしている高齢者の救護用にも使えます。

あと、ぜひ持っておくと役立つ物としてお勧めしたいのが、オリーブオイルです。避難所は空気が乾燥していたりして、あっという間に唇がガサガサ。そんな時にさっと一塗りできて便利なんです。もちろんカロリー源としても、ちょっとした調理用としても使えますから、小瓶を一つ持っておくのがお勧めです。


[39]>36 困りますね eiyan

避難場所は普通、高所とか広大な台地とかがいわれていますが、遠いのも困りものですね。

意外と近くにある工事現場とか近くにあったりして。


[40]>35 色んなタイプ eiyan

最近は色んなタイプが有りますね!

ラジオ付き、サイレン付き、点滅付き、手回し付き、充電式等々色んなタイプ。

最近はこの様なものが簡単に入手出来るので、知らずして家に保管されている。

それが知らずして防災対策になっているとは知りませんでいた。

これからは少し整理しないとね・・・!


[41]寝室には背の高い家具は置かない dayday

実家が中越地震のあった地方にあります。

学校の友人宅も被災地だったのですが、はやり背の高い家具(ガラスの扉の本棚)が倒れてきてガラスは割れ、本も散らばり歩けなかったそうです。

寝室に書棚があったので、もし就寝中に倒れていたらのなら怖いことになっていたかも!!と言うので、それ以来、我が家も家具の配置を考え直しました。

突っ張り押さえで書棚の固定はもちろん、読まないだろう本もブックオフに。


寝室には転倒が考えられる家具は置かない。

枕もとのボックスにはラジオつき懐中電灯を必ず入れています。

水は箱買いして庭の用具入れに入れています。

KOBAN 地震感知 充電たまご SP-220E

KOBAN 地震感知 充電たまご SP-220E

ハンドルを回して発電できる懐中電灯を買うときは、ちゃんとハンドルが耐久性あるかどうかのチェックも忘れずに。

10分くらいラジオを聴くには3分位まわさないとラジオが聞けません。

携帯の充電も出来るタイプがお勧めです!(小千谷の被災した友人の声)


[42]>18 一寸重いかな? eiyan

以前ある理由でその焼酎用ペットボトルに水を保管してました。

いざ使おうとしましたが、重いやら出し難いやらで苦労しました。

保管には良いのですが、使う段になると不便です。

何か蛇口の様なものを付けると良いかもね?


[43]普段から清掃・整理整頓を・・・ Spaceshuttle

しておけば、災害時にも慌てることなく持ち出しや避難ができる・・・と分かっているのですが出来ません。嫁さんはまめにするのですが私がなかなか・・・「知識」や「気持ち」だけでは駄目ですね・・・(^_^;)


[44]>6 乾電池式も eiyan

停電時に点灯するものですね!

懐中電灯で普段は乾電池の間に絶縁物が挟まれているのですが、災害時利用時はその絶縁物を取り去る方法のものがありますね!

これは持ち運びに便利ですね。


[45]>41 たんすストッパー yoshikichin

家具の下には倒れ防止のストッパーを敷いてあります。安いものだし無いよりは安心だと思いますよ。


[46]>38 すごいなぁ。 hanatomi

いつもながら情報量に感動します。

非常用持ち出し食。

神戸の大地震のときに、現地で、足りないなあと思ったのが、お野菜、みかん、水などでした。意外と、菓子パンや、お肉、レトルトのものは配給されるんですよね。

(たまたま私のいたところがそうだっただけかもしれませんが。)

自分でお米がたけて、お水が手に入れられたらたらとっても便利ですよね


α米も便利ですよね。

なるほど、飯盒まで。。 テントかついで登山した頃を思い出しました。

そう、全てはリュックの中にあるんですよね。油もあったら便利ですよね。


[47]実証!!帰宅困難になった時に徒歩で帰れるか実験 YuzuPON

何かあった時、男はたいてい外で被災してしまうのではないでしょうか。そうなったら家、あるいは避難所で母が一人。夫や息子は何としてでも家か最寄りの避難所にたどりつかなければなりません。

しかし、交通機関が完全にストップして復旧の見込みが無い時に、はたして家に帰り着けるのか。無理して帰宅を考えるより、職場の付近で復旧を待った方が現実的なのか。それを検証する実験をやりました、実施したのは昨年です。

まず、私と父のそれぞれの職場から家までの地図をプリントアウトしました。そして帰宅ルートを確認。休日の朝、それぞれ職場の最寄り駅まで出かけて、携帯で連絡を取りながら、せーので両者、徒歩で帰宅を始めました。

時々父から携帯に連絡が入りました。困った、このルートではトイレがない、などと言っています。公園など、使えるトイレのチェックも重要だと痛感しました。平常時ならコンビニのお世話になることができますから、父は通りすがりのコンビニで用を足したようでした。

途中、私はいい公園を発見。震災時に使えるかどうかは不明ですが、一応水の補給とトイレの場所としてチェックをしておきました。

父は約2時間ほどで帰宅しました。母にご苦労様と迎えられて、お茶を飲んでいると連絡が入りました。私はまだまだ行程の半分ほどでした。結局私は4時間あまりで、やっと家にたどり着きました。やっと自分の住む町に入ってほっとしてから、さらに20分は歩きました。徒歩の困難さを痛感しました。

結局、万一帰宅困難となった場合、母のことや家のことは2時間ほどで帰れる父に任せる。私は職場付近にとどまって復旧を待つということになりました。

こういう実証実験も、貴重な体験として、いい防災対策になると思います。それをきっかけに話がはずんで、家全体の対策がずいぶん進みました。


[48]雨水タンク KazyN

普段は庭木への散水用ですが、200Lの雨水タンクを2本設置してます。

飲むときは簡易濾過器とかを使う予定。

やっぱり水がないと生きていくのに辛いですからね。


[49]乾パン!! yoshigyu1318

防災対策というと大げさかもしれませんが、我が家では乾パンを蓄えています。運よく災難が起こらずに、乾パンの賞味期限が切れそうなときはおやつとして食べちゃいますね。意外とおいしいですが、腹の足しになるかは微妙なところですね。他にも、さんまやさば、鮭の缶詰も蓄えています。


[50]>48 導入しようと思っています。 vivisan

水はほんとに不可欠ですものね。

歩いていける距離の実家には井戸があるので、どうしてもというときはその水を使うつもりですが、現在まじめに導入を考えています。

普段は水遣りとして、そして災害時には必要不可欠な水としていろいろな使い道がありますね。


[51]>50 水は大切ですね FLOW_GAMA

地震などが起きた際に、万が一、水道が長期間使えなくなった場合には、

給水車で飲料水はもらえるとしても、手や顔を洗ったり、洗濯したり、

食器を洗ったりする用の生活用水が無くなってしまうわけですよね。


以前に家にいて大きな地震がおきたら、水道が使えなくなるかもしれないから、

すぐにお風呂に水を溜めておけとどこかで聞いたことがあります。


[52]>17 そう言えば電気温水器って、 Beirii

いざと言う時にタンク内の水が非常水になるとかなんとか。

真偽の程はさだかではないですけど。


[53]>49 結構おいしです yoshikichin

小さいときからおやつとして食べてました^^子供も大好きですよ。


[54]>42 地震というとすぐに避難所みたいに思われますが Kumappus

実際には家は全然無事な場合は避難不要なので(むしろ、家が無事な人は避難所に来ないで欲しいはず)、携帯性より量の確保が大事かも。

そういう意味では

スノーピーク(snow peak) ポリタンク 20L F-074

スノーピーク(snow peak) ポリタンク 20L F-074

[rakuten:alpen:10041277:detail]

[rakuten:sakaiya:562074:detail]

のようなポリタンクにたっぷり溜めておいて

[rakuten:anzenlife:395131:detail]

浄水器で対応するのがいいのかな。


[55]オール電化ではない teionsinonome

うちはコンロとオーブンとお風呂がガスです(ちなみに都市ガスではありません)

理由は後付なんですが、台風なんかで停電したときにオール電化だと食事やお風呂に困るけど、うちはガスでよかったねーって話してて、じゃあ今後もオール電化はナシの方向で ってことになったんです

地震より台風の被害の方が多い地域なので関東の皆さんとは考え方が違うかもしれませんね


[56]いつもぺたんこ靴 teionsinonome

出先で地震にあったら歩いて帰らないといけないわけで、そうなるとヒール靴だと辛い・・・って理由でじゃないのですが、いつもぺたんこ靴です(単に好きなだけです)

ヒール愛好家の友達は職場にスニーカーを置いてると言ってました

あと、テレビで見たんですが、やむを得ずヒールで長距離を歩く時は、ヒールに紐をぐるぐる巻いて補強すると少し楽ちんだそうですよ

ただでさえ精神的に参ってるわけだから、体力部分で補わないと!ですよね


[57]>43 耳が痛い・・・ teionsinonome

私の部屋はいつも地震直後のような状態です・・・


[58]>32 今、すごく反省しています teionsinonome

ここを読んだら皆さん色々備えていらして、自分のダメさかげんに凹んでいます

せめて水と消火器ぐらいは用意しようと思いました

ラップと小麦粉ならいつも大量にストックしてるんですがね・・・ うう


[59]>57 うちも choco-latte

いつも何かあった?!と思われるくらいに散らかりまくってます。

でも逃げ道だけは作っておかないとダメですよね。


[60]猫のための非常対策 Oregano

動物がいる場合、できるかぎり自宅を離れたくありませんが、避難命令が出てしまえば、避難所に移動しないわけにいかなくなります。私の場合は猫なので、

・肩掛け式のキャリーバッグ

・食べ慣れた餌とボトルウオーター

・トイレシーツとビニール袋、ティッシュ、輪ゴム(糞便を一時的に密閉する場合などに利用)

・今までの診療記録と予防接種の証明書

・持ち出せるかどうかは状況次第ですが一応折りたたみ式ケージ

・タオルケット(猫が不安がる時のケージを包む目隠しや保温用)

・猫用のIDカード(生年・性別・種類・毛色・瞳の色・呼び名・常用しているフード名・既往症・いつも世話になっている動物病院名・予防接種記録・飼い主住所氏名・猫の写真をラミネートしたもの)

を用意しています。

避難所で猫と一緒に過ごせるかどうかはわからず、場合によっては動物は専用の収容施設に預けることになるかもしれませんが、一緒に過ごせることを前提に、日頃からケージ生活にも慣れさせています。ケージの蓋を開けたまま自由に出入りできるようにしておいて、ケージの中をお気に入りの寝床にするようにして、いざ避難所でケージ生活になった時でも嫌がらないように準備しています。


[61]>60 流動食とシリンジ(注射器)かスポイトも TomCat

猫は環境が激変すると、それだけでフードを口にしなくなったりしますので、そういう時の用意に、シリンジかスポイトで給餌できる流動食の準備があると便利です。

http://www.rakuten.co.jp/wwpc/578156/586607/586738/586701/#52813...

特に食餌療法などを指示されていない猫なら、ウォルサムの高栄養・免疫サポートなどが使いやすいでしょう。これは粉末を温水に溶いて使うタイプなので、携帯にも便利です。食餌療法が指示されている猫の場合は、かかりつけの獣医師に適切な流動食を指定してもらってください。

http://www.rakuten.co.jp/petcenter/424777/444014/

こちらにも同様の流動食タイプのフードが何種類か紹介されています。給餌用のシリンジも通販で購入可能です。

給餌は、シリンジに流動食を入れて、口の横の歯の隙間から、少量ずつ口の中に注入していく方法で行います。日頃から猫専用牛乳などを使って、給餌の練習をしておくといいですよ。上手に飲ませられるようになっておくと、猫ちゃんも喜んで、自分からシリンジの先をペロペロ舐めてくるようになります。

いざという時の備えに、ぜひ猫を飼っている人には、そんな準備もお勧めしておきたいと思います(^-^)


[62]家庭内防災会議をやっています MINT

何でも家族会議のわが家では、時々、そろそろ防災会議をしようかという声がかかります。父が言い出したり、母が言い出したり、私や弟が言い出したりと色々ですが、地震のニュースがあったりすると、誰かがやろうと言い出します。

やることは毎回まちまちで、各自の非常袋点検をしたり、家の中の危険個所の点検をしたり、家にある保存食の在庫点検をしたり色々ですが、最近父が会社で応急手当の講座を受けてきたのを機会に、そのテキストを使って、家でも応急手当の練習を始めました。人工呼吸の練習はマウストゥマウスなのでちょっとできませんが、止血の練習はお互いにけが人役になってやりあいます。腕の止血などは父がやると、脇の下に親指を当てるだけで、ぱっと手首の脈拍が止まって、ちゃんと止血できていることがわかります。私がやるとぜんぜん止まりません。止血には、すごくこつが必要です。

包帯や三角巾の使い方も練習します。これは母が上手です。弟は三角巾を畳むのだけは上手です。お互いに頭や腕や、色んな所にけがをした想定で練習し合います。私は骨折の手当てもできるようになりました。

家庭内なのであまり専門的なことはできませんが、それでもこうしたことを通じて、いざという時に人の役に立てるようになりたいと考えるようになってきました。


[63]カラスの巣対策 to-ching

いつも同じ木に作ります、一寸でも枝、断熱材等を持ち込んだら除去します。


[64]ご近所との良好な関係・・・ Spaceshuttle

「いざという時は、遠くの身内より近くの他人」と言いますから、

普段ご挨拶等して、災害時にはお互い協力できる様な関係を築いておく・・・これも「災害対策」だと思います。普段は「防犯」の効果もあります。


[65]粗食を旨とする生活で非常時に強い体を作る tough

穀物と豆や野菜を中心とした食事。少量を口に含みよく噛む食べ方。食前と食後の感謝。こうしたことの励行で、栄養の摂取効率が高い体が作れます。少量の食事でも十分なエネルギーがとれ、持久力のある体が作れます。

おそらく災害に見舞われると、しばらくたてば救援が始まると思いますが、配給されるのは、ただ空腹を満たすだけの食事になると思います。栄養的にはきっと不十分だと思います。そんな時、普段から粗食に慣れ、少量ずつよく噛んで食べる習慣をつけておけば、消化の効率も、栄養の摂取の効率もいい体になっていて、きっと助かると思うのです。

実際私は、玄米の握り飯だけで集中合宿を過ごした経験があります。激しい格闘技の稽古を、軽く塩をまぶしただけの玄米の握り飯だけで乗り切っていきます。しかし不思議なことに、こういう粗食の方が、激しい運動をしても、かえって疲労がたまらないのです。修行僧の世界を垣間見た気がしました。

以来私は、普段は極力粗食を旨とするようにしています。もちろんたまには胃を鍛える意味で、山盛りの肉をどんどん胃に放り込むようなこともします。修験者ではありませんから、楽しみのためにも、たまにはそういうことも必要です。しかし普段は、一汁一菜、一杯の茶碗の飯を噛みしめながら食べる習慣を続けています。それでしっかり筋肉は維持できています。体も軽く、いざという時でも持久力には十分な自信を持っています。


[66]>53 賞味期限切れ sprout-seed

つい先ほど、我が家からは10年前に賞味期限が切れた乾パンが出てきました!


やっぱり10年はまずいかなぁ・・・と思いつつ、開けてみたら見た目は普通。もったいないので食べてみたところ、味も普通においしい♪


・・・なので、このあとお腹が痛くならないようなら、残ったあと2缶は、もう10年ぐらい寝かしておくことにしますw


防災グッツはまとめて袋に入れて、緊急時に持ち出せるようにしてあったのですが、年々押入れの奥に追いやられていった為に、こういうことが起こるのですね。この機会に反省します。


[67]物置 studioes

現住地の都合、身近な災害は地震なので、非常用品を物置に収納しています。

というのは、屋内に非常用品を置いても、地震で家が倒壊したら取り出せないからです。

ですので、庭に置いた物置の中に、照明、ジャッキやスコップ、ノコギリ等の工具、缶詰などの食料品と水、医療品、テント等を入れています。 車のトランクにも、小型のドームテントと非常持ち出し袋(少量の水・食料、医療品等)、携帯トイレ等を常備しています。 トランクに入れてあると、災害時以外にも、車で身動きが取れなくなったとき(遠出したときに、道路封鎖があったときなど)に便利です。


[68]非常用無線設備 momokuri3

一応アマチュア無線の資格を持っていますので、いざという時にはすぐに避難所に無線局を設置できる用意がしてあります。

今は携帯電話が発達していますが、携帯電話は基地局が止まってしまえばそれまでです。発信制限が行われるかもしれません。

警察の無線も消防の無線も基地局を介して行うものがほとんどですから、これも基地局が機能を停止してしまえば、隣り合わせのパトカー同士でも、もう通信はできなくなります。

こういう時に確実に通信が確保できるのは、ごく単純な、何の基地局も使わないシンプルな通信方式に限ります。そういう通信方式が残っているのは、身近なところではもうアマチュア無線だけでしょう。

私は、中距離通信用として、50MHz帯の電池駆動可能な無線機を用意しています。この周波数帯を使っている人はトンツーの電信ができる人が多いので、トンツーなら聞き取れないくらいのかすかな電波でも情報の送受信が可能です。これに大型目玉クリップで挟み込むだけで工具不要で組み立てられるアンテナをセットにして、10分程度で十分実用に耐える仮設無線局が開設可能です。

実際にはよほど壊滅的な大災害にでもならないかぎり、何かの通信インフラが利用可能でしょう。それでも一応、地元のアマチュア無線クラブでは、定期的に災害を想定した訓練会を開催しています。私も日頃無線からはすっかり遠ざかる生活をしていますが、そういう時には参加して、機器の調子を確かめたり、腕が鈍らないようにしています。

父も一応無線の免許を持っているので、もし携帯がつながらない時は、毎時何分から何分まで、どこそこの周波数を聞くといった打ち合わせをしています。家族同士の連絡手段の確保にも、無線はまだまだ有効な手段だと思っています。


[69]>64 田舎では当然 eiyan

大都会では隣に住んでいる人の素性は全く分からないといわれています。

一方、田舎では隣近所は普段から親しく親しんでおり、素性が分からないという事はありません。

それでも田舎でも最近は段々疎遠になって来ています。

防犯、災害対策は田舎においては隣近所は身内の様なもの。

挨拶は当然、生活に困った事があれば協力を惜しみません。

隣近所の災害は自分の災害と思える程の危機感を持ち合わせています。

日頃から無意識にそんな意識が根付いています。

田舎では当然の成り行きですね!


[70]お風呂 akilanoikinuki

うちの旦那は一人暮らしの頃から、お風呂のお湯をなかなか捨てません。私の実家は、お風呂から出たらすぐにお湯を抜いて、すぐ洗うので、「汚いじゃない?」と言うと「火事になった時にすぐ使えるように・・・。」と。不思議な備えもあるものだと感心しました。

でも、不衛生極まりない。


[71]>58 私も akilanoikinuki

あまり対策らしき物はしていません。あっても仕方ないような、調味料のストックは山のようにあるのですが、非常のさいに食べたり飲んだりできるものはあまりありません。

持ち出し袋を作ろうと旦那といい続けて一年が過ぎてしまいました。


[72]>63 今度は蜂の巣 to-ching

ダクトつきの換気扇にどうやらまた目をつけたようです、以前は換気扇の入り口からスイッチオンにしてスプレー式の殺虫剤を噴霧、やや効果あったようですが、結局クリティカルヒットにならなく業者に任せました、でもやる気が無いのか仕事もダラダラ・・・今回は別な業者に依頼します。

何か、私の書き込み「殺す」ばっかりですが、本当は違います!宜しく。


[73]>72 野鳥に餌・インコ!!! to-ching

幸せにも結構大きな庭があります。野鳥が結構来てくれます。ある日、スズメと思って見ていた鳥は良く見ると、くちばしがピンク、体がグレイのインコの集団!これってペットショップに売っている鳥だとびっくり。生態系の変化と言う事を如実に感じました。昨年まで沢山の餌を庭の一部にまいて置きましたが「鳥インフルエンザ」のこともありご近所迷惑も考え止めてます。本当は冬こそあげたいのですが・・・


[74]>48 考えてみれば to-ching

空から「金」が降ってきているのです。少なくともちゃんとしたタンクを備え、トイレ、洗濯くらいに使いたいといつも思ってます。でも、工事費を償却するには何十年もかかるとか・・・勿体無いな?


[75]>69 なかなか難しい dankichik

マンションに一人暮らしですが、隣上下の隣人の顔を知りません。。いけないとは分かっているのですが、一度機会を逃してしまうとなかなか親しくはなれませんね。。


[76]>33 手回しライト等は気休め程度と思ったほうがよいかも・・・ toku4sr4agent

水を差すような発言で申し訳ないのですが。

実は手回しライトを二つほど購入してみました。

(自分の持っているものは、携帯充電機能+ラジオ+電灯+サイレンがついています)

・意外と思っていたより回しにくいし力が入る

・電池式のものに比べるとラジオや電灯が短時間しか持たない

というデメリットもあります。


普段、ちょっと困った時に使うのはよいと思いますが、災害時、あまり心に余裕のないときに使える代物ではあまりないようです。(手回しのみで電力の全てを補おうとした場合)


よって、手回し充電式のもの、あって困ることはありませんが、やはり電池式で使えるものも準備し、予備の電池も一緒に買っておいたほうがよいと思いました。


なお、乾電池でも使える+手回しでもOKのものなら問題はないでしょう。

屋外で使うことも想定して、防水・防滴機能タイプのほうが望ましいと思います。


[77]>39 指定避難所まで歩いて道順を確認したことがありますか? toku4sr4agent

避難所、という話が出ましたのでついでに。

1.まず自分が避難することになっている、一時避難所や指定避難所の場所はご存知でしょうか?

町内会で作っている防災マップに書いてある地域もあるでしょうが、

ない場合にはたいていの場合市区町村の役所に行くと、避難所が書いてある地図を貰うことができると思いますので、

知らない場合には、それで確認しておきましょう。


2.指定避難所まで歩いてみる

指定避難所まで歩いてみることはとても大切です。

その際、指定避難所までにいく間に危険な箇所がないかどうかを確認しておきましょう。

例)看板、ブロック塀、電信柱についているトランス類、エアコンの室外機等

後は利用できそうなものも同時に確認しておくとよいかもしれません。

例)コンビニ、公衆電話、防災水槽

雪が多く降る地域では、冬場雪が降って足場が悪くなっている日にどの程度かかるかの確認も必要です。

(地震は天気のよい時に来るとは限らない)


3.通勤・通学など自宅以外の場所で過ごす時間がある人の場合は、

例えば会社・通勤途上などの付近の避難所の場所も念のため調べておいたほうがよいかもしれません。


[78]>52 実は阪神大震災のあと toku4sr4agent

自宅に反射式ストーブがなかったので、ホームセンターに行った際に調達しました。

確か中山にあったケイヨーデイツーという店で調達したような気がします。

(今はその店はその場所にはないですが)


カセットコンロもあります。ボンベの買い置きは6缶程度だったと思います。

Beiriiさんはどの程度カセットコンロ用のボンベ買い置きされていますか?


[79]>54 焼酎のペットボトルは momokuri3

わが家でも非常用の水タンク代わりに使っています。水が腐らないのは水道水に含まれる塩素分がそのまま密封されるからで、もちろんボトルはきれいに洗ってから使います。焼酎の成分は残しません。保管場所は冷暗所とします。直射日光に当てたり水温が上がってしまうと、塩素が水中の微量の有機物と反応しやすくなって、トリハロメタンの発生につながります。

私の家では4リットルの一番大きなボトルを使っています。これなら片手で持てる範囲であること、成人一日当たりの必要水分摂取量は2リットルから2.5リットルくらいと言われているので、飲用や調理以外の用途も含めると4リットルくらいを一人当たりの一日の必要量と考えるのが適当と考えたからです。

これを三日分、つまり家族の人数×3、うちは3人家族なので9本、合計32リットルを風呂場の横に常備しています。水の入れ替えは風呂の水の入れ替えと同時に行い、ペットボトルの水をバスタブに空けて、新たな水を汲んでいます。頻繁に入れ換えるので、水が腐敗することはなく、浄水装置は全く考慮していません。

万一トリハロメタンが発生しても、トリハロメタンは揮発性の物質なので、コップを二つ用意して数回ドボドボとコップを行き来させれば、ほぼ完全に揮発して無害になります。


[80]>56 底の薄い靴だとちょっと不安 toku4sr4agent

災害時は、瓦礫とかいろいろなものが道に転がっていますので、できれば靴底のしっかりした靴をおススメします。

できれば踏み抜き防止加工を施してあるような靴などのほうが望ましいと思うのですが、

安全靴などが手に入りにくい場合には、トレッキングシューズなどでもよいと思います。


なお、靴の場合、足に合わないとまずいですので、試着してから購入するようにしてください。

(私はトレッキングシューズと安全靴両方を持っています)


[81]災害伝言ダイヤル171カード mododemonandato

災害時に電話が混雑して繋がりにくくなった時のために、災害伝言ダイヤル171の使用法が書かれたカードを、家族で持っています。

東京で伝言を録音する時は171?1に市外局番からの電話番号、伝言を聞く時は171?2に市外局番からの電話番号を回せば家族との連絡が取れるそうです。


[82]>15 はまぞうさんがうまく動作しないので toku4sr4agent

はまぞうさんがうまく動作しないので、URLを貼り付けますが、

http://d.hatena.ne.jp/rakuten/genki-san/10000147

上記のようなセットは如何でしょうか?


普通のスリッパより踏み抜き防止になっているようなので安心かもしれません。

(自分も購入してみようかな)


[83]男子用トイレ!! to-ching

作りましたよ!立ってする、洋式便器及び床の汚れも気にしなくて「気持ちよく!」できます。これから立ち小便が出来ない子供が出てくるのが心配。洋式のトイレを汚したくないために座ってする男ドモが増えてますよね、マンションも男子用トイレを設置した物件立てたら??売れます。


[84]救急箱と少々の食糧・水 riceball

を、本棚の上に置いてあります。地震がきたら揺れて落っこちてくるだろうことを仮定しています。

今は携帯電話が主流ですが、置き始めた頃は、そんなに普及していなかった時代だったので、併せてテレカや十円玉も常備していました。

ここ数年、日本に大地震が起きる!ってずっといわれていますし、丁度いいこの機会に、防災バックの中身を点検する必要がありそうです(苦笑)


[85]>81 毎月1日に171に電話してます toku4sr4agent

毎月1日に、171を体験することができるようになっています。

何度かためしにかけたことがあります。

また、地域によっては、毎月1日以外でも災害用伝言ダイヤルを体験できる日があるかもしれませんので、広報誌を確認されてみては如何でしょうか?


ちなみに過去(5年以内)何度か震度6クラスの地震があったので、

その際に171にかけてみたのですが、

実際には171の運用が開始されるのは30分程度経ってからのようでしたので、災害後すぐに171にかけたい気持ちはあるでしょうが、

少し落ち着いて、1、2時間経ってからかけたほうがよいようです。


[86]>71 そうですよね・・・ sayonarasankaku

なんとかなるさ、なんて気楽に考えてちゃ駄目ですよね・・・(>_<)


[87]>79 種類いろいろペットボトル e-yokan

焼酎ペットボトルも1.8L、2.7L、4L、5Lなどなど色々ありますよね。重いものが苦手、とか、場所取り過ぎで嫌、とか、事情に合わせてチョイスすれば便利に使えます。

ペットボトルを選ぶときには、厚さがある程度厚いものにした方が良さそうです。外気を遮断して保存性を上げる、ショックに強い、などの理由があるようでえすよ。

使い勝手が一番いいのは、ミネラルウォーターの2Lの四角っぽいペットボトル。四角だから置き方も色々。丸タイプよりすき間無く置けるし、いいと思ってます。


[88]>34 うらやましい・・・ sayonarasankaku

もう、その時期は過ぎ去ってしまった。


小さなお子さんいる方は、今のうちに満喫しといてくださいね。


[89]カセットコンロ e-yokan

カセットコンロが有ればどこでも料理ができますよね。サイズも大きいのや小さいの、火力も強いのや弱いの、いろんな種類が売ってます。

普段、鍋物やアウトドアで使う用に買ってあるのです。壊れたときの予備を含めると災害対策にも役立っていますね。もちろんボンベの買い置きは必須ですよ。


[90]>83 頑丈なダンボールを加工して非常時用のトイレを作りました。 toku4sr4agent

頑丈なダンボールを加工して非常用の洋式トイレを作りました。

但し、水分等を固める薬剤が入っているビニール袋を着脱できるようになっている形です。


家がつぶれたりしない限りは、トイレの便座が使えなくなるということはないでしょうから、断水時は非常用トイレ(便座なしタイプ)を自宅の便座にかぶせて使えばよいのでしょうけど念のためです。


やはり災害時に一番困るのは排泄だと思うので。


[91]無洗米 e-yokan

日本人なら米のメシ!ということで無洗米を普段から使っていれば、災害時にも便利です。コンロでの炊き方もやってみれば簡単なので、2?3度練習しておけば誰でも大丈夫だと思いますよ。

少ない場所で大量に保管できるので便利です。

洗わないで炊ける米だから、余分な水を使いません。ご飯を炊いた鍋も緊急時、という事を考えれば、洗わずに次にご飯を炊くのに使っちゃってもいいんです。油汚れじゃないし、炊いた後、鍋を乾燥させておけば雑菌もわかないし、別に汚いってわけじゃないんですからね。


[92]乾電池・・・サイズは単3 e-yokan

乾電池も活躍範囲の広いツールですね。サイズは単3を基本としておくといいと思います。守備範囲が一番広いように思います。値段も安いから沢山買っておきましょう。

サイズ違いに対応するために、単3乾電池を大きいサイズに化けさせる為のプラスチックの筒みたいな乾電池ホルダーもいくつか用意しておくといいかも。


[93]レジ袋を備蓄 e-yokan

エコの話で問題視されたりするレジ袋です。これがまた普段から実に便利に使えるヤツなのです。

サイズもいろいろあります。ものを入れて運んだり置いたりするのにとても重宝します。破れていなければ水だって入れちゃえます。

意外なところでロープのようにも使えます。レジ袋の素材ってとがった物でつつくと弱いですが、ひっぱったりする分にはすごく強いんだそうです。結んでつなげば長さも自由自在です。実際に物を運ぶのに使ってみれば、結構重いものでも大丈夫です。

「レジ袋要りません」というのはエコのキーワードになっていますが、レジ袋、特に未使用のもの、を便利使い用に取っておくのは生活の知恵だったりします。


[94]ラップとアルミホイル e-yokan

洗い物ができなくなるから大切になるのがラップとアルミホイルです。

ラップで覆えば何でも食器に早変わり。食べ終わったら汚れた側を内側に包んで捨てれば、臭いも無く衛生的。

鍋もアルミホイルでカバーできる大きさのものを使えば、調理した後はアルミホイルを捨てればいいだけなので便利です。

他にも工夫次第で活用できるツールなので、忘れず必携したいものです。


[95]古新聞やダンボールも便利 e-yokan

災害時には古新聞もフルに使いましょう。寝る時に寒ければ、古新聞を上に重ねることもできます。下に敷いてもいいですね。

ダンボールもいいですね。寝床の下に敷いたり、周りからの視線を防ぐ壁を作ったりするとかなどに使えます。

ホームレスの知恵なんかから応用すれば、まだまだ他にも用途が色々考えられると思います。


[96]缶詰、瓶詰め、レトルト食品、乾物、カップ麺類、常温保存できる飲み物など e-yokan

こんな物も普段から買い置きしていると災害対策とかって頭を悩ませることが少なくなると思います。

普段から缶詰や瓶詰め、レトルト食品や乾物を使ったアイディア料理を作っていると、賞味期限を気にせずに買い足しておくだけで済みます。特に缶詰は火事の後でも掘り返せば使えるものも多いでしょうから、備えておけば安心かも。

常温保存できる飲み物には牛乳なんかもあるから、生活スタイルに合わせて用意できますよね。


[97]>93 レジ袋 ichthyostega

これは重宝しますよね。うちでもサイズごとに区分して置いてます。ゴミ入れに最適なのですが、最近、マイバッグの登場でレジ袋をスーパーでもらえなくなってきていますが、市販のゴミ袋も計算すると一袋10円近くするんですよね。レジ袋はダイオキシンがでないような素材を使ってあったりするのですが、市販の安いゴミ袋はそう言う対策がなされていませんしね。どちらがエコか、ちょっとよくわからなくなっています。


[98]筆記用具とガムテープ e-yokan

これが意外と忘れられているけれど、無いと困る防災グッズだそうです。筆記用具の中には太字のマジックペンを入れておくといいと聞いています。何にでも書けるから伝言を残したりするのに活用できるそうです。

筆記用具と来たら文房具的にはガムテープが有れば鬼に金棒!


[99]忘れちゃいけない携帯電話充電グッズ e-yokan

携帯電話の施設は災害時に最優先で復旧されるでしょうから、携帯電話は災害時にこそ活用したいと思っています。やっぱ電池切れだとシャレになんない。だから、乾電池で充電できる充電器も携帯電話と一緒に持ち歩く習慣をつけていますよ。


[100]家具 ichthyostega

昔の阪神大震災では、家具の下敷きになった方が多かったと聞いたので、少なくとも寝室の家具は背の高いものや、重いものを置かないようにしています。転倒防止のグッズはよく見かけますが、重いものが滑ってきたり落ちてきても同じですしね。


[101]>85 おもしろいですね。知りませんでした。 hanatomi

災害用電話があるというのは知っていますが、体験できるようになるとは知りませんでした。

このシステムがあると、安心ですね。

1,2時間後ですか。勉強になります。


[102]食料は火を使わずに食べられ、栄養の量とバランスが考えられた物を準備 Fuel

厚生労働省「日本人の栄養所要量」によると、

20代男性の基礎代謝量は1500から1600kcalくらいのようです。

これは何もせず寝ているだけでも消費するカロリーなので、

一日に必要な食事の量は、一般的な生活活動強度で考えても、

一日あたり2500kcalは確保しないと体が持たないということになります。

わが家ではそれを一切火を使わない食糧で確保できるように備蓄しています。

具体的には次の通りです。

まずカロリーメイトを一人あたり一日三箱(四本入り)。

これは一食あたり一箱ということですが、

これでビタミンやミネラルなどの必要量を確保する狙いもあります。

カロリーメイトはだいたい四本入り二箱で、

ビタミンやミネラルについては成人の一日あたりの必要量をカバーします。

これでカロリーは400×3=1200kcal。

これに加えて、サンリツの缶入りカンパン(氷砂糖入り100g)一日あたり三缶。

このカロリーも400×3=1200kcal。

これは保存性が良いことから選択しています。

開封しなければ製造後五年間は保存できます。

そして残り100kcal+αをチョコレートで補います。

甘い物は精神を落ち着かせる効果があるからです。

これらのうち、カロリーメイトとチョコレートは、各自三日分を非常袋に入れています。

カンパンはかさばるので自宅据え置き備蓄用ですが、すぐに持ち運べるバッグには入れてあります。

わが家の非常用食料準備のコンセプトをまとめると、

1.火を使わずに食べられる物だけで構成する

2.栄養バランスはカロリーメイトに頼る

3.栄養量(熱量)の不足分は保存性の良いカンパンに頼る

4.精神安定剤が割と考えて甘い物を必ず添える

の四点になります。


[103]キャンプを楽しみながら shig55

防災対策は日常生活の中に入っていることが大事だと思います。特別なものを準備するのではなく、普段から使っているものが、災害の時役立つようになるのではないかと考えるからです。私はオートキャンプ・くるま旅を楽しんでいます。道の駅などでの宿泊をよくするので一通りの生活用具を車に積んでいます。水も食料もある程度の工具類も、またライト関係のものはいろいろ積んでいます。使っていて便利だと思うものは補充し、使いにくいものはお払い箱になります。コウして常に入れ替えをするようにしています。遊びに使うものですので、それほど負担感もなくそろえることができます。災害時にはとりあえず2日間自分の力で乗り切り、それ以降は外的な支援が受けられるようになると想定しています。防災対策というのは特別なものを準備することではなく日常生活の中である程度の備蓄をしておくこと、災害時に怪我をしないよう事前の備えをしておくことだと考えています。キャンプ・くるま旅は最低限の装備で電気やガスなど外からの補給がなくても生活できるということを楽しむものです。楽しみながら備えるのが現実的かと思います。


[104]>98 筆記用具は赤の水性ポスカを非常袋に入れています Fuel

水性ポスカなら揮発してだめになることが少ないのと、

ガラスや金属などにもはっきり書けることで選びました。

色は一番目立つだろうという考えで赤を選択しました。

太書き細書き両用の物を非常袋に入れています。

ガムテはかさばりますが、コッヘルの中に入れたらすっぽりおさまりました。

あと、何かに使えると思い、針金を一巻き非常袋に入れています。


[105]>47 私もやらなければ! Fuel

しばらく前に帰宅困難が話題になっていたので、

一度実際に歩いて帰宅してみないといけないと思っていたのですが、

まだ考えているだけで実行できていません。

ぜひわが家でも実証実験を行ってみたいと思います。

私もおそらく徒歩で三時間以上はかかりそうなので、

災害時にはさらに時間がかかってしまうと思います。

はたして無理をしても帰宅した方がいいのか、

交通機関が復旧するまで動かない方がいいのか、

どのくらいの規模の災害の時にどちらを選ぶべきなのかなど、

家族で話し合っておきたいと思います。


[106]>36 いやーURLもろくに見ないで・・・災害時でした to-ching

変なこと書いてました・・・避難場所は幸い我が家には400坪程度の庭があり、そこに一時的に非難することになってます、水道もあり便利かも。ただそこまで行くのに足の怪我が心配ですので、テラス、タタキには多めにサンダル等おいてます、

正式な避難場所はやっぱり幸運な事に歩いて5分の中学校です、適当に田舎でこの場合は助かりますね。


[107]>1 一日分の着替えだけは、車に積んでます honto117

自宅には非常持出し袋を常備していますが、それとは別に車のトランクの中に着替えを常備しています。出先で震災にあわないとも限らないので。普段は、急に銭湯に入るようなときのお風呂セットとして使ってます。


[108]>80 ヒール hanatomi

たしかにヒールでたくさん歩かなければいけないと、もう大変。

それだけで疲れますね。

はきやすい靴を常備しておくのはかなり有効かもしれません。


[109]>77 チェックすることを習慣にしましょう Coco-Cola

歩かなくてもイメージ・トレーニングは必須です。


[110]非常口、避難所、避難経路・・・防災の基本中の基本です Coco-Cola

自分や家族、友人や知人など大切な人を守る為に、常にチェックする心構えこそが一番の防災対策だと信じて、いつもやってます。


[111]家具を固定する tehi

地震で倒れてこないようにタンスや食器棚をネジで固定してあります。いざというときには役に立つかもしれませんが、この前冷蔵庫が壊れたときは、狭い家なので冷蔵庫をいどうするためにいちいち食器棚のねじをはずしてから移動させないといけなかったのでたいへんでした。


[112]>8 賞味期限切れ tehi

僕も袋は用意してありますが、買ってからそのままにしてあるので食べ物はとっくに期限がきれちゃってます。


[113]>110 お店では dankichik

ホテルでは必ず非常口を確認してます。やっぱり怖いですからね。小さいビルの飲食店なんかは、火事になったら絶対逃げられない、ってところがありますよね。。そういうお店には二度と行きません。


[114]>82 理想的♪ vivisan

そうなんですよね。ちらかっているのは、外も部屋の中も同じで、しかも危険。

よしんば玄関にいけたとして、パニックのときはたしてくつを探せるのか?というと私は自信がない・・。

なので、こういうものはすごくありがたいです。スリッパよりも丈夫ですね。

コレ、購入しようと思います。ありがとうございます。


[115]>59 私の部屋も.. dankichik

私の部屋も、常に災害後のように散らかってます。足の踏み場もない状態は避難の妨げになるので、とりあえず片付けた方がいいですね。。というか災害に関係なくいつも片付けておくべきですね。。


[116]>62 すばらしい! vivisan

応急手当の方法・・社内で避難訓練をしたときに実演で見たことはありますが、実際にはやったことはありません。

日頃の練習がとっさのときに役にたつものですよね。

こういうことは家族がちゃんと分かっていないと、場所がわからなかったり、うまく連絡がとりあえなかったりと齟齬をきたすのではないでしょうか?

そういう意味で、MINTさんの家族ひとりひとりが災害に対する意識をもっていらっしゃる。これはすばらしいと思います。

うちは二人なのにやったことさえありませんので、時折やるように心がけたいと思います。


[117]>45 家具の配置 vivisan

経験者のお話は身につまされますね。

大きな地震があってから、背の高い家具は控えるようになりました。

なにがおきるかわからないことを常に考えて、私も家具の配置を考えようと思います。

寝室はできるかぎりものを置かず、おいても背の低いものにしようと思います。


[118]定位置にマグライト、枕元にも光源 shimarakkyo

厳密には災害ではないのですが。

去年の冬に結構大規模な停電が住んでいる地区で起きまして。

起こったのは夕方だったのですが、私が住んでいる地方は、冬は4時半ぐらいにはもう日が落ちてしまうので家の中がいきなり真っ暗になりました。それで、


「家の鍵を探す」→「靴を履く」→「ドアを開けて外に出る」


という、たったこれだけの作業をするのにものすごく時間がかかり、普段自分がいかに「目」に頼っているか、という事と「マグライト持っててもイザって時に場所が分かんないんじゃしょーがないじゃん!」という事をちゃぶ台に激突しながら文字通り「痛感」しました。


以来いつも、マグライトは仕事机の上に一つ、玄関の棚に一つ。それから枕元にはハロゲンランプのヘッドライト(私の登山用品)をおいています。


[119]>110 非常口付近には物を置かないようにしています。 yatmsu

やはり、基本が一番大事ですね。

緊急時だからこそ。


[120]>116 実際にやってみることが大切ですよね TomCat

包帯一本巻くにしても、ただぐるぐる巻けばいいっていうものではありませんよね。まず傷の部位、傷を負った原因、傷の様子、程度、痛みの様子などをよく確認して、どんな手当てをすべきかを判断しなければなりません。

そして、何を目的に手当てをすべきかを判断していきます。包帯一本巻くにしても、傷を固定するための巻き方もあれば、止血のための巻き方もあります。あるいは創傷面を保護する目的もありますし、適度の圧迫を加えて痛みを和らげることを目的にかける包帯もあります。

そういうことをしっかり判断して、基本に忠実に手当てしていく。そして、手当ての最中はできるだけ傷病者の視覚の範囲に入る位置で立ち振る舞い、何をしているのか分からないといった不安を与えないようにしていったり、視線や言葉で安心感を与えていったりする配慮も大切です。

こういうことは、人間相手に何度でも繰り返しやって練習していくことが大切ですよね。頭で分かっているくらいじゃ、実際には動けません。家庭で定期的に、お互いに練習しあえたら、本当に理想的です。

初歩的な応急手当のやり方は、全国の消防署で講習会があって、そこで教えてくれます。MINTさんのおうちのように、とりあえずどなたかお一人習ってくれば、それを家族みんなで練習できますよね。

実際には、赤十字で救急法の講師をしているような人だって、出来ることには限度があります。救急資材の揃っている救護所ならいざ知らず、何もない災害現場では、本当に簡単な応急手当てしかできないでしょう。

でも、応急手当を学ぶことは、まず自分の安全につながるんです。人を助ける実技が身に付くと、非常の事態でも落ち着いて行動出来るようになりますから、何があってもパニクりにくくなるんです。そして、どこに危険があり、何を避けるべきなのかが分かるようになりますから、二次災害で受傷することも少なくなります。

まず、自分のため、愛する家族のために、応急手当の基本を学んでください。その力は、いざという時には、きっと隣人のためにも役立っていきます。全ての家庭でMINTさんのおうちのようなことが出来たら、本当に素晴らしいと思います。


[121]>86 参加できないくらい何もしてない peachsound

うゎ?・・・っと、皆さんのスレッド見てて反省してます(ノ_;)

私、地震でも起きたらどうするつもりだったんだろ・・

とても参考になります。


[122]9月1日は防災メニュー chipmunk1984

毎年9月1日の夕食は缶詰などの保存食(非常食)メニューです.古いものを食べてしまって,ここを基準に新しくしています.


[123]>115 ああ、私の家も shimarakkyo

「泥棒にでも入られたかの様な」と形容された事があります。幸い連れちゃんがきれい好きなのでそこそこ片付いてはいますが。

せめて「大事なものがどこにあるのか」だけはきちんと把握できる様にしておこう。反省。


[124]>40 災害時だけでなく停電時にも活躍! chi_maki

防災に関して無頓着な方ですが、

電気を容量以上に使いすぎるのか、すぐ停電になってしまう我が家では、

懐中電灯だけは、たとえパニックになってもすぐに出せるようになってます。

実家には、なぜか人数分以上ありました。。。

昔は、懐中電灯と一緒に、予備乾電池も一緒に置いていましたが、

最近は、振るだけで使えるものなど、いろいろ便利なものがたくさんありますね〜♪


[125]パンの缶詰 chi_maki

美味しいと言う噂を聞き、保存用に…と思って購入したものの、

最初に購入した時は、興味本位と美味しさで、

普通におやつがわりにしてしまいましたが、

最近は、職場と自宅に、予備用として置いています。

純粋な防災の意味はもちろんですが、

買物できなかった時の食事としても使用しています。。。


[126]たとえ離散しても家族がつながっていられるように… TinkerBell

ジャワ島の大津波のあと、もし私があんな大きな災害に見舞われたらどうしようと考えました。

きっと何もできない。ただ恐怖で動けなくなってしまうだけ。

でも、もし一人で被災したら?

家族と離ればなれの時に大災害に見舞われてしまったら?

きっと恐ろしさよりも前に、

二度と会えなくなってしまうかもしれない不安でいっぱいになってしまうでしょう。

そこで私は、父と母に一通ずつ手紙を書きました。

中は開けないで。そのかわりいつも持っていて。

もしもの時でも、いつも家族がつながっていられるしるしだから、と。

中には、住所、家族の構成、それぞれの氏名、血液型、生年月日、父と母の実家の連絡先、

そして私の、父と母へのそれぞれの思いが書いてあります。

もし父や母にもしものことがあっても、ちゃんと身元がわかるように。

そしてもし私が一人で消えてしまうようなことがあっても、

父や母の心の中に永遠に私が生き続けていられるように…です。

小さく折り畳んで、お守り袋のような紐のついた袋を作って、それに入れて渡しました。

そうしたら、父からも母からも一通ずつ、

必ずいつも持っていなさいと手紙をもらいました。

きっと、同じようなことが書いてあります。

私はいつもそれを持って出かけます。

これで、もし家族がばらばらの時に災害に見舞われても、いつも心は一つでいられます。

そして何があっても、必ず一つに戻れます。

今日、家族でいざという時の備えを話し合ってみたいと思います。


[127]>125 すごい種類がありますよね! yoshikichin

パンの缶詰は子供のおやつ用にたまに購入しますよ。色んな種類があって結構おいしいし^^とても便利だと思いますが防災用にはちょっとガサバルんで我が家は袋入のかんぱんを用意してます。


[128]>75 東京ですが。 aquamarines

土地柄にもよるかと思うんですけど、挨拶する仲でも結構、他には無関心でいる方多いですよ。基本は自分ですから日頃の備えというのが一番かと思いますね。


[129]>127 パンの缶詰は缶切りが付いてるのが便利! MINT

色んなパンの缶詰がありますが、私は平たい缶の、缶切りの付いた製品を買っています。あの缶切りがあったらプルトップでない缶詰も開けられるし、空き缶だって鍋やコップにできちゃいます。中身もおいしいので、とっても気に入っています。家族みんなの非常リュックに必ず一つは入れてあります。


[130]>99 私はシガーライターから充電できるコードも非常リュックに入れています MINT

充電の選択肢は多い方がいいですものね。でも、私はあまり携帯には期待していないんです。お正月でさえ発信規制されるくらいですから、特に都市部で災害がおきたら通信が集中して、かなりきびしいんじゃないかなぁと予想しています。


[131]>126 これは大切なことだ… MINT

身元カードを兼ねた家族への思いを綴った手紙ですね。私も書こう。いつ、どこで、なにが起こっても、いつも家族の心が一つであるように願いを込めて。とても大切なことを教えてもらいました。ありがとう…。


[132]>131 すごい・・・ hanatomi

そんなことができる家族があるんですね・・ありがとうございます。恥ずかしくてできませんがやってみたいです。


[133]>120 MINTさん・・ hanatomi

すごwwぃ。いつもながらその協調力に感動ですww


[134]イエはてな防災事典を活用する・・・ Coco-Cola

このページのお役立ちコメントを集めてA4紙一枚位に印刷して我が家の防災マニュアルを作ろうっと・・・

これが(今後の)我が家の防災対策です。


[135]>10 いえ、本当はそっちのほうが大切だと思います。 toku4sr4agent

いえ、本当は

「家具が倒れてきそうなところでは寝ないように」という工夫のほうが大切だと思います。


ただ、食事中に食器棚が倒れたら・・・書斎で書類を書いている途中に書棚が倒れたら・・・

というときのために、倒れない工夫をしておくとよりよいでしょう。


(うちは狭いのでどうしても家具のある部屋に寝ざるを得ない・・・

のでふんばるくんを家具の前のほうに敷き、更にL字金具で家具を壁に固定しています。)


[136]>132 家族の絆… Fuel

こういう防災対策もあるんですね。

私も、とても大切なことを教えられた気持ちです。

私も何があっても必ず家族が一つで入られるように、願いを込めて書いてみたいと思います。

とても照れくさいですし、どこまで家族に思いが伝わるかはわかりませんが、

もしもの時にも、言い残した言葉で悔いを残したくないですから。


[137]>134 このいわしをもとに家族で話し合いを持ちましょう Fuel

まだ序盤でこの内容の濃さです。

終了までにはどれだけの大切なノウハウが出そろうことか。

このいわしのログをプリントアウトして、

家族で話し合っていきたいと思っています。


[138]>46 赤ちゃんやお年寄りを助けることまで考えた準備 Fuel

災害時に救助される側ではなく救助する側に回る人は、

軍用品で身を固めるくらいの準備が必要なのでしょうね。

感心したのは、赤ちゃんやお年寄りのための食料の準備をしていることです。

今の私の非常持ち出し袋では、自分のためには使えても、

もし助けを求めている赤ちゃんやお年寄りがいたら対応できません。

食料の一部を赤ちゃんやお年寄りにも使い回せる物に早急に入れ換えようと思います。


[139]物をためこまない obentokun

とにかく物を貯めこまないようにしています。

思い出の品以外は買って3年以上使ってないものは廃棄。

買う前に3年後使ってるかどうか?を脳内シミュレート。

部屋には背の高い家具や楽だからとキャスター付きの家具は置かない。

いざというときに邪魔になったり凶器になったりするものは徹底排除しています。

とにかく外に出てからの安全よりも、まずは家内の安全。

我が家は9階なので次はベランダから降りれるように燃えない丈夫なロープ(オリローみたいなの)を設置しようと思ってます。


[140]>122 いいアイディアですね。 dankichik

防災への意識も高まるでしょうし、保存食の見直しもできる。一石二鳥ですね。

私は1月17日を防災メニューの日にしようかな。


[141]>128 たしかに… yoshigyu1318

災害時は助け合いが一番大切ですよね。避難所なんかに集まったときに近所の方たちと仲がよいと少しでも楽しく過せますからね…。


[142]>51 考えてる eiyan

以前から雨水の利用は考えていました。

雨水はどうしても不純物が混入するので、どうしても水が腐ります。

ろ過とか殺菌も考えられますが自然にいきたいと難しいですね!

雨水を保存する容器もコンクリート、プラスチック、ドラムカン等々考えられますが、場所とか移動等考えると屋上か地下という事になると思いますが、何処が一番良いのか迷う所です。

イザとなると色々多種な問題が有って、なかなか実現出来ません。

どうしたら良いか何か素敵なアイデアが浮かばないかと思案してます。

何処かで散水車の廃車を見つけて来て安く入手出来れば素敵だななんても思ってます。

何処かにないかな??


[143]>135 してないです eiyan

家具の配置は考えてないな?!

使うのに便利な様にするだけで、災害対策まで考えていませんね!

整理整頓しておかねばね!


[144]>117 寝室の家具 ichthyostega

このスレに気付かず、別の所にスレしてしまったのですが、私も寝室には主立った家具は置かないようにしています。

転倒しなくても、振動で冷蔵庫ぐらいの重さの家具でもタイヤがついたように滑ってくることがあるそうですから。

基本的にはものは押入にしまっておくようにして、他のものは背の低い3段ボックス程度にしています。


[145]>124 登山用品なんですが、ヘッドランプはあると安心 shimarakkyo

http://item.rakuten.co.jp/kojitu/c/0000000294/

私の登山用品なんですが。ハロゲンランプなので明りも強いし、電池の保ちもいいですよ。

あと、懐中電灯と言えばマグライトでしょう!

http://ja.wikipedia.org/wiki/マグライト


[146]>65 これは大切なこと momokuri3

いい加減な食生活をしている者としては耳が痛く、できればそっとやり過ごしたい方向の話ですがw。いやでもこれは本当に大切なことですね。飽食に慣らされた体は、きっと突然の食生活の変化についていけないでしょう。そして食生活のいい加減さから生活習慣病にでもなっていれば、災害時にはさらに辛い思いをしなければならないことになります。

私も健康のためには食生活の改善を心がけていますが、災害対策の一環という視点からの食生活の見直しも心がけてみたいと思います。


[147]>70 これは昔からよく言われていたようです momokuri3

ちょっと前までは、本当に防火の備えとして、風呂の水が重視されていたらしいですよ。最近は消火器の準備が進んでいたりすることからあまり言われなくなってきているようですが、それでも本当にどこの家にも消火器が揃っているか、期限は切れていないか、ちゃんと使い方がわかっているかと考えると、必ずしもそうではないというのが現状だと思います。

風呂の水とバケツの組み合わせは、最も簡単で利用価値の高い防火設備として、もう一度見直されてもいいのではないかと思います。


[148]>102 大変具体的で参考になります momokuri3

過酷な毎日を強いられる災害時にこそ、十分なカロリーと、ビタミン・ミネラルのバランスが欠かせないですね。ただ空腹を満たす非常食ではなく、体の維持をしっかり考慮した準備が必要なことを痛感します。

日本の場合、どんなことがあっても三日たてば救援体制が整うと言われていますが、その三日をしっかり自力で乗り切っていく準備が大切だと思います。

甘い者を必ず添えるというのもとても大切なことですね。私はすみやかに吸収されて即戦力のエネルギー源となるブドウ糖を準備しています。


[149]防災用ラジオはAM/FMの2バンド、そしてイヤホンを必ず準備 momokuri3

NHKでは、災害発生時にはAMで主要情報を、FMで尋ね人などのプライベートな情報を扱うという方針を立てているそうです。また地域にコミュニティFM局がある場合はそこで地域情報が流されますので、防災用ラジオには、できるだけAM/FMの2バンドの物を用意しておくことがお勧めです。

もう一つ、見逃されがちなのがイヤホンの準備ではないでしょうか。ラジオは音声回路で一番電池を消費します。大きな音でスピーカーを鳴らすことが一番電池を消耗させます。喧噪の中でラジオに耳を傾ける時、イヤホンがあればとても助かります。

また過酷な状況の時こそ、明るい音楽を楽しんだり、楽しいバラエティに耳を傾けることも大切なことでしょう。イヤホンがあれば他人に気兼ねなく、そういう番組にも耳を傾けることができます。

防災用ラジオはAM/FMの2バンド。そして必ずイヤホンを添えておく。これを皆さんにぜひお勧めしておきたいと思います。


[150]>149 イアホンは大切ですね YuzuPON

このへんはなかなか気配りが行き届かない点ではないかと思いますが、イアホンの準備はとても大切なことだと思います。私はメインのラジオと別に、AMだけですが、イアホンだけで聞く仕様のラジオも準備しています。電池の消費が少ないので、メインのラジオとは別にもう一台持っておくと助かると思います。


[151]>147 うちは水を抜いた直後に早々に水を張っています YuzuPON

うちは防火用というより、万一断水した時のトイレ用水も兼ねる意味で、バスタブを洗ったり、水を洗濯に流用した直後に、早々に再び水を満たしておくようにしています。

水は早めに張っておく方が、極寒の時期を除けば気温で水が温まって、燃費も少し安く済みます。


[152]>138 自分のためだけでない準備 YuzuPON

軍用リュックから哺乳瓶が出てくるんですね!このギャップが素晴らしいです!もし避難所で赤ちゃんが泣いていて、おじいさんおばあさんしかいなかったら。そういうことは必ずあると思います。そんな時、さっとミルクを調乳してあげられたらどんなに助かることでしょう。赤ちゃんには待ったがききません。救援が来るまで待てと言っても無理です。自分のためだけではなく、隣人の赤ちゃんのための準備。みんなで心がけていけるといいですね。


[153]>68 携帯電話の過信は禁物 YuzuPON

私は町内の自主防災組織に参加していますが、いざという時の連絡手段は携帯電話と決めつけていることに、とても不安を持っています。台風などで念のために避難するくらいの時ならそれでいいと思いますが、震災のような発生してから大騒ぎになる状況では、たとえ基地局がしっかりしていたとしても、発信規制がかかって使い物にならないのではと危惧しています。

携帯に頼らない独自の通信手段の検討が必要ですね。実際には免許の問題もあって難しいと思いますが、中継局を使わないタイプの業務用無線の導入など、何か考えないといけないのではないかと思います。


[154]>141 自主防災組織への参加も YuzuPON

たいていの地域に、自治会単位の自主防災組織があると思います。そういうところに参加していくことも、ぜひ考えてみてください。いざという時に一番頼りになるのは家族。その次が身近な隣人です。何かが起きてから助け合うのではなく、日頃から助け合っていくことができれば、それが一番です。

みんなで少しずつ力を出し合って作っていく自主防災組織。まだ結成されていない地域なら、自分で作ってしまってもいいと思います。アパートやマンション単位の自主防災組織作りも考えていけるといいですね。


[155]>153 災害時に使えるのかな? taknt

電気がきてないと難しいですね。

トランシバー型のものであればいいかもしれませんが。

それに無線をやっている人が どれぐらいいるのかも 疑問です。

ま、家族でやってるならば確実でしょうけど。

私も免許は持っているものの、機械等はもってません。


[156]>144 引越しを機会に akilanoikinuki

棚が倒れてこないようなストッパー?を取り付ける予定です。

さらに、一番無防備になる寝室にはテレビ台とテレビしか、家具類は置かない予定にしています。

今までめんどくささから、こういった問題を放置していましたが、引越し先が上の階となる事もあり、震度3くらいでもかなり揺れるんじゃないかとビクビクしています。


[157]>145 我が家でも常備しています yoshigyu1318

LEDのライトを枕元に1個と、非常用リュックの中に1個入れています。枕もとのライトはLEDが11個ついている電池駆動式の強力なタイプです。非常用リュックの中には東横インでもらった発電式のライトがあります。そんなに明るくはないのですが、非常時には重宝します!


[158]>155 使えるように努力しておきたいですね Oregano

私も免許を持っていて、かつてはかなり無線に凝っていましたが、今では全くその世界から離れてしまっています。

災害時にアマチュア無線が活躍できる場面は、おそらく中長距離の通信でしょう。近距離連絡用のトランシーバーなら、おそらくそれなりの物を消防団が持っています。

それよりも今の時代なら、たとえば被災していない地域の人たちが救援情報やライフライン情報をネットでまとめて、それを無線を通じて現地に送るといった使い方になると思います。このためには最低限、たとえば関東が被災したら、名古屋とか大阪とかを相手に通信できないと役に立ちません。

しかしそういう通信が必要な時期は被災後数日の間ですから、当然電気は止まっています。それでも通信が確保できる設備と技術が必要です。普通のアマチュア無線の設備では全く役に立たないでしょう。電源もアンテナも含めて非常時専用の設備を用意する必要がありますし、そうした設備の運用は、かなり訓練された無線のスペシャリストでなければ無理だと思います。

momokuri3さんは50MHz帯で設備を整えているとのことですが、これなら地上高12m以上にセットした5エレメントくらいのアンテナがあれば、東京・名古屋間くらいの中距離通信に対応できると思います。しかし通信の方式は、当然CW(電信)になるでしょう。通信にもかなり高度な技術と熟練が必要です。

免許と市販の無線機があれば事足りる普通の無線の世界とは全く異なった専門技能が必要ですから、そういうものを身につけたいですね。私もせっかくの免許をいざという時にいかせるような方法を考えてみたいと思いました。


[159]>151 いいアイデア! Oregano

水を抜いたら、またすぐ満たしておけばいいわけですね。小さな子供がいる家では事故防止のために水を抜いている家が多いと思いますが、そういう心配がない家なら、風呂の水もぜひ有効活用していきたいですね。うちでもちょっと検討してみたいと思います。


[160]>61 たしかに必要かも! Oregano

猫はデリケートですから、突然避難所に連れて行かれてしまったら、ほんとうにそれだけで餌も水も口にしなくなってしまうかもしれませんね。流動食、ぜひ準備してみたいと思います。

普段からシリンジで飲むことに慣らしておくのもやってみます。うちのは「ネコちゃんの牛乳」というパック入りのミルクが好きなので、それをシリンジで与えてみようと思います。そういうことを通じて猫との交流を深めていけば信頼度も高まって、いざという時でも安心して過ごせそうです。


[161]>136 これこそ真の防災対策かも Oregano

家族を思う強い気持ちに感動しました。もし壊滅的な被害を受けるような巨大災害に見舞われたら、どんな準備も役に立たないかもしれません。でも家族の愛し合う思いだけはどんな時でも失われることはありませんね。これこそ究極の対策だと思いました。


[162]消火器の使い方を確認 riceball

手際良く消火活動ができるように、そして消火器の期限が切れたのを機会に、家族で消火訓練をしようと話したことがあります。


・・・でも実際、庭でやれる広さがなかったので諦めた気がします。(反省)家に必ず置いてはあるものの、隅に追いやられ薄っすら埃を被っているのが我が家の現状です。

実際使ったことがないと イザという時にパニックになってしまう気がします。


[163]>140 いい習慣ですね riceball

常備することで安心してしまわずに、定期的に中身の確認をすることは大切ですね。

防災対策について考えるいいきっかけとなっているのでしょうね。


[164]>81 携帯電話 to-ching

携帯電話を使ってもう15年以上になります、初めは災害・被災時にと加入したのですが、今はこの様なときには全く通話(混んで)できませんね、困ったものです。国も何か考えて欲しいです。


[165]>108 履き物も考えないといけませんね TinkerBell

私、いつもヒールばっかりです。

これではいざという時に動きが取れませんね。

バッグの中にスニーカー入れて持ち歩こうかなぁ。

小学校の時の上履き入れみたいのを用意して。


[166]>162 一度やってみたことがあります TinkerBell

消防の人がきて教えてくれる訓練会みたいなのがあって、

その時に消火器の使い方の練習もあったのですが、

私は最初、炎に向かって噴射してしまいました。

そうしたら、違う、炎の根元に吹きかけるんだって。

いくら燃え上がっている炎に向けて噴射しても、

それではぜんぜん火は消えないんですよね。

あわてて炎の根元をねらったら、あっという間に火が消えました。

消火器は、ただピンを抜いてレバーを握ることだけ知っていてもだめ。

どこをめがけて吹き付けるかを知っていないと火は消えないよと教えてもらいました。

あれは実際にやってみることが本当に大切だと思いました。


[167]>150 さっそく買ってきます! TinkerBell

うちの非常持ち出し袋のラジオには、イヤホンが付いていませんでした!

イヤホンなんて百円で買えますものね。

さっそく父と母の分も買ってこようと思います。

予備のラジオというか、普段持ち歩くためのラジオもほしいなぁと思いました。

三百円くらいで買えるラジオもありますが、ああいうのってどうなんでしょう。

役に立つでしょうか。


[168]>137 私もそうします! TinkerBell

今まで知らなかったこと、気が付かなかったことがたくさんあって、

とても勉強になっています。

私もこのいわしを自分なりにまとめなおして、防災辞典を作ろうと思います。

そして、それをもとにして、家族で話し合ってみたいと思います。

今まで、なにかあったらどうしようと不安に思うだけでしたが、

こんなことではいけませんね!!


[169]>168 私も!! MINT

このいわしは、どの書き込みも永久保存版ですね。私も今、ツリーの内容を要約してまとめている最中です。次に家族防災会議をやる時、きっと役立てようと思います。

非常食料として赤ちゃん用粉ミルクを取り入れるとか、できることから少しずつ準備もはじめました。


[170]>165 私もぺたんこ靴愛好家♪ MINT

歩くことが好きなので、私もぺたんこ靴を愛用しています。でも非常用には、トレッキングシューズや、欲をいえば安全靴がほしいですね。軍用ブーツという人までいるみたいですし…。

今度探しに行ってみようかな。安全靴は、普通の靴屋さんにはないですよね。どこに行けばいいのでしょう。ワークマンみたいなところでしょうか。


[171]>129 美味しい。 mododemonandato

パンの缶詰おいしいですね。古くなったのを処分するのに食べてみましたが、二年位たっても大丈夫でした。なんだかアルコール臭かったようですが。


[172]>169 同じく riceball

みなさんの回答を読みながら、普段から行っている事や、防災袋にいれるものにも工夫がされていてとても為になります。

素直にいいな、と思ったことは参考にさせてもらいたいと思います!


[173]>152 さっそく赤ちゃん用粉ミルクと哺乳瓶を買ってきました MINT

あと哺乳瓶消毒剤も。非常食は自分のために用意するという先入観があったので、赤ちゃんがいない家で粉ミルクを用意するなんて目からうろこでした。でもそういう助け合いの気持ちで準備していくことが大切なんですね。ゼリー状の携帯食も買ってきました。


[174]>157 あとはいつも決まった場所に置く事ですよね shimarakkyo

前に一度停電になった時に、懐中電灯の在処が分からなくて(いつも家が散らかっているから。。。)「意味ないじゃん!」と自分にツッコミをいれてました。以来いつも、「枕元」「机の上」「玄関」の3カ所に必ずある様にしています。

それにしても、LEDが11個はすごい!強力なのは遠くからでも見えるから、目印にもなって良さそうですね。


[175]モールス信号でSOSが打てます shimarakkyo

防災対策としては微妙な感じもしますけれど、一応。

高校生の時に一通り習ったのをまだ憶えています。本来は、これが役に立つ状況なぞに遭遇しない事が一番願わしいのですが。。。


[176]>175 ...---...ですな。 Kumappus

電波が出せて受けてもらえてという状況は少ないと思うのですが、光や音で...---...を出してもよいようです。

http://akademeia.info/index.php?%B5%DF%C6%F1%BF%AE%B9%E6

また、

http://celala.com/1000yougo/1030sagyou/1031sa/

山岳救難信号

燈火などを、1分間に6回点灯し、次の1分間は休止する。

も、焚き火や発炎筒などで煙を3本出すことでも「救助求む」の意味になります。

http://www.outdoor-skill.com/signal/cd.html

なるほど、CDの反射も使えるのか…。


[177]>174 LEDライトを Kumappus

枕元においています。他にも何箇所かにあるので、枕元のにたどり着ければ…。

LEDは明るいし、電球に比べてバッテリーが持つようなので災害時には強い味方ですね。電球みたいに切れないしね。


[178]>146 実際には Kumappus

カロリーメイトやインスタントラーメンやおにぎりでしばらく過ごすことになるので、体質強化という意味ではジャンクフードに慣れたほうが効果的かもしれません。


[179]>177 「保ち」がいいのは大事ですよね。 shimarakkyo

電池も手に入りにくい状態になる訳ですし。私の持ってるマグライトもかなり電池の保ちはいい方ですが、yoshikichinさんが仰っている「降るだけで充電出来るタイプ」が気になります。


[180]>176 そういえばモールス信号ってもとは電波でしたね。 shimarakkyo

光と音という形で習ったので(修学’登山’旅行で山に行った時に習ったので。そういえばセーリングの講習会でも習ってました)それしか考えてなかったです。お恥ずかしい。


[181]>178 いや、逆じゃないかな TomCat

そういう栄養的に不十分な食事に対応できる体を準備するために、消化効率や栄養摂取効率のいい体を作っておくという趣旨の書き込みだと思いますよ。

実際、食物の代謝には肝臓などが極めて重要な働きを担いますから、日頃からそうした臓器を健全に保っている人ならインスタントラーメンでも乗り切れても、そうでない人はとてももたない、ということがあると思います。

また、運良くカロリーメイトの配給があればビタミンなどは十分かもしれませんが、あれは量が少なすぎますからね。やはり少量で満足できる食べ方というのも身につけておくべきかなあと思います。

修行僧のような食生活にまで特化する必要はないでしょうが、飽食に体を慣らさないでおくことには私も賛成です。


[182]>180 モールス使いを増やしましょう!! TomCat

他にも無線のツリーが立っていました。それも見ると意外に多くのモールス使いがここに集まっているようです。これはとても心強いことですね。もちろん私も出来ます。

無線のモールスは音声が聞き取れないくらいの微弱な電波でも通信できる優れた方式ですが、無線を使わない音や光のモールスも、出来る人同士なら、とてもいい意思伝達方法になると思います。

たとえばホイッスルでモールスを「吹く」とかね。そうすれば、声で怒鳴るより、よほどに効率的に情報を伝えられそうです。

また、今ふと、マイクロスイッチと高輝度LEDを組み合わせて、光のモールス専用ライトを作ってみようかと思い立ちました。一人では全く役立たずのシロモノですが、そうした気運を盛り上げてモールス使いを増やしていければ、ちょっとした連絡手段には十分役に立つ、いい防災グッズになってくれそうな気がします。


[183]>170 安全靴には様々なタイプがあります TomCat

ども、軍用靴愛好家です(笑)

一口に安全靴と言っても、色んなタイプがあるんですよ。まず、見た目はスニーカーと全く変わらない物から、軍靴のようなショートブーツまで。足を守る構造も、爪先はたいていの安全靴で保護されていますが、靴底は、全面を釘などの鋭利な物の踏み抜きから守ってくれる板が仕込まれている物、そこまでの防御力はない代わりに靴底がしなやかに曲がってくれて歩きやすい物など、色々なタイプがあります。

とりあえず「安全靴」で検索してみると様々な商品が見られますから、まずはそれで予備知識を得て、それからワークマンのようなお店に出向いてみるといいと思います。ただ、女性用はサイズの関係から、どうしてもスニーカータイプの物が中心になってくるようです。


[184]>182 モールス、おぼえるとしたら和文?英文? tough

日本の場合、モールスには、アイウエオで打っていく和文と、ABCで打っていく英文がありますよね?おぼえるとしたら、どちらをおぼえればいいのでしょう。両方おぼえるべきですか?

今は様々な情報に必ず横文字が入りますから、和文で通信するとしてもアルファベットは必須だと思いますが、アルファベットならローマ字で打っても通じますから、個人的には英文だけおぼえればよさそうに思うのですが、実際はどうなのでしょうか。


[185]>183 重そうなイメージ dankichik

昔相方がはいていましたが、びっくりするくらい重いと言う印象があります。安全のために重いのは仕方ないんでしょうが、女性用に少し軽めの製品とかあるのかな。私も今度見てみようと思います。


[186]>166 根元か! dankichik

消化剤を根元にかけるとは知りませんでした。これで一つ防災知識が増えた!確かに、消化器は初期消火に有効でしょうから、使い方をおさえておいた方がいいですね。でないと、いざとなったら慌ててしまいそう。


[187]>166 消火器は実際使ってみないとだめですね tough

ただピンを抜いてレバーを握ることだけ知っていてもだめですか。わが家は全員その状態です。いったいブシューと噴射して、それが何秒続くのかすら知りません。体験することが大切ですね。どこかで気軽に体験できる場所があればいいのですが。

ゲーセンにバーチャル消火ゲームみたいのがあったら役に立つかもしれませんね。


[188]>103 サバイバル dankichik

確かにキャンプって手軽に体験できるサバイバルの要素がありますね。これからの季節、キャンプをする人も多いでしょうし、ちょっと視点を変えると防災意識につながりそう。


[189]>182 昔、今の人とつきあいだした頃、全文モールスコードによるメールのやり取りをしていた事があります。 shimarakkyo

今思い出しました。そういえば。

なんかの拍子に説明抜きでモールスコードだけをずらずらずら〜っと書き連ねたメールを送ったら、1時間後にモールスコードで返事が返ってきました。その時に「あ、こいつは『当たり』だ」と思って今に至るんですが、明らかにとち狂った間尺の物差しで男を測っていたと今思います。


[190]>184 とりあえずは Kumappusさんのおっしゃっている様に、「SOS」を憶えればいいのではないでしょうか? shimarakkyo

...---...です。

モールスってアイウエオもあるんですね。不勉強な事に知りませんでした。折角憶えるのであれば英語の方がいいと思います。日本よりもさらに災害が起きそうな国(うわ〜、すごい不謹慎な言い方!すいません)に行った時にも使えるし。

面白いものを見つけました。オンラインモールスコード翻訳機です。

http://www.onlineconversion.com/morse_code.htm


[191]>167 普段は持っていても非常時には持ち合わせがない代表かも tough

今は多くの人がポータブルのオーディオプレイヤーを持ち歩いていると思いますが、非常時にそんな物を持ち出す人は少ないでしょうから、気が付いてみるとイヤホンがない、なんていうことになりそうですね。

安物のラジオですが、私は近所の100円ショップで店じまい間際に3個100円で売っていた超安物ラジオを持っていますが、今のところちゃんとまともに聞こえています。さらに友人の弟が街頭キャンペーンでラジオをもらったそうで見せてもらいましたが、なんと全く同じラジオでした。配っていたのはNHKだったらしく、NHKの番組名が書かれたシールが貼ってありました。


[192]>161 じんときました tough

もしもの時にも悔いのない思いを言葉にして託しておく。身元確認カードも兼ねた内容なら書けますね。渡せますね。思い切り照れくさいですが、気合一発、書いてみたいと思います。父の日の贈り物に混ぜてしまえば多少照れは消せそうです。母にもついでを装ってどさくさに紛れて渡してみます。


[193]>76 いろいろありますよ。 taknt

私が 一番最初に 入手した防災ラジオは 7年か8年前。

それと 最近、入手したものではぜんぜん持ちが違います。

最近のは ちょっと 回しただけでも だいぶ持ちますし、

また、回しながらでもラジオが 聞けたりします。

このような防災グッズは どんどん新しくなり

性能も良くなってきているので 一年に一度は

新しいものに買い換えたほうがいいかもしれません。

当然ながら 非常食には 消費期限があるので

その前に 食べちゃったほうがいいですし。

それの期限から 確認の日を決めたほうがいいですね。


[194]>31 ペットがいると ペットの分の心配も必要ですね。 taknt

ペットフードは、それ自体が非常食みたいだから、

普通に買っておけばいいだけかな。


[195]>190 欧文だけ憶えておけばOKです momokuri3

和文は一般にはほとんど使われません。というのは、モールスで平文、つまり普通の文章を送受信することはほとんどなく、国際的に決められた略語を組み合わせて通信することがほとんどだからなんです。SOSやCQといったものも、そういう略語の一例です。基本的に、世界中の無線局が、モールスでは英字の組み合わせによる共通の略語を用いて通信します。日本国内での通信もそれが標準ですから、和文は全く知らなくても問題ありません。

あと、非常時には正確な文字の送受信が必要とされることが多いですから、言葉で通信する時には、フォネティックコードと呼ばれるものを憶えておくと便利です。和文なら「イロハのイ」「ローマのロ」「ハガキのハ」というような、欧文なら「Alpha」「Bravo」「Charlie」「Delta」といったようなものです。

これを使って、たとえば車のナンバーを正確に送るなら、「品川二文字、数字のサン・マル・マル・テガミのテ、数字のヒト・ゴ・ハイフン・ヨン・ナナ」といったように送ります。

欧文データの場合は、たとえばmomokuri3というスペルを正確に送るなら、「Mike Oscar Mike Oscar Kilo Uniform Romeo India Tree」というふうに送っていきます。まれに映画などで、警官や軍人が0を「ジーロゥ」、9を「ナイナー」などと発音するシーンがありますが、あれがフォネティックコードによる発音です。

フォネティックは携帯電話などで情報を送受する時にも使えますから、ぜひ憶えておいてください。日本の場合、欧文和文それぞれのフォネティックが総務省令で、欧文のフォネティックも世界各国の同様の規則で共通のものが定められていますから、憶えておけばどんな相手にも共通に使えます。

http://law.e-gov.go.jp/htmldata/S25/S25F30901000017.html

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%80%9A%E8%A9%B1%E8%A1%A8


[196]>188 キャンプの経験は役に立ちます momokuri3

色々な技能のほか、協調性を養う意味でも、キャンプの体験はとても役に立つと思います。それにキャンプ用品は非常用にも転用できる物が多いですから、今年の夏の楽しみを兼ねて、ちょっと凝ってみるのも価値がありそうですね。家族や仲間同士で、野外で楽しみながら防災の備えも同時に整えられる計画が立てられたらいいですね。


[197]>130 おっと、私も momokuri3

電池式の充電器は念のためにリュックに入れてありますが、シガーライターから充電できるケーブルも価値有りですね。さっそく用意したいと思います。

私も携帯はおそらくかなり状況が落ち着いてからでないとなかなかつながらないと思いますが、でも携帯はちょっとした灯りの代わりにもなりますし、機種によっては放送も受信できますから、たとえつながらなくても、やはり現代人の必須ツールだと思います。電池、シガーソケット、手回し、色々な充電の手段を整えて、いつも使えるようにしておきたいものだと思います。


[198]>133 救命講習行ってきます! TinkerBell

調べたら近くの消防署でも月二回くらいやっているようです。

一日で済むんだって!

でも、うちの近くでは上級救命講習というのしかやっていません。

初めての方でも心配ありませんと書いてありましたが、

いきなり上級なんて本当にだいじょうぶでしょうか。

でも、勇気を出して申し込んでみようと思います。

そしてわが家でも、きっと訓練会を開催します!!


[199]>159 うちも比較的ためたままにしています rikuzai

消火用というよりは、洗濯用の方が比重高いですが。

ただ、寝タバコなどで布団についた火は消火器だけでは消えないので、

(内部の綿がずっとくすぶり続けてまた突然発火したりします)

一度火がついた布団は水の入った浴槽に一昼夜漬けておく方がいいそうです。

(防災訓練で習いました)


[200]>105 普段からいろんなルートを覚えるように rikuzai

休日よく自転車で出かけて色んな道を知るようにしています。

大阪市内は橋が多く、地震などで橋が落ちた場合ルートが一つではたどり着けない可能性もあります。

また、ポケット地図をいつもカバンの中に入れていたりします。


[201]>55 うちもそうです rikuzai

理由も一緒ですね。

阪神淡路の時電気とガスの復旧に時間差があったことや、

とにかくガスは熱源が取れるというメリットがあったので、

オール電化は怖くてできませんでした。

しかし確かに停電は比較的あってもガスの停止ってなかなかないですよね。


[202]>3 そっか、眠ってる間に停電になったら… ie-ha-te-na

私も避難グッズを押入れの手前に置いていますが、夜中眠っている間に停電になってしまったら右往左往ですよね。懐中電灯だけはベッドのサイドテーブルに置いておくことにします!

〈ハザマ〉


[203]>200 そうか!! Oregano

考えてみると、私の場合も、必ず橋を渡らないと帰宅できません。橋が通行止めになればもうアウトです。複数のルートを知っておく必要がありますね。そして知っている橋が全てだめな場合に備えて地図も必要ですね。自転車と地図で複数の帰宅ルートを調べておく。とても大切なことに気付かせてもらいました。ありがとうございます。さっそく次の休日からでもやってみます。


[204]通勤カバンに色々と rikuzai

震災後、自宅外で災害に遭うことを意識するようになりました。

帰宅ルート確認は無意識に近い感じでしていましたし、ポケット地図も大抵カバンに入っています。

携帯はラジオも聞けるタイプで、電池式の充電器も入っています。

非常食として飴ちゃん。

非常用の電話番号などが書いてある手帳。

裁縫キットにはバンドエイド。痛み止めも一回分。


そしてもちろんお守りも入ってます。

(これが一番効いたりして)


[205]>4 効果はアリ!次には窓を開ける心構えを。 ie-ha-te-na

私も背の高い家具は食器棚とディスプレイ棚だけで、両方とも最初からつっぱり式になっているものにしています。本棚は書庫の中なので万一の時は書庫がぐちゃぐちゃに(笑)。あとは背の高いものは置かないようにしています。特にベッドの周囲は何もなし。で、地震がきたらすぐに窓を開ける心構えを。次に怖いのは出口が開かなくなることなので!

〈ハザマ〉


[206]>11 スゴイ!サバイバルパワー! ie-ha-te-na

何とも頼もしい!どんな状況下に置かれても少々では動じない肉体と精神力というのは、何より強いものかも。私は肉体は強靭とは言えませんが、強い胃腸と持ち前のたくましさで雑草のごとく生きていけそうな気が…。あとは野外サバイバルの知識と知恵が必要です(^^;

〈ハザマ〉


[207]>195 モールスは符合だけでなく略語を覚えることが大切 Oregano

モールスでの通信は略語の連続ですから、トンツーが解読できるだけでは、何を通信しているのかまったくわかりません。モールスの通信は、たとえばこんな感じです。

A局 QRZ? DE JA1○○○(どなたかこちらを呼びましたか?こちらはJA1○○○)

B局 JA1○○○ DE JA2△△△ JA2△△△ AR K(JA1○○○、こちらはJA2△△△、JA2△△△です、どうぞ)

A局 JA2△△△ DE JA1○○○ GM BT TKS FER CALL BT UR RST5NN 5NN HR IN TOKYO TOSHIMA BT NAME IS OREGANO OREGANO BT HW CPI? JA2△△△ DE JA1○○○ KN(JA2△△△、こちらはJA1○○○、おはようございます。呼び出しありがとうございます。あなたの電波は了解度5、信号強度9、音調9で東京豊島に届いています。私の名前は、おれがの、おれがの、です。了解できましたか?JA2△△△、こちらはJA1○○○、どうぞ)

だいたい言われてみれば、ああそういうことかとわかると思いますが、まだまだこのほかにも色々な略語がありますから、そういうのをあらかじめ覚えておかないと、ちょっと通信になりません。でも慣れれば簡単ですから、ぜひ多くの人に覚えてもらいたいと思います。

無線機が無くても、ホイッスルやライトでの応用もできると思いますので、知っている人が多ければ、とても役に立つ情報伝達手段だと思います。


[208]>204 盲点でした。 yoshikichin

私も防災用品は自宅にはいっぱい備えてありますが、通勤カバンは見落としてました。rikuzaiさんに見習ってカバンに入る品物を探してみます。


[209]>206 とにかく自分なりの最善の体調を tough

人によって体の様子は様々ですから、誰でも身体強健というわけにはいかないと思いますが、それでも自分なりの健康管理と、運動ができる体なら少しくらいは鍛えておくことが、いざという時の宝になると思います。

心のあり方も大切だと思います。自分一人の身を守ろうと思ったら、おそらく人はもろいものだと思いますが、家族を守る、愛する人を守る、隣人を守るという気持ちがあれば、少々のことには動じない心が保てると思います。

精神主義ではありませんが、日頃から自分なりの最善の心と体を整えておくことはとても大切なことだと思います。


[210]>198 私もやらないと tough

私は学生時代に格闘技をやっていたので、基本的な応急手当は一通り勉強しました。でも今きちんとできるかと言われたら全く自信がありません。また、ただ手当てするだけでなく、相手の不安を取り除く配慮なども必要なのですね。ある意味、ナースの心のようなものも必要なのだと感じました。そういうことは全く学んできませんでした。私ももう一度救命講習を受講して勉強し直してみたいと思います。家でも練習の機会を持ちたいですね。


[211]>196 マイテント vivisan

地域によっては、マイテントやマイカーで野営する被災初日の宿泊体験のような防災体験セミナーがあるようですね。

こういうセミナーに積極的に参加して、うまく活かす方法を身に着けたいと思います。


[212]>88 寝相が悪かったり、カラダがでかくなってくるので、 doriaso

かなり辛くなってきました・・・笑。

家族が離れている時に災害なんかに遭いたくないですね。


[213]>211 キャンプで楽しみながら防災の備え! YuzuPON

防災というとどうしても悲壮感が漂ってしまいますが、キャンプを通して経験を積んだり用品を揃えていくのはとてもいいですね!防災を口実に楽しむくらいのこともあってバチはあたらないですよね。

うちの父もアウトドアは好きなんですよ。誘ったらきっと乗ってくるにちがいないです。夏の計画にぜひ取り入れてみたいと思います。


[214]>189 こういう遊び心も大切ですね YuzuPON

モールスを暗号みたいにして楽しんだわけですね。こういう遊び心から防災に役立つ知識や技能が得られたら素晴らしいと思います。

あ!名案を思いつきました。どなたかプログラムに堪能な人、モールスで読み上げてくれるブラウザなんて開発できないでしょうか。Firefoxのプラグインで作れたら利用者多くなると思います。


[215]>185 地下足袋ってどうですか? teionsinonome

なるほどー 底の丈夫さも大事なんですね

sousou(http://www.sousou.co.jp/)っていうオシャレな地下足袋を作っているお店があって、私も1足持ってるんですがこれってどうでしょう?

とび職の方が履く位だからクギを踏んでも大丈夫??


[216]>210 シミュレーションをしとくと違うんでしょうね teionsinonome

大きな地震がおこることはないと言われていた地域(福岡とか)でも実際起きてるわけだから、もはやどこにいても楽観視してちゃいけないんですよね

防災用品の準備だけじゃなくて心の面でも準備しとかないといけないなと思いました

そして、このページを見て自分があまりに無知で楽観的だったか反省しました!

とりあえず、地震が起こったらどうするか、色んなパターンでシミュレーションすることからはじめようと思います


[217]>213 父の日のプレゼントはアウトドア用品にしようかな TinkerBell

私の父もアウトドア好きですから、きっとキャンプも好きだと思います。

でも家族の中で男は父一人ですから、

きっと誘いたいのに誘えなくて、

つまらない思いをしているのではないかと思います。

父の日に何かアウトドア用品を贈ろうかな。

そして、夏はキャンプに連れてってと誘ってみようと思います。

それが防災対策にもつながるなら最高の夏の計画になりますよね。


[218]>197 メールやネットアクセス端末としての携帯が活躍 Coco-Cola

声で話すことばかりに注目すると使えない、という考えになるでしょう。でも、基地局につながるなら他の方法もあるわけです。

通話じゃない部分でネット接続を活用した実例があります。サーバー不全とかで不達分を考えて、すぐ返事をする様に書いているのに返事が来ない場合は、時間差で2通送るとかの対策は必要なようですが。


[219]>208 いつも持ち歩くことが大切なんですね TinkerBell

専用の巾着か何かを用意して、ミニミニ非常袋を作ろうかなと思いました。

考えてみると、女は災害にとても無防備です。

つっかけみたいな高いヒールの履き物。

まるで防寒性のない服。

おまけに無理なダイエットをしてたりしたら体力もまるでなし。

これでは災害をうけたらとても生き延びられませんよね。

せめていつも手元に持つべき物は持って歩く。

さっそく計画してみたいと思います。

靴もぺたんこ靴、持ち歩こう!


[220]>207 生兵法は怪我の元 Coco-Cola

他の情報伝達ツールが発達している今、ニュースで報道されているような場合の事故や災害にあったときには、モールスは役に立ちません。

例えば、山で遭難してモールスを送れるもの、例えばのろしが上げれたり、太陽光を反射させれるなどの道具が手元にあるなら、捜索隊に所在をアピールできるだけでいいのでモールスは使わなくても大丈夫です。

マニアからはおすすめでしょうが、素人がうかつに知ったかぶりを緊急時にするというのはとても危険なことなので、是非やめてください。


[221]ちょっと、不安 sayonarasankaku

家族みんな、会社や学校でバラバラですよね。

子供が小さければ近くの学校だけど、うちは結構みんなバラバラで、

考えると不安になります。


[222]>31 うちは猫ですが se_tsu_na

非常用のリュックに、猫缶数個とカリカリを入れてあります。

いざとなったら私もわけてもらう予定です。

あと、猫は犬のように歩かせるわけにいかないので、

リュック型のキャリーバッグを用意しています。


[223]>209 健康管理+落ち着く心がけ+生きる知恵 Coco-Cola

ふだんから健康管理をして、何かにつけ慌てず落ち着くことを心がけておけば、後は色んな状況に応じて工夫ができるように、知恵を巡らせるようにしておけば何とかなりそうです。

地元や出先の自治体の防災体制や、日常用品で何が防災グッズに使えるか、こんなところをチェックしておけば、取り立てて変わったことをする必要はありません。緊急時、というのはケースバイケースで状況が全く異なることが多いです。状況に合わせてできるだけ最適だと思われる行動をとれるように、日ごろから頭を使って生活で工夫をしたりするだけでも役に立ちます。専門知識の受け売りとか、中途半端な知識はかえって邪魔になったりします。基本的なところを用意すれば、あとは応用として頭を使いましょう。


[224]>218 メールもあまり期待はできないかも… Fuel

たしか大晦日から元旦にかけては、おめでとうメールも自粛しましょうみたいな呼びかけがありましたよね。

大都市圏が被災したら「あけおめメール」以上のトラフィックが集中するでしょうから、

まともに通信するのはかなり厳しいのではないかと思います。

それでも、携帯以外に個人的な連絡手段はありませんから、準備だけは怠りなくしておこうと思っています。

大切なことは、本当に必要な通話やメールに回線を譲るために、

不要不急の電話はかけない、メールは送らない、無理してネットにつながないということだと思います。

皆がそれを守れれば、非常時でも携帯が活躍してくれるでしょう。


[225]常備薬 sayonarasankaku

頭痛薬とか市販のものはいいにしても、血圧などの処方薬は困るでしょうね。

なかなか余分にもらえるものじゃないけど、できれば、2週間分位はキープしておきたい気がします。


[226]>220 モールスに生兵法はないのでは? Fuel

私はモールスはできませんが、手旗信号はできます。

どちらも音声を使わない意思伝達方法として似ていると思うのですが、

そうしたものを学ぶ意味は、まず情報伝達の基本を知るということにあると思うんです。

電文を正確に送受信するための必要な手順や注意点を学ぶことは、電話連絡にも役立ちます。

身につけておいて損な技能ではないと思います。

また素人が公的な役割を担う通信に従事することはないはずですから、

やめてくれというのは少々言い過ぎなのではないかと思います。

自主的に防災に役立つ技能を身につけようとすることは推奨されるべきではないでしょうか。


[227]>219 ついでに風呂敷きも♪ vivisan

私はエコバッグの意味で風呂敷きを持ち歩いていますが、折りたためば三角巾にも早代わりできます。

ただ、持ち歩くのにつらくなってしまうと本末転倒になってしまうことが多いので、最低限度にして持ち歩いてみようと思います。

他のツリーにもでていましたが、甘いもの常備というのもいいですね。

飴ちゃん!私も持ち歩きたい!でも食べちゃうかも・・。


[228]>227 そうだ!風呂敷!ついでに日本手ぬぐいも! Fuel

私も最近vivisanさんの書き込みに触発されて日常的に風呂敷を持ち歩いていますが、

考えてみれば風呂敷は三角巾と同じに使えますね。

日本手ぬぐいもシンプルでかさばらず、本来の用途から骨折の固定にまで使える、

使い道の広い道具ではないかと思います。

もっと考えていくと、和の知恵イコール徒歩で旅した時代の知恵ですから、

防災に役立つことがたくさんありそうですね。


[229]>194 かわいそうなペットたちのことが報道されたりしましたよね・・・ Coco-Cola

しかたなく置き去りにされたり、迷子になったりと、大変な目・・・仕方無いのでしょうが、できるだけケアしたいものです。

ところでペットフードは長く保存できて非常食になるなら、人間が食べても大丈夫なんでしょうか?うわさでは人間用じゃないから食べると有害な場合がある、とか、味はまずかったりするのもあるがまあまあ食べれる、とかいろいろ聞きますが・・・。ほんとのところは?


[230]>223 正直たくましさならば自信があります! castiron

トイレの水だろうが虫だろうが雑草だろうが食べられます!

たくましいというか鈍感なだけなのかもしれませんが鈍感力が見直されている昨今

細かいことを気にしないのは臨機応変な対応に必要なのではないでしょうか?

(細かいことと必要なことの区別がついていないような気がしないでもないけど)


[231]>226 緊急時にできますか? Coco-Cola

きっちり身に付いたというのでなければ全て生兵法です。勧めるほうが言いすぎなのです。

いざというときに、「あ、モールス!あ、思い出せない」とパニックになる人もいるでしょう。

責任取れますか?

特殊な方法を勧めるのはいいですが、できない話はしないのが親切です。


[232]>224 東京で実証されてます Coco-Cola

「あけおめメール」は必要以上の数を送ろうとすることから一種の規制が必要になる特殊なケースだそうです。

東京で前にちょっとした地震があって電車が次々と止まったことがありましたが、この時に音声通話が通じなくても通じたのがメールだったそうです。安否確認などに活用できた人が多いといいます。

音声の前にメールが使えるようになるのは送る情報量が小さいからですよね。それに「あけおめメール」みたいに数を打つわけでもありません。

思い込みで最初からダメと決め付けず、変わったことはせず、日常生活で当たり前にやっていることを応用して災害時を乗り切るという心構えは大切です。


[233]>232 ラジオを利用します rikuzai

別のスレッドでもちょっと書きましたが、FMラジオ機能のついた携帯なので、

状況を確認しながら通話やメールを使うようにしたいと思っています。

また、災害時にむやみやたらにあちこちに連絡しようとせずに、

有事にはどこに連絡をするか、どちらから連絡をするかなどを家族で決めておく方が大事かもしれません。

実際震災のときは双方が連絡しあってしまって話中になってしまうこともあったので。

災害ダイアルを利用したりするのも一つですよね。


[234]>231 モールスはそんなに難しいものではないです Oregano

モールスは難しいという思い込みがそういうご意見につながるのだと思いますが、ちょっとコツを掴むと、言葉を聞くのと変わりません。耳で聞いた音が、すぐに言葉になって頭で理解できるようになります。英会話をおぼえたりするのと変わらないと考えてもらえばわかりやすいと思います。というか、ただの記号の組み合わせのような物ですから、自然言語で満足なコミュニケーションをするよりは簡単です。

モールスを必須とはいいませんから、興味の無い人はやらなければいいということではないでしょうか。ちょっと興味があれば、私はどんどん身につけてほしいと思います。


[235]>202 小銭も大切 YuzuPON

私は停電すると点灯する小さな非常灯を用意しています。そしてベッドサイドに懐中電灯の二段構えです。

小銭もぜひほしいですね。災害時に最も優先的に回線が確保されるのは、私たちが普通に使える電話では公衆電話ですが、カードは停電してしまうと使えません。でも電話回線が生きていればコインがあれば電話がかけられますからね。ただしデジタル公衆電話はバッテリーが切れるとコインを入れても使えなくなりますから、日頃から最寄りのアナログ公衆電話の場所を確認しておくといいかもしれません。


[236]>173 こんな本が! choco-latte

あるんですね。

そいえば前に山で遭難して、焼肉のタレで生き延びた人いますよね。

オリーブオイルと一緒にいろんなタレとか、常備しておいたほうがいいいかも。。

雑草とかもタレをつければなんとか食べられるかも。。


[237]>235 玄関に dankichik

懐中電灯、なぜか玄関の棚においています。実家でもこうだったので、なんとなくおいていましたが、確かに緊急時は玄関までとりに行くのが一苦労かもしれません。ベッド下に移動しておこうっと。


[238]>228 防災に和の知恵を生かす MINT

うわぁ。なんか急に楽しくなってきました。風呂敷と日本手ぬぐい、あとは、あとは…。あ、私、扇子をリュックに入れておきたいと思います。熱中症の手当てには、風を送る物が欠かせないからです。ほかに何があるでしょうか。また考えてみます。


[239]>237 玄関にも枕元にも両方置くのがいいと思います MINT

私の家も懐中電灯はなぜか玄関です。やっぱり外に出る時にさっと手に取れるからかなぁ。ずっと電池が四本入る大きな懐中電灯が置いてあります。それとは別に、各自小さな懐中電灯を枕元に置いています。玄関と枕元の両方にあれば安心です。


[240]>221 不安ですよね MINT

うちも昼間は全員バラバラです。もし昼間大地震などが起こったら、みんなそれぞれ別々の避難所ですごすことになるのかもしれません。そう思うと、やはりとても不安です。家族それぞれの昼間の居場所の近くの避難所の場所や名前、電話番号などをメモしておくと、少しは安心できるかもと思います。


[241]>225akilanoikinuki

薬は思い浮かびませんでした。

持ち出し袋というと、食品や毛布などを思い浮かべますが、薬もしっかり入れておかないとダメですよね。環境がわからないから、胃腸薬や風邪薬、外傷の治療薬などはかかせないですね。

特に持病のある方は、言われているとおり、余分に手に入れるのも難しいでしょうが、持っておくのは必要ですね。


[242]>185 愛用してますよ toku4sr4agent

仕事柄工事現場の見学に行くこともあるため、安全靴を着用していることが多いです。

見た目は普通の革靴ですが、きちんとつま先に芯が入っています。但しそんなには重たくありません。

踏み抜き加工をしてあるものでなくても、

踏み抜き防止のインソール(靴の中敷)なんかも売っていますので、

それと組み合わせるとよりよいでしょう。


なお、安全靴を選ぶ場合には、「JIS規格品」であるかどうかを確認してください。

スニーカータイプはJIS規格品ではないものも結構あるので注意が必要です。

(耐えられる荷重が1トン程度のものが一般的です。)


女性でも、男性ものの23センチくらいのものを選び、少し厚めの靴下を履けば、しっくりくるものもあります。

男性ものは幅が広く作られているので、レディスの靴よりワンサイズ下のものを(普段23.5の人は23センチ)を選ぶとよいようです。

なお、必ず試着して購入してください。


[243]>217 なるほど riceball

日常にあるものを、いかに多用途で使いこなすかがポイントですね。

テントを張ったり、みんなで食事を作ったりと協調性も養えますし、

火の扱い方、ゴミを極力出さない生活の仕方等も学べるでしょうね。


[244]>241 自分の場合 toku4sr4agent

錠剤が飲めないため、頭痛薬と風邪薬はいつも出かけるかばんに必ず入れています。

(勿論家にも買い置きしています。)


急に具合が悪くなった時、いつでも薬を飲めるように、かばんの中には薬のほかに水も入れています。

(あとシップ薬とかホッカイロなども入れています。)


念のため余分な処方薬を常備しておくほか、薬の説明書(最近では写真入のものが渡されますが、あれです)もあったほうがよいでしょうね。

ない場合には、似た効能のある薬やゾロ薬(ジェネリック医薬品)を処方してもらえる可能性がありますので。


[245]>230 プラス気力や精神力 vivisan

もしものことがおこってしまった時、やはり健康体であることが一番ですよね。そのためにはやはり健康管理に気をつけて体調を整えておかなければと思います。

それに加えて、そういうときにこそ、マイナス志向に考えてしまったり、パニックに陥ってしまったりしがちです。やはり普段からプラス志向でいられるようになると、自分の気力も低下しないと思います。

あといつでも心をおちつけらえるように、常に心をひとつにすることができるようにこころがけていけば、余裕をもってとはいかないまでも短絡的な行動はとらないかなぁと思います。


[246]>181 粗食のすすめ ichthyostega

飽食に体を慣らさないようにしておくこと、私も大切だと思います。

いまでは毎日3食食べることが健康の秘訣のように言われていますが、何百年か前までは一日2食が当たり前だったそうですから、実際には3食は必要ないのではないかと思います。

3食食べないと持たない身体というのは緊急時に弱いような気がします。例え身体が持っても、精神的にまいってしまうかもしれません。そのためにも、日頃から「腹が減ったから何かを食べる」というような生活を止めて、我慢することも身につけた方がよいかな、と思います。


[247]>234 SOSを知っていれば十分 V99

モールスに詳しければ書かない様なことは書かないでくださいね。

SOSが普及したのも非常に簡単だからです。

言葉を覚えるのが難しいことだということは英語を話せる日本人が少ないことでも証明されています。日本語の堪能な外国人もいざという場合には母国語が中心になってしまいます。

興味が有っても、防災という観点で人の命に関わることです。単なる趣味と同列に扱うのは無責任で、このイエはてなの趣旨からは大きく外れるとのそしりは免れません。


[248]>244 女性は生理用品も dankichik

女性はいざというときには生理用品も用意しておいた方がいいでしょうね。必ずなるものだし、生理現象への準備、大切です。


[249]>234 えと、「モールスコードを全部マスターせよ」と言っている訳ではなくて shimarakkyo

「モールスでSOSが打てる」がキモです。”...---...”だけ。 これだけならそれほど大変ではないんじゃ?防災対策って結構、「知ってる」事を増やすのが肝心だと思うんですよねー。


スタンスとしては「これを憶えなきゃダメダメだ!」じゃなくて、「こういうのは憶えておくと便利かな」です。そうすれば、『「あ、モールス!あ、思い出せない」とパニックになる人』なんて出ない出ない(^_^)。


「記憶に留めておくと何かあったとき便利かも」な例を、皆で色々出し合っているのがこのいわしなんじゃ?応急処置の仕方とか、野宿の技術(?)とか、心構えだとか、SOSのシグナルだとか。


全部をマスターせい!なんて、誰も言っていませんて。恐らく皆さん「これを機会に興味を持ったらこんな事も出来るよ」ぐらいのスタンスでコメントしていらっしゃると思います。


蛇足ですが、「SOS」は正真正銘の万国共通語なので、本当にどこに行っても使えて便利だと思いますよー。


[250]>246 胃腸の健康さ+好き嫌いを一時棚上げ・・・というタフさ? V99

食べ物なら何を口に入れても消化吸収できるのが最良ですが、なかなかそうはいかないから、多少のものを食べてもへこたれない様に・・・胃腸薬を常備したいと思います。

食べ物なら何を口に入れてもうんざりしたりしないように、日ごろから多少同じメニューが続いても飽きたりしない様に・・・出されたご飯は全部感謝して食べたいと思います。

・・・タフじゃないですよ・・・


[251]>248 確かに・・・ sayonarasankaku

これは、ないとつらいかも・・・


[252]>247 明らかにないよりはあった方が良い知識です。 castiron

なぜなら仮に間違って覚えたとして生命に何の危険ももたらさないからです。

ただし、私はモールス信号のSOSだけを覚えるのであれば意味がないと思います。

だってそれができるなら音を立てれば要救助者がいるのは分かるからです。

(光だって同様)

モールス信号を使える場面とはどこかに閉じこめられたとき外界とのコミュニケーションの方法を知っていることで

パニックになるのを押さえられるのではないかと考えます。

(それに自分がどのような状態かを外界に伝えられるのも大きい)

それに大声を出し続けるよりも遙かに労力が少なくてすむはずです。

忘れたことでパニックになる可能性があるからやらない方が良いというのは

防災関連全ての知識に共通していえることなのでモールス信号に限ったものではないと思います。

生兵法で危険なものといえば野草を本を見ただけで食べられるかどうかを判断するとか

テレビで見た知識で倒壊する危険性を自分で判断するとかそういったたぐいのものだと思います。


[253]>121 関東大震災がきたらどうしよう castle

反省組です。あまり災害に備えてません(汗)

備えてないのは本当に震災などの災害がやってきたら生きていられる気がしないからです。

災害に備える=震災が起こる、と不吉な考えがよぎってしまうからかもしれないです。

縁起を担ぐみたいなものでしょうか。


[254]>123 本の山に潰されないか castle

地震がくると心配になります。

他にも散らかってるものがいくつかあるので、災害なんてこないと思ってる証拠かもしれません。でも、本当に災害が着たら一番困るのは自分なんですよね。あー、頭ではわかってるつもりなのに。整理整頓しようかな。


[255]>252 論争するほどの問題ではないような・・・・(^-^; TomCat

モールスに異論を唱えている人は、防災に趣味を持ち込むなというお考えなのですね。でも、それは違います。モールスはボーイスカウトでも習得が推奨される技能の一つだったと思いますし、通信技能を活用して災害時に支援を行う、赤十字に正式登録された奉仕団も少なくない数が存在しています。

ここで、へぇー、そういう技能も身につけておけばどこかで人の役に立てるかもしれないんだということを知っていただき、将来的に技能を磨いて赤十字奉仕団などで活躍してくれる人が出てきてくれたら、それはそれで素晴らしいことじゃないですか。

モールスに限らず、手話、点字、外国語・・・・。様々な興味を、災害時にも役立つ技能として身につけ、磨き、高めていきましょうよ。まず興味から入って、そこから人の役に立てる力を身につけていくことは、けっして悪いことじゃないと思います(^-^)


[256]>251 生理用品は救急資材として男の私も用意しています TomCat

実は、生理用ナプキンは傷による出血の吸収にも使いやすいので、救急員の持つ救急資材の中には、けっこう入っていたりするんです。

ケガをした人には、できるだけ血を見せないようにすることが大切ですよね。ちょっと出血が多いかなと思ったら、慌てず騒がずナプキンでサッと血を吸い取って、何ごともなかったように包帯をかけて、大丈夫ですよと励ましながら救護所へ連れて行く。そんなケガ人に不安を抱かせないようなテクニックも応急手当のうちですから、だいたい救急員のポーチには、多い日用のナプキンが一つや二つは入っています。

そんなわけで、本来の使い方以外にも役立ちますから、ぜひ生理用品は非常袋に入れて持っておくといいと思います。男も女も。

ただ、男の場合、さすがに自分で買いに行くのは恥ずかしいですから、奥さんや彼女や、仲良しの女性に買ってきてもらいましょう(笑)


[257]>67 庭に準備できたらいいですよね TomCat

うちの地域の自治会も、自治会館の隣にコンテナ改造の物置を置いて、その中に非常用品を備蓄しています。各家庭でそういう準備ができたら、どんなに災害に強い町になるでしょう。

車にもある程度の非常用品を準備しておくことは大切ですね。出先で災害に見舞われないとも限りませんし、また新潟などの経験からも、車が一時的な寝起きの場所になることは十分予測できますから、車を拠点に数日くらいは過ごせる準備は望まれます。防寒具なども重い物ではありませんから積んでおくといいでしょうね。

とにかく、避難所に移動する時の非常持ち出し袋のほかに、庭にも、車にも、そして日常の持ち物の中にも、何かの「安心」を用意しておきたいものですね。


[258]>255 モールスじゃないけど Kumappus

半鐘のたたき方で火事の状況を伝えるやり方がありましたね。

あれも回数とか長短で「火が近い」とか「全員退避」とか「鎮火した」とかの意味を持たせていたはず。音も有効な伝達手段ですね。

だいたい3回、あける、3回、あける、…の繰り返しだけでも普通「救助求む」かそれ以前に「ここにいるよー!」の合図になりそうなものだが。(要するに自然に音が出ているのではなく、人為的に音が出されているパターンなら誰かが気づくということ)


[259]>258 基本は「人がいる」を知らせる事 Coco-Cola

マニアの方はどうもああ言えばこう言いと屁理屈が多くて困ります。

折角の半鐘の話を見ても理解できないかも知れませんね。何でも習得できればいいでしょうが、能力には限界があります。だから緊急時には半鐘の話の様に簡単にできて誰でも分かるものがベストなのです。

今後は受け狙いで奇をてらったことは特に控えてください。

それから大人の話の中で顔文字を出すのは、人をバカにしている証拠と取られても仕方無いのに延々と書き続けているのもマニア(ここまで来るとヲタクと書くんでしょうね)の言動の不思議な点ですね。


[260]>258 半鐘の叩き方! Fuel

ありましたね!

カンカンカンとけたたましく慣らすと近火、

カンカンカン、カーンカーンカーンと長短交互だとちょっと遠くとか。

詳しいことは覚えていませんが、今でもうちの田舎の親戚の家の壁には、

真っ茶色に変色した半鐘の音の説明の紙が貼ってあると思います。

たしか音で警報を伝えるのは、今でもサイレンが現役じゃないでしょうか。

災害の他、国民保護法で定める有事の際などにも、

サイレンの鳴らし方で避難命令や勧告などを知らせるのがあったと思います。

しかしどんな鳴り方の時が火災で、どんな鳴り方の時が警報なのかなどということは、

いまいちよくわかりません。

モールスに限らず、音のパターンに意味のある情報が含まれるという認識は持っておいた方がよさそうですね。


[261]>245 体力に自信ナシ・・・ yoshikichin

自慢じゃないけど体力に全然自信ありません、普段から体をまったく動かさないのできっとサバイバル生活になったら私は1人では生きていけないかもしれません。生き延びる知恵はあったとしても行動できないかも・・・運動は日曜日に子供と遊ぶ事ぐらいですから、やっぱり普段から鍛えないとだめですよね?反省します。


[262]>256 さすが! tough

自分のためだけではなく、他人への思いやりも忘れない準備、さすがです。まぁ女性の側としては、男の手から直接からそんな物を渡されても困るでしょうが、避難所に預けて必要な人に使ってもらうことはできますから、私も救急用品の中に入れておきたいと思います。問題は誰に購入しに行ってもらうかです。


[263]>253 私も反省組です tough

私は今回のいわしで、自分だけでなく他人のためを思って備えをしていくことの大切さを教えられました。みんなの非常持ち出し袋に何か一品でも、赤ちゃんであるとか、高齢者であるとか、怪我や病気の人のために使ってもらえる物を入れておいたら、どんなに避難生活が楽になるでしょうか。

災害の備えをすると、自分で災害を呼んでしまいそうで恐いという気持ちも、他人のために備えをしておこうという気持ちに切り替えると、全く考え方が変わってくると思います。

もし巨大地震に見舞われたら、私も生きてはいられないかもしれません。でも、誰かの優しさで、生き延びられるかもしれません。みんなが自分のためプラスアルファの準備をしていけば、自分も他人も生き延びられる可能性が上がると思います。そのための準備を、しっかりしておこうと思います。


[264]家屋の耐震補強について tough

ちょっとした耐震補強工事でも、ずいぶん地震で家が倒壊する危険性を低下させられると聞きます。しかし、その必要性を感じながらも、最低でも何百万のお金がかかる工事には、なかなか手が付けられないのが現状ではないでしょうか。

皆さんは、何かそういうことを計画していますか?また、自治体によっては耐震改修促進事業のようなものがあって、個人住宅の耐震性診断や補強工事の費用の一部を助成してくれる制度もあるようですが、そういうものを調べてみたことはありますか?

正直、わが家では全く手つかずです。仮に助成してもらったとしても、何かと先行き不安な今のご時世では、今ローンを組んで工事なんてできないという気持ちが先に立ってしまいます。

もういわしも終盤ですが、皆さんの家屋を守るための考え方や、もし実際に何か対策を講じたというような話がありましたら、ぜひお聞かせいただきたいと思います。


[265]>264 な、何もしていないです… Oregano

せめて耐震診断くらいは受けておきたいという話は時々出るのですが…。費用補助なども一応は調べてみたことがありますが、なにかと申し込みには複雑な制限があるようで、まだ制度そのものがよくわかっていないのが現状です。

でも自治体がやってくれる耐震診断は、自治体が診断士を派遣してくれるらしいですから、信頼性があるというか、安心感があっていいですね。これを機会に家族でもう一度話し合ってみる必要があると思いました。


[266]>257 わが家でも検討したいです Oregano

狭い庭ですが、それでも小さな物置ぐらいは置けますから、やらないよりはずっとましですね。ただスチールの物置だと真夏にはかなり内部の温度が上昇しそうで、一番備蓄しておきたい食料の保存が心配です。ちょっと費用はかかりますが、断熱仕様の物置が必要ですね。

車への準備は簡単にできそうなので、すぐとりかかってみたいと思います。


[267]>263 個人的には開き直り組みかも・・・ doriaso

意識が足りないのはわかっていても、日々の生活に追われ、

そんなこと考えている余裕がないというか、その日その日

をよりよく楽しく生きていられたら、それで幸せ。

正直、今の社会でそこまで備えられるほどの経済的、精神

的な余裕なんかない。

結局かなりの確率で生き残るのは、一部の人間。


[268]>263 私も大きな愛を持ちたい… TinkerBell

私には、何もできないと思っていました。

何かあったらただうろたえるしかないと思っていました。

でも今は、こんな私でも何かできることがあるはずと思いはじめています。

自分を守るすべは何も知りません。

でも、運良く動ける体で乗り切れたとしたら、そのあとにできること。

たとえば応急手当のやりかたを習っておくとか、

誰かのために使える何かを用意しておくとか、

点字や手話ができるようになっておくとか、

そういうことなら私にもできます。

そういう目標をもって準備していくことが、

自分の身を守ることにもつながるんだろうと思います。

できることからやってみます。


[269]>240 すごく不安です TinkerBell

昨夜、また父の会社の場所の近くの地図を確かめました。

ネットでその付近の避難所もたしかめてみました。

わが家との距離は、はてしなく遠いです。

電車ならすぐですが、もし電車が止まってしまえば、

すぐに行ける距離でも、帰ってこられる距離でもありません。

何かがあったら、安否がわかるまで、どんなに心配だろうと思うとたまらなくなります。

でもそれは父も同じでしょうから、今は私が心配の種にならないように、

しっかりしないといけないと思い直しています。

起こってもいないことを心配してもはじまらない。

今日から私は私にできることをしっかり準備しておくぞと思うと、

ちょっと元気が出てきます♪


[270]>269 不安です vivisan

実は私が家から一番遠い場所なので・・。

歩いて帰ったらどのくらいかかるかと考えるだけで不安になります。

ただ中継地点に親戚の家があるので、そういった面も含めてちゃんと確認をしておかねばと思いました。

いつでもできるからいいや!を今やらなきゃ!にかえて行動してみようと思います。


[271]>265 正直手つかず YuzuPON

うちも現行より一つ前の耐震基準の時に建てた家なので、診断を受ける必要はあると思っているのですが、思っているだけで終わっています。2000年の建築基準法改正では、何がどう変わったんでしょうかね。改正前と後の決定的な基準の違いって、どんな点なのでしょう。そのへんがわかると、対策を行うべきかどうかの判断もしやすくなると思うのですが。


[272]>254 昔本に埋まりました rikuzai

子どもの頃なぜか子ども部屋に大きな本棚があって、

地震の時ベッドの上に本が降ってきました。

相当痛かったので、それ以来寝る場所の周辺には本棚は置かないようにしています…。


ただ、今の書庫部屋は地震がきたら一旦壊滅しそう…整理するのも嫌になりそうなくらいに…。


そういえば震災の時VHSコレクションをしていた知人が、崩れたコレクションを並べなおして一息ついたらまた余震が来てまた散らばったという話をしていたのを思い出しました。


[273]>238 風呂敷と扇子いいですね? rikuzai

最近は昔ながらのものに加えて今風だったり、

ちょっとシャレのきいたものなんかもたくさん出ているので、

選ぶのも楽しそうですね。

そんな防災対策なら喜んでやります?


[274]>273 私も早速!! momokuri3

風呂敷と手拭いと扇子。これならいつでもカバンに忍ばせておけます。早速用意してみようと思います。帰りにデパートで物色してみます。非常袋用と2セットほしいですね。

ラジオとカロリーメイトはいつも持ち歩いているのですが、甘い物も必要ですね。飴はいいですね。一個で長持ちするし、少しでも糖分を摂ると空腹が紛れます。昼食のついでにコンビニによって買ってきましょう。飴買うのなんて久し振りです。私も楽しくなってきました。


[275]>183 靴底に鉄板が入っていないと、 doriaso

怖くて歩けませんよね。簡単に踏み抜きますから。

災害時、足の裏を負傷してしまったらかなり危険ですね。


[276]>236 宇宙食なんてどうなんでしょうね? doriaso

最近は色々な味の宇宙食が販売されていますが、

興味はあるものの食べたことはありません。。。

お湯がないとダメなのかな?


[277]>274 ハンカチで止血 yoshigyu1318

いつも持ち歩いているものといえば、ハンカチを使って止血もできますよね。

ペンを芯にして、ひねることでより強力な止血ができます。


[278]>216 学校で yoshigyu1318

最近は、中学校や高校でも災害に備えて、危機管理の学習をするらしいですね。

そして、ハザードマップを作ったり、消防から講師を呼んで、止血の仕方や、骨折時の対処の仕方などを勉強するらしいです。


[279]>111 備えあれば・・ hanatomi

大地震のときは家具が飛んでくるそうですものね。

固定1つで、命が助かる。。*^-^*

確かに移動は大変そうです!!


[280]>266 取り出しやすさ hanatomi

確かにそうですよね。せっかく準備しても家に入ると倒壊の恐れがあったらとりに入れません。やはり、車、倉庫、庭などに分けておいて置くのがよさそうですね。^-^

携帯トイレに医薬品、食事。

備えあれば憂いなし。一番心細い時に、安心できますね。


[281]>262 また、変わったことを・・・ greenfox

独身男性が生理用品を持つとは、非常用とはいえ変わり者なんですね、と思われるのがオチです・・・幅広く利用できるものを利用したらいいんですよ。火事で燃えなければ普通に女性なら買い置きがあるはずですし。何を考えてるんだか・・・もっと、落ち着きましょうね。緊急時が思いやられますよ。


[282]>276 どっちにしても非現実的 greenfox

アイスクリームの宇宙食なんかは湯が無くても食べれますけど・・・

軍用品も宇宙食も、便利なのでしょうが、手軽に買えるものじゃないから、ほとんど役に立たないですよ。

特に軍用品は戦争容認現実派の様な人たちでも使わないのです。自衛隊の援助は致し方ないとしても、自ら軍に利するようなことをする人に本当に平和を好む人はいませんし。


[283]>172 小さなことからコツコツと・・・ greenfox

気分的にも負担にならない事から、手軽にできるものを見つけて自分のイエに合った対策をしたいと思いますね。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ