人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

IT系の企業に勤めている方に質問です。

http://rikunabi-next.yahoo.co.jp/nisotsu/docs/cd_s00860.jsp?jb_type_long_cd=0500000000
のような未経験OKのIT関連の企業に、正社員で、転職したいと考えています。

IT業界のデメリットって、どのような物が主ですか?あと、下記の項目についての内情を教えて頂けると嬉しいです
・人間関係(体育会系のノリ?人付き合い少ない?ギスギスしている?)
・身だしなみ(クールビス有り?1年中スーツ?私服OK?)
・未経験の中途社員が、知識を習得していく為の機会や制度は、求人情報に記載されているのを信じてよいのか?
・勤務時間(私の現職の勤務時間は約13時間です。残業時間はどの程度?)
・給与(将来家族持って生きていける程度には稼げるのか?残業代はでるのか?)
・35歳定年説の真偽(役職やポストが変わっても60歳位までは、いちお、働いていけるのか?)
・すばり、やばそうなブラック企業(DQN企業)の見分け方は?


●質問者: ps3psp
●カテゴリ:就職・転職 コンピュータ
✍キーワード:クール スギ スーツ デメリット ブラック企業
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 6/6件

▽最新の回答へ

1 ● くまっぷす
●19ポイント

うーん、一応仕事内容はIT系と言えると思いますが>私。

IT業界とひとことでくくるのは危険すぎます。たとえて言えば自動車に乗るからといってF1レーサーと佐川急便をごっちゃにするぐらい危険。

ライブドアだってIT業界と言われてましたからね(今も残ってる本体はそうだけど)。光通信にいたっては当時は単なる携帯販売業者だったじゃん…。

さて、それを踏まえると

・人間関係(体育会系のノリ?人付き合い少ない?ギスギスしている?)

・身だしなみ(クールビス有り?1年中スーツ?私服OK?)

・未経験の中途社員が、知識を習得していく為の機会や制度は、求人情報に記載されているのを信じてよいのか?

・勤務時間(私の現職の勤務時間は約13時間です。残業時間はどの程度?)

・給与(将来家族持って生きていける程度には稼げるのか?残業代はでるのか?)

・35歳定年説の真偽(役職やポストが変わっても60歳位までは、いちお、働いていけるのか?)

については、入る会社や職種によるとしか言いようがありません。SI,SE,プログラマ,営業、企画その他で全然違いますから。

個人的感想としてですが、

・身だしなみは技術系であればどこもそうですがラフなところが多いとは思います。夏はアロハとバミューダでサンダルばきのひともいるぐらいで。ただし仕事先が官公庁だったり銀行だったりすると毎日スーツでお出かけになります。

・35歳定年だったら私自身とっくの昔にクビなので(ただしもうバリバリにプログラムは書けません。そういうのはやはり体力と新しい知識のある若い人か、歳とともに成長できるごく一部の人に限られます)、例えばマネージャっぽい職種に移行すればもっと歳とっても働けると思います。

ぐらいは言えますが、実際に面接されるなりして感触をつかんでみるしか手はないと思います。


2 ● studioes
●19ポイント

・人間関係

結構希薄なところが多いような。

・身だしなみ

数十人程度の所なら私服OKも多い。 客先に行くときとかはスーツになるから、通勤は私服で会社のハンガーに常時スーツ吊してたり。

大学時代に働いていた所なんて、サンダルで髪の毛赤でもOKだったな・・・

・未経験の中途社員が、知識を習得していく為の機会や制度は、求人情報に記載されているのを信じてよいのか?

一応教育するけど、やる気がなければ3ヶ月でサヨウナラは多いかな。 学校と言うよりは、大学タイプだから、自分から色々吸収しようとしないと。

・勤務時間

これは激しく会社次第。 時間を過ぎると帰れと言われる会社から、泊まっていってもOKと言う会社まで・・・ ITと言っても幅が広い。 運用系や開発系は問題発生時にはお泊まり有り。 お泊まり拒否すると、アサインされなくなったり。

・給与

みなし労働時間を使って、毎日1?2時間残業しても残業代が出ないというのは中小にはよくある。 技術があれば、若年時の給料のレベルはそこそこ良いけど、中小じゃあまり伸びないのはどこも同じ。

・35歳定年説の真偽

スキルアップしていけるのならばある程度働いていける。 大企業なら問題ない。 中小は、そもそも定着率が高くないので転職するのでは。

・すばり、やばそうなブラック企業(DQN企業)の見分け方は?

どこの業界も同じだろうけど、求人がしょっちゅう出る会社。 みんな抜けていくから、その分補充し続けている。 偽装請負(派遣)ばっかりやってるような会社は、長く勤められない。

IT業界って、離職率高いから、正社員って言っても、よほど優良企業に勤めてない限りは、数年でやめるってのもあるんじゃないのかな・・・

私は、学生時代にバイト2社、卒業後は正社員で2社、派遣で1社経験して、現在は自営です。


3 ● オーイェー
●18ポイント

・人間関係

これは、他の業種と同じで、かなり社風に左右されると思います。

フレンドリーなところもあれば、体育会系なところもあります。

ただ、他の業種と異なっていることは、同じプロジェクトメンバーと長期的に仕事をすることが多いということかと思います。

そのために、社内でも小さなグループというものが

多数できてしまう傾向を感じます。


・身だしなみ

クールビズに関しては、かなりの確立であると思って問題ないと思います。

私服に関しては、週一程度でカジュアルデーがあるというのが

よくあるパターンではないでしょうか?

いずれにしても、客先に打ち合わせなどで出る際にはスーツを着ることになるかと思いますので、

スーツを着なくても良いという可能性は少ないと思います。


・未経験の中途社員が、知識を習得していく為の機会や制度は、求人情報に記載されているのを信じてよいのか?

あまり、過度な期待はしないほうが良いかと思います。

大企業ならともかく、中小企業の場合、教育担当の社員といっても、

教育専任ではなく、通常業務をこなしながらの教育になると思います。

そのために、専門学校などのような手取り足取りといった教育は現実的におこなえないと思います。

ある程度の基礎と、いつでも質問できるという環境を利用して、

新入社員が自主的に勉強をしないと、現実的には厳しいと思います。


・勤務時間

これは、やはり会社によって、まちまちですが、納品前後は、2?3日の徹夜が起こるかもしれないことを

常に覚悟しておくぐらいの気持ちは必要かと思います。


・給与

残業代はでます。

ただ、将来を考えてということでしたら、管理者に昇進したりした場合、

給料が年俸制になって残業代がでなくなる

ということも考えられます。

(※その分、基本給はあがりますが)


・35歳定年説の真偽

35歳定年説というのは、プログラマとしての話だと思います。

一生プログラマとして、システム設計などの仕事には携わりたくない

というような考えであった場合は、35歳前後で

その人の技術と給与、新人の技術と給与を考えると、

新人の方が費用対効果が高いということになってしまいがちということです。

SEや管理者になるのなら、年齢は関係ないと思います。

(※現に、私の会社の上司で、一度定年退職してから、委託といいう形で働いている方がいます。

確か65歳以上だったはずです。)


・すばり、やばそうなブラック企業(DQN企業)の見分け方は?

studioesさんのおっしゃるとおり、常に求人がでている会社は

離職率が高い → 何か問題があるのでは

とちょっと注意しても良いかと思います。

あと、会社のソースコードを見せてくださいといっても

なかなか見せてくれるものではないのですが、

ウェブサイトをもっている会社だと、そのソースを見てみる

というのも一つかと思います。

そのソースがあまりにも汚いようだと

1.技術レベルが低い

2.ウェブサイトを綺麗にしてるほどの時間的余裕が無い

3.ウェブサイトを外注に出すほどの資金的余裕が無い

のような可能性も考えられるかと思います。


ただ、個人的には、面接などで、

人間的な魅力を感じる人が居れば

その会社に決めてしまって問題ないと思います。


未経験から仕事をしていくということで

やはり色々悩むこともあると思いますので、

悩みを解決してくれる上司や同僚などがいるのと

いないのでは、かなり違うと思います。


4 ● KazyN
●18ポイント

基本的にはこれまで回答されているみなさんと同じようなモノですが....一応事例情報ということで。

あ、ちなみに私は今40代。

外資系IT企業で16年(その間転職1回)、その後フリーで SE やってます。

・人間関係

私は主に外資系にいた期間が長かったせいかもしれませんが、割とドライな関係が多かったです。

ただ、営業担当などの中には「モロに体育会系」みたいな人たちも少数ながら存在しました。

・身だしなみ

かつて在籍した外資系では基本的にはカジュアルウエアでしたが、あまりラフな格好は御法度でした。

基本的にはビジネスカジュアルが推奨されていましたし、社外に出る時はやはり当然スーツ着用です。

・未経験の中途社員が、知識を習得していく為の機会や制度は、求人情報に記載されているのを信じてよいのか?

これはもう、会社によるとしか言えません。

本当の新卒ならば、多少コストかけてもじっくり育てたいということで、しっかり研修を行うところもありますが、大抵は即現場に投入し、実践で鍛えるという感じでしょう。

ただ、会社によっては自主的に資格を取得したりするための補助をしてくれたりというところはあります。

・勤務時間

プロジェクトでハマっているとそれこそ土日もないような感じになりますが、余裕のある時は定時で帰ることも少なくなかったです。

まぁ、定時といってもフレックス制度があるとあんまり関係ありませんが。

・給与

会社次第です。

未だに派遣をメインにやっているようなところや、ソフトハウス系では信じられないような低賃金も存在します。

・35歳定年説の真偽

職種にもよりますね。

体力勝負のプログラマだと、実際そのくらいまでが限界かもしれません。

ただ、品質や技術力で勝負出来るならそれに限ったことではありません。

また、上流工程メインのSE/PMであれば、むしろそれより上の年齢がまさに活動のメインです。

私自身も今は主に上流工程を担当する SE をやっています。

・すばり、やばそうなブラック企業(DQN企業)の見分け方は?

みなさんおっしゃるように、常に求人の出ている会社。

恒常的に成長を続けているため人を求めているという見方もできなくはないですが、そう言ったところはあらかじめ計画的に採用を行うので、そうそう頻繁に求人はしていません。


5 ● duckdown
●18ポイント

入社した会社で定年まで勤め続けるのでなければ、経験を積むために働いてみるのは大いにありだと思います。スキルをつけてから転職していけばよいでしょうから。

また単価の安い作業しかできないと、使い倒さる上に安い給料しかもらえませんので、自分でスキルを伸ばしていく必要があるでしょう。会社のトレーニングだけでは、安い労働力にしかならないと思われます。

他の方が回答されているように、会社や職種、部署によって一概には言えません。考えるよりまず何社か面接して感触を探ってみてはいかがでしょうか。


1-5件表示/6件
4.前の5件|次5件6.
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ