人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

いわゆる虫についてどう感じるでしょうか?
http://q.hatena.ne.jp/1180522956

先程、この様なアンケートを行いました。
子供の頃には虫を好きだったのに、大人になると嫌いになるといった方が多い様な気がするのです。

これは一体何故なのでしょうか?

私も子供の頃は虫を大好きだった筈なのですが、いつの間にやら…現在はとても苦手で仕方がありません。
どうにも生理的な嫌悪感を感じてしまいます。


●質問者: Reiaru
●カテゴリ:科学・統計資料
✍キーワード:はと アンケート 嫌悪感 子供 現在
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 26/26件

▽最新の回答へ

[1]野生児でした myuai

私も幼い頃は、触るどころか、蜂の子や柳虫、蟻を食べてました。

うまく言えませんが、物心ついた以降は、学校では、「手を洗いなさい」(手を洗わないと、寄生虫の原因になるとか)とかで、敬遠するようになったような気がします。寄生虫とかと結び付けられると、よほどの事が無い限り、触る気にはなりません。


[2]様々なことを経験するから、ではないでしょうか? toku4sr4agent

私の場合はどちらかといえば、昆虫は好きなほうだと思います。

(でも蝶はOKでも蛾は触るとかゆくなりそうなのでダメ、蜂は刺されるとアナフィラキシーになる可能性があるからダメ、クモは巣がひっかかるとイヤなのでダメなど一部苦手なものもあります。)


パセリにくっついたキアゲハの幼虫を育てて羽化させたこともあります。


本当に小さい頃は何が毒のある昆虫か毒のない昆虫かわからないのでなんとなく珍しい虫を見つけると捕まえたり、触ったりしていたようですが

(あまり記憶はないですけど)

大人になるにつれ、毒がある、菌を運んでくるなどいろんな知識がついてくるので、

なんとなく毛嫌いするようになるのではないでしょうか?

(憶測で申し訳ありません)


[3]虫に対する shiki-saikawa

好奇心が失われていくからかな?

あくまで個人的な考えですけど・・・


[4]>1 私も野生児でした babybluexxx

子供の頃はダンゴムシをビンにぎっしり入れて母親に怒られたり、カマキリの卵がおもちゃ箱の中で孵化して、家中カマキリの子供が歩き回っていたり・・グロテスクな毛虫以外なら好きでした。大人になるにつれて「虫は汚いもの」「病気を運んでくる」と教えられて意識に刷り込まれ、なおかつ生理的に嫌いな虫が増えてしまいました。興味はあるんですけどね・・


[5]嫌いというよりは厄介 neumann

子供は本能的に動くものに興味を持つように設定(?)されているのだと思います。動物の動きはシンプルだから小さい頃は楽しいですが、少しずつ飽きてしまい他の刺激へ興味が移ります。

大人になると自分自身が格段に力が増しており、その力で虫を掴もうとすると確実に潰しそうな気がします。きれいな蝶などでも、触ると潰しそうだし変なリンプンが手に付きそうだしいろいろと厄介なイメージがあります。まあ知識が邪魔をしているのでしょうね。


[6]嫌いとゆうより興味が変わってきたんじゃないでしょうか? kohnewage

私も小さいころは昆虫が好きでしたが、小さいころから

好きな昆虫と嫌いな昆虫が存在してました。

トンボ、カブトムシ、カマキリ、蝶々、クワガタ、バッタ、カナブン等が好きでしたが蜘蛛、カミキリ、ゴキブリ、カメムシ、蛾、等は嫌いでした。

今もそんなに変わってはいないですね。やはり興味が変わってきたので

昆虫と接する機会がないので、そう感じるんじゃないでしょうか?

それと子供は好奇心が旺盛なので、興味を示していて、その興味の結果が

経験となって、好みに反映されてるんじゃないでしょうか?

それとわが子と接したりしてると、過去の自分が思い起こされるようになり

以前昆虫と遊んでた気持ちを思い起こすことがあります。

やはり子供の前ではかっこつけたいですからね。そうゆう意味でも私自身の場合は、そんなに変化はないと思ってます。


[7]>2 ほぼ同意 chinjuh

経験を積んで、行動に対する結果を想像しやすくなるからだと思います。虫に限ったことではなく、犬や猫に対しても、子供の頃はすぐに手を出していたけれど、大人になってからは「この犬(猫)は触っても逆上しないタイプかな」と一瞬様子を見てからでないと手を出さないようになったりするものだから。虫も、噛まれそうとか、汚いんじゃないかとか、余計なことを想像すると触らなくなるし、そのうち興味も薄れて子供の頃とは反対に嫌いになる人もいそうです。

ちなみに、その結果好きになってしまうものもあります。わたしは子供の頃に蛾がだいだいだいだいだいっきらいでしたが、今は好きです。触っていいものといけないものの見分けがついてしまったからです。手づかみもします。


[8]嫌悪を学習する EMYL

女の子の場合は「きゃー、気持ち悪い」という反応をする方が「女の子らしい」ということを学習するんじゃないでしょうか。平気でイモムシに触ったりしていると、「あの子、ヘン」とか思われたりして。

あとは、男女関係なく、ムシが媒介する病気とか、寄生虫とか、ムシのマイナス面を学習すると、ムシは汚くて悪者で気持ち悪いと思うようになるということもありそう。


[9]刺されてから nonomy

田舎で育ったので、虫に対してほとんど抵抗がなかったのですが(あ、カマキリは手を切られたことがあるから苦手だったかも)、栗の木の下にいたら毛虫が落ちてきて首周りをやられてしまった。

それ以来虫全般がアレルギーのようにすべてだめになってしまいました。


[10]感覚 Richard214

子供の頃って「うわースゲー!」とか感覚優先で行動したりする部分多いと思うんですけど、大人になるとどうしても頭で考えちゃうと思うんです。ただ小さくて動く虫に対して「面白い」「格好いい」って感覚から、「なんでこいつこんなに足が・・・」とかつい理由というか答えみたいなのを考え出しちゃうと意味不明で「気持ち悪い」ってなる気がします(笑)少なくとも僕はそうです・・・。


[11]キレイ好きになったから? yoshikichin

小さい時は虫など平気で触れましたが今はちょっと敬遠してしまいますね。大人になって汚い(ばい菌など)と判ってきてからはあえて触る必要もないと思っています。触らずに観察する程度ですね。私は飼い猫は触る事はできても野良猫は何か病気をもっていそうで触る事ができません。小さな虫もそんな感じで見ているんじゃないでしょうか。


[12]>3 同じく azally

子供の頃は好奇心で色々な虫や生物を、見る・触る・捕まえる・投げるなど

遊びでやっていましたが、大人になるにつれ、「触れる」事に対する嫌悪感

が出てくるからと思ってます。


[13]新説!「手でつまめなくなるから」 NAPORIN

冷静に考えれば、虫より人間のほうが、それも子どもより大人のほうが

強いに決まっているけれども、

なぜか怖くなる。

それは、子どもだと細い指先でさっと捕まえられるけれど、

大人だと小さすぎてつまみとれなくて

うじゃうじゃしているものは苦手に感じるようになる気がする。

1センチ以下の小豆サイズの水飴とかがねっちょりしながら散らばって髪の毛にこびりついた状態にも似ている。

要するに、かなりうざったいからだと思う。


[14]潰れた虫を見た回数 Beirii

何がイヤって潰れた虫ほどイヤなものは無いです。

#イモ虫系は潰れやすいので生きていても苦手です。


きっと、ある回数以上見るとトラウマになるんですよ。

だから嫌いになるんですよ。


[15]>4 こんな事もありました Reiaru

ダンゴムシをビンにぎっしり入れて

そう言えば私もダンゴムシ (ワラジムシ?) をカンペンケースに入れておいたら、

授業中に大量の子供が産まれてすごい事になった事があります(笑)


当時はそういう虫達も可愛く思えたものでした。


[16]>14 これはあるかもしれません、なるほどです Reiaru

私も軟らか系は駄目ですね。何だかこう変な想像をしてしまいます。

その「変な想像」とは、恐らくその潰れた際の想像なのではないのかと思うのです。


巨大な (4 cm ? 5 cm 位) 茶色い毛虫がおりまして、

これは刺したりしないので、何だか可愛くて飼っていた事があります。

(何なのでしょうか、この毛虫は。どなたか知っておられましたら教えて下さい)


これが通学路に大量に発生するのは良いのですが、そこを開発の為のダンプカーが行き来する為、

毎日毎日道路がこの毛虫の死体で埋まっていたのです。何百という数です。気持ち悪すぎでした。


私の場合はこれが原因なのかもしれません(/_<。)


[17]虫を嫌いな人間の影響 sakura19749

例えば、両親が虫にそれほど抵抗なくて

子ども時代に虫を触ったりして嫌いじゃなくても

大人になれば、周りには虫の嫌いな人間が大勢います。

もし大人になっても虫好きで、触ったりしていたら

気持ち悪いとか言われることもあるでしょう。

気持ち悪いといわれる前にそれを察知して

嫌いになったのでしょう。


[18]わすれてしまったから tehi

昔は、外で遊んでセミとかパッタとかつかまえたりして虫に対してなれていたけど、大人になって虫に近づかなくなって、そのときの感覚をわすれてしまったから。


[19]虫との距離感 HeavyHorses

身長が伸びて虫との距離感が随分離れてしまったのかも。

あるいは皮膚の弾力性が低下して、小さいものを優しくつまめなくなった

からかも。


[20]>15 ゴキ以外は今も平気な野生児です angelorphan

カマキリの子供なんか眺めたりしますねえ、、

40代女性ですが、なぜこうなったかなぜゴキが苦手か(これは子供のころから)

皆様がなぜ苦手か。この違いが、、ごめんなさいわかりません


[21]害がある虫 mikonta

子どもの頃は土をいじって遊んだりしていたから、虫を身近に感じていたのかな・・・もともと虫は好きでも嫌いでもないけれど、歳を取るにつれて嫌うようになったのは、蚊、カメムシ(臭い)のような、何らかの害がある虫です。蚊は、刺されるとかゆいだけでなく、跡に残るのが嫌なのかも。あとは、ゴキブリ、蜘蛛、毛虫などの、見た目がグロテスクな虫。たぶん思春期の頃から・・・臭いとか汚いとか、そういうものを嫌悪するようになったあたりからのような気がします。


[22]洗脳、先入観、 doriaso

大人が「汚いから触っちゃダメ」とか、殺虫剤やらでガンガン

ぶっ殺しちゃうからじゃないですか。

最近はもう子供の頃から無視に触らせないうでしょう?

繊細なタッチとかは、あの頃に覚えるんだよね。柔らかくて小

さい虫を潰さないように持つとかね。


[23]もしかしたら環境破壊の影響で虫の個体数が減ったから? toku4sr4agent

もしかしたら環境破壊の影響で、虫の個体数が減って、虫に触れる機会が減ったから?


わりと最近のことなんですが、

町内会の公園清掃(除草)の際、カブトムシやカマキリに出くわしたことがあります。


子供連れで来ていた人のところに、カブトムシとカマキリを手づかみで持っていったら、

カブトムシは嬉しがっていたのに、カマキリは嫌われてしまいました・・・。


カブトムシの場合は、ペットショップでも売られているのでおなじみですが、カマキリなどはペットショップではみかけませんので、草むらで遊ぶ機会が減り、図鑑などでしか見たことのない子どもも居るのではないでしょうか?

(たぶん私より若い世代の親は、昆虫に触れる機会が少ない気がしますし)


以前は少し虫が近くにいても「こんなもんか」という感じだったのでしょうが、

虫が少ない環境が当たり前になってくると、今度はそれが当たり前になって、なんとなく昆虫は苦手・・・そういう人がいるような気がしなくもありません。


[24]虫を触るデメリットを子供より理解するから。 mimura3m

ではないでしょうか?

子供よりも知識量は確実に増えて、害の多さが解るからでないでしょうか?

それにさらに好奇心が減り、完全に虫に対する興味は無くなり、嫌悪感を持つのだと思います。


[25]>23 外国産のデカイ昆虫に日本の美しい doriaso

昆虫たちが駆逐され始めているとか?


[26]>20 ゴキは向かってきますからね。 doriaso

殺虫剤を噴射した方に突進!!!

さすがずっと生き残るだけのことはある。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ