人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

・松岡前農水相は第6工区と第7工区で自分の息のかかった地元業者に「鞍岳建設」と「ひのくに建設」という架空の建設会社を作らせ、そこに入札を落としてしまった。
ってどういう意味?なぜ架空の建設会社を作らせたの?架空の建設会社って落札勝者?敗者?

・松岡大臣は緑資源機構関連団体から1億5千万円の政治献金をうけており、地元にある緑資源機構の出先機関が林道事業に関連して地元の業者に発注した10数億の利権の口利きをしていた疑いがあるとして地元の緑資源機構の出先に検察の捜索がはいってた。
って本当?緑資源機構関連団体って何?
「?地元業者→?緑資源機構関連団体→?松岡大臣事務所」って感じで金が流れた?
?の上層部の人も松岡氏に送金する際にちょっと裏金の一部をピンハネしてイタダキマスしてる?

●質問者: pro0
●カテゴリ:政治・社会 経済・金融・保険
✍キーワード:上層部 会社 利権 千万 地元
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 3/3件

▽最新の回答へ

1 ● miraa
●27ポイント

推測はいろいろできますが、真相は明確ではありませんので、私がわかる範囲で書きますね。

>架空の建設会社を作らせ、そこに入札を落としてしまった。

と言うことならば、

架空の建設会社は落札勝者(仕事をゲットした会社)ですよ。


2 ● Baku7770
●27ポイント ベストアンサー

http://www.nikkeibp.co.jp/style/biz/feature/tachibana/media/0705...

まともな発表がないので全て推測あるいは推理でしか回答ができません。

架空の会社が落札したのは#a1でmiraaさんが回答したとおりですが、問題は何故そんな面倒臭い手法を採用したのかなんですね。官製談合があるならば落札業者を一社決めてそこに落札させて、後の利益配分はそこにやらせればいいことですから。

私の頭にある常識でそれが必要な理由として可能性があるのは幾つも考えられます。

一つの例として落札を希望する複数の業者から松岡元農水相が賄賂を受け取ってしまった場合。これには松岡元農水相より偉い方も賄賂を受け取って簡単には調整できなかったというのもありえます。松岡元農水相が自殺していなければ、一番可能性の高いのは松岡元農水相の会社を立てることでその他の業者を応札させないようにしたとも考えられます。もう一つ考えられる理由としては、実は業者にも掴みきれなかった裏金があり、一般業者に知られたくなかったという可能性もありえます。

緑資源機構の関連団体とはどの記事をご覧になったかが分からないので正確なところは分かりませんが、多分このような業者団体ではないかと推測します。

私は過去に1回だけ林野庁の上部組織が主催する業者団体に参加したことがありますが、まぁ上司が押し付けたのは理解できましたね。

?の上層部の人間がピンハネすることはまず考えにくいでしょう。彼らは業者を談合させて、政治献金や賄賂を搾り取るシステムの部品でしかありません。その分高い給料と退職金を貰えるようになっています。ばれたら次の天下り先の斡旋で冷や飯を食わされるか、システムに抹殺されます。


3 ● jjjjkkkkkmmm
●26ポイント

突然のメッセージで申し訳ありません。pro0様は知的好奇心が旺盛でユニークなネットユーザーだと思われます。当メディアでは著名なネットワーカーに対する取材を行っていますので、次のアドレスまで住所・氏名・年齢・家族構成をお伝えください。取材の詳細は追って連絡します。

altanbrit@hotmail.co.jp

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ