人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

東京大学の門が赤いのはなぜ?

●質問者: takarin473
●カテゴリ:芸術・文化・歴史
✍キーワード:東京大学
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 2/2件

▽最新の回答へ

1 ● kanan5100
●35ポイント

http://www.ut-life.net/guide/map/hongo/akamon.php

現在の本郷キャンパスの敷地はかつて加賀藩前田家などの上屋敷(大名屋敷)でした。1827年、前田斉泰は徳川家11代将軍家斉の第21女、溶姫を迎える際に造られました。門を朱色に塗るのは将軍家から夫人を迎える場合の慣習とされていましたが、現存するものはこの赤門のみです。

◎質問者からの返答

回答ありがとうございます。


2 ● kumankuman
●35ポイント

http://nippon-kichi.jp/article_list.do?p=2568&ml_lang=ja

この門が「赤」であったわけは、将軍家斉の時代は三位以上の大名が将軍家から妻を迎える場合、居住する御守殿に朱塗りの門を建造することが慣わしだったためである。 この朱塗りの門は焼失に際して再建を許されないという習慣があり・・・・

◎質問者からの返答

回答ありがとうございます。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ