人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

佐渡島に流されてきた罪人が、佐渡に及ぼした文化的影響を調べています。

例えば、世阿弥によって能楽が普及したとか、
日蓮によって佛教信仰がより強まった、などの話はあるのでしょうか。

歴史的な背景も含め、具体的に詳細を説明している
ページがあれば教えてください。

よろしくお願いします!

●質問者: shoma22
●カテゴリ:旅行・地域情報 芸術・文化・歴史
✍キーワード:世阿弥 佐渡 佐渡島 信仰 文化
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 1/1件

▽最新の回答へ

1 ● mei-za-yu
●60ポイント

http://4travel.travel.msn.co.jp/e/msn/traveler/sasuraiojisan/alb...

あこがれの離島・流人と金鉱が独自の文化を育てた島


>佐渡島8世紀頃には国府が置かれ、その頃から、伊豆や隠岐とともに

遠流の島と定められ、多くの貴族や文化人が流されて来ている。

鎌倉時代では、隠岐に流された父後鳥羽上皇とともに

鎌倉幕府転覆を図った承久の変(1221年)に失敗し24歳の若さで流罪、

在島22年、都に帰ることなく46歳で崩御、真野陵に葬られた順徳天皇(1197?1242年)と

「立正安国論」が鎌倉幕府の怒りにふれ、文永8年(1271年)流罪、

在島2年5ヶ月、文永11年(1275年)赦免されて鎌倉に帰った日蓮聖人(1222?1282年)が有名。

室町時代では、「花伝書」で知られる能楽の大成者でありながら将軍足利義教の逆鱗に触れ

永享6年(1434年)72歳の時に流罪となった世阿弥(1363?1443年)が良く知られている。

これらの遠流された多くの貴族や文化人によって人形浄瑠璃、能、佐渡おけさ、鬼太鼓(おんでこ)など

佐渡には多様な文化、芸能が育ったと言われる。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ