人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

10代で妊娠・出産を経験する女性は少なからずいることが、
厚生労働省発表のデータでも明らかになっています。

そんな10代の母親となる女性達を支援・応援している団体
(NPOでも役所でも企業でも)、個人を教えてください。

応援・支援のかたちには、金銭的なものであったり、
子育ての仕方を教えるものであったり、
コミュニケーションの場を設けるものであったり、
と多種多様だとは思いますが。

都道府県はどこでも構いません。
よろしくお願いします。

●質問者: shoma22
●カテゴリ:政治・社会 医療・健康
✍キーワード:コミュニケーション データ 企業 出産 厚生労働省
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 1/1件

▽最新の回答へ

1 ● miraa
●60ポイント

レイプなど不本意な原因での妊娠になった10代女性(10代以外もですが、10代がかなりの率を占めるようです。)は、中絶なども考えるわけですが、自分のおなかの中で動いたりすると、なかなか踏み切れない実状があるわけです。

そういう場合出産する事になりますが、経済力、家庭環境などの問題で、育児が極めて困難で困っている母親がいます。

そういう10代女性に対して、熊本市や、熊本市の慈恵病院は、全国からの電話相談を積極的に受け付け、育児放棄による、乳児の死亡などの事態がないように努力しています。相当な数の相談が寄せられているようです。

また、慈恵病院では、電話相談に載るだけでなく、「こうのとりのゆりかご」も設置し、何よりも大事な命を守るため行動しています。

愛媛新聞社説

http://www.ehime-np.co.jp/rensai/shasetsu/ren017200705139784.htm...

悪用や、想定外の使用(幼児をポストに入れるなど)が心配され、幼児をポストに入れる出来事は実際に発生してしまいまし、デメリットも心配されますが、電話相談窓口がある事を知っただけで、かなり安心した10代母も多いようで、メリットも無視できないでしょう。

◎質問者からの返答

熊本市、熊本慈恵病院ですね。

ありがとうございます。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ