人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

印鑑を押す書類に誤記をした場合、
消した後に訂正印を押したりすると思うのですが、
それでは、サインをするような書類の場合、
誤記を消した箇所には何か処理すべきなのでしょうか?

●質問者: match7
●カテゴリ:ビジネス・経営 経済・金融・保険
✍キーワード:サイン 印鑑
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 5/5件

▽最新の回答へ

1 ● MEI-ZA-YU
●20ポイント

重要書類の場合は新たな用紙に書き直すようです。

(一般のサインなら訂正印でいいようですが・・・)

http://www.pref.osaka.jp/passport/kinyug0.html

>署名(サイン)は、訂正や修正ができませんので、

汚れたり書き損じたときは新たな申請書に書き直ししてください


http://www.pref.kyoto.jp/passport/10200014.html

>ただし、署名を訂正する場合は訂正印が必要です

◎質問者からの返答

なるほど。

でも、簡単には書き直せないような状況もありますよね。

元々サイン文化は欧米系の文化だと思うのですが、

その辺りのグローバルスタンダードはどうなんでしょうか?

(書き直す、以外で。それともサイン書類の場合はミスは必ず書き直すで決まり??)


2 ● TNIOP
●20ポイント

本来、サインと印鑑には同じ効力がありますので、訂正印と同じように横線で消した上に被さるようにサインをすれば大丈夫です。


訂正印は誰かが内容を勝手に訂正変更したのではないという証明のためにする処置ですので、契約書に関わる本人が訂正したということがあとで立証出来るように上に被せて本人証明をするのです。

◎質問者からの返答

ありがとうございます。

実際に海外ではそのように用いられているのでしょうか?


3 ● Yumiko
●20ポイント

現在、仕事でUK在住です。

今までの経験から書いてみます。

重要書類(例えば契約書)は、書き直しをしていますね。

(書き直しを顧客から要求される)

ちょっとした書類の変更(例えば登録住所)の場合は、

二重線で消しその上に日付入りでサインしています。

と言っても、被さるようにではありませんが。

訂正方法は、書類の重要度と相手先に依ると思います。

はてなで質問されてこの回答では元も子もない話になるかも

しれませんが、相手先に確認をされるのが一番だと思います。

では

◎質問者からの返答

ありがとうございます。

一般論がどんな感じか分かりました。

日付とサインを入れるんですねえ。


4 ● virtual
●20ポイント

実際に海外ではそのように用いられているのでしょうか?

海外(少なくともオーストラリア)ではサインではなく直筆のイニシャルを使う場合も多々あります。

◎質問者からの返答

直筆のイニシャル??それはサインと違うのでしょうか?

直筆で何か書けば、それが筆記体だろうと、ブロック体だろうと、漢字だろうと、サインなのでは??

そもそも、質問の回答にはなってません。


5 ● virtual
●20ポイント

直筆のイニシャル??それはサインと違うのでしょうか?

『誤記を消した箇所には何か処理すべきなのでしょうか?』ということでしたので『誤記を消した箇所』に契約書に書かれている署名(Signeture)とは異なる簡易な署名としてイニシャルサインをすることも一般的に行なわれているということを指摘しました。

サインとイニシャル

イニシャルサイン

◎質問者からの返答

分かりました。理解してなくてすいません。

ありがとうございました。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ