人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

サブネットとサブネットマスク、ローカルIPとグローバルIPの概念が分からなければ自宅サーバ組めないよと言われました。
理解させてください。
それとも、http://ipaddress.jp/?gclid=CNTy2cTltowCFQufbgodES4HRgのような業者に任せちゃったほうが手っ取り早いのでしょうか?

●質問者: kira2007
●カテゴリ:インターネット ウェブ制作
✍キーワード:IP グローバルIP サブネットマスク ネット ローカル
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 3/4件

▽最新の回答へ

1 ● KazyN
●26ポイント

非常にかいつまんで説明します。

正しい理解を得るためには、末尾の URL 他、それなりの資料をあたってください。

ネットワークのアドレスは、ご存知の通りIPアドレスで 192.168.0.1 みたいにあらわされますよね。

この「.」で区切られた4つの数字はそれぞれ 0~255 の範囲で利用できるので、全体で非常に多くのアドレスが使えることはご存知ですか?

実際には「クラス」という概念で分けられているので、個人が好き勝手なアドレスを使って良いわけではありませんが、いずれにしても非常にたくさんのアドレスがネットワーク上に存在するというのはわかりますよね。

この巨大なネットワークを、必要なアドレスの数で細かく区切ったものを「サブネット」と言います。

そしてよく見かけるサブネットマスク 255.255.255.0 ですが、これはようするに最後の「0」の部分、つまり 192.168.0.0~192.168.0.255 の範囲(256個)のアドレスを「サブネット」として使いますよってことです。

小さな規模の会社やオフィスでは、256個もあどれすはいらないので、さらに細かく分けることもあり、たとえばこの256個を4つにわけるのなら、その場合は 255.255.255.192 とかいったサブネットマスクになります。

なぜそうなるか?については2進数とかを使う必要があるので、興味があれば別途調べてください。

プライベートIPとグローバルIPについては、上に書いたクラスとも関係します。

が、詳細はともかくとして要するにインターネットに接続されている機器につけられる世界で唯一の番号がグローバルIPアドレスです。

インターネット上で同じアドレスが複数使われていると困りますよね?

だから唯一なのです。

それに大して、インターネットに直接接続していない機器については、ある程度自由にアドレスを設定することができます。

お互いに直接通信しないですからね。

このときに使えるアドレスが「プライベートIPアドレス」と言って「この範囲で使ってね」というのが決められています。

普段よく利用する 192.168.*.* なんていうのは、このプライベートIPアドレスです。

こんな感じでだいたいわかるでしょうか?

一応参考になりそうな URL をいくつか載せておきます。

http://y-kit.jp/inet/page/ipaddress.htm

http://www.itbook.info/study/p52.html

http://www.itbook.info/study/p54.html

http://www.itbook.info/study/p56.html


2 ● yuki_furuya
●27ポイント

http://it.jfe-tec.jp/column/tech_column/column_linuxn/000082.htm...

サブネットはこんな感じです。

簡単に言うと、3種のクラスがあり、それぞれに接続台数の制限があります。

家庭でもっとも一般的に使われているのはクラスCです。

192.168.1.1?などがよく使われます。

この場合、サブネットマスクは255.255.255.0です。


ローカルアドレスとは、上で言った「192.168.1.1」などです。

自分のLAN内で自由に割り当てる事が出来ます。

ただし重複は出来ません。

LANからWANに出る時にプロバイダーから支給されるIPアドレスがグローバルアドレスです。

このアドレスは、全世界で唯一つです。

グローバルアドレスに到達したパケットは、ルータにより内部のLANに送られます。

サーバーを立てるときには、このルールを設定する事が必要です。

通常、静的ルーティングなどで行います。


3 ● pbg4667
●27ポイント

IPアドレスについて

http://ehos.hp.infoseek.co.jp/ipaddress.html

まずは、このあたりを一読されると良いでしょう。

グローバルアドレス(グローバルIP)とは、通常Internetと呼ばれるネットワーク空間で使用される、アドレスが重複して存在しないアドレスです。

プライベートアドレス(ローカルIPとかローカルアドレスとも言う)はInternetとは独立したネットワーク空間で使用され、同一ネットワーク内においてはアドレスの重複は無いが、ユーザー(そのネットワークの管理者)が必要に応じて勝手に使用できるアドレスの事です。

当然、Internetとは独立して存在しているので、通常はルーターを使用してプライベートアドレス空間からInternetに乗り入れを行ってます。

また、プライベートアドレス(ローカルアドレス)として使用できるアドレス範囲も下記の様に決まっています。

10.x.x.x

172.16.x.x?172.31.x.x

192.168.x.x

上から順にクラスA、B、Cが前提に決められています。

クラスAとは8ビットマスクで使用されるアドレス空間で、サブネットを10進数であらわすと255.0.0.0になります。

クラスBは16ビットマスクで255.255.0.0

クラスCは24ビットマスクで255.255.255.0となります。

サブネットマスクとは、どのアドレス範囲が同一ネットワークアドレスであるかを定義するもので、マスクされたビットがネットワークアドレス(ネットワークを示す番号)、マスクされていないビットがホストアドレス(それぞれのPCなどの機器に割り振られるホスト番号)になります。

一番馴染みが深い192.168.0.xは、プライベートアドレスになり、255.255.255.0でマスクすると192.168.0までがネットワークアドレス、最後の8ビット(0?255)がホストアドレスになります。

(但し、ホストアドレスの最初の番号(若番:この場合192.168.0.0)はネットワークを示すアドレスに使用され、最後の番号(追番:この場合192.168.0.255)はブロードキャストアドレスに使用されるので、使用できる範囲は1?254までとなります。

そろえて書くと判り安いかもしれません。

192.168.000.001

255.255.255.000

↑255の部分がマスク(固定)、0が可変


2ビット表記すると、

11000000 10101000 00000000 00000001

11111111 11111111 11111111 00000000

1の部分がマスクされ、0が可変。

また、サーバーを公開するのであれば、ルーターには最低NATの設定が必要になりますし、サーバーにも、それなりの設定が必要になってきます。

業者に頼んでも、サーバーを公開するなら、結局は同様の知識が要求されます。

また、当然費用もかかりますので、がんばって、こつこつと勉強されるのが良いでしょう。

http://www.cresc.co.jp/tech/network/NET_TUTORIAL/index.htm

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ