人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

日本において、現在自治体が採用している、ゴミの処理方法を教えてください。

また、もし一緒に分かるのであれば、その処理方法を採用することでのメリット・デメリットも知りたいです。
費用面、環境面など、様々な側面でのメリット、デメリットで。

よろしくお願いします!

●質問者: shoma22
●カテゴリ:政治・社会 生活
✍キーワード:ゴミ デメリット メリット 採用 現在
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 5/5件

▽最新の回答へ

1 ● TOURCONTAKUTER
●20ポイント

http://town.honbetsu.hokkaido.jp/05kurashi/e_eisei04.html

北海道十勝地方の 銀河3町 本別・足寄・陸別は、17分別です。

本別町は埋め立て率が全道でもっとも少ない市町村です。


2 ● TOURCONTAKUTER
●20ポイント

http://www.furanotourism.com/study2/01seikatu/index.html

北の国からで有名な 北海道富良野市はゴミのリサイクル率 93%です。

富良野といえば国民的な人気ドラマ「北の国から」が連想されますが、ドラマの随所に富良野のゴミ問題の取り組みやその目的などが織り込まれています。主人公黒板五郎の息子純は「95帰郷」で市役所の清掃臨時職員になり、五郎は生ゴミを堆肥にしていました。五郎が最後に住んだ「石の家」や五郎が作った「拾って来た家」はそのまま残され観光名所にもなって、そのメッセージを送り続けています。

富良野は豊かな自然を守り・生活環境を守る努力をしています。その「富良野方式」の一部をご紹介いたします。

富良野市では「燃やさない、埋めない」をスローガンに、徹底した分別とリサイクルによるごみの減量化に取り組んでいます。平成13年からはゴミの減量化を目的にゴミ袋の有料化に踏み切り、住民もゴミ分別(14種区分24分類)に協力・実行しています。

近年、環境問題・特にゴミ処理問題は各自治体とも最重要課題となり、「容器包装リサイクル法」「家電リサイクル法」や「ゴミ処理に係るダイオキシン類発生防止等ガイドライン」などの法令により、ますますゴミ処理問題への自治体の取り組み強化が重要になってきました。富良野では全国に先駆けてゴミ処理問題に官民一体で取り組み「富良野方式」と呼ばれる資源循環型の街づくりを構築し、ゴミのリサイクル率93%に達しています。


3 ● meronmeron
●20ポイント

焼却

埋め立て

再生


の三つではないでrしょうか。

http://www.pref.kagawa.jp/kankyo/gakushu/progam_2/program/junkan...


4 ● memetan
●20ポイント

http://www.cmcbooks.co.jp/books/b0683.php

ごみ処理方法について扱われた書籍の紹介です。

http://www.ryuzen9.com/econet/gomi.html

埋め立てなどについて言及。

http://home.jps.net/~mimizu/compare.htm

生ゴミ処理について。メリット・デメリットともに言及。

http://www.res.kutc.kansai-u.ac.jp/~yamana/src/nakata.htm

ゴミ分別についての論文。


5 ● teruterubouzu21
●20ポイント

http://www.shse.u-hyogo.ac.jp/kumagai/Hjsss98/gomi.htm ゴミ処理

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ