人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

日経平均の歴史的底値7603円(2003年4月28日)を割ることは未来永劫ないですか?
1989年の歴史的高値を超えることも未来永劫ないですか?

●質問者: pro0
●カテゴリ:ビジネス・経営 経済・金融・保険
✍キーワード:1989年 日経平均 未来 歴史 高値
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 8/8件

▽最新の回答へ

1 ● teruterubouzu21
●17ポイント

大きな不況や経済発展が無い限り多分無いと思います。増えず減らず停滞するでしょうね。


2 ● au79
●17ポイント

どちらもあり得ます。

そもそも日経平均と言っても、225銘柄の数は同一でも銘柄入替えしているので全く同じ条件ではないですけどね。


3 ● kumankuman
●16ポイント ベストアンサー

両方とも、可能性ありますよ、当たり前ですが。


これからインフレ気味でいけば・・・・・

イギリスみたいに15年好況が続けば・・・・・

預金偏重が変われば・・・・・


4 ● filinion
●16ポイント

そもそも日経平均自体が未来永劫あるかどうかわかりませんが……。

ない、とは言えないでしょう。

下がる方を想定するのは簡単で、大きな災害や政変があれば。

例1:北朝鮮からのミサイルが東京に着弾。中国は非難声明を出すが行動せず。アメリカ軍主力はイランで作戦行動中……

例2:国会開催中に東海大地震発生。都市のライフラインは寸断され、中央官庁は機能停止、政府要人の安否も不明。

まあ、後者の場合、誰が日経平均を出してくれるのか謎ですが。

アメリカの小話を一つ。

一人の銀行員が、客に預金を勧めていた。

客は渋って言った。

「しかし、おたくの銀行がつぶれたらどうなる?」

銀行員は言った。

「大丈夫、その時は州銀行が預金を保護してくれます!」

「じゃあ、州銀行がつぶれたら?」

「その時は連邦中央銀行が預金を保護してくれます!」

「それじゃあ、もしも連邦中央銀行がつぶれたら?」

「その時は、残念ながら預金は失われますね……」

だが、銀行員は明るく続けた。

「でも、もしそうなったら、ドルを持っていようがいまいが同じことですよ!」

いずれにせよ、03年にこれを上回る大変災があったわけではないですから。

こういった状況では、おそらく日経平均はもっと下がるでしょう。

もちろん、もっと穏やかに、現在成長中の諸外国に追われて日本経済が失速する、という可能性もあります。

また、89年の高値を超える可能性も当然あります。

再びあのようなバブル経済が到来することはない……と願いたいものですが、ありえないわけではありません。

もちろん、日本経済が成長を続け、実体経済としてその水準まで到達する可能性もあります。

ご承知のように、経済が堅調なら、物価は少しずつ上昇していくもので、それに伴って株価も上昇します。

03年の「底値」は確かに大きな谷でしたが、それは日本の高度成長時代のどの時点における株価より高かったわけですから。

ですから、日本経済が今後順調に推移するなら、特に大きな事件がなくとも、株価はおよそどこまででも上昇する可能性があります。

従って、長期的には、89年の株価を上回る可能性は大いにあります。

「長期的に見れば、我々はみな死んでいる」(ケインズ)


5 ● winbd
●16ポイント

歴史的底値を割ることはいつかあるでしょう。

日本経済の終焉と同時に必ずやってくるはずです。


しかし高値は難しいですね。

よっぽど何か革命的なことが起きまくらないと永遠に超えることはないでしょう。


1-5件表示/8件
4.前の5件|次5件6.
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ