人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

ネットショップの商品説明形式についてご意見をお聞かせください。
紅茶、ハーブを取り扱っています。

1.写真+情報
http://store.yahoo.co.jp/hagurachaya/l-302.html
2.イメージ写真+情報
http://store.yahoo.co.jp/hagurachaya/l-302-1.html
3.写真も情報もシンプルに
http://store.yahoo.co.jp/hagurachaya/l-302-2.html


前回の質問(http://q.hatena.ne.jp/1179651315)を踏まえて、
商品説明のパターンをいくつかつくってみました。
どのパターンがいいですか?


どれがより魅力的かご意見をいただければ幸いです。
アンケート並みの質問なのでお気軽に回答してください。

写真の撮り方も只今あれこれ試行錯誤中です。
何かお気づきのところがありましたらお願いします。



●質問者: くいっぱ
●カテゴリ:インターネット ウェブ制作
✍キーワード:アンケート イメージ シンプル ネットショップ ハーブ
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 9/9件

▽最新の回答へ

1 ● studioes
●16ポイント

個人的には3が良いですね。

長い説明をかかれると見る気がなくなります。 でも、詳しい情報を見たい人もいると思うので、詳しい説明ページを別途用意して、「詳しい情報」みたいなボタンでリンクしたらどうでしょうか?

話は変わりますが、写真のライティングはもう少し調整した方が良いかと思います。 水面に映り込みでいまいちな印象です。 それに、輝度不足でしょうか? カップやソーサーの白い面がグレーに傾いている気がします。 その関係で、紅茶も濁った色に見えるような・・・

◎質問者からの返答

「詳しい情報」は別ページですか。確かにわけてしまったほうがいいかもしれませんね。


写真は元の画像がいまいちだとどうやってもいまいちだという結論に達しました。

取り直す方向で考えています。


2 ● tatsuya_o
●16ポイント

Simple is best.ということで3番目です。

◎質問者からの返答

シンプルなものがいいですか。

なるほど、、


3 ● toku4sr4agent
●16ポイント

ダージリンにもランクがあるという説明はとても面白かったです。


でもできれば、説明用の文字の大きさを少し大きめに、色ももう少し濃い色のほうが読みやすいかな、と思いました。


紅茶が入った器の写真は2番目の写真が気に入りました。


なお、

「紅茶 ダージリン・ゴールデン 50g FTGFOP1」

という商品名を、

「上質なゴールデンチップを多く含んだダージリンです。」

という説明文の前に入れたほうが、

なんという商品に関する説明なのかわかりやすいのではないか?

と思いました。

(一番最初に目につくのは、自分の場合はページの上のほうなので)


それと

「量り売りで考えた場合

BOPは量り売りの場合100gがだいたい500円?になります。

スタンダードで600円?、シルバーは700円?、ゴールデンは800円?、エクセレントは1,600円?、ロイヤルクラスになると2,000円?になります。ヴィンテージにまでなると3,000円?、マスカテルになると4,000?9,000円ちかい価格にまで跳ね上ります。」

の部分ですが、

「量り売りで考えた場合100gで

  1. BOP:だいたい500円?
  2. スタンダード:600円?
  3. シルバー:700円?
  4. ゴールデン:800円?
  5. エクセレント:1,600円?
  6. ロイヤルクラス:2,000円?
  7. ヴィンテージ:3,000円?
  8. マスカテル:4,000?9,000円ちかい価格にまで跳ね上ります。」

などのようにリスト形式にすると見た目でどの程度値段が異なるのかわかりやすくなるような気がします。


それと、

リプトンのイエローラベルはどのグレードの茶葉がメインなのか、

普通のダージリンもどのグレードの茶葉がメインなのか少し興味を持ちました。


いっぱい書いてしまってスミマセン。

やっぱり日本のお茶と一緒で、値段の安い茶葉は高めの温度のお湯、グレードの高いお茶は低めの温度のお湯で入れると美味しいのでしょうか?

◎質問者からの返答

・説明の文字色を濃く

説明というのは画像の文字ですか? それともページ全体?

・説明はリスト形式のほうがわかりやすい。


> リプトンのイエローラベルはどのグレードの茶葉がメインなのか、

ごめんなさい正直わからないです。

イエローラベルはグレード抜きに普通に飲みやすいように各産地をブレンドしたものだと思います。

「ダージリン」にはダージリンが入っているとは思いますがどのグレードかもは私にはわかりません。いずれにしろティーバックなのでダスト(粉)かな。

メーカーによってはエクストラやらいろいろグレードを分けて出していたりするので、ということはノーラベルの奴は違うのかなと推測するより他なりません。

ただあまり普段のやつと価格が変わらなかったりするので、正直まだまだわかりません。

流通価格も自分のところで手に入れられるものとはまったくちがうのでもしかしたら全く違うものなのかもしれませんね。


黒豚みたいに生産地での生産量より流通量のが多いなんて話しもあるので、実際のみ比べて気に入ったものをセレクトするよりないのかなと思ったりもします。



抽出の温度ですが、グレードは関係ありません。

ただ、ダージリンが比較的低発酵、緑茶に近いため低い温度でいれたほうがおいしいよというだけです。例えば同じゴールデンでもアッサムのゴールデンなどは高温でいれたほうが美味しいです。

安いお茶は高温…というのはなんでしょうね。香りが出にくいから……とかなのかな?

ちょっと勉強不足でごめんなさい。


グレードごとの値段は書かないほうがいいかな……。


4 ● cyuna
●16ポイント

説明文が長いページは飛ばしてしまう派なので、、、

「3」がいちばんいいです。

すっきりしてる分、画像が目立つ。

◎質問者からの返答

すっきりがいちばん!

そのぶん画像にわかりやすさが求められますね。


5 ● naleringar
●16ポイント

ページが表示されてから1画面以内で、「もっとスクロールしたい」って思える作り、これ美味しいんだって思える、飲みたいって思える、そういうレイアウトが良いです。

例:ヘッドライン欄にLIBへのタグも入る筈なので、印象的な写真(l-302-3.jpg)をそこへつっこんで、まず最初に目に入る画像で、「美味しそう!」って思えるようにする。更に、store-item2 に商品を切り替えて、レイアウトパターン(10種類)からレイアウトを試す。補足説明欄が増えるので使いやすい。詳しくはマニュアルで検索してください。

◎質問者からの返答

おー、なんか実際の詳しい使い方ありがとうございます。

Yahoo! store使い方がなにか自分にとってはものすごく特殊で苦労しています。

情報ありがとうございました!


1-5件表示/9件
4.前の5件|次5件6.
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ