人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

安倍総理の「拉致」「北朝鮮」への強固な態度は演技だった。
って本当?
演技するメリットは何?

●質問者: pro0
●カテゴリ:政治・社会 経済・金融・保険
✍キーワード:メリット 北朝鮮 安倍総理 拉致
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 7/7件

▽最新の回答へ

1 ● winbd
●18ポイント

演技すれば世間を味方につけることは出来ますね。

最近はそうでもないですが、一時期は拉致被害者を助けるべきっていう動きが確実にありましたので。


2 ● TNIOP
●17ポイント

演技だったかどうかはわかりませんが、もし演技だったとしたら世間を味方につけたかったのでは?

世間へ道徳的だとアピールにはなったと思います。


3 ● pochi_pochi2001
●17ポイント ベストアンサー

演技ではなかったと思います。

拉致は重大な人権問題だとの主張も本心だと思いますし、北朝鮮の政権に対する嫌悪感は本物だと思います。

しかし、安倍に拉致問題を解決するための具体的で有効な外交策があったとは思えません。

当時の首相は北朝鮮を訪問したり友好的な態度を見せました。

拉致被害者の方々は小泉の下で、安倍がついていれば拉致問題を解決できると思ったことでしょう。

ところが結果的に、日本国としては北朝鮮に対して身代金を払って被害者の一部を強引に取り戻したと思われるような取引をした。日本人は金になると北朝鮮に思わせてしまいました。日本政府は人権をないがしろにする政府だと思われています。北朝鮮と同レベルです。

小泉が国交正常化を目指すと言いながら、安倍は北朝鮮に敵対して強硬な姿勢をしているので愚かとしか言いようがありません。安倍の態度(北朝鮮に核をぶち込んで火の海にしてやる発言(キチガイとしか思えません。))を容認していた時点で小泉が国交を正常化するとの発言が本気でないことはわかります。

少なくとも、安倍は国交正常化なんてことを考えていたとは思えませんし、そんなをことを遂行できるような器ではありません。たまたま、拉致被害者の北朝鮮を嫌悪する気持ちが、安倍の北朝鮮に対する強硬な姿勢と結びついてしまい、小泉周辺に国民の支持率のためにうまく利用されただけだと思います。演技などせず、地を出しているだけで、拉致被害者に対してすばらしいことをしているように見えただけです。実際は薄情なのに、マスコミがいいイメージを作り上げていたのです。

ここ数日の安倍総理の狼狽ぶり迷走ぶり焦りぶりを見ていると演技する能力がないのは明らかです。マスコミももはやフォローしきれないのだと思います。安倍の実態は政治手腕なしボンボンの統一協会関係者かつ創価学会名誉会員で、岸信介の孫であり、売国奴かと思われます。


4 ● you-pon
●17ポイント

支持率アップのため


5 ● bangohan
●17ポイント

支持率アップの唯一の砦。

強制捜査でもなんでもっとやらないの?


1-5件表示/7件
4.前の5件|次5件6.
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ