人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

【個人事業主が引っ越します】
来月引越しです。自宅兼事務所です。会計上の処理を教えてください。

敷金は資産?
礼金は経費?(詳細な科目は?)
不動産屋に払う手数料は?

礼金と手数料は年末に按分の振り替えをすればよい?
(家賃の30%を事務所費にしていますので、礼金と手数料も30%でよいのか?)

分かりやすく教えてください。
よろしくお願いします。

不明点があれば、コメント欄に書き込んでください。

●質問者: にぎたま
●カテゴリ:生活
✍キーワード:コメント欄 不動産 事務所費 会計 個人事業主
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 3/3件

▽最新の回答へ

1 ● notapachi
●34ポイント

●個人事業主で、2年前に引っ越ししました。

敷金は資産? → 払ったときは雑費、返ってきたときは雑収入にしました。

礼金は経費?(詳細な科目は?) → 経費。雑費にしました。

不動産屋に払う手数料は? → 雑費にしました。

家賃の30%を事務所費にしているが、礼金と手数料も30%でよいのか? → 妥当だと思います。

●経験上ですが、1,000万以上の収入があるのなら別ですが、そうでないのなら「つじつまさえあっていればいい」と思われます。

(1,000万以上の収入があるのでしたら、最初から税理士さんに頼んだ方が節税になることが多いかと思います)

●敷金や礼金、手数料などをどの科目に入れるかについてですが、どの科目に入れようが、税率は同じです。

●科目を分類するのは単に「税金を払うのに必要な情報だから」というものではありません。

事業を健全に運営するために、金銭の出入りを把握しやすくする目的で-今年は消耗品費が多いなあ、とか-行うことも重要です。

●なお、「雑費、雑収入でいいのでは」と判断したのは、これが毎年発生するものではなく、一時的なものだからです。

◎質問者からの返答

ありがとうございます。

たしかにおっしゃるとおりですね。

金の流れが分かって健全であれば、

その科目の名前が何でも実際問題大丈夫ですね。


2 ● kappagold
●34ポイント

その場合、敷金は全額資産に計上し、費用とはなりません。

礼金は税務上の繰延資産と呼ばれるもので、

通常5年で均等償却して費用に算入していきます。

ただし、その礼金の額が20万円未満の場合には、

一括して費用とすることができるケースもあります。

http://qa3.zeijimu.com/archives/4


敷金について

資産科目となります。自宅兼用でも「敷金」がよろしいと思います。

相手科目は「事業主借」となります。

返還されないと決まった時に修繕費等になります。ただし、自宅兼用なので按分となります。

資産に計上時は全額をのせます。

礼金 手数料は、そのまま按分です。

http://www.m-net.ne.jp/~k-web/sodan/160217.html


3 ● ex-0808
●12ポイント

弥生会計で調べたところ、


敷金は入出金・振替の扱いになります。

相手勘定:敷金

摘要:敷金を預けた


礼金や不動産屋に支払う手数料は引っ越しの費用になりますので経費で大丈夫です。

相手勘定:礼金

摘要:礼金の支払い

相手勘定:支払い手数料

摘要:仲介手数料の支払い


といった感じです。

割合は家賃と同じにしてください。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ