人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

オークション等の個人売買でアンチウイルスソフトを売るのはライセンス的には問題ありますか?問題がある場合はなにかソフトを有効に処分する方法はありませんかねぇ?

売りたいのは以下のソフトです.すでに6ヶ月使用しています.

Kaspersky InternetSecurity 6.0[Vista対応]12+3ヶ月優待版

●質問者: kouku
●カテゴリ:コンピュータ インターネット
✍キーワード:kaspersky VISTA アンチウイルスソフト オークション ソフト
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 3/3件

▽最新の回答へ

1 ● TNIOP
●25ポイント

中古ソフト(プログラム)売買の合法性は判例で認められています。

複製物を所持していない限りライセンス的な問題はありません。

http://q.hatena.ne.jp/1180267854

◎質問者からの返答

できれば判例も出していただきたかったです.

自分で調べてみましたが,Kaspersky製品のライセンス権利を第三者に譲渡する事は禁止されていました.

http://faq.justsystem.co.jp/faq/1003/app/jsfaq.jsp?40623+0344


2 ● hallo21
●5ポイント

そのソフトが正常につかえる(ウィルスデータが更新できる)のであれば、中古ソフトの再販売については違法とはなっていないです。でも、すでにライセンス登録されていて、使えないのであれば、詐欺ですね。

http://end


3 ● winbd
●50ポイント

http://azby.fmworld.net/usage/vfami2/023/1_2/index2.html

(2) いらなくなったパソコンを知人にもらって使っていましたが、不要になったのでネットオークションで販売しました。プレインストールソフトなどは最初に買った人がユーザー登録していて、譲渡できないという話を聞いたのですが。

許諾契約書で禁止されている場合は不可のようです。

パソコン本体に同梱という形なら問題無いようですので、いらなくなったパソコンと一緒に販売するという方法があります。


1の方が言っているのはこれのことではないでしょうか。

htp://www2.kobe-u.ac.jp/~sensui/osakadecision.htm

ゲームソフトは映画と同じで頒布権が認められたため、1回のみ譲渡可能という判決が出ています。

通常のプログラムソフトのライセンスに関しては許諾契約書に禁止されている以上、譲渡することは出来ないようです。

◎質問者からの返答

なるほど。判例まで出していただきありがとうございます。

>通常のプログラムソフトのライセンスに関しては許諾契約書に禁止されている以上、譲渡することは出来ないようです。

ではなにか要らないソフトを有効活用する方法はないでしょうか?

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ