人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

養老年金で、年金保険控除に該当する契約条件のもの
(今のところ、個人的には、ねんきん共済しか見つけられていませんが。)
は、その全額が年金保険控除として認められるのでしょうか?
それとも、実質的な内容を鑑みて、定期保険分と積立分に分離させられて、その積立分相当と認められた分だけ控除されるのでしょうか?

●質問者: match7
●カテゴリ:経済・金融・保険 生活
✍キーワード:保険 共済 契約 実質的 年金
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 1/1件

▽最新の回答へ

1 ● PIgeon
●60ポイント

養老年金というものがあるか定かではありませんが、恐らく個人年金保険料控除の事を言っているのかと思います。

生命保険会社等で扱っておりますのですぐに見つけられます。

年間に支払った保険料自体が判断材料になり、年間10万以上の支払で所得税で5万円の控除が行えるのが上限です。

控除目的なら拠出額全額が所得控除できる確定拠出型年金当りを検討してみると良いと思います。

http://www.bk.mufg.jp/sonaeru/401k/index.html

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ