人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

日本で食べる中華料理と、中国で食べる中華料理は全然違うらしいです。日本のものは日本人向けにアレンジされているのだとか。そこで、日本と中国で作り方の違う中華料理を教えてください。
例えば「中国の麻婆豆腐は日本では使わない○○を使っている」とか、「日本の家庭では「○○の素」で作る中華料理は中国ではこうやって作っている」というように、できるだけ具体的に教えてください。それによって何がどう変わるのかもわかるとありがたいです。

●質問者: KOBO
●カテゴリ:グルメ・料理 旅行・地域情報
✍キーワード:アレンジ 中国 中華料理 全然 日本人
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 6/6件

▽最新の回答へ

1 ● apr-25
●20ポイント

http://q-apr25.ne.jp/ (dummy)

中国では餃子に「にんにく」は使わないようです。

また、餃子は主食であり、蒸餃子、水餃子がメインであり焼餃子、揚餃子はあまりないようです。

◎質問者からの返答

ありがとうございます?。


2 ● ootatmt
●20ポイント

中国では餃子にニンニクを入れません。タレも違うみたいです。

http://www.tv-sdt.co.jp/imadoki/tabedoki/index.html

このサイトに割と詳しく書かれていますのでご参照ください。

◎質問者からの返答

ありがとうございます?。

餃子以外の情報も欲しいです…


3 ● tada_naohiro
●20ポイント

●神戸の老舗“桃李門”

http://ana.dynalink.co.jp/gourmet/shousai.php?code=37143

上記のお店で移民二世の李福偉さんが、初代のお父さんと一緒に中華料理を出されていて、先日料理を教わる機会を得ました。

習った料理の中で日本風と最も違ったのが麻婆豆腐です。

●共通

豆板醤、ニンニク、醤油

●日本向けアレンジ版

甜麺醤、砂糖、青ネギ、生姜

●本格四川風

塩、山椒、ニラ

特に山椒の量が半端じゃありません。鍋の表面が山椒で埋め尽くされるくらい入れます。

麻婆の「麻」は麻酔の「麻」=痺れるという意味だそうです。

豆板醤の辛さではなく、山椒のピリピリが本場の味付けだそうです。

両方比べましたが、私は本格四川風の方が好きですね。

◎質問者からの返答

ありがとうございます?。山椒はポイントになりますよね。

他の料理ももしよろしければ教えてください。


4 ● hiko3karasu
●20ポイント

四川料理では麻婆豆腐や火鍋に花山椒を使います。

しびれる辛さです。

http://www.rakuten.co.jp/uenoohtsuya/718680/716818/

たまにテーブルに薬味としておいてあるレストランがありますが、

一気に入れないほうがいいです。ちょっとずつ味見をしながら入れてくださいね。

◎質問者からの返答

ありがとうございます?。

他に花山椒を良く使う料理ってありますかね?


5 ● cymneve
●1ポイント

日本国内でもマトモな中華料理屋は中国よりもマトモな中華料理を出します。

米とか豆腐とかが日本食用と中華料理用では異なります。

また調理においては、火力が全然異なります。

調味料だけの問題ではありません。

さらに、中国は広い国ですから、同じ名前の料理でも地域で味付けは全く異なります。

http://q.hatena.ne.jp/1181700471

◎質問者からの返答

で、どこが違うのかということを聞いているんですが…


1-5件表示/6件
4.前の5件|次5件6.
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ