人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

あなた独自の“ミス・ワースト3”を列挙してください(ミセス可)。
みんなが知ってる“悪女”に限ります(親戚のオバちゃんは不可)。
あなたの一言コメント“悪女悪妻論”を添えてください。

X.実在の悪女……イメルダ(比国大統領マルコスの未亡人)
http://phil.freewebpages.org/fimarcos.jpg
3000足の靴と収賄で知られた“マダム15パーセント”。

Y.歴史上の悪女…ダイアナ(英国皇太子妃殿下)
http://canora.air-nifty.com/solid_inspiration/diana01.png
最後まで亭主の面目をつぶした“素直な悪女”。

Z.伝説の悪妻……クサンティッペ(ソクラテスの妻)
http://plaza.rakuten.co.jp/bizan413/diary/200704270001/
他に世界四大悪妻(モーツァルト、トルストイ、ナポレオンの妻)。

(↓)
http://q.hatena.ne.jp/1181707447
あなた独自の“ミス・ユニバース3”を列挙してください(ミセス可)。

●質問者: adlib
●カテゴリ:芸術・文化・歴史 ネタ・ジョーク
✍キーワード:あなた イメルダ クサンティッペ コメント ソクラテス
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 4/4件

▽最新の回答へ

1 ● KRR
●23ポイント

X.存命中・・・野村佐知代

野村沙知代 - Wikipedia

クサンティッペがソクラテスを偉大にした様に、野村克也監督を偉大な存在にしつつあります。

Y.歴史上・・・西太后

西太后 - Wikipedia

この人がまともなら中国は日本と争ったり、官僚主義的共産国化みたいな中途半端なことをしたりしないで日本と仲良く共存して来れたかも知れません。

Z.伝説的・・・マリー・アントワネット

マリー・アントワネット - Wikipedia

誤解や何やもあるみたいですが、フランス革命前後の話になると必ず極悪女扱いで登場する悪女の常連さんです。


2 ● TNIOP
●23ポイント

X引っ越しオバチャン

恐るべき嫌がらせへの執念


Yマリーアントワネット

「パンが無いならお菓子を食べればいいのに」


Z美輪明弘

生きる伝説の魔女と呼ばれる人間

もはや性別も不明

http://q.hatena.ne.jp/1181707623

◎質問者からの返答

何が彼女をそうさせたか……?

http://d.hatena.ne.jp/adlib/20050411

あかんべぇ ? 河原 美代子の年表 ?

“Qu'ils mangent de la brioche”

http://security.okwave.jp/kotaeru.php3?q=1489488

→ルソー《告白》&アルフォンス・カー《悪女たち》

http://d.hatena.ne.jp/adlib/20031128

↑寝そべる人々 ↓美輪 明宏(誤=明弘)

http://q.hatena.ne.jp/1151355319#a558514


3 ● goldwell
●22ポイント

X.実在(現代)の悪女

江青

悪名高い文化大革命で「四人組」の一人。

女優時代の個人的な恨みを晴らすために伝統芸能を排斥したと言われる。

こんな女性の標的にされたら、たまったものじゃない・・・。


Y.歴史上の悪女

則天武后

既出の西太后と並ぶ中国の三大悪女の一人。やはり政治権力を弄び、国中を混乱に貶めたあたりでしょうか。日本史の同様な悪女よりも、中国の悪女の方がスケールがでかいかな。


Z.伝説の悪妻

ブランヴィリエ侯爵夫人

身近な人物を毒殺しまくった彼女は悪女でもふさわしいのですが、他の男と結婚する為に夫に毒を盛り、当の相手は結婚する気は無いので解毒薬を飲ませ、が繰り返される。

ひと思い殺すより、ずるずると苦しめられる方がよっぽど酷いように思いますね。


4 ● miraa
●22ポイント

安倍昭恵

*1,自分のブログでセレブ生活をあたかも惜しげもなく披露

http://akie-abe.jp/

http://hanamoe2006.cocolog-nifty.com/blog/2007/01/index.html

安倍首相の昭恵夫人(44)が大ヒンシュクを買っている。昨年11月にブログ「安倍昭恵のスマイルトーク」をスタートし、夫の人気回復に一役買おうと狙ったが、内容が不評で、有権者から「調子に乗るな」とブーイングを浴びているのだ。o( ̄  ̄*)。。oOむ


● たとえば12月25日付「クリスマス」では、こうつづっている。

「主人の友人であるアグネス・チャンさんのご自宅にお呼ばれ(中略)美味しいお食事と、楽しいおしゃべり、最後には特別サービスでアグネスの歌まで飛び出し、賑やかな家族の良さを実感」

そして七面鳥など豪華料理の写真。24日の「クリスマスイブ」には安倍が公邸でおかゆを食べている写真や、ブッシュ米大統領のローラ夫人にもらった飾りを付けたきらびやかなツリーの写真を載せて、「今日はのんびりと過ごしたい」とコメントしていた。


● ご本人は「このブログを通して生活の一端を紹介し、私の日頃感じている率直な思いをご理解頂ければ嬉しく思います」としているが、掲示板【2ちゃんねる】では「勝ち組セレブ、ブルジョア日記丸出し」「いくらなんでも調子に乗りすぎ」とブーイングの嵐、「正直、夫婦そろって空気読めなさすぎ」「後々だんなの首絞めそう」とケチョンケチョンなのだ。

それを気にしたのか、正月のアイサツ以来、ブログは更新されていない。チーム安倍は夫人を前面に押し出す広報戦略だが、場違いブログも長くはないかも……。o( ̄  ̄*)。。oOむ

● だって 生まれながらのお嬢さんなんだからねー 世の中 一般庶民の生活おもんぱかる心は持ち合わせてないよねー コメントも受付けないBLOGなんて??一方的ね

読みなさいよ・・皆さん 言われているようだわ

*安倍の訪米時に昭恵は、アメリカにある自分の関係する学校へ、アメリカの政府関係者とともに視察をしようと申出る。

(広告塔にされてはたまったもんじゃないので、米政府はていねいに断る。)

*その他いろいろ。(皆さん検索してみてください。大手マスコミサイトだけに限定しても、いろいろでてきます。)

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ