人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

朝鮮戦争が終結したら在日朝鮮人の『特別永住資格』をそろそろ取り消してもいいと思いませんか?
[http://www.asahi.com/international/update/0703/TKY200707030494.html:title]
「核」の次は朝鮮戦争終結 当事国4者会談、動き急


[http://messages.yahoo.co.jp/bbs?.mm=NW&action=m&board=1143582&tid=badfffca53a5ja5a2a5sa4n6afc0a9oa29tc0ba4o13&sid=1143582&mid=280:title]
[http://oshiete1.goo.ne.jp/qa1318296.html:title]
[http://www.houko.com/00/01/H03/071.HTM:title]
[http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1111848091:title]


●質問者: uml
●カテゴリ:政治・社会
✍キーワード:在日朝鮮人 朝鮮戦争 資格
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 5/5件

▽最新の回答へ

1 ● kanebun
●20ポイント

在日朝鮮人及び韓国人が他の諸外国人よりもなぜ多く在日なのかを

考えたことが有りますか。

戦前は日本の侵略により、朝鮮・韓国人たちも日本の国籍を持つ日本人だったのです。

敗戦国の日本が戦後政策として、戦勝国の韓国に対し、戦後賠償の謝罪の条件として特別永住許可を付与したもので、日本が当然の責務として負ったものですから、許可を取り消すとか、驕った考え方は多いな間違えです。

朝鮮・韓国人の当然の権利で日本単独で取り消せるものでは有りません。

http://q.hatena.ne.jp/kanebun

◎質問者からの返答

突っ込みどころ満載ですね

>在日朝鮮人及び韓国人が他の諸外国人よりもなぜ多く在日なのかを

>考えたことが有りますか。

>戦前は日本の侵略により、朝鮮・韓国人たちも日本の国籍を持つ日本人だったのです。

日本は韓国を侵略したことはありませんが?

併合はしましたが。



>敗戦国の日本が戦後政策として、戦勝国の韓国に対し、

韓国が戦勝国(笑)ここ笑うところですか。

日本国民として第二次世界大戦を戦ったことは忘れていますか。そうですか。

三国人って言葉知ってますか。歴史をクリエートしないで下さいね。


>戦後賠償の謝罪の条件として特別永住許可を付与したもので、

うけますね。ソースお願いします。


>日本が当然の責務として負ったものですから、

はあ?何言ってますか?


>許可を取り消すとか、驕った考え方は多いな間違えです。

奢ってるのは朝鮮人でしょ。


>朝鮮・韓国人の当然の権利で日本単独で取り消せるものでは有りません。

権利ではありません。只の特例です。


すごく笑わせてもらいました。

再回答宜しくお願いしますw


2 ● meronmeron
●20ポイント

外国人はみな同じ待遇でないと。

http://q.hatena.ne.jp/

◎質問者からの返答

全くですね。

普通に永住資格をとればいいだけの話。

何で2世、3世、4世・・・まで認めますかね。


3 ● YUNJI
●20ポイント

朝鮮戦争、現在休戦中であって、明日攻撃を受けてもおかしくは無い状況なのです。 今後もこの関係は覆ることはないでしょう。

http://d.hatena.ne.jp/YUNJI

◎質問者からの返答

URLを質問文に貼っておきましたが読みました??

在日朝鮮人は朝鮮戦争時に密入国した朝鮮人が多いそうです。そのため、半島人からも嫌われてるらしいですね。「自分たちだけ逃げやがって」と。

だから帰れないんでしょうねw


4 ● そらねっと
●20ポイント

日本がかつて植民地を持ち「五族協和」というキャッチフレーズを打ち上げたにもかかわらず結局「民族=国民」という発想から抜け出せなかったこと、そして同様に韓国・朝鮮人の方々が「同胞」の紐帯を極度に重視して、それを国家と連結させるような考え方を持っているのが、こういう制度を設けておかねばならない原因じゃないかと思いますね。

双方に寛容さがあれば「日本国民」という法律上の概念の下に「日本人」や「朝鮮人」や「中国人」等々を入れることができる筈なんですが、そうはなってないですね。

フランスは植民地独立後の対応の一環として、制度上「国民」と「民族」を切り離した概念として処理していますが、まあ、昨今よく報道されているとおりの結果ということもあり難しいところです。

まあ、「特別永住資格」の制度を無くしたところで現状と何も変わらないと思いますね。住みたいと思う人は住み続けるでしょうからね。



※なお上記文中の「国民」は「市民権を持つもの」という意味で使っています。「市民権」の意味は下記を参照ください。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B8%82%E6%B0%91#.E5.B8.82.E6.B0....

◎質問者からの返答

>双方に寛容さがあれば「日本国民」という法律上の概念の下に「日本人」や「朝鮮人」や「中国人」等々を入れることができる筈なんですが、そうはなってないですね。

なわけねぇだろ。頭大丈夫か?


5 ● そらねっと
●20ポイント

2007-07-06 01:50:57の質問者uml氏へのコメントに際し補足:

2007-07-05 01:22:25の私の応答での「日本人」「朝鮮人」「中国人」等々というのは、「文化的共通性を持つ民族」としてのそれとして使っています。

別に中華人民共和国や中華民国、朝鮮民主主義人民共和国や大韓民国の国籍を持ったまま日本国籍を持てるようにしろ、と言っているわけではありません。

どうにも、東アジアの各「民族」がおのおのの「自分の国」に固執しすぎている気がしてならないのです。

特別永住資格なるものが「なんか不自然」だという点では同意しますが、それを、戦後50年の時の流れの中で作られた現状を無視していきなり廃止するなどというのも、無理があるのではないでしょうか。

「日本人」と結婚している人もいるでしょうし、そうでないとしても、「日本人」と同じ社会の中で一住民として暮らしているという現状があります。

それは無視できないですよね、という発想から以下のような権利付与の動きもあるわけで。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%96%E5%9B%BD%E4%BA%BA%E5%8F%8...

◎質問者からの返答

>「日本人」「朝鮮人」「中国人」等々というのは、「文化的共通性を持つ民族」としてのそれとして使っています。

ねぇよ


>戦後50年の時の流れの中で作られた現状を無視していきなり廃止するなどというのも、無理があるのではないでしょうか。

戦後50年も帰化も帰国もしないで代々住むってのもおかしい話だ。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ