人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

金融機関は何の目的で「翌日物」の貸借をしているのでしょうか?

金融業に携わっている方等、詳しい方がいらっしゃいましたら御教授下さい。


●質問者: jonymm
●カテゴリ:経済・金融・保険
✍キーワード:教授 目的 金融業 金融機関
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 2/2件

▽最新の回答へ

1 ● miraa
●35ポイント

BBIQモーニングビジネススクール

http://bbiq-mbs.jp/blog/murafuji/post_44.php

以下引用

■ 無担保コール翌日物

一つ目のポイントについてですが、

そもそも無担保コール翌日物とは何なのか?

無担保コール翌日物市場とは、

銀行が毎日の資金繰りを調整する市場のことです。

毎日の資金繰りにおいて、

銀行が足りない部分を

どこからか調達しなくてはいけなくなった時、

通常この市場で調達を行います。

「翌日物」という言葉からも分かるように、

明日まで貸してくれというものです。

銀行として破綻しない為に

まず借りるのがこの無担保コール翌日物というものです。

◎質問者からの返答

早速の御回答、ありがとうございます。

ある元銀行員の方に聞いたところ、「銀行は毎日の自行の残高をゼロにしなくてはならない=ブタ積みを回避する」という回答をいただいたのですが、他業界の優良企業のように安全資金をとっておくという事はしないのでしょうか?


2 ● gkkj
●35ポイント ベストアンサー

携わってはいませんが…でしゃばります。

「安全資金を取っておく」と、運用益が得られないので、預金者に利息を払うことができなくなります。そのため「ブタ積みを回避」しようとします。

それでは危険ではないか、と思うかもしれませんが、基本的には(教科書的には)金融機関はきわめて優良な信用力があるので、まさに翌日物をいつでも借りられるので、それほど「安全資金を取っておく」必要はないのです。

もちろん、金融機関によっては(信用力の低い金融機関では)、また、金融危機のときなどは、翌日物の調達が難しくなるので、普段より多めに「安全資金を取ってお」く、という選択をすることがあります。

最近は他業界の優良企業でも、「安全資金を取っておく」と総資産利益率が低下するので、「安全資金を取っておく」代わりにコミットメントラインを設定して、手持ちの現預金を少なくしようとする会社もあります。

ダミーです。

http://www.bloomberg.com/

◎質問者からの返答

御丁寧な説明、本当にありがとうございます。

これで一つ、疑問のモヤモヤが晴れてきました。

これからも楽しんで金融・経済を勉強していき

たいと思います。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ