人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

市販品と学校給食品のパンについて、
http://cgi.members.interq.or.jp/sapphire/satoshi/cgi-bin/nutrition/
などのホームページを見ると、
学校給食品の方が、ビタミンB1、B2を始め、
栄養が高いようですが、その差は一体どこからくるのでしょうか?

●質問者: match7
●カテゴリ:グルメ・料理 医療・健康
✍キーワード:b2 ビタミンB1 ホームページ 学校給食 栄養
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 3/3件

▽最新の回答へ

1 ● strawberry_jam
●27ポイント ベストアンサー

学校給食ならではの、栄養強化食品では?

学童用に栄養強化食品を数多く開発して、ひたすら栄養不良による虚弱な子供たちの栄養補給と体力づくりに専心してきました

http://www.snfoods.co.jp/kenbunroku/070110_01.html

◎質問者からの返答

ありがとうございます。

改良されている、というのは分かりました。

では、具体的にどこが改良されているのでしょうか?


2 ● siyabanka
●26ポイント

私も、学校給食用の、栄養強化食品だろうと思います。

具体的には、化学合成したビタミン(サプリメントの材料などと同じ)を、パンの製造時、練る時に混ぜているのだと思います。


材料の麦選びにこだわったり、麦の育て方からこだわったりしたうえで、さらに全粒粉にしたりなど、自然の工夫をすれば理想的なのですが、予算を考えると事実上無理でしょう。

◎質問者からの返答

サプリメントを加えているのですかね?

確かに、全粒粉で作ったパンなんかよりも、

学校給食パンの方が栄養分高いですからね。


ただ、ある程度確かなソースが欲しいですね。


3 ● SALINGER
●27ポイント

学校給食用のパンにはビタミンが強化されています。

http://oskz.com/kyushoku/pan.html

学校給食用として供給される小麦粉は、無漂白であって、栄養内容の向上を図るため、小麦粉100gについてビタミンB1 0.60mg、ビタミンB2 0.30mgを強化し、

品質規格表に基づくものを供給しています。

パンの基本原料

ア.小麦粉 学校給食用として供給される小麦粉は、市販の小麦粉と異なる特別の品質、規格のものを使用しています。

エ 脱脂粉乳(スキムミルク) ニュージーランドまたはオーストラリア産を使用しています。学校給食用として使用するため、

輸入関税が免除されています。カルシウムを多く含んでいます。

こちらは文部科学省から学校給食の食事内容について書かれてあります。

http://www.mext.go.jp/b_menu/hakusho/nc/t19950329002/t1995032900...

児童生徒一人あたりの栄養所要量についてなのですが、米飯については精白米と強化米とあるので、米飯も強化されていると思われます。

パンについては基準に強化はありませんが、米飯と同じくということで、強化されているのではないでしょうか。また材料の品種が通常のも異なっているのかもしれません。

通常のパンや米飯(精製されている小麦粉や米)ではビタミンB1とB2が栄養基準を満たすことが大変なので、栄養を強化しているのでしょう。

◎質問者からの返答

ありがとうございます。

これで大体分かりました。


仰るとおり、全粒粉(ビタミンB1やB6は高いけど、B2は低い)などを使ったとしても、

特に、ビタミンB2などはなかなか栄養基準を満たせませんよねえ。

やっぱり強化しているんですねえ。


僕が自分の栄養摂取量を計算しても、

やはりビタミンB2は不足しがちです。

全粒粉でパンを焼いたこともありましたが、

全粒粉は特に一番欲しいビタミンB2などが高くないので、

僕も強化パンを作りたいなあ。栄養剤入れてやけば作れるのかな?

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ