人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

【はてな初心者です。上級者の方にお伺いします】
最近質問回答させてもらってる者です。
よくはてなタグがありますよね?
あれで囲むやつありますよね?
あれ使いたいんですが、
どうやればいいんでしょうか?
また、便利なタグを教えてください。
(タグそのものを書いてください。m( __ __ )m)


●質問者: こう
●カテゴリ:はてなの使い方 コンピュータ
✍キーワード:はてな タグ 初心者
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 38/38件

▽最新の回答へ

[1]回答欄の隅にありますけど? kn1967

回答欄の下部

「この内容で確認する」※はてな記法と一部のHTMLタグが使用出来ます。「?」

の「?」にリンクがありますけど見落としてます?

人力検索はてなのヘルプ - 人力検索はてなで利用可能なはてな記法一覧

人力検索はてなのヘルプ - 人力検索はてなで利用可能なタグ一覧


[2]>1 いや、見落としてません^^; kohnewage

どれがどうなるかが煩雑で探せないので

質問とゆう形にさせてもらいました。


[3]はてな記法ですね☆ sokyo

こんにちはー。

はてな記法ですね。

ここに一覧があります。

http://hatenaquestion.g.hatena.ne.jp/keyword/%e4%ba%ba%e5%8a%9b%...

で、

http://hatenadiary.g.hatena.ne.jp/keyword/%e5%bc%95%e7%94%a8%e3%...

これのコトですね?

「>>」だけの行と、「<<」だけの行で段落をはさむと、その部分が引用文だということを示すことができます

って書いてあります。

(URLエンコードやったの初めてだ…うまくいってるかな…)


[4]>3 これこれ^^ kohnewage

>http://www.livly.com/main.php>

これが私がはまってる育てゲームのリヴリーアイランドです^^<<

出来てるのかな?^^;


[5]>4 失敗^^; kohnewage

>http://www.livly.com/main.php>

これが私がはまってる育てゲームのリヴリーアイランドです^^

出来てるのかな?^^;

<<


[6]>5 あれ^^; kohnewage

>http://www.livly.com/main.php>

これが私がはまってる育てゲームのリヴリーアイランドです^^

出来てるのかな?^^;


[7]>6 うーん^^;囲めたけど、少し違うような^^; kohnewage

今回の場合もダイアリーとは表記が違ってくるんでしょうか?


[8]>2 とりあえずpre記法かな? kn1967

使い方は上記リンク先からさらにリンクしていますので割愛しますが

よく使うもので、かつ、比較的理解しやすいものとして

・pre記法(背景が薄い青色になる。最も伝えたい部分に用いる)
・スーパーpre記法(HTMLタグをそのまま貼り付けたい場合などに使う)
・改行記法(1行空けたい時には2行続けて改行する必要があるということ)
・question記法(はてな内の他の質問へのリンクを貼る場合に使う)

などから少しずつ使ってみてはどうでしょうか?

・表組み記法(罫線付きの表が作れる)

などもありますが便利だけど組むのが面倒なので正直なところ滅多に出番ないですね。


[9]>8 pre記法練習。 kohnewage
これがリヴリーアイランドです

http://www.livly.com/main.php


[10]>9 スーパーpre記法練習。 kohnewage
// Module Name
module nsmsgs.consts;

// nsmsgs API Version information
const char[] NSM_API_VERSION = "0.2.3";

// Module Name
const char[] NMM_SYSTEM = "System";
const char[] NMM_PROTOCOL = "Protocol";
const char[] NMM_UI = "UI";
const char[] NMM_ADDIN = "AddIn";

// Categolies
const char[] NMD_SYSTEM_CONNECTION = NMM_SYSTEM~"/Connection";
const char[] NMD_SYSTEM_CONNECTION_MEMBERS = NMD_SYSTEM_CONNECTION~"/Members";
const char[] NMD_SYSTEM_CONNECTION_GROUPS = NMD_SYSTEM_CONNECTION~"/Groups";
const char[] NMD_SYSTEM_CONNECTION_UISERVICE = NMD_SYSTEM_CONNECTION~"/UIService";
const char[] NMD_SYSTEM_CONNECTION_UISERVICE_MAIN = NMD_SYSTEM_CONNECTION_UISERVICE~"/Main";
const char[] NMD_SYSTEM_CONNECTION_UISERVICE_MEMBER = NMD_SYSTEM_CONNECTION_UISERVICE~"/Member";
const char[] NMD_SYSTEM_CONNECTION_UISERVICE_GROUP = NMD_SYSTEM_CONNECTION_UISERVICE~"/Group";
const char[] NMD_SYSTEM_SESSION = NMM_SYSTEM~"/Session";
const char[] NMD_SYSTEM_SESSION_MEMBERS = NMD_SYSTEM_SESSION~"/Members";
const char[] NMD_SYSTEM_ADDIN = NMM_SYSTEM~"/AddIn";
const char[] NMD_SYSTEM_ADDIN_UISERVICE = NMD_SYSTEM_ADDIN~"/UIService";
const char[] NMD_SYSTEM_ADDIN_UISERVICE_MAIN = NMD_SYSTEM_ADDIN_UISERVICE~"/Main";
const char[] NMD_SYSTEM_ADDIN_UISERVICE_MEMBER = NMD_SYSTEM_ADDIN_UISERVICE~"/Member";
const char[] NMD_SYSTEM_ADDIN_UISERVICE_GROUP = NMD_SYSTEM_ADDIN_UISERVICE~"/Group";
const char[] NMD_SYSTEM_ADDIN_UISERVICE_TAB = NMD_SYSTEM_ADDIN_UISERVICE~"/Tab";
const char[] NMD_PROTOCOL_CONNECTION = NMM_PROTOCOL~"/%s/Connection";
const char[] NMD_PROTOCOL_CONNECTION_UISERVICE = NMD_PROTOCOL_CONNECTION~"/UIService";
const char[] NMD_PROTOCOL_CONNECTION_UISERVICE_MAIN = NMD_PROTOCOL_CONNECTION_UISERVICE~"/Main";
const char[] NMD_PROTOCOL_CONNECTION_UISERVICE_MEMBER = NMD_PROTOCOL_CONNECTION_UISERVICE~"/Member";
const char[] NMD_PROTOCOL_CONNECTION_UISERVICE_GROUP = NMD_PROTOCOL_CONNECTION_UISERVICE~"/Group";
const char[] NMD_PROTOCOL_SESSION = NMM_PROTOCOL~"/%s/Session";
const char[] NMD_PROTOCOL_FILESESSION = NMM_PROTOCOL~"/%s/FileSession";
const char[] NMD_ADDIN_UISERVICE = NMM_ADDIN~"/%s/UIService";
const char[] NMD_ADDIN_UISERVICE_MAIN = NMD_ADDIN_UISERVICE~"/Main";
const char[] NMD_ADDIN_UISERVICE_MEMBER = NMD_ADDIN_UISERVICE~"/Member";
const char[] NMD_ADDIN_UISERVICE_GROUP = NMD_ADDIN_UISERVICE~"/Group";
const char[] NMD_ADDIN_UISERVICE_TAB = NMD_ADDIN_UISERVICE~"/Tab";
const char[] NMD_ADDIN_FILEIO = NMM_ADDIN~"/FileIO";
const char[] NMD_ADDIN_STRRSC = NMM_ADDIN~"/StrRsc";

// Common Service
const char[] NMS_COMMON_SHOWOPTIONDIALOG = "%s/ShowOptionDialog";

// System Event
const char[] NME_SYSTEM_MODULESLOADED = NMM_SYSTEM~"/OnModulesLoaded";
const char[] NME_SYSTEM_CONNECTION_CONNECT = NMD_SYSTEM_CONNECTION~"/OnConnect";
const char[] NME_SYSTEM_CONNECTION_DISCONNECT = NMD_SYSTEM_CONNECTION~"/OnDisconnect";
const char[] NME_SYSTEM_CONNECTION_INFOCHANGE = NMD_SYSTEM_CONNECTION~"/OnInfoChange";
const char[] NME_SYSTEM_CONNECTION_MEMBERS_ADD = NMD_SYSTEM_CONNECTION_MEMBERS~"/OnAdd";
const char[] NME_SYSTEM_CONNECTION_MEMBERS_REMOVE = NMD_SYSTEM_CONNECTION_MEMBERS~"/OnRemove";
const char[] NME_SYSTEM_CONNECTION_MEMBERS_INFOCHANGE = NMD_SYSTEM_CONNECTION_MEMBERS~"/OnInfoChange";
const char[] NME_SYSTEM_CONNECTION_MEMBERS_INFOCHANGING = NMD_SYSTEM_CONNECTION_MEMBERS~"/OnInfoChanging";
const char[] NME_SYSTEM_CONNECTION_GROUPS_ADD = NMD_SYSTEM_CONNECTION_GROUPS~"/OnAdd";
const char[] NME_SYSTEM_CONNECTION_GROUPS_REMOVE = NMD_SYSTEM_CONNECTION_GROUPS~"/OnRemove";
const char[] NME_SYSTEM_CONNECTION_GROUPS_INFOCHANGE = NMD_SYSTEM_CONNECTION_GROUPS~"/OnInfoChange";
const char[] NME_SYSTEM_SESSION_OPEN = NMD_SYSTEM_SESSION~"/OnOpen";
const char[] NME_SYSTEM_SESSION_CLOSE = NMD_SYSTEM_SESSION~"/OnClose";
const char[] NME_SYSTEM_SESSION_INFOCHANGE = NMD_SYSTEM_SESSION~"/OnInfoChange";
const char[] NME_SYSTEM_SESSION_SENDMESSAGE = NMD_SYSTEM_SESSION~"/OnSendMessage";
const char[] NME_SYSTEM_SESSION_RECEIVEMESSAGE = NMD_SYSTEM_SESSION~"/OnReceiveMessage";
const char[] NME_SYSTEM_SESSION_MEMBERS_ADD = NMD_SYSTEM_SESSION_MEMBERS~"/OnAdd";
const char[] NME_SYSTEM_SESSION_MEMBERS_REMOVE = NMD_SYSTEM_SESSION_MEMBERS~"/OnRemove";
const char[] NME_SYSTEM_SESSION_MEMBERS_INFOCHANGE = NMD_SYSTEM_SESSION_MEMBERS~"/OnInfoChange";

// System Service
const char[] NMS_SYSTEM_EXIT = NMM_SYSTEM~"/Exit";
const char[] NMS_SYSTEM_DEBUG_PRINT = NMM_SYSTEM~"/Debug/Print";
const char[] NMS_SYSTEM_ENUMPROTOCOLS = NMM_SYSTEM~"/EnumProtocols";
const char[] NMS_SYSTEM_ENUMMODULES = NMM_SYSTEM~"/EnumModules";
const char[] NMS_SYSTEM_GETPLUGININFO = NMM_SYSTEM~"/GetPluginInfo";
const char[] NMS_SYSTEM_CONNECTION_CREATE = NMD_SYSTEM_CONNECTION~"/Create";
const char[] NMS_SYSTEM_CONNECTION_DELETE = NMD_SYSTEM_CONNECTION~"/Delete";
const char[] NMS_SYSTEM_CONNECTION_GETINFO = NMD_SYSTEM_CONNECTION~"/GetInfo";
const char[] NMS_SYSTEM_CONNECTION_SETINFO = NMD_SYSTEM_CONNECTION~"/SetInfo";
const char[] NMS_SYSTEM_CONNECTION_ENUM = NMD_SYSTEM_CONNECTION~"/Enum";
const char[] NMS_SYSTEM_CONNECTION_MEMBERS_ADD = NMD_SYSTEM_CONNECTION_MEMBERS~"/Add";
const char[] NMS_SYSTEM_CONNECTION_MEMBERS_REMOVE = NMD_SYSTEM_CONNECTION_MEMBERS~"/Remove";
const char[] NMS_SYSTEM_CONNECTION_MEMBERS_GETINFO = NMD_SYSTEM_CONNECTION_MEMBERS~"/GetInfo";
const char[] NMS_SYSTEM_CONNECTION_MEMBERS_SETINFO = NMD_SYSTEM_CONNECTION_MEMBERS~"/SetInfo";
const char[] NMS_SYSTEM_CONNECTION_MEMBERS_ENUM = NMD_SYSTEM_CONNECTION_MEMBERS~"/Enum";
const char[] NMS_SYSTEM_CONNECTION_MEMBERS_BEGINUPDATE = NMD_SYSTEM_CONNECTION_MEMBERS~"/BeginUpdate";
const char[] NMS_SYSTEM_CONNECTION_MEMBERS_ENDUPDATE = NMD_SYSTEM_CONNECTION_MEMBERS~"/EndUpdate";
const char[] NMS_SYSTEM_CONNECTION_GROUPS_ADD = NMD_SYSTEM_CONNECTION_GROUPS~"/Add";
const char[] NMS_SYSTEM_CONNECTION_GROUPS_REMOVE = NMD_SYSTEM_CONNECTION_GROUPS~"/Remove";
const char[] NMS_SYSTEM_CONNECTION_GROUPS_GETINFO = NMD_SYSTEM_CONNECTION_GROUPS~"/GetInfo";
const char[] NMS_SYSTEM_CONNECTION_GROUPS_SETINFO = NMD_SYSTEM_CONNECTION_GROUPS~"/SetInfo";
const char[] NMS_SYSTEM_CONNECTION_GROUPS_ENUM = NMD_SYSTEM_CONNECTION_GROUPS~"/Enum";
const char[] NMS_SYSTEM_CONNECTION_GROUPS_BEGINUPDATE = NMD_SYSTEM_CONNECTION_GROUPS~"/BeginUpdate";
const char[] NMS_SYSTEM_CONNECTION_GROUPS_ENDUPDATE = NMD_SYSTEM_CONNECTION_GROUPS~"/EndUpdate";
const char[] NMS_SYSTEM_SESSION_CREATE = NMD_SYSTEM_SESSION~"/Create";
const char[] NMS_SYSTEM_SESSION_DELETE = NMD_SYSTEM_SESSION~"/Delete";
const char[] NMS_SYSTEM_SESSION_GETINFO = NMD_SYSTEM_SESSION~"/GetInfo";
const char[] NMS_SYSTEM_SESSION_SETINFO = NMD_SYSTEM_SESSION~"/SetInfo";
const char[] NMS_SYSTEM_SESSION_ENUM = NMD_SYSTEM_SESSION~"/Enum";
const char[] NMS_SYSTEM_SESSION_MEMBERS_ADD = NMD_SYSTEM_SESSION_MEMBERS~"/Add";
const char[] NMS_SYSTEM_SESSION_MEMBERS_REMOVE = NMD_SYSTEM_SESSION_MEMBERS~"/Remove";
const char[] NMS_SYSTEM_SESSION_MEMBERS_GETINFO = NMD_SYSTEM_SESSION_MEMBERS~"/GetInfo";
const char[] NMS_SYSTEM_SESSION_MEMBERS_SETINFO = NMD_SYSTEM_SESSION_MEMBERS~"/SetInfo";
const char[] NMS_SYSTEM_SESSION_MEMBERS_ENUM = NMD_SYSTEM_SESSION_MEMBERS~"/Enum";
const char[] NMS_SYSTEM_SESSION_MEMBERS_BEGINUPDATE = NMD_SYSTEM_SESSION_MEMBERS~"/BeginUpdate";
const char[] NMS_SYSTEM_SESSION_MEMBERS_ENDUPDATE = NMD_SYSTEM_SESSION_MEMBERS~"/EndUpdate";
const char[] NMS_SYSTEM_SESSION_SENDMESSAGE = NMD_SYSTEM_SESSION~"/SendMessage";
const char[] NMS_SYSTEM_SESSION_RECEIVEMESSAGE = NMD_SYSTEM_SESSION~"/ReceiveMessage";
const char[] NMS_SYSTEM_CONNECTION_UISERVICE_MAIN_ENUM = NMD_SYSTEM_CONNECTION_UISERVICE_MAIN~"/Enum";
const char[] NMS_SYSTEM_CONNECTION_UISERVICE_MEMBER_ENUM = NMD_SYSTEM_CONNECTION_UISERVICE_MEMBER~"/Enum";
const char[] NMS_SYSTEM_CONNECTION_UISERVICE_GROUP_ENUM = NMD_SYSTEM_CONNECTION_UISERVICE_GROUP~"/Enum";
const char[] NMS_SYSTEM_ADDIN_UISERVICE_MAIN_ENUM = NMD_SYSTEM_ADDIN_UISERVICE_MAIN~"/Enum";
const char[] NMS_SYSTEM_ADDIN_UISERVICE_MEMBER_ENUM = NMD_SYSTEM_ADDIN_UISERVICE_MEMBER~"/Enum";
const char[] NMS_SYSTEM_ADDIN_UISERVICE_GROUP_ENUM = NMD_SYSTEM_ADDIN_UISERVICE_GROUP~"/Enum";
const char[] NMS_SYSTEM_ADDIN_UISERVICE_TAB_ENUM = NMD_SYSTEM_ADDIN_UISERVICE_TAB~"/Enum";

// Protocol Service
const char[] NMS_PROTOCOL_CONNECTION_CONNECT = NMD_PROTOCOL_CONNECTION~"/Connect";
const char[] NMS_PROTOCOL_CONNECTION_DISCONNECT = NMD_PROTOCOL_CONNECTION~"/Disconnect";
const char[] NMS_PROTOCOL_CONNECTION_CHANGEUSERSTATUS = NMD_PROTOCOL_CONNECTION~"/ChangeUserStatus";
const char[] NMS_PROTOCOL_CONNECTION_CHANGEUSERNAME = NMD_PROTOCOL_CONNECTION~"/ChangeUserName";
const char[] NMS_PROTOCOL_CONNECTION_ADDMEMBER = NMD_PROTOCOL_CONNECTION~"/AddMember";
const char[] NMS_PROTOCOL_CONNECTION_REMOVEMEMBER = NMD_PROTOCOL_CONNECTION~"/RemoveMember";
const char[] NMS_PROTOCOL_CONNECTION_CHANGEMEMBERGROUP = NMD_PROTOCOL_CONNECTION~"/ChangeMemberGroup";
const char[] NMS_PROTOCOL_CONNECTION_ADDGROUP = NMD_PROTOCOL_CONNECTION~"/AddGroup";
const char[] NMS_PROTOCOL_CONNECTION_REMOVEGROUP = NMD_PROTOCOL_CONNECTION~"/RemoveGroup";
const char[] NMS_PROTOCOL_CONNECTION_CHANGEGROUPNAME = NMD_PROTOCOL_CONNECTION~"/ChangeGroupName";
const char[] NMS_PROTOCOL_CONNECTION_OPENMAIL = NMD_PROTOCOL_CONNECTION~"/OpenMail";
const char[] NMS_PROTOCOL_SESSION_OPEN = NMD_PROTOCOL_SESSION~"/Open";
const char[] NMS_PROTOCOL_SESSION_CLOSE = NMD_PROTOCOL_SESSION~"/Close";
const char[] NMS_PROTOCOL_SESSION_INVITEMEMBER = NMD_PROTOCOL_SESSION~"/InviteMember";
const char[] NMS_PROTOCOL_SESSION_SENDMESSAGE = NMD_PROTOCOL_SESSION~"/SendMessage";
const char[] NMS_PROTOCOL_SESSION_BEGINTYPING = NMD_PROTOCOL_SESSION~"/BeginTyping";
const char[] NMS_PROTOCOL_SESSION_ENDTYPING = NMD_PROTOCOL_SESSION~"/EndTyping";
const char[] NMS_PROTOCOL_CONNECTION_UISERVICE_MAIN = NMD_PROTOCOL_CONNECTION_UISERVICE_MAIN~"/%s";
const char[] NMS_PROTOCOL_CONNECTION_UISERVICE_MEMBER = NMD_PROTOCOL_CONNECTION_UISERVICE_MEMBER~"/%s";
const char[] NMS_PROTOCOL_CONNECTION_UISERVICE_GROUP = NMD_PROTOCOL_CONNECTION_UISERVICE_GROUP~"/%s";

// UI Service
const char[] NMS_UI_NOTIFY = NMM_UI~"/Notify";
const char[] NMS_UI_MESSAGEBOX = NMM_UI~"/MessageBox";

// AddIn Service
const char[] NMS_ADDIN_UISERVICE_MAIN = NMD_ADDIN_UISERVICE_MAIN~"/%s";
const char[] NMS_ADDIN_UISERVICE_MEMBER = NMD_ADDIN_UISERVICE_MEMBER~"/%s";
const char[] NMS_ADDIN_UISERVICE_GROUP = NMD_ADDIN_UISERVICE_GROUP~"/%s";
const char[] NMS_ADDIN_UISERVICE_TAB = NMD_ADDIN_UISERVICE_TAB~"/%s";

// FileIO Service
const char[] NMS_ADDIN_FILEIO_OPEN = NMD_ADDIN_FILEIO~"/Open";
const char[] NMS_ADDIN_FILEIO_CREATE = NMD_ADDIN_FILEIO~"/Create";
const char[] NMS_ADDIN_FILEIO_READ = NMD_ADDIN_FILEIO~"/Read";
const char[] NMS_ADDIN_FILEIO_APPEND = NMD_ADDIN_FILEIO~"/Append";
const char[] NMS_ADDIN_FILEIO_CLOSE = NMD_ADDIN_FILEIO~"/Close";
const char[] NMS_ADDIN_FILEIO_GETINFO = NMD_ADDIN_FILEIO~"/GetInfo";
// StrRsc Service
const char[] NMS_ADDIN_STRRSC_GETLOCALSTR = NMD_ADDIN_STRRSC~"/GetLocalStr";

// PluginInfo
enum
{
NMPI_APIVER = 0, // API のバージョン
NMPI_MODULENAME = 1, // モジュール名
NMPI_TITLE = 2, // プラグイン名
NMPI_DESCRIPTION = 3, // 簡単な説明
NMPI_AUTHOR = 4, // 作者
NMPI_COPYRIGHT = 5, // 著作権表示
NMPI_PLUGINVER = 6 // プラグインのバージョン
}

// リストの種類
enum
{
NMLK_FORWARDLIST = 0, // コンタクトリスト
NMLK_REVERSELIST = 1, // 対向リスト
NMLK_ALLOWLIST = 2, // 許可リスト
NMLK_BLOCKLIST = 3 // 禁止リスト
}

// メンバ情報
enum
{
NMMI_ACCOUNT = 1000, // アカウント
NMMI_NAME = 1001, // 表示名
NMMI_STATUS = 1002, // 状態
NMMI_STATUSSTRING = 1003, // 状態を表す文字列
NMMI_BUSYNESS = 1004, // 忙しさ(0..100)
NMMI_GROUPID = 1005, // 所属するグループのID
NMMI_HINT = 1006, // ヒント文字列
NMMI_MAIL = 1007, // メイルの未読数設定
NMMI_TYPING = 1008 // タイピング中か(真)そうでないか(偽)
}

// グループ情報
enum
{
NMGI_ID = 1000, // グループ識別子
NMGI_NAME = 1001, // 表示名
NMGI_EXPANDED = 1002 // グループの展開状態
}

// メンバ情報設定フラグ
enum
{
NMIF_INITLIST = 2, // リスト初期値設定フラグ
NMIF_NOCHANGEEVENT = 4 // OnInfoChange イベントを発生させない
}

// コネクション情報
enum
{
NMCI_USER_ACCOUNT = NMMI_ACCOUNT,
NMCI_USER_NAME = NMMI_NAME,
NMCI_USER_STATUS = NMMI_STATUS,
NMCI_USER_STATUSSTRING = NMMI_STATUSSTRING,
NMCI_USER_BUSYNESS = NMMI_BUSYNESS,
NMCI_USER_MAILSTATUS = NMMI_MAIL,

NMCI_PROTOCOL = 2000, // プロトコル名(読み出し専用)
NMCI_CAPTION = 2001, // キャプション
NMCI_STATUS = 2002 // 接続状態
}

// セッション情報
enum
{
NMSI_CAPTION = 1000, // キャプション
NMSI_STATUS = 1001, // 接続状態
NMSI_CONNECTION = 1002, // 親コネクション(読み出し専用)
NMSI_PROTOCOL = 1003 // プロトコル名(読み出し専用)
}

// ファイルセッション情報
enum
{
NMFI_SESSION = 1000, // 親セッション(読み出し専用)
NMFI_PROTOCOL = 1001, // プロトコル名(読み出し専用)
NMFI_FILENAME = 1002, // ファイル名
NMFI_FILESIZE = 1003, // ファイルサイズ
NMFI_CURRENTSIZE = 1004, // 取得/送信済ファイルサイズ
NMFI_ISSENDER = 1005, // 送信者かどうか
NMFI_STATUS = 1006 // 状態
}

// ファイルセッション状態
enum
{
NMFT_OPENNING = 0, // 接続中
NMFT_INVITED = 1, // 招待され承諾待ち中
NMFT_INVITING = 2, // 招待し承諾待ち中
NMFT_ACCEPTED = 3, // 承諾した/された
NMFT_CANCELED = 4, // キャンセルした/された
NMFT_NEGOTIATING = 5, // 転送準備中
NMFT_RECEIVING = 6, // 受信中
NMFT_SENDING = 7, // 送信中
NMFT_TRANSFER_SUCCESS = 8, // 転送終了
NMFT_TRANSFER_FAILED = 9 // 転送失敗
}

// メンバの状態
enum
{
NMST_OFFLINE = 0, // オフライン
NMST_ONLINE = 1, // オンライン
NMST_BUSY = 2, // 取り込み中
NMST_IDLE = 3, // アイドル
NMST_BERIGHTBACK = 4, // すぐ戻ります
NMST_AWAY = 5, // 退席中
NMST_ONTHEPHONE = 6, // 電話中
NMST_OUTTOLUNCH = 7, // 昼休み
NMST_HIDDEN = 8, // 不可視
NMST_CUSTOM = 1000 // カスタム
}

// 接続の状態
enum
{
NMCS_DISCONNECTED = 0, // 切断
NMCS_CONNECTED = 1, // 接続
NMCS_CONNECTING = 2, // 接続処理中
NMCS_DISCONNECTING = 3 // 切断処理中
}

// 情報の型
enum
{
NMIT_STRING = 0, // Ansi 文字列
NMIT_WIDESTRING = 1, // Unicode 文字列
NMIT_INTEGER = 2, // 符号付き32bit整数値
NMIT_BOOL = 3 // 真偽値
}

// 通知アイコン
enum
{
NMNI_EXCLAMATION = 0, // 警告
NMNI_STOP = 1, // エラー
NMNI_INFORMATION = 2, // 情報
NMNI_QUESTION = 3, // 問い合わせ
NMNI_MESSAGE = 4, // メッセージ着信
NMNI_MAIL = 5, // メール着信
NMNI_FILE = 6, // ファイル着信
NMNI_CONNECT = 7, // 接続
NMNI_DISCONNECT = 8, // 切断
NMNI_ONLINE = 9, // メンバオンライン
NMNI_OFFLINE = 10, // メンバオフライン
NMNI_BUSY = 11 // メンバビジー
}

// 文字装飾
enum
{
NMFS_BOLD = 2, // 太字
NMFS_ITALIC = 4, // 斜体
NMFS_UNDERLINE = 8, // 下線
NMFS_STRIKEOUT = 16 // 取消線
}

// エラー定数
enum
{
NMP_ERROR_NOTIMPLEMENT = -1, // 実装されていない
NMP_ALLRIGHT = 0, // 正常終了
NMP_ERROR_INTERNAL = 100, // 内部エラー
NMP_ERROR_UNINITIALIZED = 101 // プラグインが初期化されていない
}

// UIサービス
enum
{
NMUI_GETCAPTION = 0, // メニュー項目取得
NMUI_ONCLICK = 1 // メニュー選択
}

[11]>10 改行記法練習。 kohnewage
これがリヴリーです

http://www.livly.com/main.php


[12]>11 kn1967さん、ありがとう^^pre記法いいですねー^^ kohnewage

改行も2行空けるんですねー^^


[13]>7 …ではなくて、 sokyo

うまくいってないですね…υ

>>

この部分が引用です。

<<

ってやると、

この部分が引用です。

になります♪

上の例では勝手にタグが有効にならないようにするために、

「>>」とかのあとに半角スペースを空けてだましだましやってます(笑)。

本当は記法を無効にするタグもありそうだケド、見つからなかった…υ

このタグ知っていたので回答してしまいましたが、

実ははてな記法あまり使いこなしてないです…(+_+)o


[14]他の人の質問内容や他のページの引用をするとき toku4sr4agent

例えば他の人の質問内容の一部を引用するとか、

参照のために挙げたほかのサイトの一部を引用する際に使うはてな記法として

>>

<<

を使います。(実際は半角にします。)

>>
よくはてなタグがありますよね?
あれで囲むやつありますよね?
あれ使いたいんですが、どうやればいいんでしょうか?
<<

と書くと以下のようになります。(>><<は半角にしてください)

よくはてなタグがありますよね?

あれで囲むやつありますよね?

あれ使いたいんですが、どうやればいいんでしょうか?


なお、本文と続けて書いてしまうと引用であることを示す囲み?がうまく表示されないことがありますので、

>>の後、<<の前は改行したほうがよいと思います。


[15]>13 囲めてはいるんですけど。。。 kohnewage

URLのところがおかしいなって思って^^;


[16]>13 うーんうまく行かないみたい toku4sr4agent

>http://q.hatena.ne.jp/>

人力検索はてなは人が答える検索サイト。どう探してよいか分からない、たくさんの人に教えて欲しい、そんな質問に答えます。

<<

どうでしょうか?

(はてなの引用記法の文章をそのままこぴぺしてみましたが)


[17]>16 どうもよくみたら toku4sr4agent

どうもよく見たら、

http://hatenadiary.g.hatena.ne.jp/keyword/%e5%bc%95%e7%94%a8%e3%...

ははてなダイアリーのほうだったようです。


でも人力検索で使えるはてな記法

http://hatenaquestion.g.hatena.ne.jp/keyword/%e4%ba%ba%e5%8a%9b%...

から

リンクが貼られている引用記法ははてなダイアリーのページだ・・・。


指摘されるまで気がつきませんでした。

ヘルプのバグのようです。


[18]>14 toku4sr4agentさんありがとう^^ kohnewage
さっき別の方に教わったpre記法だと>|(半角)だったんだけど
またそれとは違うんでしょうか?これは>|と|<で囲んでます。

これがtoku4sr4agentさんに今教わった>>と<<で囲んでます。


違いがあるのかな?


[19]>17 仮に・・・ toku4sr4agent

http://hatenadiary.g.hatena.ne.jp/keyword/%e5%bc%95%e7%94%a8%e3%...

の例のように表示したい場合には、

>>
人力検索はてなは人が答える検索サイト。どう探してよいか分からない、たくさんの人に教えて欲しい、そんな質問に答えます。
http://q.hatena.ne.jp/
<<

と書かないといけないのかもしれませんね。

(>>、<<は半角)

人力検索はてなは人が答える検索サイト。どう探してよいか分からない、たくさんの人に教えて欲しい、そんな質問に答えます。

http://q.hatena.ne.jp/


[20]>18 (|||ノ`□´)ノオオオォォォー!! kohnewage

違うわ^^


なるほど^^


勉強になりました^^


[21]>19 ああ、なるほど。 kohnewage

了解しました。


URLも普通に囲みの中に入れてしまえばいいんですね^^


ダイアリーとの記法の違いなのですね^^


よかったです。すっきりしました^^


[22]少々質問自体からはずれますが… Reiaru

ご自分のダイアリーで練習されるのも良いと思いますよ。

(間違ってトラックバックを送ってしまったら、それは消せなくなると思いますが)


質問時には改行 2 行空けをしなくても自動で <br> が入る、

ところが回答する際には 2 行空けをしないと自動では <br> が入らない、

コメント欄でははてな記法が効かなかったり、

ポイント送信時のプレビューでは改行が削除されて見えてしまう、等々…

どうも仕様が統一されているとはとても言い難い状態にあります。


こういった事があり、慣れ親しんだ人でないとどうにも、

「あれ?あちらではこうだったのにこちらでは違うのは何故?」みたいな事になりがちなのです。


良く言えば「部門毎に最善の表記法が用意されている」のですが、

悪く言えば「あちこちで仕様が異なっていて、使い慣れていない方は混乱してしまう」のです。


はてなさんのスタンスは、習うより慣れろなのでしょうか、困ったものです。


[23]>22 ああ、そうなんだあ、ひとつ聞いてもいいですか? kohnewage

質問ではpre記法と>>と<<のやつは使えないんでしょうか?


今質問出したんだけど、うまくいかなくて^^;


[24]>23 私も質問はあまりした事が無いのですが Reiaru

> 質問ではpre記法と>>と<<のやつは使えないんでしょうか?


と言いますか、質問する際には全ての HTML タグが無効になります。

勿論、はてな記法も使えません。

-------------------------------------

質問時は何故か 500 文字までなのですが、何故か回答時にはその文字数制限が無制限になったりもします。

コメント欄については、長すぎるとこの様な事になったりもするようです (後半が壊れています)。


http://q.hatena.ne.jp/1182050053#c92408


はてなアイデアのアイデア提案欄では、入力中に自動で入力した文字数を表示してくれたりもするのですが、

人力質問時にもそのインターフェイスを採用してくれたら良いとも思うのです。


訳分からないですよね。仕様があちこちで微妙に違うのです。

これでは初めてはてなに来た人が混乱してしまうのは当然だと思うのでした…。


[25]>24 ああ、そうなんだあ^^; kohnewage

わたりずらいなあ^^;

あちこちで仕様が違うんですねー^^;

質問では使えないのか。。

残念;;

リンクのコメントもやぶけてますね^^;なんか質問の中の答えみたい^^;

やぶけてるってなにが?って感じだわ^^;


[26]>25 同じいるかの別スレッドに daichan330

人力で使える記法・タグ一覧はありますよね?

http://q.hatena.ne.jp/1183277969/101312/#i101312


あと確認時点で内容は展開されると思うのですが。


[27]>21 というよりも daichan330

人力の記法が古いだけです。

最近だとrakuten記法とかも対応できてないですし。


[28]>27 ああ、なるほど kohnewage

そうゆうことなのかあ。

どうして古いままにしてるのかな?

何か意味があるんでしょうか?

新しくして統一もしてもらって

使いやすくしてもらいたいものですね。


[29]>28 工数の関係、優先度。etc daichan330

原因は色々考えられます。


はてな側からすると、人力という場に関してははてな記法による「見せる」という部分を重視していないのかもしれません。


[30]>29 あーそうだったんですね… sokyo

URL入りのところまで実験せずに回答してしまったので混乱を招いていたみたい…υ

ただ四角で囲むのしかやったコトがなかったので、それで満足していましたo

人力の記法が古いだけです。

ナットクです。

勉強になりました☆


[31]>30 囲むのは出来てたんだけどね。^^ kohnewage

もうひとつ教わったやつがいかなかったんだよね^^;まあ、それがダイアリー記法専用のやつで、人力では使えないってのがわかってすっきりしたんだけどね。

私も今回初めて使いましたが

みなさんが使ってるのをみて

使ってみたなって思ったのが動機です。

これから頻繁に使ってみます。^^

質問では使えないのを何とかしてもらいたいもん

ですね。^^;


[32]>31 いわしでは使えるケド、 sokyo

コメントでも使えないんですよね…υ

ときどき困ってしまうのでしたー(+_+)o

でもうまくいってよかったですね☆

私もいろんなタグが必要なトキに使えるようになるといいです♪


[33]>32 参加してくれたありがとね^^ kohnewage

一人であの記法をみるんじゃなくて

こうしてみなさんとやりながら

すぐに問題点を解消してもらえる環境を

幸せに思ってます。

これからもよろしくです^^


[34]>33 いえいえこちらこそー(^_^) sokyo

って、だんだん幅が狭くなってきましたね(汗)

お休みなさいませ☆Zzz..


[35]>26 うん、そうだね。そうなんだけど^^; kohnewage

いっぱいあって、開くのを面倒に感じてたのが

そもそもこの質問を出したきっかけですね。

全部を使うわけじゃないので

推奨される便利なやつだけ知っておけばいいって範囲ですね。

URLリンクを開いたらサムネイルで、変化が見れると選びやすいんですが

あれだと、探すって行為をしなきゃいけないところが、面倒だと思ってます。

回答ありがとうございました。


[36]はてなフォトライフの画像を貼り付けるはてな記法 toku4sr4agent

はてなユーザーの場合、自分のはてなフォトライフにある写真をダイアリーや人力検索の回答欄に貼り付けることができます。


例えば、自分のフォトライフ内の画像をダイアリーに表示させる場合は、画像のある住所を以下のように書く必要があります。

<img src="http://f.hatena.ne.jp/images/fotolife/t/toku4sr4agent/20060810/20060810131641.jpg">

但しはてな記法を使うと簡単に画像を貼り付けることができます。

お目当ての写真のあるページ、例えば

http://f.hatena.ne.jp/toku4sr4agent/20060810131641

にアクセスした際に、

f:id:toku4sr4agent:20060810131641j:image

という文字列が見えると思いますがそれをそのまま書けば、めんどくさいタグを書く必要がありません。


ではやってみます。

f:id:toku4sr4agent:20060810131641j:image


この説明がちょっとわかりにくいな、と思った場合には、

http://d.hatena.ne.jp/toku4sr4agent/20070413

を見てみてください。


[37]>36 (|||ノ`□´)ノオオオォォォー!! kohnewage

なるほどねえ。簡単でいいねえ。

フォトライフってサービスもあるんだあ。

俺も使ってみようかなあ?^^

倉庫にしそうだわ。^^


[38]>34 だいぶ狭くなったわw kohnewage

どこまでいくんだろ^^

最後も見てみたいわw

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ