人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

UnixコマンドのDiffやWdiffコマンドのロジックについて教えて下さい。同様の機能をVBAに関数ないしはSubとして取り込みたいのです。関連情報でも結構ですので教えて下さい。

●質問者: okehara
●カテゴリ:コンピュータ
✍キーワード:diff sub UNIX VBA コマンド
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 2/2件

▽最新の回答へ

1 ● maq
●40ポイント

http://citeseer.ist.psu.edu/myers86ond.html

ここに掲載されているMyersのAn O(ND) Difference Algorithm and Its Variationsという論文がdiff基本のアルゴリズムです。

まぁ、英語ですし個人的にはdiffのソース

http://www.ioplex.com/~miallen/libmba/dl/src/diff.c

あたりを読み実装するアプローチが良いのではないかと思います。

あと、ViViの文書比較機能で使用しているアルゴリズムでは日本語でアルゴリズムが解説されています。

http://hp.vector.co.jp/authors/VA007799/viviProg/doc5.htm

◎質問者からの返答

早速のご回答ありがとうございます。参考になりました。


2 ● noocyte
●40ポイント

↓ご参考まで.

当面C#と.NETな記録

http://d.hatena.ne.jp/siokoshou/searchdiary?word=%2A%5Bdiff%5D

文書比較アルゴリズム

http://hp.vector.co.jp/authors/VA007799/viviProg/doc5.htm

"diffのアルゴリズム" で検索

http://www.google.co.jp/search?q=%22diff%E3%81%AE%E3%82%A2%E3%83...

◎質問者からの返答

ご回答ありがとうございます。diffのロジックで検索しましたが、diffのアルゴリズムで検索すればもっとたくさんの情報が得られたのですね。参考になりました。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ