人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

【イエはてな】イエ・ルポ#026
街を見渡せば、100通りの家族に100通りの家。家をのぞいてみれば、それぞれの暮らし振りが面白い!“イエ・ルポ”とは、実際に見たり聞いたりしたイエの話、またはご自分の家の暮らしの中で生まれたユニークな工夫やアイデア、習慣や出来事をミニルポ感覚で書き込んでもらう“イエ・ルポタージュ”コーナーです。
*〈今週のお題〉に沿った、みなさんが知っている面白いイエの話を教えて下さい。
*〈今週のお題〉以外の話題のイエ・ルポも常時自由に投稿して下さいね!

イエ・ルポ #026 THEME「あなたが愛する街の風景」を教えて下さい

→ルポ例はコチラ
http://d.hatena.ne.jp/ie-ha-te-na/20070608

※今回の「いわし」ご投稿は6月13日(水)正午で終了とさせて頂きます。
※参考にさせていただいた「いわしへのコメント」には、【いわしポイント×20pt】を差し上げます。
※お願い
モラルのない一行投稿などはご参加者の皆様に大変ご迷惑となりますので、ご遠慮下さい。
またそのようなご投稿にはポイントの送信を控えさせて頂きますのでご了承下さい。

●質問者: ie-ha-te-na
●カテゴリ:コンピュータ 生活
✍キーワード:6月13日 theme あなた いね いわし
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 263/263件

▽最新の回答へ

[1]夕焼けの街 mododemonandato

地元でも、出先でも夕方になって日が落ちかかり、夕焼けになった街の風景はとても惹きつけられるものを感じます。

街がなんとなく静かになって、夕日の色に赤く染まり、新聞配達のお兄さんが走り、豆腐屋さんのラッパの音が聞こえたりすると、懐かしいのに寂しいような、不思議な心境になります。


[2]花に囲まれた街 eiyan

よくある街に行くと最近は街路樹が植栽されている。

その周囲には可憐な花の咲く色合い。

それが続くと全く見事な勢揃い。

ある田舎では道路脇に芝桜や紫陽花の花が植えて有る。

これが開花する時期に通ると実に見事な花道路となる。

此処を通る時は感嘆声を上げずにはいられない程見事な花街道。

こんな道路があるんだな?!?

と感心するばかり。

いっその事日本中の道路がこんな花街道になったら良いのに!?

花一杯道路街。

そんな言葉がおこがましいですね!


[3]子供たちの下校風景 TinkerBell

最近世の中がぶっそうになって、

子供たちの登下校にたくさんの大人の目が光るようになりました。

今の子供たちは寄り道したりしにくくなっちゃいましたね。

今の女の子は学校に行くのにスカートはかない。

手には携帯を持ってる。

いろいろ時代の流れを感じますが、

でも、三々五々楽しそうにおしゃべりしながら歩いている子供を見ると、

やっぱり私が子供だったころと変わらないなぁと思います。

子供たちの元気な笑顔が曇らない町を作れる大人になりたいなと思います。


[4]私が愛する街の風景・・・ taknt

どちらかというと 街というより、山や海、川などの自然が好きですね。

街だと 変わったビルとかあると いいなぁと思います。

いろんなビルが 立ち並ぶ街角が好きです。

http://zubora.daa.jp/blog/archives/2006/02/mikimoto_ginza2.html


[5]>1 分かります odorukuma

早く帰れた時なんか、ちょっと感傷的な気分になりつつ、夕暮れの街をみたりします


[6]>2 街路樹はいいですね odorukuma

そこまで素敵な花に囲まれた街ではないのですが・・・

普段あまり意識しませんが、結構植物は周りにあるかもしれない


[7]>1 夕焼け街 eiyan

1年中毎日違った夕焼け光景。

一つとして同じ光景は繰り返さないのだけれども、人って自分の気に入った光景はよく覚えるもの。

夕方って人を暗くする時間帯。

これが有って明日の日の出を待てるもの。

全ては一日サイクルの過程内。

北極や南極では夕方がない時期が有る。

だから日の出もない。

赤道直下の熱帯地方。

太陽がいなくなる夕方を待ち焦がれてようやく息を吹き返す。

夕方が持つ意味合いも重要ですね!


[8]八重洲地下街 Kumappus

東京都内で何ヶ所か好きな場所があるんで、たぶん、他のツリーも書くと思いますが、まずは八重洲地下街。東京に出てきてある意味最初に通った「街」だから、というのもありますが、何か落ち着くんですよ。

学生時代はここで半日うろうろしてたりしたなー。

http://www.yaechika.com/

地下街でこれほどひろがっているのはここと大阪の梅田地下街と名古屋の地下街ぐらいじゃないかと思います。そして梅田と名古屋は(特に梅田は)「駅近辺のビルの地下一階を開放してそれを通路でつなげてる」という感じが強いのに対して、実態はそうなのかもしれないけど八重洲の場合、まるまる地下に商店街が入ってる、という感じがあるんですよ。天井も低いし。朝早くはあまり行かないので実は違ってるかもしれませんが、移動する人が早足で歩いているという風情もあまりない。

入ってるお店もはっきり言って有名な飲食店はないし(笑)、どの店もわりあいこぢんまりしているけどバラエティに富んでいる。

(王様のアイディアもあったけどつぶれてしまった)

ハザマさんとやりとりするネタでもある(?)お酒はここのリカーズハセガワで買っています。

http://www.liquors-hasegawa.com/

もちろんお店は適宜入れ替わっているし、東京駅構内部分が拡張されたりしているんだけど雰囲気そのものは20年前とあんまり変わらないところも好きです。雨が降っても大丈夫な東京の昔からの商店街、なのかな。


[9]古い町並み KazyN

近年の建売が並ぶ町ではなく、昔ながらの土壁や漆喰塗りの壁など、ちょっとノスタルジックな町が好きですね。

あとはやはり自然の豊かなところがいいです。


[10]夜明け前の風景 xmoon_catx

夜明け前の薄紫の空や、日中は人で賑わっている町並みもシーンをしていて、独特の雰囲気のあるあの時間が大好きです。

冬の夜明け前よりも夏とかがいいなぁ。

夜明け前の空は本当にきれいです。


[11]雨上がりの風景 fumie15

雨上がりがとても好きです。私の住んでいる街は特に汚い町ではないのですが、雨が降ってやんだ後、風景が洗い流されているような気がします。その後太陽が顔を出し、雨の雫が太陽に照らされるのも好きです。


[12]動物の姿がある街 Oregano

お散歩のわんちゃん。よくしつけられたわんこは飼い主の真横にピタッと寄り添って歩きます。ボクが飼い主を守るんだと、誇らしげに胸を張っています。ちっちゃなチワワなのに(笑)。

甘やかされたわんちゃんは、どんどん飼い主を引っ張ります。交差点に来ると、勝手に先に曲がろうとしたりして、今日はそっちじゃないのと引き戻されたりしています。やんちゃなわんこです。

シーズーが、飼い主の手の平をカプカプ噛んで甘えている姿も見ます。シーズーは横びろの口なので、まるで獅子舞のおししのミニチュアが遊んでいるように見えます。

ラブはお利口さんが多いみたいです。大きな体なのに優しい目で通り過ぎる人並みを見つめています。あんまりいい子なので、お店の前で一人で番をさせられているのです。飼い主はきっと中でお買い物中。でも本当は人通りのある所に犬をつなぐのは、うちの方では条例違反です。気を付けてくださいね。

でも、そんな動物のいる街の風景が、私は大好きです。

猫は…。街で見かける猫は放し飼いか野良。どちらもよい飼い主に恵まれていない猫たちです。野良をなくしたい。みんな飼い猫にしてあげたい。放し飼いもやめてほしい。猫は野生の動物ではありませんから、屋外はとても危険です。猫の姿だけは、幸せな家の窓から見える街であってほしいと思います。


[13]>6 桜並木 xmoon_catx

花のある町並みは季節を感じます。

特に春の桜並木を歩くのは本当に気持ちよく、日本人でよかったと思ってしまいます。


[14]>10 静かで、綺麗ですよね。 odorukuma

少し寒いくらいの涼しくて、少しずつ明るくなる時間は好きです。

今は4時ごろにはもう明るいかな

犬の散歩してる人がいたり、車も少なくて、日中よりも何だか街が綺麗な気がします。


[15]雪の降る街 fumie15

雪が降っているとき、外に出るのは億劫だけど暖かいところにいて雪が降るのをみているのが好きです。一晩寝たらつもっていてびっくりします。猫を膝の上に載せて雪の降るのをみているのが冬の楽しみです。


[16]幅広い世代の人たちが気ままに過ごす公園の風景 momokuri3

公園には小さな子供がつきものです。先日、お母さんが空を指さして、小さな子供がそれを見上げている姿に出会いました。何が見えるのかと私も空を見て見ると、鳥が飛んでいました。青空と鳥と親子。いい風景でした。

高校の隣の公園には、学校帰りの高校生がたむろしていたりします。みんなだらしない格好をしていますが、高校生なんていつの時代もそんなもの。私はその自由さを眺めるのが好きです。

中年の男性がジョギングをしている姿にもよく出会います。案外スポーツは40過ぎからが本番かなと思います。たいして鍛えられた体はしていなくても、走っている顔は気持ちが良さそうです。

お歳を召した人が日向ぼっこをしている姿もいいものです。公園には、様々な世代の人たちが集まります。そして皆自由気ままに過ごします。そういう風景が私は好きです。


[17]彼誰刻 blanccasse

空も残照が微かなくらいになって、大分光が落ち、でもまだ明るい。

明るいし夜には入っていないのに、車のブレーキランプや街灯などが、さっきまでとは明らかに違う浮かび上がり方をする、そんな時間。

季節によっても違いますが、5〜10分のそんな僅かな刻が、とても好きです。

なんだか、とても愛おしくなります。


[18]>15 最近降る量が明らかに減った。 chocogasuki

小学生のころ今の実家のあるところに超してきて、その頃は10cmほど

毎年つもっていた。大型犬を飼っていて、その犬が本当に嬉しそうに

踊りながら雪を食べたりはしゃいだりしていた記憶が懐かしいです。


[19]>3 町内のおじさん、おばさんが chocogasuki

街のあらゆるところに立っています。

僕が小学校に通っていた時代は、行きは集団登校でも帰りは自由でした。

今は帰りも集団で帰っているようで、放課後学校の校庭で遊んだりできないのかな、と

下校中の生徒を見るたびに思います。


[20]田んぼが多く、静かでのどか chocogasuki

逆に何もないとも言えるのですが、ビル街があまり好きでないので

かなり落ち着きます。

農業をなさっている方も多いので、たまにトラックで野菜を安く

売りにきてくれるご夫婦もいます。それがまたスーパーで買うより

格別に美味しかったりする。

冬になると少し淋しいですが、春や夏は緑が生い茂っていて

なかなか綺麗です。


[21]橋の上から眺める風景 tough

まだ砂利の川原が残る川の上にかかった橋があります。見下ろすと、岸や中州にけっこう草が茂っています。その向こうは河川敷を利用した公園です。

視線を上げると、川下に鉄橋がかかっているのが見えます。距離は1km以上は離れているでしょうか。でも真っ直ぐ見通せるので、電車が通るとその姿が見えます。静かな夜なら、きっと汽笛の音も届いてくるでしょう。鳴らせばですが。

真夏の宵は、時々この橋の上に散歩に行きます。川を吹き抜ける風が涼しいからです。反対に真冬はとても強い風が橋の上に吹くこともあります。でも、それもまたいいものです。お正月にはごくたまに、河川敷の公園でたこ揚げしている姿も見かけます。本当にごくたまにですが。

何の変哲もない橋ですが、私はこの橋の上から眺める風景がとても好きです。橋の上から眺める夕焼けもまた格別です。


[22]>12 ネコでも Kumappus

近所にたくさんネコ飼ってるおうちがあって、春先の暖かい日などは車庫の屋根や車の屋根のうえに数匹ずつネコがかたまってごろごろしてます。

甘やかされているのかけっこうデロデロです。

そういうの見るとなんかこっちもほっとしますね。


[23]庭木の花を楽しめる住宅街 EMYL

庭木や鉢植えなど、季節の花が楽しめる住宅地を歩くのが好きです。春は桜の花びらが散ってきたり、今頃だとクチナシや泰山木の花が香ってきたり、秋には生け垣のサザンカが咲いたり。通勤や買い物に通るだけでも心が和みます。


[24]>18 すっごく分かります!昔は腰のたけまで振っていたのに odorukuma

雪国生まれ雪国育ちですが、昔と比べなくても、本当に雪が減りました;

温暖化ですかね;


[25]夜空に浮かぶ星たち、 doriaso

北斗七星(今なら)

冬ならオリオン座。。。

毎晩、終電帰りだった頃、星座を見ながら自分を癒していました。

(UFOっぽいモノも見たけど、あれなんだろ?)


[26]>9 たまにぽつんとある、歴史のありそうなふるい家 odorukuma

見つけると嬉しくなります。

町並み でこそありませんが、古い家を見つけるとつい見入ってしまいますね


[27]>11 雨上がりに晴れ渡ると街が見違えますね tough

景色だけでなく、人の顔もパッと明るくなったように見えます。道路も埃っぽい白ちゃけた色がしっとり落ち着いた色になりますし、雨が止んですぐは空気もきれいです。

今の季節は一雨降ると驚くほど木の枝や葉が茂りますから、雨の翌日は街の木々も元気がよくて、そういうのを見るのもいいものですね。


[28]>23 10年前よりぐっと増えました Kumappus

ガーデニングが一般化したのか家の庭や玄関先の鉢植えなどに花をたくさん植えているおたくが近所でも確実に増えています。

うちの近所だとバラを植えているおたくが増えました。

見てて飽きませんね。


[29]富士山の見える風景 vivisan

季節によっても、また見る場所によっても、見る時刻によっても・・ぜんぜん違う顔を見せてくれる富士山。


全く富士山が見えないところで育った私には、初めて見たときの富士山は偉大で、きれいで、神秘的でした。

それから富士山の見えるところにすむようになってからはそれほど富士山!富士山!っていわなくなりましたが、ふと思いついたとき、部屋から富士山を眺めては、あ、今日もきれい♪とか思ってました。

なんか見ていると安心するんです。

そして、また実家のあるところへ戻ってきてからは富士山が見れなくなりました。

なので、富士山のそばを通るときは食い入るように見てます。

私にとってはだけなのかもしれませんが、やっぱり富士山って日本の心というかよりどころになっているのかもしれません。


[30]海の見える風景、波音が聞こえる場所 monkey_timpo

やはり海でしょう。私の実家から見える海はハワイや湘南ほどロマンチックな海ではないけど、見慣れていても心にぐっと来るものがあります。

早朝には漁港へ向かう人の姿、朝はサーファー達の姿、昼間は子供の手をとり浜辺を歩く親子、夕方は手をつなぎ帰る高校生カップル、夜は月の光を微妙に乱反射させる水面。

やはり穏やかな心を維持するためには海なしでは生きていけないような気もします。


[31]5月晴れの日、平日、午後2時 castiron

どこでもそうなのかもしれないけどこの条件がそろったらもう手がつけられません。

ふと山の方へ目を向ければ迫ってくるような緑。

道路を見れば緑のトンネル。

そして昼間なのであまり人がいなくて、静か。

私はこの地域が好きです。


[32]路面電車が通る道 koujirou2007

家の前の大通りに路面電車が走っていました。朝早くガタガタと電車が通る音は懐かしいです。我が家の子犬が、その電車通りに出て行き、車に轢かれて死んだのも、まざまざと思い出します。


[33]>32 長崎の路面電車 taknt

修学旅行のときに、長崎に行きましたが、街自体が観光地といった感じでしたね。

路面電車にも乗りましたが(長崎が自由行動だったので)、なかなか雰囲気があって

よかったです。


[34]霧のかかった街 taknt

街全体がほんのり 白いものに包まれた なんだか

ノスタルジックな雰囲気を かもし出している 状態が 好きですね。


[35]>33 私の住んでいる町にも路面電車 yoshigyu1318

私の住んでいる市にも路面電車が走っています。

最近は、バリアフリーの低床車が増えてきていますが、やはりレトロな明治時代の電車が好きですね。

また、これが観光資源のひとつともなっています。

環境にもやさしい路面電車を是非利用したいものです。


[36]夜、漁火が見える街 yoshigyu1318

私が住んでいる街はイカ釣りが盛んで、イカ釣りの季節のなると、必ず、漁火が見えます。

温泉ホテルの露天風呂から見る漁火は本当にいいですよ。

ほのぼのと光る漁火を見ると、この街もイカに支えられているんだなと思います。


[37]>29 富士山はあこがれです。 yoshigyu1318

私のアイコン画像にもなっている富士山ですが、まだ一度も富士山というものを生で見たことがありません。

是非、見てみたいと思います。

富士山がいつも見れるところにすんでいる人はとてもうらやましいですね。

いつかはあの山に登ってみたいと思うのでしょうか。

きっと富士山をはじめてみたときの感動は忘れられないものなんだろうな。


[38]>27FLOW_GAMA

雨上がりの街の景色はなにか違って見えますよね。

雨で空気中の埃とかが洗い流されるからそう見えるのでしょうか?


[39]ど根性植物のある風景 YuzuPON

以前アスファルトの間から顔を出した大根が話題になりましたが、ちょっと街を見渡すと、そういう植物がたくさん見つかります。歩道の隅の煉瓦の隙間に、道路と壁の継ぎ目に、色々な植物が芽を吹き、茎や葉を伸ばしています。名前も知らないような、ただ雑草と呼ばれるしかないような草でも、一生懸命生きています。

そしてよく見ると、そんな草にも小さな虫が止まっていたりします。名前も知らないような、ただ害虫扱いに終わってしまうような虫でも、名も知らぬ草と共存して、小さな生態系を形作っています。

人から見たら取るに足らないような生き物の組み合わせかもしれませんが、そこにも美しくも尊い命の営みがあります。お互いが助け合って生きています。命は人が生まれる遥か昔から、こうやって受け継がれてきたのです。

人の社会の片隅で展開される命の営み。たった葉書一枚分くらいの面積に、地球の縮図があります。そんなミクロの風景に、私は感動します。


[40]>30 海いいなー Ayumi-S

私は内陸出身で海と共に暮らしたことはないのですが海に憧れます。

現在は東京の港区に住んでいて一応海はあるのですが、東京の海はなぜか海でないような固定観念がありまして。

monkey_timpoさんのご実家のその風景憧れます。山もいいですが私も海のほうが心を穏やかにしてくれる印象を受けます。


[41]黄昏時、台所からもれるあかりと味噌汁のにおい hhkznz

きれいな夕焼けを見て、何だか心がうきうきと弾んだ後、急にやってくる夕闇=黄昏時。

夕焼けとのギャップのせいか、少し寂しいような人恋しいような気持ちになり、急いで家路を辿ると、それぞれの家の台所では夕飯の準備がはじまっています。台所からあたたかいあかりがこぼれ、夕飯のにおいが道に流れてくると、なせだか無性に自分の家が恋しくなる…子どもの頃の思い出です。

こういう町の風景、いつまでも残ってほしいなと思います。


[42]路地のある風景 sprout-seed

整然と家が立ち並ぶ小奇麗な住宅地より、ごちゃごちゃした路地のある街並みが好きです。

狭い空間があるのって妙に落ち着きますし、思わず街を探索してしまったり、密な空間だからこそ生まれるコミュニケーションがあったりします。

確かに住んでいると、窓を開けてれば隣の家の音が聞こえてきたり等、プライバシーの確保はしにくい。何より、道が狭いと火事があったときは大変。でも、神楽坂で火事があったときも住民が街並みを残したいと動いたりしていて、利便性だけでははかれない良さがそこにはあるんだと思います。


[43]郊外型店舗の広い駐車場が好き NAPORIN

根が田舎モノなので、森、林、畑はあってあたりまえ。

そこに郊外型店舗があるとうれしい!

頭の中に地図を描く目印にもなります。


[44]>40 同じく。 Spaceshuttle

実家が海の近くなので、海の見える場所が一番落ち着きます。山がいけない訳ではありませんが、どちらかといえば海です。


[45]>37 おおっ・・・ Spaceshuttle

私もyoshigyu1318さんと同じく生で富士山を見たことがありません。富士山が見れるところに住んでいる方々をとてもうらやましく思います。やっぱ日本一ですねぇ。


[46]一斉に洗濯物が干される晴れ渡った日の午前中 CandyPot

よく晴れ渡った日の午前中は、多くの家で申し合わせたように、一斉にお洗濯が始まります。小さな子供をあやしながら干している人、大きなシーツを抱えてベランダに出てくる人、みんな忙しそうですが、真っ青な空の下で気持ち良さそうに干しています。洗濯物一枚一枚に人の暮らしがあるんだなと思うと、なんだかうれしくなってきます。

午後になると、お布団をパーンパーンと叩いている人もいます。空気の乾いた日は、そんな音がよく響きます。音のする家の数だけ、夜は干したてのお布団を、わぁと喜ぶ人がいます。そんな生活感たっぷりの風景が私は大好きです。


[47]>45 富士山、子供のころはよく見えたのに CandyPot

私が子供のころは、小さく遠くにですけど、富士山がよく見えました。でも今は建物が邪魔して見えません。近くには富士見という地名の所もあります。そこはきっと昔、富士山がよく見えた所だったのだと思いますが、そこからも今はぜんぜん見えません。きっとビルの屋上に上れば、晴れた日には見えるのだと思いますが…。

新幹線に乗ると見える富士山は、あまりに大きくてこわいくらいです。本当に美しくて荘厳な山ですね。


[48]賑やかな商店街 sayonarasankaku

きっと、なかなか難しいと思いますが、活気ある商店街があると嬉しいです。


「今日はこの魚が美味しいよ!」

「えーい、おまけだよ」

なんて会話も楽しめる。


子供をおつかいに行かせても安心だったり、

こんなメニューも美味しいよ、と教えてもらえる。


コロッケのいい匂いがする。

手作りのお惣菜も迷うほど。


そんな元気な商店街が近くにあると、毎日の買い物も楽しいでしょうね。


[49]>35 路面電車アート tibitora

私の住んでいる所にも路面電車が走っています。

路面電車のキャラクターのイラストを電車に描いていたり、カブトムシやクワガタが描かれていたしする車体も走っているんですよ(^^*


[50]>47 あこがれの富士山 tibitora

私も生で富士山を見たことがありません。一度見てみたいですね、そして上までとは言わないので登山もしてみたいです(^^


[51]>38 雨上がりに虹・ダブルレインボー tibitora

雨上がりは空がとても綺麗ですよね(^^)雲が引いていって、光がカーテンのよう差し込んできたり^^

私は雨上がりに2重にかかった虹を見たことがあるのですが凄く綺麗でした。近くにいた男の子たちも「すごい!2重になってる!!」と官製をあげていました、もう一度そんな虹を見てみたいです(^^*


[52]>24 最近はあまり降らなくて淋しいです tibitora

私が子供の頃はたくさん降っていた雪も、最近はあまり降らなくて淋しいです。たまに降ると嬉しくなって用事も無いのに外に出てうろうろと近所を散歩してしまいます(^^)

甥っ子は雪合戦とかの遊びをした事がないので、またたくさん降るようになってほしいです。


[53]子供達の元気な声 tibitora

登下校時の子供たちのわいわいとしたおしゃべりや、元気に遊んでいる声。たまにけんかをしていたりもしますが、そんな微笑ましい風景が好きです。甥っ子も友達と一緒に集団登校や下校を楽しんでいます(^^*


[54]坂の街 to-ching

石畳の坂を登りつめて少し下を見渡せば、青い海行きかう船。

たまらないですね。適当に都会適当に田舎


[55]>50 富士が見えるのは・・・ to-ching

27都府県・・・人が良くないとの噂昔からあり、本当ですかね?


[56]>51 今日も雨 odorukuma

止みそうにない雨が夕方からずっと降ってます。

雨上がりが見えるのは明後日かな。

日本でも濃度の濃い酸性雨がふる地域なので、昔みたいに、雨のあとは街が綺麗になるってイメージなくなったな


[57]>11 雨上がりの札幌駅前 to-ching

この時期です。雨が降って上がり、日が差して緑がイキイキ!良い季節です。でも「ヨサコイ」は好きになれません。


[58]>48 そういう街がほしいですね Fuel

スーパーが悪いとは言いませんが、地域ととつながってないですよ。

商店街が賑やかな街は、地域の行事も盛んです。

でもスーパーやコンビニは、お祭りに提灯一つ出してくれません。

うちの近所にも昔は小さな商店街がありました。

肉屋も魚屋も八百屋もあって、日常の買い物はみな近所で済んでいました。

でもすぐ隣にスーパーができて、みんな店を閉めてしまいました。

そしたら突然スーパーが撤退。

おかげで今は自転車でないと買い物に行けない不便な地域になってしまったと、

母がよくこぼしています。

企業の都合で地域が振り回されているなぁと思います。


[59]>58 憧れ to-ching

銭湯に入って、商店街の居酒屋に行く、黙っていてもビールや私の好きな料理等をオヤジが出してくれる。ほろ酔い気分で小さな本屋に入りお気に入りの作家の本を買う、おぉそうだ、髭剃りクリームが無かったんだと、昔からある薬局に入り購入、明日は休みだ・・・行きつけのバーに行って店のオヤジを相手に飲むか・・・良いなこんな生活。


[60]>59 おっと! to-ching

桶やタオルは忘れちゃいけない・・・・でも良いか?また明日もくる。


[61]折角の綺麗な街が・・ヨサコイと言う to-ching

奇祭で蹂躙される季節でもあります、折角美しいこの街にお似合いなよい季節なのに、訳の分からない奇声や、マイクからの怒鳴り声等や、下品極まる踊りでこの美しい街が汚染されるような・・・

如何なものだろう・・・・


[62]小さな神社のたたずまい Fuel

表通りから少し離れた所に小さな神社があります。

すぐ近くには四車線の道路が走っていますが、

境内の周囲は生け垣と数本の大きな木に囲まれて別世界のようです。

小さな神社なので、普段は参拝に訪れる人もありません。

宮司さんも常駐はしていません。

ここに人の姿を見るのは、時々境内を掃き清めている近所のお年寄りの姿くらいです。

お祭りは夏ですが、最近は地域のつながりが薄れているので、全く盛り上がりません。

近所の古い家が玄関先に御祭礼の提灯を出すので、それでやっと気が付くくらいです。

でもそんな目立たない小さな神社だからこそ、周囲の喧噪から離れた、特別な場所になっています。

神社特有の凛とした気が流れ、時代を何十年も遡ったような空間になっています。

神社ですから、これから先もずっと同じ場所にあり続けることでしょう。

きっと、今境内を掃き清めてくれているお年寄りも、

若いころ、今私が見るのと同じ風景を、そこで見ていたのだろうと思います。

そして何世代も後にまで、同じような変わらぬ姿を見せ続けてくれるのだろうと思います。


[63]>61 失礼した・・・ to-ching

正式には「よさこい ソーラン」と言うらしい、不景気な北海道には必要な馬鹿騒ぎなのか?折角美しい街を!


[64]>60 東京にはまだまだある Kumappus

僕が東京に出てきて(当時東急沿線にすんでいた)感じたことは「この街は商店街と住宅街が互い違いに配置されているのだ」ということでした。

駅から次の駅まで歩けるような私鉄沿線に関して言えば都内だと今でもそれはかなり言えていると思います。

少し店がなくなってきたなあと思うとしばらく住宅街が続いてまた店が現れ出して次の駅前商店街になる。

今でも活気のある商店街だとBGMと「お買い物は○○サンロードで」みたいな(なんか怪しいカタカナ名前のところが多いような)アナウンスが流れていて、店先からは揚げたてのコロッケや焼き鳥の香りがしています(今住んでるところのとなりの駅前商店街がそうだ)。ちゃんとスーパーもあるんだけどそういう個人商店が結構頑張ってるんですよ。

ある意味、理想的な生活できてるなあと思います。


[65]>64 戸越銀座 to-ching

本当の銀座以外で始めて「銀座」を使った商店街!今も繁栄良かったです。


[66]>52 今年の冬は全く雪を見ないで過ごしてしまいました Fuel

子供のころは玄関先の雪かきを手伝わされたりもしたのですが、

最近は降っても雪かきをするほどではなくなってしまいました。

雪国も雪が減ってるんですか。温暖化の影響でしょうね。

なんか日本の周辺の海面温度は、世界の海の温度上昇の平均に比べて、

上昇の度合いが大きいのだそうです。


[67]>55 単なる山じゃなくて riceball

富士山は、「美しい」ですよね。自然が織り成した芸術品だと思っています。

東海道新幹線からと、晴れた日に仕事場から見えたりしたことあるくらいで、まだ間近でお目にかかったことが無いです。一度近くでみたいです。

それと、元気に歩けるうちに富士登山!!


[68]>67 初めて見たとき to-ching

修学旅行の新幹線の中で・・・頂上は雲っていましたが、裾野の広さに度肝を抜かれました!凄いの一言でした。


[69]>49 路面電車はあこがれ CandyPot

何度か乗ったことがありますが、ちっちゃくて、ゆっくり走って、モノレールなどよりずっと人にやさしい乗り物のような気がします。路面電車の走る町に住みたいなぁ。

koujirou2007さんは、わんちゃんのそんな思い出がおありなんですね。でもいつまでも心の中に生き続けているんですね。路面電車の思い出と一緒に…。


[70]>66 ホワイトクリスマス riceball

ずっとずっと憧れです☆

私の住んでいる街は、ほとんど雪が降らないので(降っても積もらない)、たまにちょっとでも積雪があると嬉しくなっちゃいます。(雪で苦労されている方々には申し訳ございません)

全てのものを、真っ白に覆ってしまう雪は 冬期限定の魔法のような気がします。

街中が純白、そしてお天道様の光に反射してキラキラ輝いている風景は感動モノですね。


[71]>62 街の神社 mododemonandato

私も近くの神社を通るたびに拝んだりしています。

家に近い氏神さまが一番大事だと言われます。

街角の小さな神社は、街に生きてきた地域の人達の拠り所かもしれません。


[72]近くに公園がある街並み。 kumaimizuki

前に住んでいた団地の前には、小さな公園がありました。

そこには桜(八重桜)が植えられていたり、近くの歩道には紫陽花があったりしました。

春になれば、桜が楽しめて。

今の季節になれば、紫陽花が楽しめます。

夏になると、人工的な花が楽しめます。

いわゆる「花火」ですね。

夜になると、近所の子供たちが何人か集まって、手で持つタイプの花火を楽しんでいました。

もちろん、親も一緒にいて、子供たちは花火を、親たちは井戸端会議を楽しんでいました。

わたしも、小学生の頃、その公園で花火をして楽しみました。


秋になると、木々たちが紅葉をし、そして冬。

今は温暖化の影響で、雪があまり降りませんが、昔は年に一度くらいは大雪という日があったと記憶しています。

公園では雪合戦とまではいかないものの、雪と戯れる子供の姿がありました。

静かになった公園に行ってみると、そこには小さな雪だるまがあったり。

そういった、ほのぼのとした小さな公園が近くにある風景が好きですね。


[73]水の流れる町 EMYL

昔からの水路があって魚が泳いでいたり、共同の用水として利用されていたりするところは水が澄んでいて町の雰囲気もしっとりしている気がします。

再開発のときに町並みの中にポケットパークとして水を取り入れるところもできましたね。水には心を和ませる何かがあると思います。


[74]>68 富士の付く地名 EMYL

関東には多いですよね。私が生まれ育った町にも富士信仰の名残で「富士神社」があり、富士山のよく見える場所もありました。

引っ越してしまった今では、新幹線から富士山を見るのが楽しみ。


[75]>65 わーん、東京なのに絶滅です CandyPot

駅前の商店街も再開発でなくなってしまいました。お店は色々あるけど、今あるのはチェーンの飲食店とパチンコ屋さんくらいです。再開発前にあったお店はビルにテナントが出せるはずだったらしいですが、多くが再開発に合わせて廃業してしまったらしくて、私が昔から知っているお店は和菓子屋さん一軒だけになってしまいました。商店街が元気な町がうらやましいです。


[76]>56 雨上がりの並木道 EMYL

木の葉の緑がいっそう鮮やかになった気がしてとても好きです。

木の葉の間からきらめく日の光、何とも言えません。


[77]川のある街 Kumappus

たとえ汚い川でも川のある街の風景は和みます。

例えば秋葉原もそうですね。神田川、お肉の万世のあるあたり(万世橋)がそう。あの辺までくると賑やかさが薄れ、しかも日曜日は歩行者天国なので、歩いているとすごくのんびりします。日本橋の高架道路を無くそうという意味不明な計画もちょっとだけ気持ちはわかります。

今住んでいるところも駅に向かう途中に川があり、土手にはたくさんの桜が植えられていて春には橋の上は見物のひとがよく立ち止まって見ています。川にはどこからくるのかカメとかいたりするし(カミツキガメじゃないと思う(笑))野鳥も飛んでくるし。23区内でもまだそういうところがあるんですよ。

さらに前に住んでいたところは多摩川が近かった。やっぱりでかいですね。何度か歩いて橋を渡ったことがあるんですがまだ向こうにつかないよ、広いなあって感じで。あそこは川より河原や土手が魅力。緑が多かったし歩いてる(ジョギングのひとも多かったが)人もみんななんか楽しげでした。カメラ持ってきて電車とか撮ってる人も結構いたな。

さらにさらに前に住んでいたところは葛飾だったのでそこらじゅう川だらけ。ただ、そのころは自転車によく乗っていたので橋を渡るのが大変だったです。人間用には石段しかないところがほとんどだったから。川がちょっと嫌いになりましたね。勝手なもんですが(笑)。

そういえば生まれたところは家の裏が川でした。ここまで近いと大雨のあとなどかなり恐かったのを覚えています(でも結局はんらんしたことはなかった)。つりをしている人がいたりしてこれものどかだったなあ。

こうやってみると川と街と我が人生がクロスしてるんだなーと思いますね。


[78]>71 氏神様は大切ですよね CandyPot

いつまでも変わらない特別な場所。昔からずっと地域の人たちのつながりの中心だった場所。それが地域の神社だと思います。私も近くの神社の前を通る時、鳥居の前でちょっと頭を下げます。時間がある時は中に入ってお参りします。何かをお願いするんじゃなくて、ずっと私たちを守ってくれてありがとうございますっていう感じで。小さな神社、大切にしたいですね。


[79]>44 波音 riceball

夏よりも、冬の海。朝日よりも沈む夕日を眺められる海が好きです。

静かな海岸に、寄せては消える波を 浜辺に座って静かに眺めてるのが好きです。

(恋人が隣にいたら尚良しw)

街中では、地平線を眺める事なんてまず不可能ですからね。広い海を眺めていると自分を落ち着かせる事ができます。


[80]>21 橋にはいろいろな表情が EMYL

橋の上というのは独特な場所ですね。京都の鴨川にかかる橋、嵐山の渡月橋、フィレンツェのポンテベッキオ、そんなに有名な場所じゃなくても、橋の上に立って川面を眺めるといろいろな思いがわいてきます。


[81]>39 ど根性の草たち CandyPot

歩道のわきのちょっとした隙間とかに、たんぽぽや色んな草が生えますよね。大根はすごく有名になりましたが、名もない草だってがんばってます!いっしょうけんめい生えていますよね!小さな植物を中心にした命のいとなみ、私も見つめ続けていきたいと思います。


[82]>78 氏神様は大事 shimarakkyo

祖父母の家のある地域に行くと田んぼの間に「鎮守の森」よろしく氏神様が奉ってある森があるんです。犬の散歩ついでにお参りしていたのを思い出しました。


[83]>74 私の母親は富士山が見える度に「拝んで」ます shimarakkyo

「あっ、富士山だ!」って気が付く度に2拍手1礼。昔は富士山だけだったのに、この頃は高い山ならとりあえず「◯◯富士よ!」(◯◯には地名が入る)と言って、なんでも拝んでます。そんなんで、いいのか?


[84]>74 美しいものです to-ching

富士山が新幹線から見えたときは得した感じがします、ただ、年々麓の家々が頂上に向かって増えて行くのはなんとなく面白く無い


[85]市場、築地、蚤の市、朝市、なんでも shimarakkyo

市場が大好き。活気に溢れていて、色々な人の顔が見えて、買う人も売る人もそれぞれ心からそれを楽しんでいる様子が伝わってきて、こっちもつられて嬉しくなってしまいます。なじみの顔も出来るし。名前は知らないけれど、「おー、久しぶり。元気?」と声を掛け合うのが楽しい。そして売られている品がとにかくいい!あの、美味しそうな食材が「ずらーーーー」っと並んだ感じが大好きなんです。1回だけ築地に行った事があるんですがあまりにも沢山の美味しそうなものが並んでいて、卒倒しそうになりました。


小さい頃は動物園よりも市場に行きたがる子だったらしいです。祖父母の家に行くと毎朝必ずお手伝いさんにくっついて市場に行っていました。


今でも市場が立っているのをみるとテンションが上がってしまうんです。なんかワクワクしちゃって、ついつい、買いすぎてしまうのが難点なんですが。


[86]日の出の街の風景 chi_maki

日の出の瞬間の、街が色づいていく風景が好きです。

太陽がのぼり、

空がだんだんオレンジ色になっていって、

建物にも太陽の光が注がれ、

新聞配達のバイクの音だけがあちこちでしているような、

そんな日の出の風景が好きです。

できれば、

お豆腐屋さんの働く姿や、低い電柱、遠くで鳴くカラス・・・

そんなオプション(笑)があると、なお情緒的♪


[87]緑が豊かな街 greenfox

緑がたくさんある街並みが好きです。

家々の庭やマンションの共有地、公園や歩道などに植えられた木々が都市部にも潤いを与えています。いわゆる街路樹的なものでも、つつじや桜は季節に彩を添え、華やいだ雰囲気を醸し出します。

お花好きのお宅では四季それぞれの花が咲きます。空き地やアスファルトの間から生えている雑草にしか見えなかった草にも花が咲いたりすると、ちょっと嬉しい気持ちがします。


[88]>77 水の流れはいいですよね shimarakkyo

以前、高山に行った時に、古い町並みもきれいだったのですが、丁寧に整備された水路に鯉が泳いでいるのを見かけて感動したのを憶えています。あれは、本当にきれいでした。


東京に限らず、主要な都市には殆ど全て川が流れていますよね。テムズ、シュプレー、エルベ、セーヌ、ダヌーブ、ヴォルガなど。それらの川が通過する街の中には、お世辞にも「キレイ」とは言いがたい街もあるのですが、それでも川辺だけはきれいで、やっぱり河川て大事にされてきたんだなー、とありきたりですが嬉しい感想を持ちました。


川を取り込む様に広がった街や、川が旧市街と新市街を分けている街など、川と街の関わり方も色々で、それを見るにつけ「あーそうだった、文明は水の流れのある所から発生したんだよね」と飽きもせず毎回納得しています。


そうそう、この季節は、よく川岸で日光浴をしている人たちを見かけます。たまにスーツ姿のサラリーマンがビールをあおっていたりして。「君たち、仕事は?!」。


[89]空が広くみえる街 greenfox

高層とまでいかなくても結構な高さの建物がいたるところで増えている今日この頃。建物の谷間に入ってしまうと、どうしても空が狭くなってしまいます。

高いビルが並ぶ街で長く過ごしたりすると、空が広々とみえる場所が多い街が恋しくなりますね。


[90]>86 私の地域だと、5月から9月いっぱいは、綺麗な日の出を拝めます。 odorukuma

近くに街を一望できる山の中の公園があって、そこからたまーに景色をみたりしてます。

一日の中で一番好きな時間帯です。明け方?5時ごろ


[91]>88 音に癒される odorukuma

見てて涼しげですし、音もいいですね。

田んぼの近くの小川も好きだな


[92]>22 ノラ犬、ノラ猫がちゃんと生きてる地域 shimarakkyo

は「いいなぁ」と思います。田舎に行って畑猫や森犬(私の勝手な命名です。畑によくいるから畑猫。鎮守の森に住んでいるから森犬)を見かけると「あ、ここにもいるんだ」と一人勝手に和みます。都市だと、あまり見かけないですよね。


[93]>53 子供達の声がする街 mododemonandato

子供達の声は、街の未来や力などを感じさせてくれます。

もし街から子供達の声がなくなったら、この国も人間達も居なくなる時なのかも。

子供達の未来のために、街はあるのでしょう。


[94]お城の見える街や城下町の風景 greenfox

大きなお城が街のランドマークになっている街の風景は、今と昔の風景が混ざった不思議な感じが楽しめます。城下町が古いまま残っていたりすると、家並みや狭い路地、木や土でできた塀など、ちょっとタイムスリップしたような錯覚にもおちいることもあります。


[95]>14 でも仕事で徹夜した時の朝日は目に突き刺さる「清々しさで」(^_^;) shimarakkyo

深夜から明け方にかけては音一つなく、し.....ん、としていて仕事ははかどるのですが、朝日とともに鳥の鳴き声が聞こえてきて空が明るくなってくると「?ぁ、またやっちまった。。。」と思ってしまいます。

この間、久しぶりに本格的な山登りをしてきたのですが、その時に見た「夜明け」は本当に美しくて、「ああそうだった。夜明けって本来はこういうさわやかなものなんだった」と思い出してました。


[96]>92 誰かがきっとお世話してくれているんですね TinkerBell

きっと畑猫さんや森犬さんたちには、誰かがごはんをあげてるんでしょうね。

田舎の人たちは心が優しいし、地域のことをよく見ているから、

きっと誰かがお世話してくれているんだと思います。

だから、お家には連れて行ってもらえないけど、そういう人たちが飼い主さん。

でなければ、やっぱり野良では生きていけないと思います。

都会もそうなればいいのになぁ。

そうなったら、もっと人間にも優しい街になると思います。


[97]いい匂いや香りが風景を彩る街 greenfox

焼きたてパン屋さんや、自家焙煎のコーヒーショップ、色んな美味しい香りがしてくる街を歩くと何だか楽しい気分になります。


[98]>91 田んぼと小川 TinkerBell

きっと水の上を吹き渡る風は本当に涼しいでしょうね。

小川があったらタニシがいて、蛍も飛ぶかなぁ。

町の中にそんな風景があったらすてきですね。

私の住んでいる町にも昔は小川があったそうです。

きっと田んぼもあったんだろうと思います。

もしかしたらまっすぐでない曲がった路地が、

昔小川の流れていた所なのかなと思います。

タイムマシンで戻ってみたいです。


[99]>97 パン屋の匂いいいですよね!バターのような、パン独特の香りがいいですね。パンの匂いはご無沙汰なんですが、街は草の匂いがします。 odorukuma

近くにあったパン屋がやめてしまって、焼きたてパンの香りはずっと嗅いでないです;

夏が近づくにつれて、だんだん草の匂いがつよくなってきました。


[100]イルミネーションがきれいな街 greenfox

都心の大通りだけでなく、ちょっとした所できれいなイルミネーションを飾るお宅が有ったりします。期間限定ですが、季節感を感じる素敵な風景です。


[101]>81 生えてる生えてる!! TinkerBell

1センチくらいのコンクリートの隙間にも草は生えますよね。

なんて強い命なんでしょう。

ど根性大根は見る人に元気をくれるって言われていましたけど、

コンクリートやアスファルトの隙間に生える草も同じように元気をくれますよね。

よく見ると、雑草の緑もとってもきれいです。

かわいい花を咲かせている草もありますよね。

小さくても、とっても力強い命。

私もじっくりながめて、元気と感動をもらいたいと思います。


[102]古本屋さん、家具修理のお店、アンティークのお店、 shimarakkyo

「古いものを大事にする」街は見ていてほっとします。


古本屋さんはもろにオーナーの個性が出るので、それを見るのも楽しいですし、たまに「古地図専門の書店」や、「舞台関係の雑誌、パンフ、本、全てそろえました!」みたいな古本屋さん(私の家の並びにあるんですけどね)など店主の趣味全開なお店もあって、街を歩く時の楽しみになっています。


アンティークと言っても、そんなザザビーズやクリスティーズに売っている様なものではなく、「おばあちゃんの家にありそうな」家具や、80’sのフラワーパワー!な魔法瓶など、キッチュな小物を売っているお店まで様々で。そのデザインが、意外と現代のものよりもずっとかわいかったりしませんか?


たまにそういう「お!」と思うアイテムを見つけちゃったりすると、品物の前で「うーん、可愛い!でもうちにはもうスペースが。ああでも、あれを捨てれば!」と悶絶する事になるんです。


古い家具は世代を超えて長持ちするので、時々メンテが必要ですよね。この間仙台を散歩していて「家具修理」の工房が表通りに面した所にあるのを見つけた時は、なんだかすごく嬉しかったです。表通りに店を構えられる程に需要があるって事ですものね。


[103]>99 パン屋さんの匂いは最強! shimarakkyo

カレーの匂いに匹敵する強さを持っていますよね!(^_^)

焼きたての食パンほど旨いものもなかなかない!つい、ふらぁ〜〜っと、引き寄せられて買っちゃいます。


[104]>95 夜明けはすてきですね TinkerBell

受験のころはよく、少しずつ明るくなってくる空を窓の外に見ながら勉強していました。

夜明け前は一日で一番静かな時間っていう感じですよね。

そして窓の外が明るくなると、急に町が動き出す。

窓を開けて思いっきり背伸びをすると、真夏でも涼しい風が気持ちよかったです。

最近夜明け、見てないなぁ。

徹夜をして夜明けを見るか、早起きをして夜明けを見るか。

夜明けの街を散歩してみたいです。


[105]>73 親水 mododemonandato

用水や小さな川などは昔は埋めたてられたりしましたが、最近では親水公園などにする所も多くなっているようです。

魚や水鳥なども居つくようになると、街が豊かになったような気がします。


[106]>102 私も好きです!! TinkerBell

うちの近所にも古本屋さんがあったのですが、いつの間にかお店を閉めてしまっていました。

本当に古本屋さんていう感じの、いいお店だったのになぁ。

今あるのは大型古書店と、マンガ専門のお店だけです。

ちょっとつまらなくなりました。

古着屋さんも好き。

ビンテージのお店とかじゃなく、普段着や子供服が普通に並んでいるような。

古道具屋さんもすてきですね。

ちょっと敷居が高い感じで中に入ったことはありませんが、

外からながめているだけでも楽しいです。

古い物を長く大切にしていくお店はすてきです。


[107]夜のネオンがきらきら flowerhill

ネオンを見て思うのは気の合う仲間と飲み歩いた思い出。何を話したかは、余りよく覚えていないけれど、なんだか解らないけれど凄く楽しかったという記憶だけが残っています。

ぼったくられたりした事も無いし、ただただ楽しかった記憶しかないなぁ。


[108]その街の匂いって、ありますよね。 shimarakkyo

普段住んでいる時は気づかないのだけれど、旅行に出かけて、帰ってくると、「ああそうだ。そう言えばこの街はこういう匂いだった」と、気付くとき、ないですか?


実家の勝手口は、小さい通りに面していて、お向かいにお豆腐屋さんがあるので、いつもどことなーく豆乳やおからの匂いがします。実家に帰って、あったかい豆腐(豆乳?)の匂いを嗅ぐと、ようやく「あーただいま!」と実感します。


祖父母の夏の家は海沿いの街にあるので駅をおりた瞬間に潮が香りますし、東北の山間の街は霧が香ります(杉の匂い?)。


ロンドンは、かすかにですが蒸れた靴下の様な、爪垢みたいな匂いがするんですよー!あれは地下鉄の匂いなのかなぁ。(友達のフランス人も同じことを言っていたから私の鼻がおかしい訳ではない!)


[109]>87 うちの近所は桜で埋め尽くされていました flowerhill

もう引っ越してしまったのですが、前住んでいた家の周りは桜だらけでした。街が桜に飲み込まれているかの様。シーズンにはかなり沢山のお客さんが見物に来ていました。

夜遅くに月明かりだけの桜の散り際が一番美しかった。


[110]>104 私も夜明けの散歩が大好きです YuzuPON

夜明けの街は誰もが挨拶の名人です。夜明けの時間は、見知らぬ人とでも気持ちよく挨拶が交わせます。不思議ですね。私は時々、東に開けた高台まで出かけて日の出を眺めます。日の出を眺めて、帰り道で数人の人に挨拶を交わすと、ちょっとくらいの心のもやもやなら晴れてしまうくらいの威力があります。

徹夜明けでも早起きでも、夜明けはいつもと違う街の姿を見せてくれます。


[111]>106 大型店やチェーン店ばかりだと、味気ないですよね。 shimarakkyo

チェーン店や大型書店は品揃えも多いし24時間空いている所もあって、便利なんですけど、なんか味気ないんですよね。

古本屋さん、閉まってしまったのは残念でしたね。


そうそう、「ビンテージ」「アンティーク」なんてコジャレたものじゃなくて、「うちの子はもう着られなくなったから(子供の成長って恐ろしく早いし!)」とか「うちじゃ、もうこれを着る人いないから」ぐらいの理由で売られている普段着の古着屋さんって、すごくいいですよね!近所に古着の量り売りをしてくれるお店があって、そこでよく服をそろえています。


「古道具屋さんは外から眺めるだけでも楽しい」というTinkerBellさんの感性に、思いっきり賛成します〜。多分私は、TinkerBellさんの様な方が「古道具屋さんを眺めて楽しんでいる」という街の雰囲気までひっくるめて古物屋さんが好きなんだと思います。


[112]>16 公園はいいですね YuzuPON

誰にも干渉されずに自由に過ごせる場所。それでいて心を通わせ合おうと思えばそれが可能な場所、という感じでしょうか。児童公園だと子供が主人公の場所なので、大人が一人で長居をしていると変な目で見られますが(笑)。

話は全然変わりますが、秋葉の昌平小学校前の公園には、最近色々な人たちが現れるみたいですね。コスプレの人や踊っている人も出没するみたいです。路上禁煙なのでタバコを吸いに来る人もいて、また違った意味で幅広い人たちの場所になっているみたいです。


[113]一面の黄金色の稲穂が風にそよぐ風景 vivisan

秋の実りを迎えた頃、日光で稲穂が黄金色に輝きます。

そんな一面の田んぼが好きですね。

そして、その周辺を赤とんぼがいっぱい飛んでいて・・風にそよぐ姿はなんともいえません。

古の昔より、道具こそ変わるものの基本的には稲作。

お米は私達日本人の主食となってくれます。

美しい風景だなって思うのと同時に、ここまで実らせてくれてありがとう♪と感謝します。

ここまでになるのも並大抵ではありません。

台風やいろいろな災難を乗り越えてここまで実をつけてくれるのです。

この時期そんな風景を見ると日本人でよかった♪って思います。


[114]大きな噴水がある街 yoshigyu1318

大きな噴水が街の中心的存在になっている街がとても好きです。

晴れの日には、涼を求めて、人々が集い、屋台なんかがあって、活気付いているという街は最高です。

また、噴水からはマイナスイオンが発生するので、気分もすっきりします。


[115]>19 最近ものものしいですね YuzuPON

腕章を着けた人などがあちこちに立っていたりして、ずいぶんものものしい感じですが、本来子供はそのくらい、地域で守らなければいけなかったんでしょうね。

でも、私が小学生の時は、行きも帰りも個人でした。朝は遅刻ぎりぎり。帰りは校庭で遊んで、友だちと寄り道して、すごく適当でした。今の子供たちは家を出た瞬間から帰宅するまで管理されてるんでしょうか。疲れないのかな。

子供が自由に伸び伸びと暮らせる街。思い切り安全に安心して遊べる街。そういう街が作れたらいいですね。


[116]>25 季節ごとの星座 vivisan

私は目が悪いので、小さな星を見ることは難しいのですが、四季折々に現れる星座を見るのもよいですね。

でも冬のほうが空気が澄んでいるので星座もはっきりと見えてとても神秘的です。

ここは田舎なのに電気がこうこうと灯って、きれいな星空が見づらくなってきてしまいました・・。


[117]道ばたの花壇 shig55

私の住む街ですてきだなと思っているのは花壇です。街路樹や道路の管理は普通、行政の仕事になっていると思うのですが、私の街では近くに住む人たちが世話をしています。行政に頼まれたというわけではなく、花を世話するのが好きだ、私たちの住む街に花を増やしたいという思いから自然発生的に始まったようです。ですからすべて手弁当。業者が世話をしたようにきちんとしたものではありませんが、いつもなにがしかの花が楽しめます。

自分の街に花を増やしたいというのは自然な気持ちなのではないでしょうか。「公共の土地を勝手に使って・・」と考える人もいるでしょうが、「公共の土地だからこそみんなで楽しみましょう」という考えもよいのではないかと思います。行政と住民が別々のものと考えるより一緒になって住みよい街を作る方がすてきだと思います。

街路樹の下に植えられていたツツジなどが枯れてしまうと、いつの間にかさまざまな草花が植えられ、小さな花壇に変わっていくことがあります。道行く人々が草花を楽しめるこんな街が気に入っています。


[118]>79 海には10年以上行ってない tehi

近くに海があるのはうらやましいですね。ちょっと潮風が大変そうですけど、一度住んでみたいですね。


[119]>103 お茶の香り vivisan

お茶の香りが道沿いに漂っていて、なんともいえません。

あの香りが漂ってくると、ついつい寄ってしまいますw


[120]今はない風景 tehi

今ある建物や場所より、子供の頃の風景のほうが印象に残っています。今は駐車場だけど昔この場所は田んぼだったとか、ここのコンビ二は昔映画館だったとかよく考えたりしてます。


[121]電車の中から眺める街の風景 maido_cafe

地下を走る電車ではちょっと無理ですが、地上を走る電車からはいろんな街並みを眺めることができます。遠くまで見渡せる高架を走るときは風景が流れるように変わって楽しいです。


[122]>113 夢のような風景 YuzuPON

田んぼがあって、小川があって、川底にはヤゴが住んでいて、それがトンボになって飛び立っていく。稲と共にたくさんの命が育まれていく。これが日本の原風景ですよね。

今、私達日本人の多くは、米は毎日食べていても、それが作られている田んぼの風景は、めったに見ることがないと思います。もちろん稲作のご苦労も知りません。

お米を通して稲作地帯と強く結びついていかないといけないですね。どんな場所で、どんな人たちが、どんな仕事をして私たちの食べるお米を作ってくれているか。毎食ごとに考えてみたいと思います。


[123]>116 私も北斗七星の、 doriaso

七つ星をはっきり見るには辛い視力になって来ました。

オリオン座の三ツ星は冬だけにまだ良く見えます。


[124]>46 私もたまに干すのを手伝います YuzuPON

休日の午前中、私も時々干し係を請け負います。ご近所でも干していると、妙な連帯感みたいなものが湧いてきます。別々の家なのに、まるで共同作業をしているみたいな気持ちになってきます。お隣さんが干し終わると、思わず心の中で「ご苦労様」と声をかけていたりして。

生活感満点の洗濯風景。いい風景ですね。


[125]アップダウンのある街の風景はダイナミックで楽しい! maido_cafe

割と平地が多いフラットな街は人力での移動は楽なのですが、ちょっと変化に乏しいような気がします。

高い場所や低い場所が混じっていると、一気にダイナミックな感じになります。高低差が大きいところでは、低い所に建っているマンションの上の方の階が高い所の地上と同じ位の位置にあったりして面白いです。


[126]>124 布団を干すとき vivisan

ってきまってすこぶるお天気がよい休日が多くないですか?

というか私は休日にしか干せないんだけど、ワンコの散歩していると、布団を干しているお宅があ、ここも、あちらも、そちらも・・ってことってありますね♪


[127]いつもの街のいつもの散歩道の風景・・・相棒と一緒 inu_punch

相棒を連れて見慣れた街を散歩するのが好きです。変わり映えのしない、当たり前のものばかりですが、ほっと一息つけるリラックスできる風景です。

相棒は一生懸命どこかここかのにおいを嗅いでいますよ。どうやら風景を鼻でも感じて楽しんでるみたいです。


[128]>123 ぼんやりとなら peachsound

もともと星を見るのが好きだったんですが、視力が落ちて区別が付かなくなってしまった頃は悲しかったですね。。。

今はコンタクトレンズを入れたため、ぼんやりとなら見えます。

久々に星座が見えた日は感動しました。


[129]>109 桜のきれいな瞬間! inu_punch

春雨が弱く降って空気が澄みわたった静かな夜には、桜の花がくっきりときれいに暗闇の中に浮かび上がってとってもきれいですよね!いい感じです!


[130]>122 実りの前の緑のたんぼもいい inu_punch

暑い盛りには青々としたたんぼのそばを通ると、たんぼの上を渡ってきた涼やかな風に吹かれてとても気持ちがいいものです。


[131]>119 買い食いが楽しい街の風景 Lemon_Lime

ちょっとした商店街にはジャンクフード的なお惣菜を売る店がこちらやあちらと並んでいますよね。そんな店にはいい匂いをさせているところもたくさんあります。

香ばしい匂いを街に漂わせるコロッケが私のお気にです。

おばちゃんに「歩きながら食べるから」と言えば、手で持てるような包み紙にくるんでくれます。ハフハフ言いながら揚げたてのホクホクが何とも言えません!


[132]>129 八重桜の咲く公園 iijiman

桜というとソメイヨシノが有名ですが、近所に、八重桜のたくさんある公園があります。

濃いピンクと白に近い薄紅色の2種類があって、毎年目を楽しませてくれます。

その公園にはソメイヨシノもあります。

八重桜もソメイヨシノも、精一杯咲いているかのようで、圧倒されます。


[133]>32 この道には戦車も通りました。 koujirou2007

昭和30年代の後半頃まで、年に数度ですが、夜中に自衛隊の戦車数十台がゴーという大きな音をたてて走っていきました。音が大きかったのと、まだ政治的なこともわからない年頃でしたので、やたら怖かったのを覚えています。私の経験は、京都のことですが、東京で育った女房によれば、昭和40年初頭の東京でも、山手通りの夜中、自衛隊の戦車が移動していたそうです。冷戦が続いていた頃は、治安維持のための武器の影がどこにでも見られた気がします。


[134]>70 そういえば、小さいころは fumie15

クリスマスやお正月に雪が降っているのが当たり前だったけれど、いまはそんなことないですね。寂しいです。


[135]>69 路面電車風景 eiyan

路面電車は存在するだけで風景になりますね!

そして、音。

あの金属音は何ともいえない音響。

生活臭のする路面電車の存在はその生き様を見ている様ですね!


[136]>134 真っ白 eiyan

今冬は余りなかったのですが、一面白一色の風景は正に雪景色。

いつもこれが砂糖だったらどんなに良いかと思った事か。

街一面が砂糖に埋まる光景。

思っただけでも美味しそう!


[137]>130 かえるや虫の鳴き声 fumie15

田んぼの中から聞こえてくるかえるや虫の声を聞きながらの散歩はいいですよね。たんぼのにおいとかえるの鳴き声をききながら、毎日帰ってきます。


[138]>132 緑化 eiyan

最近は何処の街でも街路樹を植えて植樹化していますね!

緑化も良いけどお世話が大変。

街路樹って独特の樹種かな?

桜並木も良いですね。


[139]>137 街なかの稲穂 eiyan

今は麦の収穫が盛ん。

街の中での田んぼは奇異光景。

昔と今。

街と田舎が同居する光景。

これから蛙や昆虫の合唱。

稲穂が垂れるまで田舎慕情。

秋口に街慕情が復帰する。

こんな光景を持ち合わせる街中。

都会と田舎の共存は良いですね。


[140]四季折々の風景を見せてくれる公園 yatmsu

どんな公園でもいいんです。

身近にある公園で。

なんか惹かれるんですよね。


[141]>131 色々な・・・ eiyan

色々な生活香り。

色々な香りが漂う街中は素敵ですね!

ホットドッグ、焼肉、中華、コーヒー、焼きたてパン、カレー、パイ、たこ焼き等々、色々美味しそうな食材からの香り。

生活からの香りは街の香りとして印象的。

色々な香りのする街があっても不思議ではないですね。

思い出すだけでもお腹が空きますね。


[142]>83 地方 eiyan

富士山は日本に一つしかない。

だが、地方の富士山は沢山有る。

街中から見える地方富士山。

我が富士山の見える街。

我が富士山は誇って良い。

何処にも負けない地方富士山は二つとない。

街から見た地方富士山は本山にも負けない。


[143]住宅街 fumie15

住宅街を歩くのが好きです。その家の庭先にある花に見とれたり、犬や猫に挨拶したり、夕飯のにおいがしてきたり。

楽しいです。


[144]>120 街は生きている eiyan

街はいつも変化する。

昔から現在へと変化した。

これからも変化し続けるでしょうね!

子供の頃の街風景と、現在の風景は随分変わったものでしょうね!

過去は再び現実には戻って来ない。

思い出だけが過去の街風景を残す。

循環する街の風景は変化し続けても、思い出だけは停止する。

郷愁だけが残るでしょうね!


[145]>140 日本の四季 eiyan

日本には四季が有る。

その四季毎の公園風景は四季毎の変化を見せる。

街中の風景もその四季毎に変化する。

最近は街中に公園を沢山創るから、そんな風景光景は多く見られる様になった。

そんな光景に慕って生活出来る幸せを噛み締めよう。


[146]>118 海風、波音… neither

あこがれるなー。

綺麗な海ならなおさらあこがれる。

波音、海風を浴びながら昼寝をしたい。どんなに気持ちいいものか。


[147]>144 今はない風景、何だか寂しいような気がします。 odorukuma

私は昔住んでた家の近くの風景はしっかり覚えてます。

現在その周辺はすっかり変わってしまいましたが、道路沿いの松並木は変わってません。


[148]>146 沖縄の離島を思い出すな Kumappus

海からちょっと上がったところが集落になっていて、石やブロック塀で囲まれた狭い道路。

http://www.ne.jp/asahi/okinawa/hiro/kinjyo.htm

道の突き当たりには魔よけの石敢當(いしがんとう)があって。

http://www.ishigakijimaumibe.com/sozai/taketomi/isigan.htm

(これはちょっとごっついな。もっとちっちゃいのがごく普通のおうちの門とかについてる)

ハイビスカスとか普通に咲いてて。アカバナーっていうだっけな。

http://www.okinawainfo.net/tounan02.htm

熱い風が吹いてきて、ちょっと小腹が減ったら「商店」(僕が訪れたところでは少なくとも雑貨屋+コンビニみたいな機能を持ったお店をそう呼んでいた)で紫いもをふかしたやつとか買って食う。

http://homepage.mac.com/okachan/2005okinawa.html


[149]ほたるが飛ぶ小川の風景 hanatomi

今ちょうどホタルの時期です。

ほたるって、本当にきれい。

はかなくて、ふわりふわりと浮かんではきえて。

日本が、その土地が好きだなって実感してしまいます。

いつもは近くの小川に見に行きます。

しかし、先日取って置きの場所を見つけました。

たんぼの真ん中に小川が通っていて、真っ暗でそこにホタルが舞い、まるで「天の川」を見ているようなんです。

私はビデオ持っていないのでTV局が取材に来て欲しいです。笑ww


[150]>148 癒されます。 hanatomi

以前リフレッシュしたくなった時、仕事の終わりが早かったのでそのまま高速飛ばして海まで行って、海浜で日が沈むのをずーーーーーーーーーーっと見ていました。

うごきたくなるまでただただそこに座っていて、ほとんど暗くなったころにサッと体が動いて、おいしいご飯食べて帰りましたww


[151]>125 映画の舞台 hanatomi

そういう街は、映画になりますよね

尾道や、長崎や、神戸。

ほそいみちがたくさんあって、景色が見れて。

確かにとっても美しいです。


[152]>139 田んぼの美しさ hanatomi

本当に田んぼは美しいです☆大好きです☆

美しい姿に

ついつい画像を取ってしまいます。(日記にアップしました。)

本当に季節ごとに色が変わり、最後はあたまを垂れて。

素敵ですよね。


[153]>142 故郷 hanatomi

富士山の形は本当に美しいですよね。

富士山が見える地域の人って、道を説明するのに

北、南、というより、富士山に向かって。左、右・・・ と言って道を教えることもあるので面白いです。


[154]>150 日本以外でもハワイとかサイパンとか沖縄もいいですね。 mongoikan

きれいな大自然と隣り合わせの場所に住んでみたいですね。

特に映画でよく見るような、窓を開けると日光降り注ぐ青いビーチが見えるなんて本当に最高ですね。そんな家に一生に一度は住んでみたいとそう思います。


[155]>152 雨の日は蛙の大合唱(^^ tibitora

うちの近くにも田んぼが点在しているのですが、雨の日や涼しめの朝や夜に蛙が鳴いています^^特に雨の日になると待ってましたとともに大合唱を始めるんです(^^*私は爬虫類も好きなので、田んぼの脇にたたずんでいる蛙を見かけると携帯で写真を撮ろうとするのですが、警戒されて逃げて行かれてしまいます(^^;


[156]>141 うなぎ屋さんや、車の移動パン屋さんも(^^* tibitora

私もパン屋さんの匂いが好きです、お腹がすいている時はつい立ち寄りたくなります^^あと、スーパーの店先とかにいる移動パン屋さん(車で販売しているメロンパン屋さん)とか、うなぎ屋さんの匂いもvうなぎ屋さんは敷居が高く入ったことが無いのですが、いつか行ってみたいです。


[157]生の音楽がある街の風景 TomCat

まずは街頭ライブ。ロックからタップダンスまで、それはたくさんのアーティストの卵達が街に繰り出します。最近は高校生ぐらいでも上手いヤツは上手いですよね。

すぐ規制がきびしくなって、昨日まで演れた所が今日はダメ、なんていうことも多いですが、もっと自由に自己表現が楽しめる場所が増えたらいいのになと思います。

夕方の公園や河川敷などでは、市民吹奏楽団や中高校生のブラバン部員らしいような人が管楽器の練習をしている姿にも出会います。これは人に聞かせる音楽ではなく練習ですから腕前は様々。でも、どんな演奏でも、一所懸命さが伝わってきます。

休日の午後などに住宅地を散歩していると、子供の弾くピアノの練習の音なども聞こえてきます。リコーダーの練習の音や、おそらくまだ小学校にも上がっていなさそうな子供が叩くおもちゃの鉄琴の音などが聞こえてくることもあります。こういうのもいいものです。もっともっと音楽を好きになってね、子供達!!

最近は町中にBGMが溢れかえっていますが、音楽は聞くだけでは、その楽しみの半分も分かりません。自分で演らなくちゃ。鼻歌でもいいから、自分の体で表現してみて、はじめてその楽しみが広がってくるんです。もっともっとそんな、自己表現としての音楽を楽しむ姿が街に増えたらいいなと思います。

私もたまに、どこかでギターを抱えて歌っていることがあります。イエはてな!! と叫んで「え?」と反応するやつがいたら、それが私かもしれません。差し入れ、おひねり歓迎します(笑)


[158]>155 そういう風景を作るぞー!! TomCat

例の農園計画。まさに私はそんな田園風景を自分の手で作り上げたいというのが夢なんです。

やっぱり瑞穂の国で農耕をするなら、ぜったい水田は欠かせません。コンクリートで固めた水路なんか使わずに、ただ土を掘っただけの小川で水を連れてきます。

カエルさんにもたくさん住み着いてもらって、蛍エリアやヤゴエリアも作ります。収量より、田んぼにどれだけ多様な生物が住み着いてくれるかが目標。採れたお米でおにぎり作って、あぜ道で食べるんだーヾ(≧▽≦)〃


[159]>157 楽しそうです。 yoshigyu1318

こういう街のいたるところで生の音楽が聞こえてくる街というのも楽しそうですね。

最近は、何とか法に抵触する、などと自由に路上で演奏できませんよね。

路上で演奏している人がいたら、立ち止まって聴きたいですね。


[160]>89 住宅地でも、広い空を所望したい! dayday

最近は住宅地でも、空がパッチワーク的になっているのが哀しいです。

昔は、隣家との境ぎりぎりに家を建てるなんて、そんな事はしなかったはず。

今は、建築法とにらめっこで敷地いっぱいの住宅も多い。

なので、窓を開ければ隣の壁・・・って家も。

そんな住宅の多い町よりも、プライバシーも保てしかも空もちゃんと見える家が多い住宅地のほうが、愛着を感じます。

高台の住まいで、町が見えて、空もたっぷり見えると、なんだかちょっと嬉しい気分です。

でも、これって贅沢かも。


[161]>156 マックポテト teionsinonome

パン屋さんやコーヒー屋さんの匂いも好きですが、私はマックポテトの匂いも好きです

漂ってくるとついつい行ってしまいます


[162]>154 小学校が海のまん前でした teionsinonome

小学校が海のまん前にあって、お昼休みや放課後に釣りをして遊んでました

岩場でカキとかたくさんあって危ないっちゃ危ないんですが、身を持って学ぶというか、こういうところは危ないとか年上の人から教えてもらったりして、今思えばそういう意味でもいい環境でした

自然環境としては言わずもがな、最高でしたよ!


[163]>153 新幹線から見た富士山! teionsinonome

受験のため一人で乗った新幹線ではじめて富士山を見たんですが、快晴でそれはもう立派な富士山が拝めて、この受験、もらった!と思いました 単純ですね

大学のセミナーハウスが山中湖にあって合宿で使ってたんですが、明け方に酔っ払ってみた真っ赤な富士山もすごかったです

富士山の存在感、すごすぎです

ゴミが原因で世界遺産に登録されなかったって聞くと本当に悔しいです きれいな状態にしてぜひ世界遺産に!


[164]>135 広電! teionsinonome

私が一番身近な路面電車は広島の広電です

最近ドイツからやってきたグリーンムーバーMAXっていうカッコイイ車両と被爆電車が同居してるのがなんとも不思議

車両もいいんですが、線路もいい味出してるんですよね

石畳にレールが敷いてあるんですが、石が黄色っぽく変色してて歴史を感じます

街中から外れると、江ノ電のごとく住宅スレスレを走るところがあったり海沿いをのんびり走ったり

市内から宮島に行くにはJRの方が早いんですが、広電でゴトゴト行くのもまた一興です!


[165]夜景☆ hanatomi

夜景、好きです。

大阪にいたときは、近くの見晴らしのいいマンション(13階)の上に良くのぼって、水平線を見ながら地球が少しまるくなってるのを感じていました。


仕事が終わったあと、なんとなく時間があるとき、空が見たくなったとき、夜景ってなんだか癒されます。



明石海峡大橋の橋のそばに住んでた時は、夜に橋を見るのが大好きでした。時間ごとにライトアップが変わって時報の代わりに時間がわかったり面白いんですよww


それぞれ、色の組み合わせに名前がついてるんです。

「海と山」「レインボー」みたいに *^-^*


お正月などはカウントダウンと共に、こんなに色が変わるんですww

http://www.jb-honshi.co.jp/use/lihny-new.html

東京の方はやっぱり東京タワー見るのが楽しみなのかなぁ^-^


[166]>28 幸せな文化 hanatomi

散歩の楽しみの大きな要素が、庭先のお花ですね*^-^*

小さなお花が植えられてるのを発見したとき、季節の植物が花をつけていたとき、香りが香ってきた時。あちこちにしあわせはたくさんありますよね*^-^*


[167]>42 菊川 teionsinonome

以前、東京都現代美術館に行くべく菊川で降りたんです

帰りに散策しようと路地を遠回りしたら、なんともノスタルジックな住宅地が広がっていてびっくりしました

根津・谷中なんかとはまた違った、うーん なんていうか、戦後って感じがしてのを覚えています

何となく排他的は雰囲気もして、ちょっと怖いような異世界にきたような 本当、不思議なところでした

今思えば、初めて行ったころだから情報量が多すぎて混乱したのかもしれませんね


[168]>75 個人の商売は成り立たない時代ですからね momokuri3

商店街も、そこがひとつの企業のようにまとまれる力があれば発展していけるのでしょうが、個人のお店、家族だけでやっているお店というのは、もう完全に成り立たなくなっているのが首都圏だと思います。

いわゆるお店屋さんだけでなく、飲食店などもそれに近いですよね。名古屋などにいくと、おそらく個人経営だと思われるような喫茶店を見てうれしくなることがあります。首都圏ではなんでもチェーン店ばかり。つまらないです。文化の違いなんでしょうか。


[169]>76 酸性雨はいやですね momokuri3

うちの方の雨も、濡れると肌がピリピリする感じがあります。空気が汚いんですね。でもそれは雨が大気の汚染物質を包み込んで洗い流してくれているとも考えられるわけですから、もし人間に一雨ごとに汚染物質を減らしていこうと考えて実行できる知恵と行動力があったら、もっと雨上がりがすばらしいものになるだろうと思います。

せめて雨上がりは、車に乗らずに、自分の足で街を歩きましょう。きっと新しい何かを発見できると思います。


[170]>80 橋からの景色はいいですね momokuri3

最近歩くことが好きになって、私も時々、橋の上から景色を眺めるようになりました。橋の上は見晴らしがよく、とても開放感がありますね。車で通っていた時にはただの道路としか見えなかった橋なのに、徒歩で通ると全く違った風景が広がっています。

都会の空は上しか見えない。車に乗っていると前とミラーしか見ていない。現代人はずいぶん狭い世界しか見ていないんだなと感じます。

歩いて橋を渡る。そして橋の真ん中で立ち止まる。これだけで世界が広がります。橋の上は本当にいい風景を見せてくれますね。


[171]超高い名物建物が見える街の風景 KRR

東京タワーなどの各地のテレビ塔は名所として有名なところが多いです。見えないけれどそこそこ近いというエリアに住んでいると、なかなか行かないものですが、見える場所に行くとなんだか嬉しい気がします。

横浜ランドマークタワーはすぐ横を走る高速道路から仰ぐ様に見ると、近未来SFっぽい雰囲気にみえたりします。

六本木ヒルズの重量感あふれる立ち姿は、威圧感さえ感じさせることもあって、ヒルズ族という名詞の意味をなんとなく実感できる感じがします。


[172]>82 久し振りに行ってみたくなりました momokuri3

そういえば子供のころ、神社の境内で遊びました。神社がある地域は昔から住んでいた人たちの多い地域。私はいわゆる新興住宅地の引っ越し組でしたから、神社で遊ぶのはとても新鮮なできごとでした。当時はまだ神社の続きに雑木林が残っていて、そこもいい遊び場でした。

そういういわゆる鎮守様のような神社には、もうずいぶんご無沙汰です。久し振りにお参りに行ってみたくなりました。


[173]駅のある街の風景 KRR

色んな駅があります。大きな駅、小さな駅、にぎやかな駅、しずかな駅・・・どれも個性が有って面白いと思います。廃止された路線の駅が大切に残されているという場合もあります。鉄道は人の思いも乗せるといいます。駅は思いのこもる場所なのでしょうね。


[174]新幹線の見える風景 KRR

線路のすぐそばに住んでいる人からすると騒音のねたにしか過ぎないかもしれないのですが、新幹線が走っている街の風景は好きです。スマートなデザインの車両は、走るスピードが速くても遅くてもかっこいい。高架や鉄橋を走る姿が特にいいと思っています。


[175]>161 ポテトもいいですねぇ! KRR

カリッと揚げたてが食べれると思うと、もう・・・


[176]>126 うちも天気のよい休日が布団干し日です momokuri3

わが家もシーツを洗って布団を干してと、布団関係は休日に集中します。男手が使いやすいからでしょうか。あちこちに同じように布団を干している家があると、今日は本当に良い天気だなぁと実感して嬉しくなりますね。

今日は雨なので布団干しのない週末です。こんな時は布団を干したいなぁと思います。でももし明日朝から晴れ渡ったら、布団干しめんどくさい、などと思うに決まっていますが(笑)。


[177]>138 近所の中学校はフェンスがお花畑 KRR

普通の金網フェンスなんですが、花の咲いた鉢をいっぱいつけていて、立体お花畑になっています。たぶん、用務員さんがお花好きの方なのでしょう。季節を問わず、よっぽど寒い時期を除いていつでもお花の壁が華やかです。


[178]>98 たしかに汚い川でも tough

うちの方にも汚れて緑色に濁った川があります。完全にコンクリートで固められた巨大なドブのような川ですが、それでも橋の上から眺めると、水量があるのでそれなりの風情があります。

話は少し変わりますが、「○川」という地名があります。昔は川が流れていたのかと聞いたら、今でも流れていると広い道路を指さされました。川が暗渠化されて、その上が道路になっているのです。

昔の高度経済成長時代にそうなったとのことで、当時は町が発展する、すばらしい開発だと、大いに住民に歓迎されたとのことでした。

しかし川の暗渠化に続いて次々と都市計画が実行され、地域の大半はビル化。住民は立ち退きを余儀なくされて、地域社会は崩壊していったそうです。

川の回りに水を求めて住み着いた人たちが作ってきた村。それが発展して市街地になって、川の暗渠化と共に人々の暮らしも消えていった。たとえ汚れた川であっても、川を大切にしないと地域がだめになるということなのだろうと思います。川のある風景を大切にしたいですね。


[179]>165 函館の夜景 vivisan

冬に北海道に旅行にいったとき、夜景見ました。

とっても空気が澄んでいて、函館の地形の線があかりやライトでくっきり見えて・・。

「きれ?い♪いいなぁ。近くの人は♪」

なんていってたら、次の日風邪ひきましたw でも私の見た中で一番きれいな夜景です。

地元のほうだと、山の上から見たらきれいなので、夜ドライブと称してよく行きました。


[180]>101 こういう風景こそ大切にしたい tough

風景というにはあまりに小さな世界ですが、わずかな隙間にしっかり根を張った植物は命の力強さを教えてくれますね。

そうした風景に、全く気が付かずに通り過ぎてしまうか、気が付いて手入れが悪いけしからんと見るか、じっくりとながめて命の力強さはすばらしいと感動するか。これで人の心の余裕もわかると思います。


[181]>164 坊ちゃん電車 hiikunn

松山の路面電車、坊ちゃん電車を見たことがあります。その時は時間が無く乗れなかったのですが次に機会があれば是非乗りたいです。http://www.iyonet.com/osusume/bocchantrain/01.html


[182]>180 屋根の上にも植物 hiikunn

屋根の、雨どいのところに生えている草や花を見たことがあります。風邪に飛ばされたり小鳥が運んできた種が根を出したのですね。土はそんなに無いはずなのに、そんな所でも芽を出す植物にたくましさを感じます。


[183]>175 魅惑の匂いいい香り hiikunn

食べ物のおいしそうな匂いはついつい惹かれてしまいますね。それがお腹のすいているときならなおさら。コロッケとか立ち食いは行儀が悪いと思いつつたまに買ってしまいます。パンも出来たてに弱いです、その日の間食と次の日の朝ごはんに買っていますねv


[184]>159 もっと自由なストリートに tough

私もストリートミュージシャンは好きで、たまたま演奏している所に出会うと、よく立ち止まって聞いています。ああいう自己表現手段を持っている人たちはすごいと思います。

たまに警察が来てもめているのを見ることもありますが、規則規則で譲れない社会は大人げないなぁと思います。警官だって、若い人は、休みの日なら足を止めて聞き入ることもあるのではないかと思うのですが。

自由な街に、自由な音楽が響く。そういう風景がもう少し広がってもいいですね。


[185]>110 夜明けの街の爽やかさ tough

時々早朝の街をジョギングします。夏は夜明けが早いので早朝といってもかなり太陽が昇っていますが、冬などはまだ真っ暗な空の下を走ることになります。走っているうちに夜明けを迎えると、見慣れたゴミゴミした街も新しく生まれ変わるみたいで、とても爽やかな気分で走れます。

朝はたしかに誰もが挨拶の名人ですね。私もすれ違う人に気軽におはようございますと声をかけています。皆笑顔で挨拶を返してくれるのが気持ちいいですね。


[186]>128 「一番星、見つけた」 sayonarasankaku

昔はよく、「一番星、見つけた」って言った覚えがあるんですけど、

思い返すと、この頃は一番星を気にかけた事もなかったです。


夜空をじっくり眺める余裕すらなかったような気がします。


生活に追われるだけでなく、もう少し余裕を持って

「今日は星が綺麗だね」なんて語れる日々を過ごしていけたらと思いました。


[187]子供達がいる風景 sayonarasankaku

私が子供の頃は、表通りから1本 中に入ると車もあまり通りませんでした。

子供たちも、結構、道路で遊んでいたものです。


道路にロウセキで丸をいくつも書いて、ケンケンパで遊んだり、

輪ゴムを編んでゴム段で遊んだりもしていました。


わざわざ公園まで行かなくても、いろんな所で子供達が遊んでいました。


習い事も、習字、そろばん、ピアノくらいで、学習塾に通う子も今ほど多くはなかったです。


街の中で子供達が安心して遊んでいる風景は、いいものだったように思います。


[188]>187 時代が変わってしまいましたね Oregano

子供たちが外で遊ばなくなったと言われて久しいですが、最近は子供を外に出したがらない親が増えているらしいですね。都市部では学童保育ビジネスが急成長で、放課後も自由には遊ばせずに、そういう所に入れるのが流行になりつつあるのだそうです。つまらない世の中になってきました。


[189]>178 ショックな話 Oregano

川がなくなるのと一緒に地域社会までなくなってしまったとは。まるでダム建設で無くなった村みたいですが、昔の都市計画っていうのはそういうものだったのかもしれませんね。

私の家の方では、水量が極端に減っていつも干上がっている川があります。なぜそんなことになってしまったのかわかりませんが、橋の下をながめると、コンクリートで固められた川底がいつも乾いています。そして弁当の容器やペットボトルなどのゴミが散乱しています。あれはもう川とはいえません。


[190]>115 道草が楽しかったです sayonarasankaku

今日はこの道、昨日はあの道、と気分しだいでいろんな道を帰っていました。

また、選ぶ道によって雰囲気も違っていましたね。


「犬の道」「畳屋さんの道」「お寺の道」なんてありました。


いつの間に道草もできない世の中になってしまったんでしょう?

私たち、大人の責任でもあるのでしょうけど・・・・・


[191]>96 私もそう思います Oregano

畑猫に森犬、いい話ですね。迷惑がって追い払ったりせずに、地域と野良が共存しているんですね。

私も、今の時代はエサになるような小動物なんて少ないですから、きっと誰か優しい人がエサの面倒見てくれているんだろうと思います。いいなぁ。人の心が優しい町は。


[192]>190 そうそう!道草! Oregano

決められた通学路を守って寄り道しないで帰るんだよと言われても、必ず寄り道してしまうのが子供でしたね。私は学校から南に向かって帰るの通学路でしたが、たいてい東に向かう通学路を通って帰っていました。友だちがそっちのルートでしたから。

そして途中からさらに道草。あの犬見て帰ろうぜなんて回り道です。ずばり「犬の道」です。そのほか、小鳥屋の前を通る小鳥の道もありました。言葉をしゃべる大きなオウムが店先にいるので、それを見て帰るルートです。

石を蹴り蹴り、おしゃべりに夢中になりながら遠回りして帰っていました。なつかしいです。


[193]>191 とはいえ Kumappus

何も考えずにえさだけあげてると、どんどん増えてしまいやがて何か目に見える被害が出て「一斉駆除」なんてことになりかねません。

http://www.geocities.co.jp/AnimalPark-Tama/9073/

こういうこと(捕獲-不妊手術-解放)を考えている人もいるんですけど、お金もかかる話だし地域の理解もなかなか得にくい(知らない人からすると単なる猫とりに見える)だろうし大変だろうなあ。

でもここに書いてある「地域猫」って共存の考え方にはすごく共感できます。


[194]>168 サザエさんが買い物をしていたような街 Oregano

サザエさんは買い物しようと町まででかけます。スーパーまでじゃなくて町。商店街ですよね。そこで色々な人とおしゃべりしたり。今のスーパーは店内で声を出すことってほとんどないのではないでしょうか。

サザエさんにはご用聞きなんていうのも登場していましたよね。今日は何かありませんか、じゃあお醤油一瓶お願い、みたいな。そうしたコミュニケーションのあるお店が町にたくさんあったら本当に楽しいと思います。

今ではお店の人とおしゃべりをするなんて、せいぜい床屋さんくらいでしょうか。寂しいですね。


[195]>162 海の香りがいい! Tanuking

何とも言えないあの香りがいいです。窓を開けるとそよ風に乗ってあの香りがすると、ああわたしって海っ子なんだなって実感させられます。もちろんマンションの耐久年数が短いとか現実的な問題もありますが、海の近くはいいものです。


[196]>193 野良に餌をやったらその次は飼う Fuel

地域猫ができる街ならいいですが、そうでないなら、

餌をやるのは家で飼うための前哨戦と位置づけて、

懐いたら必ず飼うと心に決めてやってほしいと思います。

自分で飼えなくても飼い主を探しながら餌をやる。

そうでなければ、特に都会では手に負えないことになると思います。

その点田舎は昔から地域猫だったのかもしれないですね。

うちの田舎の家も猫を飼っていますが、

野良が子を産んだと近所の子供が連れてきたからそのまま飼っていると言っていました。

これ以上増えてはかなわないと親ごとまとめて飼っています。

今は田舎もだんだん都市化して少しずつ様子が変わっているかもしれませんが、

まだ田舎にはちゃんと地域のことまで考えて動物と接している人が残っているのではないかと思います。


[197]>185 清少納言も詠ってますね riceball

春は、あけぼの、やうやう白くなりゆく??

って有名な枕草子の冒頭部分です。それほど夜明けは美しいものなのでしょう。

だんだん明るくなっていく様は、新しい1日が始まったことを告げるかのよう。澄んだ気持ちにさせてくれますね。

http://ja.wikiquote.org/wiki/%E6%B8%85%E5%B0%91%E7%B4%8D%E8%A8%8...


[198]>194 新旧 akilanoikinuki

古い店と新しい店が混在しているような商店街がいいです。

そして、支払いの時に、ちょっとした会話が気軽にできたりすればなお良しです。親しくなったら、夕方にはちょっとおまけしてくれたり・・・。そういう和やかで親しみのある街がいいです。


[199]>183 食べ物の香り akilanoikinuki

揚げ物やさんの前を通ったら油のにおいがしたり、カレー屋・ラーメン屋・うどん屋など、いろんなお店から香りがあふれていると、歩いて廻りたくなりますね!


[200]>121 これ、私も好き♪ TinkerBell

毎日見慣れている風景でも、

電車の窓から見える景色は見ていて飽きないですよね。

広く開けたところを走ったり、ビルの建て込んだところを走ったり、

道路と並んで走ったり、学校が見えたり川が見えたり、

どんどん景色が変わるのがとても楽しいです。

もちろん初めて乗る路線は景色がすべて珍しくて、

まるで子供みたいに見入ってしまいます。


[201]>149 すてき!! TinkerBell

hanatomiさんのダイアリー見ました!

ホタルがお家の方まで飛んでくるんですね。

それを小川まで連れ帰ってあげるなんて、やさしいー!!

天の川みたいに群れ飛ぶホタル、きれいでしょうね。

実は私、自然の中のホタルって、一度も見たことがないんです。

田んぼの小川に舞うホタル、ぜひ一度見てみたいです。


[202]>181 都電 sanbo-n

小さい頃住んでいた町には都電が走っていました。

都電なんていわずに「チンチン電車」なんて言っていました。

本当に小さい頃だったので乗った記憶は多くないですが子供の頃の風景を思い浮かべると広い道路に走る「路面電車」という一枚は頭の中の写真にあります。


[203]>158 苗がのびて穂がついて sanbo-n

彩りが季節とともに変わっていくすがたは四季の変化を身近に目で感じさせてくれます。

田んぼには生きていることを感じさせるいろと匂いがあります。


[204]>203 本当ですね momokuri3

田植えをしてすぐの田は水面が光をキラキラ反射させています。だんだん伸びてくると一面の緑。でも葉だけですからしなやかです。穂が出てくるとだいぶしっかりした感じ。そして次第に色づいて、最後は一面黄金色。田んぼは季節ごとに鮮やかに変化していきますね。刈り取りが終わってしばらくたって、ひこばえが芽を吹いてくる風景もいいものです。


[205]丘の街 Kumappus

なんとかニュータウンってなところがそうなっていたことが多いと思うんですが、丘に広がる街。

子供のころは自分が住んでる地域から少し離れたところにそういう街があり、家がみんな新しくてきれいで、庭の作りとかも当時としては現代的な感じがしてかっこいいなあと思っていました。そういえば免許とってすぐにそういう丘=坂の街ですれ違いに苦労したこともありました(坂道発進+バックで泣きそうに(笑))。

東京23区や横浜方面にも多いですね。目黒区、大田区あたりで自転車で走っているとものすごい急坂に突き当たったり道の真ん中に石の柱が立っていて通せんぼしているので何だろう…と思って進むと実はその先が石段になっている、10mぐらいの小さな崖だったりしたことがありました。

(池上本門寺の近く、石川台駅の近く、菊名駅周辺などをイメージしています)

丘の街は丘であるがゆえに上下方向に広がりを感じられます。少し見上げても下を見ても家がある。

さっきの石段だとそこから見下ろすと遠くまで広がる下のほうの街が見渡せる。道が何本も走っているが斜面に沿って曲がってたりするので、先が見えず、何か秘密の街を歩いているような気分になったり。

開発し残した小さな林や元は鎮守さまだったのかと思われる神社があったりすることも多いですね。何かそういうごみごみしたのとは違う乱雑さがあるのがいいのかもしれません。

そうそう、自分はスピリチュアルなんか信じない方だけど、山や丘にはなんかそういうモノがある、と言ってる人もいたな。


[206]>201 私も見てきました momokuri3

ホタルちゃん。写真付きですね。すばらしい。こんなホタルと住まいの近くで会えるなんて最高ですね。ホタルの一生はほとんどが水の中。光ながら舞い飛ぶのは、繁殖のためのほんの短い期間ですね。束の間の恋の炎でしょうか。そのはかなさがまた郷愁をさそいますね。


[207]>54 坂で最強はシアトルです。 Kumappus

http://www.nippon-foundation.or.jp/org/moyo/2001215/20012151.htm...

http://www.bluewave.nu/ichiro51/welcome/urban/p1.html

行ったことある人なら全員異論はないのではないかと。

海に向かう道(何とかストリートと呼ばれる道)は全部ものすごい坂道です。たまに自転車で走ってる人がいますが信じられません(歩くのもきついような道もあります)。

ただおっしゃるとおり登りきって振り返ったときに見える海のきれいさと言ったら!

http://maps.google.co.jp/maps?f=l&hl=ja&q=IVAR'S+ACRES+O...

↑ちなみにクラムチャウダーで有名なお店の位置。


[208]>108 富士市のにおい・・・? maido_cafe

各駅停車の旅をしていたとき、富士駅で下車して街を歩いたことがあります。なんかすっごい変なにおいがしていたので、地元の店で買い物をしたついでに店の人に聞いてみました。あまり詳しいことは分からないらしいのですが、「製紙工場からにおう」とのこと。

街独特のにおいで妙に印象深い一番はこれですね。なぜ製紙工場からそんなにおいがするのかは分かりません。富士市在住の方は詳しいことはいらっしゃらないのでしょうか?誰も文句を言わないのでしょうか?

謎です。


[209]>171 東京タワー! maido_cafe

いいですねぇ!きれいにライトアップされた東京タワーの夜景が一番好きです。

新東京タワーが押上にできるそうですが、それができてもこの東京タワーは東京タワーのまま残して欲しいと思っている位、東京タワーのある風景は好きな風景です。


[210]>202 都電荒川線はバラがすごい! Kumappus

http://www.arakawa-unet.jp/issue/volunteer/200510rose/index.html

http://www.kotsu.metro.tokyo.jp/newsevent/magazine/gurutto/20060...

荒川区が後押ししてボランティアの皆さんが世話をしているバラ。

ちょうどバラの時期に知り合いに不幸があって、お通夜に行くのに何の予備知識もなしで乗ったことがあるのですが、ものすごい量のバラに圧倒されました。


[211]>94 城と現代建築のミスマッチは楽しい・・・これも街の風景の味わい maido_cafe

街の風景としては数少ない感じがします。それだけに立派な城のそばに超高層ビルなんかが「ドバッ」という感じで建っていると、そのミスマッチさ加減が妙に楽しくて魅せられます。


[212]>206 蛍が飛べる自然 TomCat

蛍は、水と餌と、土と植物がないと育つことが出来ません。これらが全部揃っていないと、たとえ卵を産んでも、育っていくことが出来ないんです。

蛍の幼虫は水の中でカワニナなどを食べながら育っていきますが、サナギになるには土が必要です。土に潜って、そこでサナギになって羽化を待ちます。この時、地中のサナギを温度変化や乾燥から守るのが川岸の植物達。それらの環境が全て整った所でないと、蛍は飛んでくれません。蛍は、本当に健康な自然の中でなければ育ってくれないんですね。

ちなみに蛍は一匹のメスが数百個の卵を産みますが、そのうちうまく育って翌年成虫となって飛んでくれるのはほんの数パーセントと言われています。サナギの時期に豪雨などに見舞われると、地中のサナギが全滅してしまうこともあります。最近は異常気象で意外な時期にとんでもない雨が降ることもありますから、今後はそうした全地球的な気象変動による蛍の減少も懸念されます。もしかすると、蛍のいない都市の住民が排出する温室効果ガスが、遠く離れた蛍の里を台無しにしてしまうかもしれない。そんな時代に入ってきていることも、私達はしっかり認識していく必要があります。

蛍が群れ飛ぶ自然。いつまでも末長く大切にしたいものですね。


[213]>199 オープンカフェの季節です maido_cafe

メニューが豊富なカフェでは、美味しそうな匂いのメニューも豊富。匂いに誘われたのか、美味しそうに食事をしたり、コーヒーを楽しんだりしている人たちがたくさんいるオープンカフェも素敵な街の風景。その風景の一部になれるのはとても楽しいひと時です。


[214]>200 私もです(^-^) TomCat

車窓からの風景。旅ばかりでなく、通勤電車の中から見る風景もいいものですね。同じ路線でも、朝と夜では全然違う景色を見せてくれます。同じ夜でも、宵の口と深夜ではまた違いますしね。季節によっても色々な変化があります。ドアの横にもたれかかって、並んで走る線路をじーっと見つめていても面白いです。


[215]>177 うちの近くの街路樹はいちょうですね maido_cafe

家の目の前が街路樹のある道路です。結構立派ないちょうの木々が道路に沿って並んでいます。春には新緑がきれい、夏には日よけになり、秋には紅葉ならぬ、黄葉が楽しめますし、葉が落ちた後は冬の少ない日光をさえぎらないと、賢い木です。


[216]>5 夕焼けだんだん maido_cafe

夕焼けを売りにしている街もありますね。


[217]>196 ほんと、そうあってほしいですね TomCat

野良に餌をやっていると、あからさまに邪魔してくる人とかいますよね。そこで一言、飼うために慣らしてるんです、あなただって野良はいない方がいいでしょう、協力してくださいよと堂々と言えなきゃウソだと思います。

ただ餌を与えるだけでは、その後さらに不幸な子孫を増やすだけですから、どこかで悪循環を断たなきゃいけません。そのための最善の方法が、野良を飼ってしまうことですものね。子猫だけでなく、子を産んだり産ませたりする成猫をどんどん家庭猫にしていくことが、野良をなくす最善の方法です。

うちの猫は今4匹。全員野良出身です。餌付けした以上社会責任がありますから、きっちりうちの子にしましたよ。

中途半端では人間にも迷惑をかけるし、結局動物もかわいそう。やるならとことん。そうあってほしいと思います。


[218]>204 カブトエビとか浮き草とかもいて楽しい maido_cafe

今はレアな昆虫になったそうですが、タガメとかいたら浮き浮きしちゃいます!


[219]>212 都会とホタルの里はつながっているんですね CandyPot

温暖化による気象の変化がホタルを危機に陥れるかもしれないなんて…。都会の人もホタルの里を守る責任者。省エネして、植物を育てて、遠く離れたホタルを守らなくては!私も微力ですががんばります!


[220]緑の見える風景 toku4sr4agent

仙台には、定禅寺通りというケヤキ並木があるステキなところがあります。


季節によっていろいろな姿を見せてくれるので大好きです。

今は緑が濃くてとてもステキです。


[221]>192 私も道草いっぱいしました CandyPot

ランドセル背負ったままぐるっと遠回り。楽しかったなぁ。まっすぐ家に帰ったらもったいないなんて思っていました。そういえば今の女の子は学校に行く時スカートはきませんね。私はスカートの方がかわいいので、ずっと小学校六年間、ほぼスカートで通してきたんだけどな。自由な登下校もかわいいかっこも危ない世の中なんて…。複雑な気分です。


[222]>220 さすが杜の都ですね CandyPot

緑が自慢の街。すてきですね。東京にも街路樹はありますが、並木というより道路と歩道の境みたいな感じの所が多いです。もっとたくさん茂らせたらいいのに。定禅寺通りっていうんですね。今度仙台に行くことがあったら探して歩いてみます。


[223]鳥の居る風景 toku4sr4agent

街中でも鳥の声がするとそっちにファインダーを向けてしまいます。


やはり鳥さんの居る風景は外せないです(笑)


画像を貼ると重たくなるのでダイアリーへのリンクだけ。

http://d.hatena.ne.jp/toku4sr4agent/20070609


[224]>114 噴水いいですね CandyPot

私も噴水、大好きです。うちの近くにもすごく大きな噴水があります。地面と境目のないゆるやかなくぼみにたくさんノズルが並んで水が噴き出す噴水なので、中に自由に入れます。夏は子供たちが水着になって水遊びを楽しんでいます。屋台はありませんが、近くにアイスクリームのショップがあるので、大人もアイスをなめながら噴水をながめています。時々ギターをひきに来る人もいてにぎやかです。


[225]>223 鳥はかかせませんね!! TinkerBell

やっぱりtoku4sr4agentさんといったら鳥ですよね!

小鳥のいる風景、私も大好きです。

ダイアリーの小鳥さん、なんていう種類なのでしょう。

ごめんなさい。私、そういうの知識があまり無いものですから。

でもかわいいですねー。

小鳥はみんなかわいいです。見ていてとても心が和みます。

小鳥を大切にする心優しい人たちの住む街が最高ですね。


[226]>222 写真を探してみたら toku4sr4agent

写真があるのではないか?と思って探してみたらありましたので、アップロードしました。


有料オプションを使用していませんので小さめにはなっておりますが。

「じょうぜんじどおり」と読みます。

仙台にお越しの際には是非お立ち寄りくださいね。

http://f.hatena.ne.jp/toku4sr4agent/20010813155958

(初めて鳥さん以外の写真をアップロードしました(笑))


[227]>225 シジュウカラです。 toku4sr4agent

ダイアリーの小鳥さんは「シジュウカラ」といいます。

前にしているネクタイが太いのでたぶんオスだと思います。


「ツッピッピー」「ツピツピ」「ツーピチョ」という特徴のある鳴き声なので比較的見つけやすいかもしれません。

(別のツリーで出している、「定禅寺通り」から比較的近い場所で撮影したものですので仙台でいえばわりと街のど真ん中です。)


[228]>224 わぁ、いいなぁ♪ TinkerBell

中に入ってもしかられない噴水。

というか、どんどん中に入って遊んでねという噴水なんですね。

私も水着持参で遊びに行きたい!!(笑)。

うちの近くにある噴水は、お行儀よく眺めるだけです。

でも、噴水のほとりに座ると、空気がひんやり涼しげです。


[229]>211 城下町 vivisan

城下町沿いのお店の中に古い歴史的なものを飾っている町があります。

町全体が小さな博物館みたいでとても心惹かれます。

私は史跡めぐりをするのでよくそういった町を訪れますが、そこに住んでいる人々とお話するのがとても楽しいです。


[230]>226 両側がケヤキに囲まれているんですね YuzuPON

すばらしい。これこそ本当の並木道ですね。ただの街路樹とは全然違います。どこにあるのかと調べようとしたら、ダイアリーキーワードで簡単にわかりました。なんと地図入り。青葉区役所の近くみたいですね。はてなは便利です。

仙台は私も何度か行ったことがありますが、観光ではないのであまり街を散策するチャンスがありませんでした。今度行く時はぜひ私も立ち寄らせていただきます。こんな素敵な場所でtoku4sr4agentさんやCandyPotさんと出会えたら楽しいですね。


[231]>34 幻想的! vivisan

霧がかかるといつもの見慣れた町でも別の世界に入り込んだような感じになりますね。

あまりにも霧が深いと、危なくなりますが・・・。

小さいときはずっと歩いたら違う世界にいくんだと思っていました。


[232]>219 ホタルと縁遠い地域の人も責任重大 YuzuPON

そういえば最近30年間は、それ以前に比べて、1時間100ミリ以上の豪雨の回数が2?3倍に増えているというニュースがありました。多くの集中豪雨は夏期に集中していますが、つい先日も関東南部に大雨警報が出たりしていましたから、今後はホタルに影響のある豪雨もこないとはかぎらないですね。ホタルのためにも温暖化防止に努めましょう。


[233]>232 そういえば、ホタルみないなぁ flowerhill

昔住んでいた所にはホタルはいました。でも気がつくといなくなってた。友人の話ではある年の豪雨で川が荒れた際に一緒に流されたとか。

ここを見るとホタルが流されたのではなくて、ホタルが住める環境が流されたのですね。


[234]>205 東京はけっこう坂の街なんですよね YuzuPON

東京には意外に石段が多いですよね。私もそれは感じたことがあります。山や谷や坂といった地形を表す地名が多いことから考えても、意外に起伏の多い地形なんだということがわかります。都市化された今の風景ではあまり実感が湧きませんが、山の手なんていう言い方も、地形にまつわるんでしょうか。江戸時代の様子を思い浮かべながら歩いてみると楽しそうですね。


[235]>215 いちょうといえば「絵画館前いちょう並木」ですね g6_6q

146本も植えられていて、秋には「黄金色のトンネル」っていわれるほどにきれいな風景が楽しめます。

ドラマのロケにも使われていて有名ですよ。


[236]>227 私も見てきました YuzuPON

シジュウカラ。胸のネクタイが目印ですね。そういえばシジュウカラは通常切手になっていたなと思って調べてみたら、小鳥がデザインされた通常切手の多さに驚きました。50円がメジロ、70円がシジュウカラ、80円がヤマセミ、90円がカルガモ、100円が銀鶴、110円がコチドリ、120円がモズ、130円がウソ、140円がイカル、160円がカケス、さらに小鳥ではありませんが1000円が鷹でした。日本人は本当に鳥が好きな国民性なんですね。


[237]>229 姫路城が好き! g6_6q

重厚な感じのお城もいいけど、白くてエレガントな姫路城は大好きです。姫路の街中で姫路城が見える風景は素敵ですよね。


[238]>233 環境が流された! Fuel

なんともショックな話ですね。

サナギどころか、生息に適した環境が流されてしまったとは。

近年、豪雨被害をよく聞きます。

その原因の一端はおそらく温暖化に違いないですね。

そして世界の森林伐採なども大きく関与していると思います。

大量消費社会のツケがこんな所にも現れるとは…。


[239]>151 思った以上に坂の多い東京都心 Lemon_Lime

いろいろ名前のついた坂も多いみたいですよ。

こんなところに「◎」のいっぱいついた坂が有る!ってびっくりするような急な坂も有ってびっくりすることもありますよ。


[240]>228 私も行きたい(笑) Fuel

そんな自由に入れる噴水なら私も童心に返って水遊びしたいですね。

それにしても日本は噴水が楽しめる、水が豊富な国でありがたいなぁと思います。

以前四国が大渇水に見舞われた時、うちの近くの公園の噴水は、四国の人に申し訳ないからと水を止めていました。

今年の夏、全国で噴水が楽しめますように。


[241]>235 有名な並木、ありますね! Lemon_Lime

北海道大学のポプラ並木もおもむきがありますよ。


[242]>240 ライトアップされた噴水 hiikunn

自由に入ることが出来る噴水、素敵ですね。私の町には夜になるとライトで照らされる噴水があります。クリスマスにはツリーに模した飾りになったりとするんですよ。


[243]>188 伸び伸びと遊ぶ子供の姿が見たいですね Fuel

裏通りや路地で遊ぶ子供の姿は、本当に珍しいものになってしまいましたね。

でもまだまだ夏休みにでもなれば、道端で水鉄砲を撃ち合っている子供を見ることもあります。

もっと自由に伸び伸びと、町中を遊び場にしてもらいたいですね。


[244]>127 散歩道は歩いて気持ちのいいところを選びますよね Lemon_Lime

家の近所だから見慣れてますけど、お気に入りの場所を歩けるようにルートが自然とできちゃいました。


[245]>218 生き物の為には無農薬で hiikunn

蛙やヤゴ達がいる田んぼを見ると農薬をあまり使っていないのかなと嬉しくなります。小さい生き物は弱いですので。農薬を使わずに合鴨がいる田んぼで出来たお米を食べてみたいですね。


[246]>243 妙ちくりんな子ども達 Lemon_Lime

公園を横切るとスーパーへの近道です。この間、スーパーからの帰りに子ども達がけんかなのかな?という不思議な感じのことをしているのを見かけました。

一人が自転車に乗っていました。自転車の子を変にからかう子が居て、自転車の子がボールを投げつけました。ボールは遠くに飛んでいきました。自転車の子はボールを取りにいかずに、からかった子に自転車でぶつかろうとしてぶつからない、ということを繰り返します。からかった子は間を空けながらもからかい続けています。けんかなのか、おちゃらけているのか、何なのかな・・・と思って歩きながら見ていたら、別の子が言いました。

「あ、気にしないでください。何でもないんです。いつものことなんです。」

ふ??ん・・・気にしないでもいいのかな・・・と見るのをやめたんですが、私の背中に向かって、まだ言い続けていました。

「大丈夫ですから、心配要りません・・・」

う?ん・・・不思議です。


[247]>244 相棒と一緒がポイントですね Fuel

いいですねぇ。相棒と歩く道。

一人で歩くのとはまた違った楽しみがあるでしょうね。

私もそんな相棒がほしいです。

これから梅雨時は大変な時期ではないかと思いますが、

楽しいお散歩をしてください!


[248]>179 函館の夜景! hanatomi

函館の夜景、きれいそうですねww

何万ドルの夜景と称されたのの1つが函館ではなかったでしょうか。(たしか)

港もあって、陸の形が夜のなかに浮かび上がるんだろうな。

VIVIさんは楽しいこと、好きなことはどんどん積極的にしている気がします。

夜のドライブ、楽しそうですねww^-^


[249]>17 車のテールランプが並んでるのを見るのも好きです。 hanatomi

かはたれとき、たそがれどき。私は動物園や遊園地、公園の、ちょうどそのくらいの時間好きでした。

夕日が満ちてきて、ああ、今日も終わりだな。風景が変わってきて、喧騒が遠くで聞こえるような時。鳥の鳴き声も少し違ってよく聞こえて。

映画のワンシーンみたいに感じました。フランス語では犬とオオカミの時間と言うらしいです。


[250]>245 農薬は使ってほしくないですね Fuel

日本産のトキが絶滅してしまったのだって、農薬の影響が無視できないわけですしね。

農薬を使用していなくても絶滅は時間の問題だったという人もいますが、

それでも農薬が絶滅に拍車をかけてしまったことは否定できないと思います。

趣味でやっているわけじゃない、農薬を使わなければ農業は成り立たないという人もいると思いますが、

1950年代以前は誰も化学農薬は使っていなかったわけですから、

無農薬栽培が不可能だとは思えません。

生き物がたくさんいる田んぼで作ったお米を愛用したいです。


[251]>36 みてみたいです! vivisan

海の街ならではの風景ですね♪ 海にうかぶ漁火の色はなんか暖かそうな感じがします。

その光景をみるだけで季節が感じられますし♪

漁業だけでなく、そのほかいろいろな産業に支えられていますもんね♪

そういった産業をひっくるめて街を理解していきたいですね。


[252]>31 平日午後二時スポット指定! Fuel

山があり緑がある町。すばらしいですね。

平日午後二時というスポット指定がまたすてきです。

その点私の家の方はつまらない。

山もないし緑も少ない。いつも似たり寄ったりの風景です。

でも、何かこの季節、この時間帯の特別!というのを探してみたくなりました。

きっと何かがあるはずです。

何かを発見して、もっと自分の街を好きになってみたいと思います。


[253]>117 すばらしいです! vivisan

私の住む街はshig55さんと違って自治体が主体で強制参加です。用事があって出られない場合は、お金を払わなければいけません。

それがあるので、街を花できれいにしよう♪と思ってくれている人が全てではないのです。

自主的に花を増やしたいと思っている人たちがたくさんいらっしゃるってすばらしいですね♪花たちも喜んで咲いてくれているのではないでしょうか。


[254]>238 澄み切った空気 riceball

「蛍の天の川」だなんてステキな表現ですね☆


このツリーもそうですし、他のツリーをみていても「自然」がある風景を望んでいるものが多いですね。多くの街はコンクリート化されつつありますが、残すべき自然がたくさんあること、そしてそこに住む私たちも自然を必要としていることを改めて感じさせられました。地球が作ってくれた自然の恵みは、ずっとずっと大切にしていきたいですね。


[255]>250 NO!薬! Lemon_Lime

「のうやく」という言葉をこういうふうに使って欲しい・・・やだ、もう!変なもの食べさせられるの!


[256]>20 私もそんな所に住んでみたい momokuri3

静かでのどか。もうこれだけで最高です。うるさくてせせこましい都会なんて、終の棲家の立地ではないと思います。いつかは私も、そんな場所に住んでみたい。憧れます。田んぼや畑を毎日見ながら暮らしていたら、心も広くなりそうな気がします。


[257]>213 焼き鳥! GE-999

荻窪駅前の店や浜松町駅近くの立ち飲みの店・・・う?ん、オープンカフェではないですが、オープン飲み屋は近寄りがたいですが、惑わされる魅力を感じます!


[258]>41 私も子供の頃の夕方を思い出します momokuri3

それも秋。だんだん日が短くなりはじめた頃の情景という感じでしょうか。遊び疲れて帰る道でよその家の台所からのおいしそうな匂いがただよってくると、急に走って家に帰りたい気持ちになってしまうんですよね。ついさっきまで、もう日暮れだ、つまんないな、もっと遊んでいたかったな、などと思っていたのにです。

家に帰って自分の母も台所で夕食の支度をしてくれているのを見ると、思わず抱きついて甘えたくなる気持ちがしたのを思い出します。男の子ですから心で思うだけでしたけど。懐かしいです。


[259]>254 ごちそうの空気だ! GE-999

美味しい空気・・・「空気のような」ってウソですよね・・・すっごく意識しますよ、空気・・・

あ、空気読めてないって・・・?

すいませんでした・・・


[260]>174 SLの走る風景の街もいいでしょ? GE-999

新幹線とSLが一緒に走る東京駅から新橋駅の古い映像を見たことがあります。いいですよね?????!


[261]>241 冬ソナでも並木が素敵なシーンで使われてましたね GE-999

メタセコイアとかいう種類らしいです。春川という地方の街にある並木道がロケ地だそうですね。


[262]>214 何気ない風景の一つですが、街の風景ですね Prudence

電車に乗っているとき、子供の頃に思ったのが・・・自分が動いているのか?電車が動いているのか?

風景が動く・・・ダイナミックに変化する街並み・・・動く風景ですね!


[263]>257 手焼き煎餅の香りのある風景 e-yokan

手焼きのお煎餅屋さんが、お煎餅を焼く香り・・・お煎餅の生地の香ばしい香り、お醤油の香り、海苔の香り・・・なんだか和のおやつの集大成の一つを鼻で感じる風景ですね。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ