人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

湿布に使われる(他にも用途はたくさんありますが、ここでは湿布の話にして下さい)“メントール”という成分は、薄荷から摂ることが出来るようですが、現在は需要が多く人工的にも大量に生成されているようです。
そこで、人工的につくることの出来る“メントール”ですが、現在でも薄荷から取り出した“メントール”を湿布には使っているのでしょうか?(主にという意味です。ほとんど人工のもので一部薄荷からというのはナシで)
また、使っているとすればその薄荷はどこで栽培されているものなのか教えて下さい。
企業にもよるのでしょうが、「日本の湿布のほとんどがここの薄荷だ」というのが分かればベストです。

●質問者: ryota11
●カテゴリ:医療・健康 科学・統計資料
✍キーワード:ほと ベスト 企業 湿布 現在
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 2/2件

▽最新の回答へ

1 ● MonsieurU
●35ポイント

薄荷由来のメントール生産量は全体の1割程度だそうです。

残りは全て人工生産です。

なので、合理的に見て、シップには薄荷由来のメントールは使われてないと考えられます。

少なくとも、薄荷由来メントールを使用しているとうたっているシップ薬は発売されていないみたいです。


ちなみに、日本の薄荷生産量の95%が北見産だそうです。


http://www.kitami-kankou.com/main/hakka/index.html

◎質問者からの返答

ふむふむ。

ありがとうございます。


2 ● 颶風颯雷電
●35ポイント

現在の日本のハッカ生産量1位は、北海道網走管内滝上町みたいですね。

http://pucchi.net/hokkaido/no1/sangyo01.php

◎質問者からの返答

ふむ、そのようですな。

ありがとうございます。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ