人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

いまでもよく使われる、「残酷物語」という言葉なんですが、平凡社のシリーズ「日本残酷物語」が一応、元祖、と言っていいのでしょうか?

宮本常一編集の平凡社の叢書「日本残酷物語」は1959年から刊行開始。(それと無関係な映画、「日本残酷物語」は63年公開。これはヤコペッティの亜流)
大島渚の「青春残酷物語」は1960年公開。
永島慎二のマンガ「漫画家残酷物語」が1961年刊行。
ヤコペッティの「世界残酷物語」は日本で1962年公開。
南條範夫の「被虐の系譜?武士道残酷物語」は1963年刊行で、同年に「武士道残酷物語」として映画化。

なぜこう質問させてもらうかといいますと、呉智英「マンガ狂につける薬 下学上達編」で、「残酷物語という言葉は、「南條範夫が元祖で、映画やドキュメントの題名にも使われて流行語となった」とあったからです。

でも、こうして並べてみると、南條範夫が、一番遅いように、見えますが。

●質問者: kokada_jnet
●カテゴリ:書籍・音楽・映画
✍キーワード:シリーズ ドキュメント マンガ ヤコペッティ 世界残酷物語
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 1/1件

▽最新の回答へ

1 ● kappagold
●60ポイント ベストアンサー

最初は、『残酷物語』ヴィリエ・ド・リイラダン 斎藤磯雄 訳 三笠書房 昭和十ニ年六月十八日発行、かも知れません。(元のヴェリエ・ド・リイラダン『残酷物語』は一八八三年です。)

元祖という言葉の意味が、一番古いものということであれば、もっと古いものも見つかるかもしれないですね。

流行語のきっかけになったものが、元祖ということであれば、南條範夫ということもありえます。(南條範夫が他の作品からヒントを得ていたとしてもですね。)


今では、残酷物語というのは、青春物語と同じようにつかわれているような気がしますので、元祖ということ自体意味が無いかもしれません。

◎質問者からの返答

なるほど、リイラダンにありましたねえ。

60年代以降の日本の流行は、大島渚映画の影響が、一番大きいような気がしますが・・。

ありがとうございます。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ