人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

広告等で「○○○で検索してください」や、検索サイトの検索キーワード入力スペースと「検索」ボタン、カーソルを入れているのをよく見かけます。
こういった表現がここ最近で急に増えた気がするのですが、これはSEOの技術などの関係なのでしょうか?
どうして増えているのか、理由を教えてください。

1180294336
●拡大する

●質問者: atticplan
●カテゴリ:インターネット ウェブ制作
✍キーワード:SEO カーソル キーワード ボタン 入力
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 6/6件

▽最新の回答へ

1 ● HONMA9691
●12ポイント

CMだと詳しいことは説明できないので、興味ある人をサイトへ誘導する。そこで資料請求などしてもらえば企業としては作戦成功。

http://q.hatena.ne.jp/answer

◎質問者からの返答

すみません、そういう意味ではなく、以前は検索サイトで最上位に表示されるのは不確定なものだったのだと思います。

紙媒体に掲載するために、技術的に確実にそのキーワードで検索すれば最上位に表示されることができるようになったからなのか、そういった理由が知りたいです。


2 ● hsada
●24ポイント

テレビCMでは一定時間以上URLを表示してはいけないそうです。

そのため、「キーワード検索」が流行っているそうです。

なぜURLを流さないかというと、それをするとみんなインターネットで広告を見てテレビで広告を流す価値が下がるからです。


http://www.otsune.com/diary/2006/11/18/2.html

http://www.cworld2000.com/blog/archives/2006/11/tv_cm.html

内容の元は『TVCMのURL表示制限?シリーズ「砕氷船ライブドア」(4)』である。この中である地域の「テレビ局 CM 責任者会議」なる機関が定めた「合意」と、それに運用方法を加筆した「指針」に以下のような文言があるとされる。

URLの表示時間はCMの1/2以内、表示の大きさは画面の1/4以内とします

このような合意や指針があるのかどうか確認するすべはないので、裏の取り様はない。ただ、TV 局が CM 媒体としてのテレビジョンの価値低下に神経質になっている可能性は利害関係から見て否定されないと考える。少なくとも、CM 広告の相対的な価値低下を指摘する主張は存在する。したがって、それに対しTV 局が反応すること、それ自体は合理的であると考える。

◎質問者からの返答

なるほど、そういう規制があるのですね。納得しました。紙媒体でもこのような表現が増えているのは、TVCMの影響なのでしょうか。


3 ● まつつね
●16ポイント

一時的な流行りもあると思われます。

ちなみにこのような広告手法を集めたサイトを紹介します。

http://www.searchad.jp/

◎質問者からの返答

URL非常に参考になりました。

やはり紙媒体に関しては特に根拠はないのでしょうか。


4 ● onigirin
●22ポイント

こうすると、

・そのキーワードでのSEO

・表示されるページでの情報取得の流れ

など、広告費以外にも請求できるポイントがでてきます。

なので、それも含めて広告代理店が営業します。

そうすると代理店の売上は上がりますよね。

あとは、効果がわからないテレビCMを、

アクセス数や会員情報取得で

数字として効果を出す意味もあります。

http://hatena.ne.jp/

◎質問者からの返答

なるほど、確かに理にかなった方法なのですね。代理店側の、というのは知らなかったです。有益な回答ありがとうございます。

もう少し質問を続けたいと思います。


5 ● オーイェー
●15ポイント

単純に、アドレスを手入力してもらうよりも

検索ワードを入力してもらう方が簡単ということもあります。

また、ポスターなどにアドレスを書いているのを見ても

それを家まで覚えているのは大変ですが、

言葉なら何とか覚えておきやすいというのも利点かと思います。


↓は、数値がなくてあまり参考にはなりませんが・・・

http://news.goo.ne.jp/article/kyodo/business/CO2007052601000422....

◎質問者からの返答

やはり一番大きい理由はこれなのでしょうか。でもアドレスバーに日本語を入力してください、ではなく、あえて検索キーワードとして検索してください、という所が気になるのです。


1-5件表示/6件
4.前の5件|次5件6.
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ