人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

株主総会招集通知が届きました。
その中の「大株主の状況」についての記載で、

○○○○(株主名)から平成xx年xx月xx日付で大量保有報告(変更報告書)の提出があり、平成xx年xx月xx日現在で株式を共同保有している旨の報告を受けておりますが、【当期末の株主名簿に記載がなく】当社としては実質所有株式数の確認ができないので、大株主には含めておりません。

とありました。

1.所有株数の減少についての変更報告書が提出されていないのに、当期末の株主名簿に記載がないのはなぜでしょうか?

2.なぜ株主名簿に記載が残らないような方法をとるのでしょうか?

お聞かせいただけるとうれしいです。
どうぞよろしくお願いいたします。

●質問者: n85
●カテゴリ:ビジネス・経営 経済・金融・保険
✍キーワード:大株主 平成 株主 株主総会 株式
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 1/1件

▽最新の回答へ

1 ● FLOW_GAMA
●60ポイント

○○○○(株主名)の提出した大量保有報告書は、

株券等の大量保有の状況等に関する開示制度(5%ルール)の、

「共同保有者」として提出したものだと思います。


http://law.e-gov.go.jp/htmldata/S23/S23HO025.html

証券取引法

http://www.mof-tohoku.go.jp/b8_rizai/04_tairyou.html

5%ルールの解説

「5.共同保有者〔法第27条の23第5項及び第6項〕共同保有者がいる場合には、

共同保有者の株券等の保有分を合算し株券等保有割合を計算します。


実質共同保有者〔法第27条の23第5項〕

共同して株券等を取得し、譲渡し、又は議決権の行使等を行うことを合意している者。

(書面での合意の有無等、合意の形態の如何にかかわらない)」


つまりAさんの名前で5%保有という大量保有報告書を提出していても、

株主名簿に記載されている実質株主はAさん、Bさん、Cさんなので、

大量保有報告書を提出したAさん一人で大株主とは記載しないということです。



質問の答えとしては、

1.株主名簿には共同株主がバラバラに記載されているので、

大量保有報告書を提出した○○○○(株主名)での記載はない。

2.これはわざとその方法をとっているのではなく、5%ルールで共同保有者として、

大量保有報告書の提出が義務付けられているからです。

そして企業のほうでも、そのことを注記しなければいけません。


http://www.e-tohmatsu.com/ek/topics/2005/news050502.shtml

上記のトーマツのサイトの、二年前の内閣府令の「名義株に係る改正」

の解説より、


「大量保有報告書等の送付を受けた場合、それに記載された提出者の株券等の

保有状況が株主名簿の記載内容と相違するときは、実質所有状況を確認して

記載することとし、確認ができない場合はその旨及び大量保有報告書等の

記載内容を注記する(記載上の注意(20)e)」

◎質問者からの返答

ありがとうございました。

参考にさせていただきます。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ