人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

【シャッフルド・ホラー】「誰も知らない怪談」

文政8年(1825年)7月――。売れない歌舞伎狂言作者のY蔵は、思案をしながら江戸中橋界隈を歩いていた。すぐに中村座が見えてきた。演目は、「東海道四谷怪談」、三代目菊五郎のまねきが掲げられている。

「南北め!今にみておれ・・・」。そうつぶやきながら、自宅で書机に向かった。
Y蔵の筆がどんどん走っていく。

ある深夜のことだった。トン、トンとかすかに木戸をたたく音と、「1両・・・2両・・・」とお金を数える女のか細い声がした。
大店のXとの情事を目撃したO一郎は、今でも後妻の母が許せずにいた。
幾重にも折れ曲がった山道を抜けるときれいな滝がある。
「あなたを殺していいですか」
O一郎は驚愕した。
消えゆく意識の中で、思いつくまま一人旅に出かけた道中、美しい女性と再会し、恋仲になったことが脳裏をかすめた。
山道で男の惨殺死体が見つかる。
遠国奉行は、連れの女性を疑ったが、ひどい拷問にあわせても殺しを否認し続けた。

Y蔵は、「イマイチだな」と言って、センテンスを入れ替え始めた。

●質問者: nicedayhiro
●カテゴリ:ゲーム ネタ・ジョーク
✍キーワード:7月 あなた うつ お金 れいな
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 6/6件

▽最新の回答へ

1 ● きゃづみぃ
●95ポイント

幾重にも折れ曲がった山道を抜けるときれいな滝がある。

山道で男の惨殺死体が見つかる。

大店のXとの情事を目撃したO一郎は、今でも後妻の母が許せずにいた。

遠国奉行は、連れの女性を疑ったが、ひどい拷問にあわせても殺しを否認し続けた

ある深夜のことだった。

トン、トンとかすかに木戸をたたく音と、「1両・・・2両・・・」とお金を数える女のか細い声がした。

「あなたを殺していいですか」

O一郎は驚愕した。

消えゆく意識の中で、思いつくまま一人旅に出かけた道中、美しい女性と再会し、恋仲になったことが脳裏をかすめた。

文章の前に [1] とか 数字を入れて もらえると

どの単位で どこを 並び替えたらいいのか わかりやすいと思います。

たぶん、Xは、山道で 殺された男だと思いますが・・・。

◎質問者からの返答

takntさん、ご回答ありがとうございます。正解です。Xを殺したのは、O一郎です。


2 ● くまいみずき
●60ポイント

文政8年(1825年)7月――。売れない歌舞伎狂言作者のY蔵は、思案をしながら江戸中橋界隈を歩いていた。すぐに中村座が見えてきた。演目は、「東海道四谷怪談」、三代目菊五郎のまねきが掲げられている。


「南北め!今にみておれ・・・」。そうつぶやきながら、自宅で書机に向かった。

Y蔵の筆がどんどん走っていく。



山道で男の惨殺死体が見つかる。

遠国奉行は、連れの女性を疑ったが、ひどい拷問にあわせても殺しを否認し続けた。

O一郎は驚愕した。

大店のXとの情事を目撃したO一郎は、今でも後妻の母が許せずにいた。



Y蔵は、「イマイチだな」と言って、センテンスを入れ替え始めた。




ある深夜のことだった。トン、トンとかすかに木戸をたたく音と、「1両・・・2両・・・」とお金を数える女のか細い声がした。

幾重にも折れ曲がった山道を抜けるときれいな滝がある。

「あなたを殺していいですか」

消えゆく意識の中で、思いつくまま一人旅に出かけた道中、美しい女性と再会し、恋仲になったことが脳裏をかすめた。





========


イメージとしては、Y蔵が考えたオリジナルキャラクターが、実際にY蔵の前に現れて。

そして、物語の中で出てくる「惨殺死体」に、Y蔵がなってしまう。

といった感じです。

話の繋がりはイマイチなので、多分間違ってると思いますが……。


でも、

Y蔵は、「イマイチだな」と言って、センテンスを入れ替え始めた。

という文章を、今の位置から最後に持ってくるだけで、被害者はY蔵ではなく、O一郎になる気がするんですよねぇ。

ただ、O一郎ではあまり物語の面白味がないので、このような形にしてみました。

◎質問者からの返答

kumaimizukiさん、ご回答ありがとうございます。“迷”(名)推理ですが、正解は物語の面白みがない「O一郎がXを殺したのでした」。


3 ● hosigaokakirari
●70ポイント ベストアンサー

原文をシャッフルするとこんな感じかな、と思いました。

幾重にも折れ曲がった山道を抜けるときれいな滝がある。

山道で男の惨殺死体が見つかる。

遠国奉行は、連れの女性を疑ったが、ひどい拷問にあわせても殺しを否認し続けた。

大店のXとの情事を目撃したO一郎は、今でも後妻の母が許せずにいた。

ある深夜のことだった。トン、トンとかすかに木戸をたたく音と、「1両・・・2両・・・」とお金を数える女のか細い声がした。

「あなたを殺していいですか」

O一郎は驚愕した。

消えゆく意識の中で、思いつくまま一人旅に出かけた道中、美しい女性と再会し、恋仲になったことが脳裏をかすめた。


これだけですとよく分らないので補足をすると、人を殺して山道に置いたのがO一郎で、O一郎を殺しに来た女はO一郎の前妻なのではないかと思いました。

以下は私が想像した怪談のあらすじです。

----------

まず、結婚する前の前妻に恋をしたO一郎が、彼女の連れである男を殺して山道に放置しました。

その犯人として疑われ拷問を受けた前妻と、旅先で再会したO一郎は、見事に前妻と恋仲になりました(キーワード「美しい女性」=O一郎の前妻ということで)。

しかし、前妻は病気か事故で亡くなってしまいました。

その後、後妻を娶ったO一郎ですが、後妻は浮気をしてします。

それがどうしても許せないO一郎は、今度は後妻をその母もろとも殺してしまおうか・・・と考えました。

そんな様子を天国(?)から見ていた前妻は、連れの男を殺された恨みを晴らすため、そして後妻たちが殺される前にと、O一郎を殺しにきたのです。

死んだはずの前妻が木戸を叩いて現れたことに驚愕したO一郎は、前妻と恋仲になった時のことを思い出しながら死んでいったのであった・・・。

----------

全然違ってたらはずかしいな?と思うのですが、「片道切符の時間旅行」の時から楽しませていただいているので、挑戦させていただきました!

◎質問者からの返答

「人(X)を殺したがO一郎」は正解です。

「O一郎を殺しに来た女はO一郎の前妻」ではなく、幽霊になってO一郎を殺しにきたのは後妻の母(O一郎の憧れのヒト)でした。

でも、大変面白い推理です。


4 ● Afrodita
●90ポイント

○一郎が大棚の×を殺した!

で、疑われた女が拷問で死んで、○一郎を黄泉の道ずれにした!

かな?(^^;

並べ替えるとこうなりました。


大店のXとの情事を目撃したO一郎は、今でも後妻の母が許せずにいた。

幾重にも折れ曲がった山道を抜けるときれいな滝がある。

山道で男の惨殺死体が見つかる。

遠国奉行は、連れの女性を疑ったが、ひどい拷問にあわせても殺しを否認し続けた。

ある深夜のことだった。トン、トンとかすかに木戸をたたく音と、「1両・・・2両・・・」とお金を数える女のか細い声がした。

O一郎は驚愕した。

「あなたを殺していいですか」

消えゆく意識の中で、思いつくまま一人旅に出かけた道中、美しい女性と再会し、恋仲になったことが脳裏をかすめた。

◎質問者からの返答

推理は正解です。でも、「疑われた女」が後妻の母親まで推理いただければパーフェクトでした。


5 ● くろょ
●70ポイント

これでどうでしょう?

幾重にも折れ曲がった山道を抜けるときれいな滝がある。

山道で男の惨殺死体が見つかる。


遠国奉行は、連れの女性を疑ったが、ひどい拷問にあわせても殺しを否認し続けた。

O一郎は驚愕した。

消えゆく意識の中で、思いつくまま一人旅に出かけた道中、美しい女性と再会し、恋仲になったことが脳裏をかすめた。


ある深夜のことだった。

「あなたを殺していいですか」

大店のXとの情事を目撃したO一郎は、今でも後妻の母が許せずにいた。

トン、トンとかすかに木戸をたたく音と、「1両・・・2両・・・」とお金を数える女のか細い声がした。

ポイントは、

◎質問者からの返答

kuro-yoさん、無理やり回答をお願いしまして申しわけありません。

前半は正解、後半は残念でした、です。

>O一郎は拷問を受けている女がかつての恋人

>後妻の母を許していないO一郎は、その恋人とともに殺しを決行。

ここの推理がちょっと違います。


1-5件表示/6件
4.前の5件|次5件6.
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ