人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

仕入先が中国です。
欠品と品質のムラに悩まされています。国内仕入れでは需要予測など話できる余地がありますが、お隣中国において具体的な良い方法、予防策はあるのでしょうか?
良いお知恵下さい。

●質問者: take-fun1128
●カテゴリ:ビジネス・経営 経済・金融・保険
✍キーワード:中国 予測 品質 国内 需要
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 3/3件

▽最新の回答へ

1 ● TNIOP
●27ポイント

直接工場を視察したり、工場長に指導して貰うしかないと思います。

中国産の商品の品質は工場での管理やチェックによるものがほとんどです。


2 ● notapachi
●27ポイント

●仕入れ先が中国、ということですが、取引している製品の性質にもよると思います。

●例えば印刷物などの場合は最新の機材をまるごと輸入することで人間が関わる要素を減らし、品質は高いということです。

●工業製品なんかもCAMの導入などにより割と高品質なものができています。ただし、日本国内で企画し製造を委託したものを、中国で勝手に製造、販売された、ということも耳にしています。

●この「勝手に製造、販売されている」のも、企画した側が「直接工場を視察したり打ち合わせをしたり」をしている上のことで、やはり意識の違いというものを痛感します。

●製品が「人力に頼る側面の大きいもの」の場合、品質管理は相当困難だと思います。

【現実的な対応】

(前提段階)

「根本的に日本人と意識が違う。また、中国は広く、地域差や個人差も大きい」

=そもそも品質管理が難しい。

(現実的な対応)

●日本人の代理店(アドバイザーなど)を通す。つまり、品質管理を委託する。

いかがでしょうか。


3 ● seble
●26ポイント

知り合いの知り合いが中国で縫製工場を立ち上げようとしましたが結局断念しました。

どうしても、満足できる品質が得られないのです。

現地の人間を頼りにしてはだめです。

自分か、もしくは信頼できる人間が現地に常駐して、常に監督していなければ無理と思います。

共産主義国であって、資本主義国の日本と同じ感覚は通用しません。

また、政府が工場その他を比較的簡単に没収できる事もお忘れなく・・

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ