人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

<物理>
スクリューの羽根は3枚という固定観念があったのですが、実際は3枚だったり、4枚だったり、5枚だったり、数が違うようです。
用途などによって使い分けていると思うのですが、
もし、枚数と効果の間に何か関係があるのであれば、分りやすく(高校生の物理レベル)で教えてください。


●質問者: doraichi
●カテゴリ:コンピュータ 科学・統計資料
✍キーワード:スクリュー レベル 固定観念 物理 高校生
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 3/3件

▽最新の回答へ

1 ● tekitouse
●27ポイント

羽根の枚数が増えると、推進力を増やすことができます。

単に推進力を増やすには、1枚の羽根を長くする方が効率が良いですが、羽根を長くすると他部品と干渉してしまったり、翼端部非常に強い抵抗が生まれてしまうこともあり、限られたスペースの中で効率よく推進力を得るために羽根の枚数を増やしています。

ただ、増やしすぎてしまうと、重量が増して逆効果となる場合もあるようです。

http://www.google.co.jp/

URLはダミーです。

◎質問者からの返答

ありがとうございます。


2 ● seble
●27ポイント

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%B1%E8%8A%9D%E6%A9%9F%E6%...

もう過去の事なのかな?

スクリューの形状などは最高の軍事機密なので、そう簡単に詳細な資料は出てこないと思いますよ。

キャビテーション(泡)が抵抗や音の発生につながったり、枚数だけでなく、角度や形状が大きな差を生みます。

また、回転数も関係してくるはずです。

早く回せばそれだけ推進力を得られる事になりますが、当然、限度もあればノイズの問題もあり、、、

スクリューとプロペラは考え方は同じですね。

水の中で回すか、空気の中で回すか、、、

◎質問者からの返答

おそらくは各社にノウハウあるのでしょう。

今も当然に軍事機密ですが、一般論で何となく

知ってみたいなあ、のレベルで結構なんですが。。


3 ● toriteki123
●26ポイント

だいたいの目安としては

現代の小型機(いわゆるセスナ機)のエンジンは200馬力以下のレシプロエンジンであり、2 - 3枚程度。

10人乗り程度の中型機(低出力ターボプロップ)や第二次世界大戦時の戦闘機(大出力レシプロエンジン)など1,000馬力クラスでは3 - 4枚程度。

旅客機や爆撃機(ターボプロップや星形大出力レシプロエンジン)など2,000馬力を超えるようなものに対しては4枚以上。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%97%E3%83%AD%E3%83%9A%E3%83%A...

という使い分けがあるようです。

◎質問者からの返答

なるほど。船では枚数すくないほうが燃費効率が良い。スピードを求めると枚数が多いほうが良い。しかしキャビテーション発生のため、燃費は悪くなるのですね。参考になりました。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ