人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

ある種の昆虫には歯を持つものがいますが、その歯は人間の歯と基本的に同じものでしょうか?
つまり、エナメル質や象牙質、歯髄などが存在、あるいはそれに相当する組織が存在するのかを教えてください。
それとも、餌を単にすりつぶすための器官に過ぎないものを、便宜上、歯と呼んでいるだけなのでしょうか?

●質問者: DENT
●カテゴリ:医療・健康 科学・統計資料
✍キーワード:いもの エナメル 人間 便宜上 存在
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 4/4件

▽最新の回答へ

1 ● kappagold
●25ポイント

昆虫の歯は、基本的に外骨格と同じキチン質です。

脊椎動物以前では、アメリカザリガニで歯の先駆的器官と考えられるものがあるそうです。

http://www2.mascat.nihon-u.ac.jp/anatomy2/zari.html

◎質問者からの返答

明快な回答、ありがとうございました。できれば、「昆虫の歯は、基本的に外骨格と同じキチン質」である根拠を示したURLの紹介をしていただきたかったです。

ザリガニの話は、蛇足ながら非常に参考になりました。


2 ● ex-0808
●20ポイント

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%AD%AF

昆虫に歯はありません。

口部に高質化した物質を持つものを歯と呼んでいるだけで、エナメル質等が存在するわけではありません。

◎質問者からの返答

高質化?角質化ではなく、高質化というのですか?

それと、リンク先は単に歯の話が書かれているだけで、昆虫の歯に関する記述は見当たらないので何の参考にもなりませんでした。私が見つけられなかっただけでしょうか?


3 ● microftxxx
●22ポイント

ご質問とは若干離れているかもしれませんが、

「収斂進化」という生態学、あるいは生物学の用語があります。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8F%8E%E6%96%82%E9%80%B2%E5%8C%9...

異なる出自の生物が似たような生態的地位(ニッチ)を占めたときに、似たような形態になるというものです。鳥類の「羽」と昆虫の「翅」が良く例として取り上げられます。

昆虫と人類はかなり遠い関係になるので、歯はまったく別物と考えるべきでしょう。似たように見えても、進化の途中でそれぞれ獲得したものです。

関連するワードとして「適応放散」というものもあるので、興味が沸きましたら、読んでみるのも一興かと。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%81%A9%E5%BF%9C%E6%94%BE%E6%95%A...

◎質問者からの返答

有難う御座います。


4 ● kappagold
●23ポイント ベストアンサー

昆虫は外骨格であり、骨を持つ動物とは異なると言うことで、簡単に説明できると思って、簡単な説明にしてしまいました。

2回目の回答で失礼します。


まず、人間には、カルシウムで出来ている骨や歯を作る細胞と、それを壊す細胞(これが無いと上手く骨を大きくすることが出来ません)がありますが、昆虫にはありません。

だから、カルシウムで出来た歯を作ることが出来ません。

URLで紹介したものも、あくまでカルシウムの沈着ですので、歯ではないといえば歯ではありません。



「昆虫の歯は、基本的に外骨格と同じキチン質」を示すURLとしては、ノミの赤ちゃんの歯を作らせなくするという殺虫剤が、キチン質を作るのを阻害する作用を持っていると言うことで説明できると思います。

http://www.e-mon.co.jp/AnimalClub/nomi.html

蛇足ですが、ノミも立派な昆虫です。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8E%E3%83%9F

◎質問者からの返答

疑問が氷解しました。ありがとうございました。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ