人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

再生医療の最新情報について
知りたいです!

例)「遺体冷凍」ビジネス・・・
人体の冷凍保存」未来における蘇生 に望みをかけて遺体を冷凍する

「歯の再生医療」・・・
抜いた歯を冷凍保存し必要時に
移植する再生技術で、入れ歯では
なく本人の歯を再利用する

など。この他にもあれば知りたいです!

●質問者: okuy8121
●カテゴリ:医療・健康 生活
✍キーワード:ビジネス 再生 再生医療 冷凍 技術
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 3/4件

▽最新の回答へ

1 ● Dental_Coga
●27ポイント

http://www.ne.jp/asahi/fumi/dental/perio3/emd/emd1.html

http://www.fsinet.or.jp/~kozu/enamelmatrix.html

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A8%E3%83%A0%E3%83%89%E3%82%B...

歯周病などが原因で歯槽骨(顎の骨の一部で、歯を支えているまさにその部分の骨)がなくなってしまいますが、通常の歯周治療((保険診療で行なう歯石取りや歯周外科治療))ではこの歯槽骨の再生はほとんど期待できません。骨の高さにして1?2mm再生すれば万々歳の状況です。

ところが、先のリンク先で紹介されている薬剤などを用いると、それを大幅に上回る量の歯槽骨が出来ることが確認されています。


2 ● miharaseihyou
●27ポイント

http://www.youtube.com/watch?v=AZQgSqRRCQo

まだ動物実験の段階ですが、歯と毛根の再生に成功しています。ここまで来ればデータを煮詰めて実験を重ねて、治験までもう一息でしょう。たぶん数年以内と期待しているのですが甘いかな?

◎質問者からの返答

へぇ?!

凄いですね、ここまで来てるんですね!


3 ● Dental_Coga
●26ポイント

http://homepage2.nifty.com/nmc/case_photos.html

再生といえば、大事なことを書き忘れていました。

私の師匠でもありますが、山岸先生の開発された人工エナメル質。これは、画期的です。

これまでも、人工エナメル質と謳った“材料”はありましたが、これらはあくまでも削って詰めたり、塗ったり、埋めたりする、本当のエナメル質とは程遠いものでしたが、山岸先生の人工エナメル質は正真正銘、ミクロレベルでもエナメル質と呼べる代物です。

もちろん削ったりする必要もありませんが、リンク先を見てもらえばわかりますけど、ぼっこり穴があいたような虫歯には適用できません。あくまでも初期の虫歯にのみ適用されるものです。

それでも、エナメル質を作り出す技術は驚異的です。さすが、ネイチャー誌で取り上げられるだけのことはあります。

実は、今度、この試薬が少し入手できるようなので、今から楽しみにしています(^^)

◎質問者からの返答

へぇ!

凄いですねっ。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ