人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

重いテーマで恐縮です。
自殺についてどのようにお考えになりますか?
日本人の古来よりの処世である
(武士の切腹など)
恥を忍んでも生き延びよ

などご意見をお願いします。

●質問者: unison_com
●カテゴリ:医療・健康 人生相談
✍キーワード:テーマ 切腹 古来より 意見 日本人
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 23/23件

▽最新の回答へ

1 ● mimachan
●13ポイント

「自殺は悪い事」とか「してはいけない事」と言って、自殺したい人を責める人が居ますが、私はちょっとそれはどうかと思っています。

例外ももちろんありますけど、自殺を実行する人は、その時点で既に精神を病んでいると思うのです。

逆に、気がおかしくなっていないと、怖くてできる事じゃありません。

私はうつ病で、実際に自殺未遂をやった事があります。

冷静になったら、死のうとしていた時の自分を客観的に見る事ができます。

だけど、今まさに「死のう!」と思っている時に「自殺はいけない事」とか頭にありません。

ただ、「死にたい」それだけです。

気がどうにかなっているんです。

そんな人に冷静に「自分が死んだら周りがどれだけ悲しむか?」とか「死ぬ勇気があるなら、生きていける」とか思う余裕はありません。

「死ぬ勇気があれば、どんな事だってできる」というのは、強い人の考えです。

自殺する人は、その時点でもう正気ではなくなっているのだと、私は思うし、周りもそれを知るべきだと思います。

◎質問者からの返答

精神的に追い詰められている。

でも何故、「自殺」する人と、そこから「這いあがる」人がいるのでしょうか。

自分の周りに問題があるというのは誰にでもあることですよ。

なぜそんなに簡単に「死にたい」と思うのか、私には理解できないことです。

ありがとうございます。


2 ● pepen
●13ポイント

江原啓之さんのスピリチュアル本などにもありますが

魂は永遠であると思っています。

この世に生を受けていろいろ学んでいると考えています。

なので自殺をするということはカリキュラムを放り出すということになり

来世でまた同じ苦しみを味わうことになるそうです。

課題をクリアできなければ先へは進めませんから。

自殺をする決心がつくくらいならすべてを捨てて新しく生きていくこともひとつの手だと思うのです。

逃げるのではなく新しい人生の始まりだと思えばそれもありかなと。

・・・というわけで自殺には賛同しかねます。

◎質問者からの返答

私も自殺などは考えません。

ありがとうございます。


3 ● きゃづみぃ
●13ポイント

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9C%B0%E7%B8%9B%E9%9C%8A

自殺は よくないですね。

死ねば解放されると思って自殺するのでしょうが、

死んでも解放されません。

たいていは 地縛霊となるようですし。

◎質問者からの返答

地縛霊というのははじめて聞きました。自爆は国によっては、結構ありますが。ありがとうございます。


4 ● Z307Z
●13ポイント

私は、自殺肯定派です。

以前は自殺など考えられないというか、選ぶべきではないと思っていました。

基本的にはそう思うのですが…。

私は無意識のウチに自殺したいと思って実行しそうになりました。

それから、自殺してしまった人がいるとそのときの状況のようになったら仕方ないのかな・・・辛かったろうな・・・と思うようになりました。

◎質問者からの返答

無意識のうちに自殺なんて、自殺じゃないと思いますが。ありがとうございます。


5 ● TomCat
●12ポイント

何とかして防ぎたいのに、他人の力ではどうすることも出来ないもの。それが自殺だと思います。

でも、たいていの場合、自殺の願望や衝動は、環境的な要因によって形成されているんですよね。本当は自殺じゃないんです。何かに追いつめられて、最終的に殺されていくんですよ。何々を苦にしてとか、何々に失敗してとか、何々を恨んでとか。多くの場合、環境や状況が、死を強制しているんです。

精神を病んで、ということも言われますが、それだって、元をたどれば精神を病ませてしまった原因があるわけです。結局、「誰」と責任者は特定できないまでも、「何か」に殺されるのが自殺の真相なんだと、私はそう思います。

でも、他人には、そういう当人の追いつめられている状況は、全く理解できないんですね。だからさらに、誰にも理解してもらえない、誰にも相談できないという絶望感が自殺の願望に拍車をかけてしまうわけです。

そんな時、たまたま運良く環境や状況が変化すれば、死なずに済みます。そして、長い時間のうちに、死にたいと思っていたからこそ分かる命の尊さにも気が付いていけるかもしれません。私も、そんな経験をしてきた一人でした。

でも、そういう「たまたま」の運に恵まれなければ、耐え難い閉塞感から逃げ出したい一心で、死を選んでしまう、という不幸も起こってしまいますよね。

誰でもどんどん逃げていいんだ、嫌だと思ったら全ての責任をほっぽり出して逃げていいんだという社会なら、自殺は随分少なくなることでしょう。

逃げ出すことに成功した人こそ讃えられるような世の中なら、自殺を必要とする人は、かなり少なくなっていくはずです。

◎質問者からの返答

もう逃げるところがない人もいるのでしょうね。ありがとうございます。


1-5件表示/23件
4.前の5件|次5件6.
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ